コピー完了

記事TOP

コンバージョン分析とは?CVにつながる過程を見える化して改善

公開日:
コンバージョン分析とはコンバージョン分析とは、Webサイト分析の中でも成果が出ているかに注目した分析です。コンバージョン(CV)とは、サイトを訪れた人が目標達成した状態。訪問者の中でコンバージョンに至った割合のことをコンバージョン率(CV率)と言い

コンバージョン分析とは

コンバージョン分析とは、Webサイト分析の中でも成果が出ているかに注目した分析です。

コンバージョン(CV)とは、サイトを訪れた人が目標達成した状態。訪問者の中でコンバージョンに至った割合のことをコンバージョン率(CV率)と言います。成約率、転換率とも称されます。

何を目標とするかはサイトによってさまざま。

ネットショップであれば「購入」がCVになりますし、「問い合わせメールの送信」や「資料請求」「サイトへの登録」「メルマガ申し込み」などを成約として定めていることもあります。

ホームページの最大の目的は、訪問客やPV(ページビュー/閲覧数)を増やすことではありません。ホームページを経由して、最大の成果を上げることです。

コンバージョン分析を行って問題点を把握し、それを改善することで売上アップにつながることでしょう。

コンバージョン分析の方法

アクセス解析ツールを使えば、コンバージョン分析は簡単にできます。たとえば、無料で使える解析ツール「Google Analytics」でもコンバージョン分析を行うことができます。

基本的な考え方としては、最終目標となるページにタグを埋め込んで、そこにアクセスされた状況を把握するというものです。最終目標ページの閲覧数だけでなく、どのページからアクセスされているか、どのようなキーワードからコンバージョンにたどり着いているかを分析するのが重要です。

コンバージョン分析は「2段階」で考える

具体的にコンバージョン分析を行う際は「2段階」を意識するとより効果が上がります。

目標ページまでの推移を分析

ランディングページからCVページまでの推移を分析します。

「トップページ」「詳細ページ」「申し込みページ」にページが大別されるとします。それぞれのページ間の遷移を確認してみると、①詳細ページへ移動されていないからCVまで来ていないのか、②詳細ページで離脱されてしまうからCVまで来ていないのか、問題点を見える化できます。

①と②では取るべき対策が変わります。

例えば、①であれば詳細ページへの導線が分かりにくいということですし、②であれば調べ物目的のユーザーが多いのかも。コンテンツの見直しが必要です。

コンバージョン分析で各問題点を把握し、仮説を立てながら解決していくことができるのです。

目標ページでの行動を分析

最終ページに誘導するのがゴールではなく、あくまでゴールはCVにつながるボタンを押すこと。目標ページに誘導できたら、そこから離脱する人が減るように細かく1ステップずつ見て行きましょう。理想は、最終ページにたどり着いた人が全員アクションを落とすことです。

そのページから他のページに離脱していないか、入力フォームが煩雑で入力を諦めていないか、コンバージョン分析で一つひとつ状況を把握して改善していきましょう。

コンバージョンにつながっているキーワードに注目

コンバージョン分析は、サイト内の顧客導線を見直すだけでなく、SEO自体にも効果を発揮します。SEOを行う時、どのようなキーワードで上位表示を狙っていますか?

たいてい、サービス名など「自分が検索して欲しい」と思っているワードだと思います。

しかし、コンバージョンにつながっているキーワードを分析し、そのキーワードでのSEO対策に力を入れることで、より多くのCVを得ることができます。CVにつながっているキーワードは、それだけ見込み顧客のニーズを反映しているということ。何よりも重視すべきキーワードといえるかもしれません。

コンバージョン分析を活用して、売上アップにつなげよう

CVに注目するということは、売上につながるお客さんの行動を最適化するということです。コンバージョン率を高められれば、集客が増えるほど売上が増えるということ。

さまざまな角度から問題を分析して、コンバージョンの改善を続けてください。

以下の記事でも、さまざまなアクセス解析ツールを紹介していますから、サイト改善の参考にしてくださいね。

関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経営企画・マーケティングの最近更新された記事