広告

コピー完了

記事TOP

青色申告ソフトのおすすめ比較 - クラウド&インストール | 価格比較表

最終更新日時:
記事の情報は2022-01-06時点のものです。
青色申告に役立つソフトを、インストール型とクラウド型に分けて比較します。各ソフトの料金をまとめた価格比較表も掲載。インストール型とクラウド型の特長を解説しているのであわせてチェックしてはいかがでしょうか。

\お得なキャンペーン中のサービスPICK UP/

おすすめサービス/PR
法人向けプラン
個人事業主向けプラン
弥生会計オンライン
弥生会計オンライン


1年間無料キャンペーン中! セルフプラン
年額26,000円/月1,857円

初年度は半額キャンペーン中! サポート付プラン
年額30,000円/月2,142円
>>お申し込みはこちら
白色申告機能のみプラン
無料
白色申告機能+サポート付
年額4,000円/月333円

青色申告機能のみプラン
初年度無料
青色申告機能+サポート付
年額6,000円/月500円
>>無料体験する

青色申告ソフトとは

青色申告ソフトとは、青色申告の対応を効率化してくれるソフトのことを指します。

簿記の知識がなくても、ソフトの指示に従って入力していくだけで、仕分けはもちろん帳簿まで作成可能。ソフトによっては金融機関やクレジットカードの利用状況を自動入力してくれたり、スキャンした領収書をデータ化してくれたりするものもあります。

青色申告および白色申告についてよくわからない方はこちらの記事を参考にしてください。確定申告とはなにかを初心者にもわかるよう解説しています。

確定申告とは | 手続き手順・必要/不要なケース・年末調整との違い【保存版】
確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得を計算し、控除額を含めた正確な税金を確定して申告...
詳細を見る

青色申告ソフトの機能

記帳や仕分けの補助

青色申告ソフトでは、指示に従って入力すれば簡単に取引を入力できます。

クレジットカードの明細や請求書、レシートなどを写真撮影しアプリで読み取れば、データ化してくれるものもあります。そのためはじめて青色申告する方でも、導入しやすいのが特徴です。

帳簿の作成

青色申告の書類を作るためには、簿記の知識が必要になります。しかし、青色申告ソフトは、簿記の知識がなくても、指示に従って取引情報を入力していくだけで自動で帳簿を作成。

また青色申告にあたって作成しなくてはならない書類は複数ありますが、データを入力すれば、すべての書類に反映してくれます。転記によるヒューマンエラーを防げる点も大きなメリットといえるでしょう。

e-Taxに対応しているものもある

青色申告ソフトには、e-Taxに対応しているものもあります。e-Taxとは、確定申告をインターネットで行うサービスです。確定申告時期の混みあった税務署に行く必要がなく、期間中であれば24時間いつでも確定申告できます。

サポート機能が充実している

ソフトによっては、メールやチャットなどサポート面が充実しています。はじめての確定申告だと、記入方法があっているのか、迷うことも多いと思います。その点メールやチャットで問い合わせられれば、安心です。

青色申告ソフトの種類

青色申告ソフトは大きく分けて、オンラインにて利用するクラウド型とダウンロードして利用するインストール型があります。それぞれにメリットがあるため比較して必要な方を導入しましょう。

クラウド型

  • WindowsとMacどちらのOSでも利用できる
  • スマートフォンやタブレットと連携できる
  • 月額制・年額制のため、必要な期間だけ利用できる
  • 基本的に最新バージョンが無料

クラウド型の会計ソフトは、オンラインにてサービスを利用します。インストール型と違い、インターネット環境さえあればだれでも使用できる点が特徴です。

料金は月額制ないし年額制のものがほとんど。また、スマートフォンやタブレットで利用できるサービスもあります。

インストール型

  • セキュリティ面で信頼性が高い
  • 同じ機能、同じバージョンを長期的に使用する場合、コストが抑えられる
  • ネット環境がなくても利用可能

インストール型の会計ソフトは、専用ディスクやオンラインサイトからデータをパソコンにインストールして使用します。いわゆる「買い切り型」で、機能拡張が必要な場合は別途購入が必要です。ソフトを導入したパソコンでのみ使用できます。

青色申告ソフトの選び方

青色申告ソフトを選ぶ際には、まずクラウド型かインストール型かを決める必要があります。それに加えて、次のポイントを意識しながら慎重に選択しましょう。

目的に合っているか

導入する目的に合っているか、必要な機能が実装されているかは、必ず確認しましょう。

クラウド型とインストール型とでは、実装されている機能が変わってきます。具体的にどの作業を効率化したいのかを整理しておきましょう。

サポートが充実しているか

ベンダーのサポートが充実しているかも重要な判断基準です。

使い方がわからない場合やトラブルが発生した場合に、迅速なサポート受けられるかで業務効率が変わります。メールでのサポートのみではすぐに返答を得られない可能性があるので、電話やチャットのあるサービスだとなおおすすめです。

青色申告ソフト(クラウド型)のおすすめ比較

それではクラウド型の申告書作成サービスについて紹介します。

サービス名 対応デバイス 価格(税抜) お試し期間
やよいの青色申告オンライン Windows, Mac, スマートフォン 8,000円〜/年 1年間
やよいの白色申告オンライン Windows, Mac, スマートフォン 0円〜/年 制限なし
マネーフォワード クラウド確定申告 Windows, Mac, スマートフォン 9,600円〜/年 1か月間
freee Windows, Mac, スマートフォン 11,760円〜/年 30日間
HANJO会計 Windows, スマートフォン 11,760円/年 30日間
ツカエル青色申告オンライン Windows, Mac, スマートフォン 13,200円/年 30日間
ネットde記帳 Windows 要問い合わせ 要問い合わせ

やよいの青色申告 オンライン

BOXIL おすすめ確定申告ソフト

▼やよいの青色申告 オンライン【Sponsored】

やよいの青色申告 オンライン
画像出典:やよいの青色申告 オンライン

■Point1:クラウド確定申告ソフトシェアNo.1
やよいの青色申告 オンラインはクラウド確定申告ソフトシェアNo.1で、2人に1人に利用されているサービス(弥生の公式サイト参照)。

■Point2:トータルプランは電話サポートが付帯
トータルプランでは、操作サポート・業務相談の電話サポートが付帯しています。操作方法はもちんのこと、申告業務全般に関する相談ができます。

■Point3:業界最大規模のカスタマーサポート
業界最大規模のオペレーター座席数700席、顧客満足度94%とカスタマーサポートが充実しています。電話・メール・チャットでのサポートだけではなく、画面共有サポートで同じ画面を見ながら案内するサービスも用意されています。

※出典:弥生会計 オンライン「弥生会計 オンライン」(2022年3月10日閲覧)

■各プランの比較

やよいの青色申告オンラインの価格

プラン名 年額料金
セルフプラン 8,000円
ベーシックプラン 12,000円
トータルプラン 20,000円

※出典:弥生「やよいの青色申告オンライン」(2022年3月10日閲覧)

やよいの白色申告オンラインの価格

プラン名 年額料金
セルフプラン 無料
ベーシックプラン 8,000円
トータルプラン 14,000円

※出典:弥生「やよいの白色申告オンライン」(2022年3月10日閲覧)

マネーフォワード クラウド確定申告 - 個人の確定申告・会計から人事労務までを1アカウントで

マネーフォワード クラウド確定申告は、経費精算システムや給与計算システムとの連携が便利なソフトです。5人までであれば追加料金なしで、バックオフィス業務までまかなえます。銀行口座やクレジットカードの登録によって入出金データを自動登録できるのも便利です。

マネーフォワード クラウド確定申告の価格

プラン名 年額料金
個人事業主向けプラン 9,600円~(月額は980円~)

※出典:マネーフォワード「マネーフォワード クラウド会計」(2022年3月10日閲覧)

freee会計・確定申告 - 面倒な作業を複数回クリックでカンタン・口座連携で業務も短縮

freeeは、多くの個人事業主が利用する個人向け確定申告ソフトで、簿記の知識がないユーザーでも簡単に確定申告が可能です。特に、勘定科目の登録はポップアップで簡単な説明が出てくるので、スムーズな仕訳に役立つでしょう。親しみやすいデザインも操作しやすいポイントのひとつで、口座との連携やスマートフォンでの入力にも対応しているため、青色申告が初めての人でも安心して利用できるでしょう。

freeeの価格

プラン名 年額料金
スターター 11,760円
スタンダード 23,760円
プレミアム 39,800円

※出典:freee「freee確定申告ソフト(2022年3月10日閲覧)」

HANJO会計

HANJO会計
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

HANJO会計は、飲食店を開業している個人事業主向けのクラウド会計ソフトです。レシートをスマートフォンで撮影するだけで、記帳や仕訳作業ができるため、簡単に確定申告書の作成が可能です。会計に欠かせない20項目の企業が実装されており、自動入力や推測仕訳によって効率的に帳簿付けができます。申し込み日からすべての機能が使えるのも嬉しいところです。

HANJO会計の価格

プラン名 年額料金
通常プラン 11,760円

※出典:CASIO「HANJO会計」(2022年3月10日閲覧)

ツカエル青色申告オンライン

ツカエル青色申告オンライン
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

ツカエル青色申告オンラインは、キーボードとエンターキーを中心に軽快な操作性を実現しているクラウド型の会計ソフトです。使いたい画面をタブ表示できるのが特徴で、複数の帳簿をスムーズに切り替えられます。1つのデータを複数人で同時操作ができるので、テレワーク企業にもおすすめです。WindowsだけでなくMacにも対応しています。

ツカエル青色申告オンラインの価格

プラン名 年額料金
基本プラン 12,000円

※出典:ジョブカン会計「ツカエル青色申告オンライン」(2022年3月10日閲覧)

ネットde記帳

ネットde記帳
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

ネットde記帳は、日本商工会が推奨している経理ソフトで、インターネットを利用したASPサービスです。オンラインで経理作業が可能で、商工会の記帳機械化事業の標準システムとして、全国38県に導入されています。入力データは商工会連合会が一元管理しているためセキュリティも安心で、丁寧なサポートも受けられます。

ネットde記帳の価格

要問い合わせ

青色申告ソフト(インストール型)のおすすめ比較

続いて、インストール型の青色申告ソフトを紹介します。どれも青色申告書類の作成を目的としているので、ほとんどがフリーランスや個人事業主向けのソフトとなります。

サービス名 対応デバイス 料金 お試し期間
やよいの青色申告 Windows 8,000円〜 1年間
みんなの青色申告 Windows 9,800円 30日間
やるぞ!青色申告 Windows, Mac 8,800円〜 -
ジョブカン青色申告 Windows 7,400円 -
Macの青色申告 Mac, スマートフォン 10,800円〜 -
かるがるできる青色申告 Windows 3,800円 店頭にて対応
MJSかんたん!青色申告の価格 Windows 7,920円 要問い合わせ
会計王 Windows 40,000円 30日間
フリーウェイ経理Lite Windows 0円 -

弥生会計 オンライン 青色申告 - 弥生株式会社

「やよいの青色申告」は個人事業主向けに開発されたソフトです。老舗ブランドだけに導入後のサポートも充実しており、簿記の知識に自身がない人でも簡単に申告書類が作成できます。近年はクラウド連携もできるようになりました。

やよいの青色申告の価格

プラン名 料金(税抜)
セルフプラン 8,000円
ベーシックプラン 12,000円
トータルプラン 20,000円

※出典:弥生「やよいの青色申告」(2022年3月10日閲覧)

みんなの青色申告

みんなの青色申告
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

個人事業主専用のソフトであり、類似のソフトのなかでも随一の知名度を誇る青色申告ソフトです。特に99%(※)の国内金融機関から利用明細を取り込み、勘定科目に自動で変換してくれるのは非常に便利です。

みんなの青色申告の価格

プラン名 料金
みんなの青色申告 9,800円

※出典:ソリマチ「みんなの青色申告」(2022年3月10日閲覧)

やるぞ!青色申告

やるぞ!青色申告
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

こちらも有名な個人事業者向けの青色申告ソフトです。とくに導入から最長15か月間の無償サポートは他ソフトにはあまり見られない充実ぶりです。操作に慣れないうちはサポートを受けながら必要書類を作成するとよいでしょう。2ライセンスを利用できるのでパートナーのいる事業主にも最適です。

やるぞ!青色申告2022の価格

プラン名 料金(税抜)
フリーランス・個人事業主のかんたん節税申告パック 8,800円
節税申告フルサポートパック 10,800円
(参考)やるぞ!確定申告 4,980円

※出典:RIO「やるぞ!青色申告」(2022年3月10日閲覧)

ジョブカン青色申告

ジョブカン青色申告
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

一般の事業から農業、不動産兼業にも対応している青色申告ソフトです。65万円控除と電子帳簿保存法に対応しており、自動案内にしたがって初期設定をすれば、簡単に利用が始められます。登録されている取引内容を選ぶだけで取引帳を作成でき、検索キーワードを入力するだけで目的の仕訳をすぐに発見できます。銀行やクレジットカードの明細情報の取込・仕訳も自由自在です。

ジョブカン青色申告の価格

プラン名 料金
パッケージ版 7,400円
ダウンロード版 5,500円

※出典:ジョブカン会計「ジョブカン青色申告」(2022年3月10日閲覧)

Macの青色申告

Macの青色申告
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

その名のとおりMacで青色申告書類を作成するためのソフトです。Macで使用できない会計ソフトが多いなか、複式簿記による記帳とB/SおよびP/Lの作成可能な点が特徴といえるでしょう。入力補助機能も充実しているので、たとえば会計業務に精通していない人でも簡単に必要書類を作成できます。

Macの青色申告の価格

プラン名 料金
標準価格(Macの青色申告11) 10,800円

※出典:マグレックス「Macの青色申告11」(2022年3月10日閲覧)

かるがるできる青色申告

かるがるできる青色申告
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

「かんたん・べんり・あんしん」をコンセプトに、とにかく簡単に申告書類を作成したい人向けのソフトです。低価格業務ソフト分野では売り上げ本数No.1(※)を記録したこともあり、とにかく親しみやすさには定評があります。シンプルで使い勝手もいいです。小規模ビジネスで最高10万円の青色申告特別控除を目指す人には最適といえるでしょう。

※ BSLシステム研究所の2018年における調査「売価5,000円以下の低価格帯申告ソフトメーカー別売上本数」より

かるがるできる青色申告22の価格

プラン名 料金
かるがるできる青色申告22 3,800円

※出典: BSLシステム研究所「かるがるできる青色申告22」(2022年3月10日閲覧)

会計王

会計王
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

個人事業主でも法人でも利用できる会計ソフトです。簡単操作で使いやすく、AIによる自動仕訳で経理業務を効率的に進められます。国内のほとんどの金融機関による利用明細を直接取り込めるのに加えて、勘定科目も自動で変換してくれます。インストール型のため、通信速度に左右されずに作業できるのもメリットです。青色申告・白色申告のどちらにも対応しています。

会計王の価格

プラン名 料金
会計王 40,000円

※出典:ソリマチ「会計王」(2022年3月10日閲覧)

かんたん!青色申告

かんたん!青色申告
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

専門知識が不要で、初めてでも簡単に帳簿付けができる青色申告ソフトです。一般的な勘定科目は事前に登録されているため、必要な科目を選んで金額を入力するだけです。銀行口座やクレジットカードの入出金明細も自動で取り込んでくれます。ソフト終了時にデータの自動バックアップをしてくれるので、万が一の際にも安心できます。

かんたん!青色申告の価格

要問い合わせ

フリーウェイ経理Lite

フリーウェイ経理Lite
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

これまで手書きで帳簿付けをしていた事業主が、費用をかけずに会計ソフトへ移行するのにおすすめの経理ソフトです。インストールもバージョンアップも永久無料で、スピーディーに日々のデータを入力でき、仕訳日記帳や総勘定元帳、試算表など、さまざまな書類を作成・出力できます。無料版は個人事業主向けで、AIチャットサポートやマニュアルを利用可能です。

フリーウェイ経理Liteの価格

プラン名 料金
フリーウェイ経理Lite 0円

※出典:フリーウェイジャパン「フリーウェイ経理Lite」(2022年3月10日閲覧)

サービスや職種に合ったソフトの導入を

青色申告ソフトをクラウド型とインストール型に分けて紹介しました。多くの青色申告ソフトは、複雑で時間のかかる帳簿付けを簡便化して本業に専念したいフリーランスや個人事業主のための開発されているため、操作性の高いソフトがほとんどです。ビジネス規模や性質を加味して導入するソフトを選ぶ必要があります。

しかし、何を基準にしてサービス選定すればいいのかわからないかたも少なくないはず。そのようなあなたにおすすめなのは下の選び方ガイドです。わかりやすい図解で選定基準をアドバイスしてくれるので、今まで選び方を考えたこなかった方も、なんとなくでサービスを選ぼうとしていた方にもおすすめです。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

クラウド会計ソフト選び方ガイド
会計ソフト(財務会計)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
会計ソフト(財務会計)の最近更新された記事