オンライン商談ツール・システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめのオンライン商談ツール・システム5選!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から101日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめのオンライン商談ツール・システムを紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入するオンライン商談ツール・システムを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめオンライン商談ツールをまとめてチェック!
オンライン商談ツールの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめオンライン商談ツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひオンライン商談ツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

オンライン商談ツール・システムとは

オンライン商談ツール・システムとは、インターネット上でビジネスの打ち合わせや提案をするシステムです

映像や音声で相手とコミュニケーションをとったり、資料や画面を共有したりする機能がついており、営業やマーケティングなどの外部向けの業務を効率化する機能があります。

無料のオンライン商談ツール・システムを選ぶときのポイント

無料のオンライン商談ツール・システムを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

映像や音声の品質が高いか確認する

オンライン商談ツール・システムを選ぶ際は、映像や音声の品質が高いか確認することが大切です。オンライン商談では、相手の表情や声のトーンなどが重要な情報になります。映像や音声がぼやけたり、途切れたりすると、コミュニケーションがスムーズに行えません。

また、映像や音声の品質は、インターネットの回線速度やハードウェアの性能にも影響されます。自分たちの環境に合ったツールを選ぶことが必要です。

オンライン商談への招待の方法を確認する

オンライン商談ツール・システムを選ぶ際はオンライン商談への招待の方法を確認することが必要です。顧客にオンライン商談に参加してもらうためには、事前に招待リンクやパスワードなどを送る必要があります。

オンライン商談ツール・システムは、招待の方法が簡単かどうか、メールやSMSなどの送信方法があるかどうか、リマインダーやキャンセル通知などの機能があるかどうか、などをチェックしましょう。

録画や録音の機能があるか確認する

オンライン商談ツール・システムを選ぶ際は、録画や録音の機能があるか確認することもおすすめです。録画や録音の機能があれば、オンライン商談の内容を後から確認したり、共有したりできます。

これは、商談の進捗や成果を管理する上で役立ちます。また、録画や録音の機能を使う場合は、相手に事前に許可を得ることが必要です。プライバシーの保護や法律の遵守にも注意しましょう。

無料で使えるおすすめのオンライン商談ツール・システム5選

オンライン商談ツール・システムの中で無料で使えるおすすめのツールを紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを解説しているのでオンライン商談ツール・システム選びの参考にしてみてください。

どこでもSHOWBY - 株式会社かんざし

どこでもSHOWBY
どこでもSHOWBY
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

どこでもSHOWBYは、画面共有やチャット、名刺交換やノートなどの機能を持ったオンラインで商談ができるツールです。電話と併用できるので、お客様とのコミュニケーションがスムーズになります。

無料プランでは、月に20回までのオンライン商談が期間の制限なく、いつまでも無料で使えます。しかも、1回5分未満の商談はカウント対象外です。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
管理者機能 利用できません
ユーザー追加 利用できません

Whereby

Whereby
Whereby
BOXIL SaaS AWARD 2022 通信インフラ部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

Wherebyは、ブラウザで簡単にオンライン商談ができるツールです。画面共有やチャット、ノイズ軽減などの機能が利用できます。無料プランであれば、1つの会議URLを発行可能で、最大100人まで参加できます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
グループミーティングの時間 45分
ブランディング機能 利用できません

Zoom

Zoom
Zoom
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

Zoomは、ビデオ通話や画面共有、チャットなどの機能が利用できるWeb会議やウェビナーが行えるビジネスコミュニケーションツールです。無料プランでできることは、最大100人までのグループ商談が40分まで行えることです。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
グループ商談の時間 40分まで
クラウドレコーディング機能 利用できません
ライセンス数 1

Microsoft 365 (旧称 Office 365) - 日本マイクロソフト株式会社

Microsoft 365 (旧称 Office 365)
Microsoft 365 (旧称 Office 365)
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

Microsoft Teamsは、Microsoftが提供するオンライン商談ツール・システムです。ビデオ通話やチャット、画面共有や録画、ファイル共有などの機能が利用できます。無料プランでできることは、1対1やグループでのビデオ会議、チャット機能、ファイル共有などです。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
ビデオ通話の人数 100人まで
グループ会議の時間 60分まで
ストレージ容量 5GB/人
会議のレコーディングと文字起こし 利用できません
共同注釈 利用できません
24 時間年中無休の電話/Webサポート 利用できません

Google Meet

Google Meet
Google Meet
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

Google Meetは、ビデオ通話やチャットなどの機能を持ったオンラインで商談ができるツールです。Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。


自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\サービス選びで失敗しないために/

無料と有料の違いは?よくある機能制限と注意点

無料のオンライン商談ツール・システムでよくある機能の制限をまとめました。

参加人数の制限

無料版のオンライン商談ツール・システムでは、参加できる人数に上限が設けられていることが多いです。例えば、一度に参加できる人数が2人や5人と決まっているケースがあります。

商談相手が複数人いる場合や、自社の担当者が複数人必要な場合には、無料版では対応が難しい場合があります。無料版では、商談の規模や形態に制約が生じる可能性があります。

接続時間の制限

無料版では、商談の接続時間に制限があることが多いです。例えば、無料版では30分〜60分と決まっているケースがあります。商談の内容が簡潔で、時間内に終わるなら無料版でも問題はないかもしれません。

しかし、商談の内容が複雑で、相手のニーズや疑問を丁寧に聞き出したり、説明したりする必要がある場合は、無料版では時間が足りなくなる可能性があります。無料版では、商談の時間制限について事前に確認し、効率的に商談を進めることが大切です。

録画の制限

無料版のオンライン商談ツール・システムでは、商談の録画に制限があることが多いです。例えば、録画時間や保存期間、保存容量などが限られている場合があります。また、録画した動画を編集したり、ダウンロードしたり、共有したりできない場合があります。

これらの制限は、商談の振り返りや改善、フォローアップなどに影響するものです。無料版では、商談の効果や継続性が低下する可能性があります。

有料ツールを検討するべきケース

企業の状況やツールに求めていることによっては、無料ツールでは叶えられないケースが存在します。有料ツールを検討したほうがよいケースをまとめているので参考にしてみてください。

多くの人を参加させたい場合

オンライン商談ツール・システムの無料版は、一度に参加できる人数に制限があることが多いです。例えば、無料版では最大50人までしか参加できないサービスもあります。

有料版では、商談に参加できる人数が増えるので、大規模な商談や複数の取引先との商談にも対応できます。商談参加人数が多いならば、有料版を選ぶことをおすすめします。

商談の時間が1時間以上かかる場合

商談の内容によっては、1時間では足りない場合もあります。相手のニーズや疑問を丁寧に聞き出したり、自社の商品やサービスのメリットを説明したりするのに時間がかかる場合は、有料版を選んだ方がよいでしょう。

無料版では、商談の時間が制限されているため、商談の途中で切れてしまうと、相手に不信感や不満を与える可能性があります。

画質や音声の品質を向上させたい場合

オンライン商談ツール・システムの無料版は、画質や音質に問題がある場合があります。特に、インターネットの回線が不安定な場合は、映像や音声が途切れたり、遅延したりする可能性が高くなります。

オンライン商談の品質を向上させたい場合は、有料版に切り替えることで、高画質や高音質の状態で商談を行うことができます。

サービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\サービス選びで失敗しないために/

オンライン商談ツール・システム選び方ガイド_20231201.pptx.pdf
オンライン商談ツール・システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
オンライン商談ツール・システムの最近更新された記事