コピー完了

記事TOP

青色申告ソフトのおすすめ比較 - クラウド&インストール | 価格比較表

最終更新日:
青色申告に役立つソフトを、インストール型とクラウド型に分けて比較します。各ソフトの料金をまとめた価格比較表も掲載。インストール型とクラウド型の特長を解説しているのであわせてチェックしてはいかがでしょうか。
おすすめ! - クラウド会計ソフト
[Sponsored]

今回紹介するクラウド会計ソフトの中から、特に知っておきたい大手2サービスは次のとおりです。気になるサービスは無料体験で、満足できる機能やサポートであるか試してみましょう。

サービス名
法人向けプラン
個人事業主向けプラン
弥生会計オンライン
弥生会計オンライン


最大2か月サポート付
年額26,000円/月1,857円

最大14か月フルサポート
年額30,000円/月2,142円


>>2か月無料体験を申し込む
白色申告機能のみプラン
無料
白色申告機能+サポート付
年額4,000円/月333円

青色申告機能のみプラン
初年度無料
青色申告機能+サポート付
年額6,000円/月500円
>>無料体験する
MFクラウド会計
マネーフォワード クラウド会計
小規模の法人向けお得プラン
月額3,980円

請求書発行の多い企業に人気
月額5,980円

>>1か月無料で試してみる
お得に機能だけ使いたい
月額1,280円
請求書発行が多い方向け
月額2,480円
しっかりサポート付
月額2,980円
>>無料診断でプランをチェック

青色申告ソフトとは

青色申告ソフトとは、青色申告に関する一連の処理を効率的に行うためのツールをさします。ソフトが経費や収益の計算をしてくれるため、確定申告を提出する際に必要な時間のかかる作業を短縮可能です。ソフトによっては金融機関やクレジットカードの利用状況を自動入力してくれたり、スキャンした領収書をデータ化してくれたりします。

青色申告および白色申告についてよくわからない方はこちらの記事を参考にしてください。確定申告とはなにかを初心者にもわかるよう解説しています。

青色申告ソフトは、複式簿記や税制度にまつわる知識がなくても書類を作れることが多く、会計に慣れていない方でも安心して利用できます。特にクラウド型の青色申告ソフトは、明細書や領収書の自動仕分けをはじめ楽に作業するための機能が多く、自営業やフリーランスの方におすすめです。

クラウド型とインストール型の違い

クラウド型の特長

  • WindowsとMacどちらのOSでも利用できる
  • PC以外のデバイス(スマートフォン、タブレットなど)と連携ができる
  • 月額制・年額制のため、必要な期間だけ利用できる
  • 基本的に最新バージョンが無料

クラウド型の会計ソフトは、ソフト自体をパソコンにインストールすることなく使用できるソフト全般を指し、主にアカウント用メールアドレスとパスワードによってログインすることによって使用します。つまりインストール型と違い、ネット環境さえあれば誰でも使用できる点に特徴があります。

料金体系もインターネットの回線料金同様、月額制あるいは年額制のものがほとんどです。ソフトによってはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットと連携して使用できるものもあります。

インストール型の特長

  • セキュリティ面で信頼性が高い
  • 同じ機能、同じバージョンを長期的に使用する場合、コストが抑えられる
  • ネット環境がなくても利用可能

インストール型の会計ソフトは、専用ディスクからデータをパソコンにインストールしたり、データ自体を提供元からダウンロードしたりして使用します。他のアプリケーション同様、ソフト自体を一括購入して使用するものが多く、機能拡張などが必要な場合は別途購入が必要です。ソフトを導入したパソコンでのみ使用できます。

青色申告ソフト(クラウド型)のおすすめ比較

それではクラウド型の申告書作成サービスについて紹介します。

サービス名 対応デバイス 価格(税抜) お試し期間
MFクラウド確定申告 Windows, Mac, スマートフォン 9,600円〜/年 1か月間
やよいの青色申告オンライン Windows, Mac, スマートフォン 8,000円〜/年 1年間
やよいの白色申告オンライン Windows, Mac, スマートフォン 0円〜/年 制限なし
freee Windows, Mac, スマートフォン 14,160円〜/年 30日間

MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告は、経費精算システムや給与計算システムとの連携が便利なソフトです。5人までであれば追加料金なしで、バックオフィス業務までまかなえます。銀行口座やクレジットカードの登録によって入出金データを自動登録できるのも便利です。

MFクラウド確定申告の価格

プラン名 年額料金(税抜)
パーソナルミニ 9,600円
パーソナル 11,760円
パーソナルプラス 35,760円

やよいの青色申告オンライン/やよいの白色申告オンライン

やよいの青色申告 オンライン/やよいの白色申告 オンライン

やよいの青色申告オンライン/やよいの白色申告オンラインは、クラウド申告ソフトシェアNo.1(※)のクラウド確定申告ソフトです。個人事業主はもちろん、税理士法人などでも利用されています。どの確定申告ソフトを導入すべきか迷ったら弥生の製品を選んでおけば大きな問題はないでしょう。当然、充実したサポートを受けられて安心です。

やよいの青色申告オンラインの価格

プラン名 年額料金(税抜)
セルフプラン 8,000円
ベーシックプラン 12,000円
トータルプラン 20,000円

やよいの白色申告オンラインの価格

プラン名 年額料金(税抜)
セルフプラン 無料
ベーシックプラン 8,000円
トータルプラン 14,000円

(※ MM総研「クラウド会計ソフトの利用状況調査」における2020年4月のデータ)

freee

freee

100万事業所(※)が利用する会計ソフトfreeeの個人向け確定申告ソフトです。UIがわかりやすく簿記の知識がないユーザーでも簡単に確定申告をできます。特に勘定科目の登録はポップアップで簡単な説明が出てくるので、すぐに仕分けができます。親しみやすいデザインも操作しやすいポイントのひとつです。口座との連携やスマートフォンでの入力にも対応しており安心して利用できるでしょう。

freeeの価格

プラン名 年額料金(税抜)
スターター 14,160円
スタンダード 28,560円
プレミアム 39,800円

(※ freee「確定申告ソフト」における2018年のデータ)

青色申告ソフト(インストール型)のおすすめ比較

続いて、インストール型の青色申告ソフトを紹介します。どれも青色申告書類の作成を目的としているので、ほとんどがフリーランスや個人事業主向けのソフトとなります。

サービス名 対応デバイス 料金(税抜) お試し期間
みんなの青色申告 Windows 9,800円 30日間
やよいの青色申告 Windows 8,000円〜 1年間
やるぞ!青色申告 Windows, Mac 8,800円〜 -
ツカエル青色申告 Windows 5,000円〜 制限なし
Macの青色申告 Mac, スマートフォン 8,250円〜 -
かるがるできる青色申告 Windows 3,800円 店頭にて対応

みんなの青色申告(ソリマチ)

みんなの青色申告

個人事業主専用のソフトであり、類似のソフトのなかでも随一の知名度を誇る青色申告ソフトです。特に99%(※)の国内金融機関から利用明細を取り込み、勘定科目に自動で変換してくれるのは非常に便利です。

みんなの青色申告の価格

プラン名 料金(税抜)
みんなの青色申告20 9,800円

(※ ソリマチ「みんなの青色申告」における2020年8月3日の数値)

やよいの青色申告

やよいの青色申告

「やよいの青色申告」は個人事業主向けに開発されたソフトです。老舗ブランドだけに導入後のサポートも充実しており、簿記の知識に自身がない人でも簡単に申告書類が作成できます。近年はクラウド連携もできるようになりました。

やよいの青色申告20の価格

プラン名 料金(税抜)
セルフプラン 8,000円
ベーシックプラン 12,000円
トータルプラン 20,000円

やるぞ!青色申告

やるぞ!青色申告

こちらも有名な個人事業者向けの青色申告ソフトです。特に導入から最長15か月間の無償サポートは他ソフトにはあまり見られない充実ぶりです。操作に慣れないうちはサポートを受けながら必要書類を作成するとよいでしょう。2ライセンスを利用できるのでパートナーのいる事業主にも最適です。

やるぞ!青色申告2020の価格

プラン名 料金(税抜)
フリーランス・個人事業主のかんたん節税申告パック 8,800円
節税申告フルサポートパック 10,800円
(参考)やるぞ!確定申告 4,980円

ツカエル青色申告

ツカエル青色申告

ビズソフト提供する、東京青色申告連合会の推奨を受けた青色申告ソフトです。「使いやすい・見やすい・わかりやすい」をコンセプトにしているだけに、直感的でわかりやすいインターフェースによって、簡単に情報入力ができます。動作もスムーズで集計データの表示などの時間のかかりやすい命令もサクサクこなしてくれます。

ツカエル青色申告20の価格

プラン名 料金(税抜)
フリー版 無料
パッケージ版 7,400円
ダウンロード版 5,000円
乗換・優待版 5,000円

Macの青色申告

Macの青色申告

その名のとおりMacで青色申告書類を作成するためのソフトです。Macで使用できない会計ソフトが多いなか、複式簿記による記帳とB/SおよびP/Lの作成が可能な点が特徴といえるでしょう。入力補助機能も充実しているので、たとえば会計業務に精通していない人でも簡単に必要書類を作成できます。

Macの青色申告11の価格

プラン名 料金(税抜)
標準価格 10,800円
ダウンロード限定版 7,500円

かるがるできる青色申告

かるがるできる青色申告

「かんたん・べんり・あんしん」をコンセプトに、とにかく簡単に申告書類を作成したいという人向けのソフトです。低価格業務ソフト分野では売り上げ本数No.1(※)を記録するなど、とにかく親しみやすさには定評があります。シンプルで使い勝手もいいです。小規模ビジネスで最高10万円の青色申告特別控除を目指そうという人には最適といえるでしょう。

かるがるできる青色申告20の価格

プラン名 料金(税抜)
かるがるできる青色申告20 3,800円
(参考)青色申告らくだ20 9,000円
(参考)会計らくだ20 12,000円

(※ BSLシステム研究所の2018年における調査「売価5,000円以下の低価格帯申告ソフトメーカー別売上本数」より)

サービスや職種に合ったソフトの導入を

青色申告ソフトをクラウド型とインストール型に分けて紹介しました。多くの青色申告ソフトは、複雑で時間のかかる帳簿付けを簡便化して本業に専念したいというフリーランスや個人事業主のための開発されているため、操作性の高いソフトがほとんどです。ビジネス規模や性質を加味して導入するソフトを選ぶ必要があります。

しかし、何を基準にしてサービス選定すればいいのかわからないかたも少なくないはず。そんなあなたにおすすめなのは下の選び方ガイドです。わかりやすい図解で選定基準をアドバイスしてくれるので、今まで選び方を考えたこなかった方も、なんとなくでサービスを選ぼうとしていた方にもおすすめです。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

会計ソフト(財務会計)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
会計ソフト(財務会計)の最近更新された記事