Evernote(エバーノート)使い方・活用法完全ガイド | 無料で使いこなす裏ワザ20・名刺管理【保存版】

最終更新日:
メモもペンも要らない革新的クラウドサービス「Evernote(エバーノート)」の使い方を解説!名刺管理なども含めその使い方と活用法を20個まとめました。また、ベーシックとプラス、プレミアムプランの違いなど、今さら聞けないevernoteの疑問にすべて答えます。
営業名刺管理ソフト

18.Webクリッパーを徹底活用せよ!

次にWebクリッパーを紹介します。

Webクリッパーはブラウザの拡張機能で、見ているページをそのままEvernote(エバーノート)に保存できます。Google Chromeを使っている人はぜひ使ってみてください。ダウンロードはこちらからできます。

それでは簡単に使い方を紹介します。
まず、保存したいと思ったページを開き、右上のEvernote(エバーノート)のマークをクリックします。

そうするとこのような画面になるので、保存先を選択してノートの名前をつけて完了。これだけでEvernote(エバーノート)に残せるのです!

実際の保存イメージです。リンクも自動でついてくるので、ノート内から自分の見たい記事に飛ぶこともできますよ。

目次に戻る

19.Evernote App Center

最後にEvernote(エバーノート)をもっと便利に使うためのプラットフォームを紹介。これはEvernote(エバーノート)の公式サイトと紐付いているので、安心して連携させて使えますね。

有名どころを紹介しておくと、SmartNewsやIF by IFTTTがあるでしょうか。分野に分けて紹介されているので、もし気になるものがあれば導入してみても良いかもしれません!

Evernoteの使い方・活用法:スマホでの活用術

20.スマホ利用なら断然、Fastever

Evernote(エバーノート)のスマートフォンでの利用なら、Fastever(ファストエバー)を利用できます。

詳しい使い方はこちらの記事でご確認ください!

なお、月額の利用は無料のアプリですが、ダウンロード時に240円かかりますのでご注意ください。(2016年7月1日現在)

iPhoneメモアプリはなぜFastever1択なのか?Evernoteを電車内でも! | ボクシルマガジン
なぜFasteverが便利なのかを紹介します。実はどのデバイスでも操作できたり、すぐにメモできたり、タスク管理がで...

有料版のみだったアプリロック機能が追加

いままで有料版ではアプリロック機能がついており、アプリを誰かに勝手に見られる心配はありませんでした。

逆に無料版では、もし携帯を落としてしまったり無くしてしまったしした際に、Evernote(エバーノート)の中身を見られてしまう可能性がありましたが、今回の改定でその心配はなくなりました。

今回の改定で「アプリロック機能」が追加されたので、ファストエバーでも安心ですね。

目次に戻る

Evernote無料プランの賢い使い方・活用法のまとめ

基本の使い方から始まり、意外と知らないEvernote(エバーノート)の使い方や活用法について紹介しました。

Evernote(エバーノート)について、もっと詳しく知りたい方は、ボクシルでの紹介ページもぜひご覧ください。

Evernoteの価格改定により無料プランでできなくなること

Evernote(エバーノート)の価格改定により無料プランでできなくなること、それに伴う有料・無料の3つのプランを詳しく解説しているのでこちらも要チェックです!

同期をできる端末数が無制限から2台に

いままでは1つのアカウントをPC・スマホ・タブレットと、台数無制限で接続できました。

しかし、改定によって2台までに制限されることになったので、無料プランで使い続ける場合には、どの2台から接続するのかを選択する必要があります。

なお、Webブラウザからの利用は2台の制限に入らないので、選択した2台以外ではWebブラウザを利用してEvernote(エバーノート)を使えます。

今回の改定では2台までは同期が可能ですため、PCとスマホの2台利用に留める利用者が一番多くなりそうでしょうか。

押さえておきたいEvernoteの料金プラン【無料/有料】

Evernoteが、2016年6月29日に価格プランを大幅に改定することを発表しました。

テキストデータ、画像、Webサイトの情報など、あらゆる情報をクラウド上にまとめて保存できるEvernote。これまでは無料プランでも十分な機能が備わっていましたが、この価格改定で実質的なサービス有料化となりそうです。

今後、どのプランを使うべきでしょうか?料金改定後の3つのプランをあらためて整理してみました。

【2016年6月】Evernote料金プランの変更点

2016年6月に発表された料金プラン改訂の主要なポイントは次の2点です。

  • 無料プラン(ベーシックプラン)のユーザーが同期できる端末が2つに制限
  • 2つの有料プラン(プラスプラン、プレミアムプラン)の値上げ

これらの変更は、2016年8月15日以降の更新日から適用され、現在利用しているユーザーには、順次メールなどで案内が行われます。

それぞれのプランについて改定前・改定後を比較してみましょう。

▼ベーシックプラン

月間60MBまでのアップロードができる無料プランにおいての変更点は、データを同期できる端末が2台に制限されること。

以前は、有料プランと同じく端末台数に制限はなかったので、これは大きな変更点に。スマートフォン、タブレット、自宅PC、仕事PCと複数端末で同期していたユーザーにとっては、事実上の有料化とも言える改訂です。

「場所も時間も問わず、何でも記録できる」というユーザーのメリットが、無料プランではある程度制限されることになりそうです。

ただ、ブラウザ版のEvernote Webであれば、端末としてカウントされませんから、PC利用においてはブラウザ版を活用するなどの対応で、引き続き無料プランを活用することもできます。

無料プランでできること

無料プランでは、以下のことができます。

  • Webページや画像を保存
  • 画像内テキスト検索
  • ノートの共有・他ユーザーとチャット
  • モバイル版アプリにロックを追加

無料プラン改定前・改定後の変更点まとめ

変更点 改定前 改定後
データを同期できる端末数 無制限 2台まで

▼プラスプラン

プラスプラン新規申込は2018年4月に終了

EvernoteのWebサイトでは、Evernote プラスへの新規申し込み受付を2018年4月上旬に終了したと明記されています。同社サイトによれば、現在、プラス版の登録プランを利用中のユーザーは、プランが有効な状態であるかぎり、引き続きプラスプランを使えるとのことです。

▼プレミアムプラン

月間アップロード10GBのプラスプランは、端末の同期数に制限はなし。ただ、利用料金が450円/月または4,000円/年から600円/月または5,200円/年へと1.3倍の値上げとなります。

プレミアムプランでできること

プラスプランの全機能に加え、以下の機能が可能です。

  • サポートの優先対応
  • PDF内の文字を検索
  • Office文書の中を検索
  • PDFに注釈を挿入
  • 名刺をスキャンしてデジタル化
  • ノートをプレゼンテーションに変換
  • ノートの履歴を閲覧
  • 関連するノートや記事を閲覧

プレミアムプラン改定前・改定後の変更点まとめ

変更点 改定前 改定後
料金 450円/月 600円/月
または または
4,000円/年 5,200円/年

▼料金改定後…どのプランを選ぶべき?

今回の改定で、無料プランではやや機能が足りないと思う部分が増えそうです。あくまで「お試し版」としての位置づけと言えそう。あらゆることを保存するためには、同期できる端末が制限されていたり、容量が限定されていると不便を感じてしまいます。ただ、ブラウザ版を活用すればPC版は同期端末に計算されないため、無料にこだわる方はその点を上手く活用してください。

今後もEvernoteをメインに活用したい場合は、この価格改定を機に、有料プランへのアップグレードを迫られそうです。同じ有料プランなら、容量が10倍、便利なサービスも多いことから、プレミアムプランの方がお得感を感じられるのではないでしょうか。PDFからの文字検索などは、一度使うと手放せなくなるほど便利ですよ。

そもそも、無料プラン・有料プランともに変更が加えられたのは、サービス改善・サービス継続のために資金が必要だから。今後も使いやすいサービスとして私たちの身近に存在してもらうためには、必要な投資なのかもしれません。

Evernoteの活用法は無限大

今回のEvernoteの大幅な値上げ・無料版の機能制限は、現在利用中のユーザー・これから利用を検討しているユーザーにとって、サービスを選ぶ基準の一つになりそうです。
また、Evernoteの活用例として名刺管理に利用できるのを紹介している記事もありますので、こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

名刺管理アプリ・ソフト比較25選 | iPhoneやAndroid、無料 | ボクシルマガジン
名刺管理アプリ・ソフトをボクシルが厳選して比較。iPhoneやAndroidで使えるアプリ、無料のアプリなど種類別...

ボクシルで紹介している各種社内SNSのサービス資料を一括で見てサービスを比較したいという方は下記のリンクからどうぞ!

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
社内SNSの資料を無料DL

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

名刺管理ソフト
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
Sansan株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事