コピー完了

記事TOP

成果報酬型の営業代行おすすめ10選!利用するメリットや選び方

最終更新日:(記事の情報は現在から23日前のものです)
自社に営業の人材やノウハウが不足する場合に役立つのが、営業代行の活用です。本記事では成果報酬型の営業代行のメリット・デメリットや費用相場、代行会社の選び方を解説します。おすすめの営業代行会社も紹介しますので、参考にしてください。

【厳選】おすすめ営業代行・アウトソーシングサービスをまとめてチェック!
\特典【完全版】機能・価格比較表/

営業代行・アウトソーシングサービスの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。営業代行・アウトソーシングサービスの比較にお役立てください。

目次を閉じる

成果報酬型の営業代行とは

成果報酬型の営業代行とは、営業活動を外部の専門会社に委託し、成果に応じて報酬を支払うサービスです。従来の固定報酬型の営業代行とは異なり、獲得した顧客数や売上金額など、あらかじめ設定した目標の達成度に応じて報酬が決定されます。

成果報酬型の営業代行を利用することで、営業リソースが不足している企業でも、効果的な営業活動を行えます。また、報酬が成果に連動しているため、営業代行会社側のモチベーションも高く、より積極的な営業活動が期待できる点も特徴です。

営業代行とは?アウトソースの種類やメリット・派遣との違い・おすすめサービス
会社内でのさまざまな業務がアウトソース化されている昨今では、会社経営の核とも言える「営業」も外部に切り出すことも珍...
詳細を見る

成果報酬型の営業代行の仕組み

成果報酬型の営業代行では、まず企業と営業代行会社が成果の定義と報酬の設定について合意します。成果の定義は、獲得した顧客数、売上金額、商談数など、目的に応じて設定されます。報酬は、固定部分と成果連動部分を組み合わせるのが一般的です。

営業代行会社は、企業から提供された商品やサービスの情報、ターゲット顧客のリストなどをもとに、電話やメール、訪問などの手法を用いて営業活動を行います。営業活動で得られた顧客の情報は、企業にフィードバックされ、商談や契約につなげていきます。

そして、定期的に企業へ進捗状況を報告し成果の確認を行い、あらかじめ設定された成果目標を達成した場合、成果連動部分の報酬が支払われるといった流れが一般的です。

成功報酬型の営業代行との違い

成果報酬型の営業代行と混同されがちなのが、成功報酬型の営業代行です。

成果報酬型では達成度合いに応じて報酬額が変動するのに対し、成功報酬型では目標達成の有無で報酬の支払いが決定します。

たとえば、目標が10件の契約獲得だった場合、成功報酬型では10件すべてを獲得しなければ報酬が発生しません。一方、成果報酬型では1件でも獲得できれば、1件分の報酬が支払われます。

このように、成功報酬型は商品購入やリード(見込み顧客)の獲得、イベントの参加など、あらかじめ定めたプロジェクトごとの目標を達成した際にのみ報酬発生するのが特徴です。

成果報酬型の種類

成果報酬型の営業代行は、報酬の発生条件によっていくつかの種類に分類されます。次に、主な報酬形態であるアプローチ課金型、アポイント獲得課金型、成約課金型の3つの種類について解説します。

アプローチ課金型

アプローチ課金型は、営業代行会社が行ったアプローチの数に応じて報酬が発生するモデルです。具体的には、電話やメールでの連絡、資料の送付などの営業活動の実施数にもとづいて報酬が計算されます。

このモデルの利点は、営業プロセスの初期段階からコストを管理できる点です。アプローチ数に上限を設定することで、予算の範囲内で確実に営業活動を行えます。

ただし、アプローチの質よりも量が重視される傾向にあるため、見込み客の質が低下する可能性もあります。

アポイント獲得課金型

アポイント獲得課金型は、営業代行会社が獲得したアポイントの数に応じて報酬が発生するモデルです。アプローチ課金型よりも一歩進んだ段階で報酬が発生するため、より質の高い見込み客を獲得できる可能性が高くなります。

このモデルでは、営業代行会社がアポイントを取るためのスキルやノウハウが重要です。さらに単なる連絡ではなく、見込み客の興味を引き、商談につなげる力も求められます。

ただし、アポイントの獲得数だけでは最終的な成約率が保証されないため、アポイントの質を見極めなくてはなりません。

成約課金型

成約課金型は、営業代行会社が獲得した成約の数や金額に応じて報酬が発生するモデルです。最終的な成果に直結しているため、営業代行会社のモチベーションも高くなります。

このモデルでは、営業代行会社が成約に至るまでのプロセス全体を最適化する必要があります。単にアプローチやアポイントを獲得するだけでなく、商談の進め方や契約の締結まで、高いスキルを求められるのが特徴です。

報酬額は他のモデルと比べて高くなる傾向にありますが、成果に応じた支払いになるため、ROIを重視する企業に適しています。

成果報酬型の営業代行の相場

成果報酬型の営業代行の相場は、1件につき3,000円~55,000円ほどで設定されており、依頼する業務の難易度によって金額に開きがあります。依頼内容ごとの相場は、次のとおりです。

依頼内容 相場
コール 200〜300円/件
アポ取り 15,000〜20,000円/件
商談 15,000〜30,000円/件
受注や契約の獲得 契約金額の2〜3割程度

アポイント獲得の難易度や商材の売りやすさなどによっても費用は変わるため、具体的な金額は営業代行会社に問い合わせて確認しましょう。

成果報酬型の営業代行のメリット

成果報酬型の営業代行には、成果報酬型ならではメリットがあります。主なメリットは次のとおりです。

  • コストを抑えられる
  • ピンポイントの依頼ができる
  • リスクを減らせる

コストを抑えられる

成果報酬型の営業代行では、成果に応じて報酬が発生するため、無駄なコストを抑えられます。固定報酬型の場合、営業活動の結果に関わらず一定の報酬を支払う必要がある一方で、成果報酬型では成果が出なければ報酬も発生しません。

また、成果報酬型では営業代行会社も成果を出すことで報酬を得られるため、効率的な営業活動を行うインセンティブが働きます。これにより無駄な営業活動が減り、コストに対して効果の高い営業代行サービスを受けられる可能性も高くなります。

ピンポイントの依頼ができる

成果報酬型の営業代行では、目的にあわせてピンポイントな依頼ができるのもメリットです。たとえば、新商品の販売促進に特化した営業代行や、特定の地域や業界に絞った営業代行など、または一定の期間で目標を達成したい場合のように、ニーズにあわせて柔軟にサービスを選択できます。

固定報酬型の場合、包括的な営業活動を委託することが多いため、ニーズにあわない部分にも報酬を支払う必要があります。一方、成果報酬型では必要な部分だけを委託できるため、無駄のない営業代行が可能です。

リスクを減らせる

固定報酬型では成果に結びつかなくても報酬が発生するため、代行会社が適切でないアプローチをしている可能性や、まじめに作業をしているかがわからないリスクもあります。

一方、成果報酬型では目に見える成果に対して対価を支払うため、結果に結びつきやすくなります。また、営業代行会社側も成果を出さなければ報酬が得られないため、比較的営業力の高い優秀な人材が動いてくれるのもメリットです。

成果報酬型の営業代行が向いている企業

成果報酬型の営業代行は、どの企業にも向いているとは限りません。成果報酬型が向いているのは、主に次のような特徴がある企業です。

  • 部分的に依頼したい営業業務がある
  • 営業代行のコストを最小限に抑えたい
  • 1件ごとの営業成果がわかりやすい商材を扱う
  • 営業人材の育成にコストをかけられない
  • 業務の繁忙期と閑散期がはっきりしている

これに対し、商材の専門性が高い企業や、販売方法や顧客との関係性にこだわりがある企業は成果報酬型の営業代行は向いていません。

また、予算が限られ、想定を超える費用の発生は避けたい場合も成果報酬型は向いていないといえます。

営業代行会社の選び方

営業代行会社は数多くあり、提供しているサービスの内容は異なります。自社にあう会社を選ぶには、次のポイントを押さえることが大切です。

実績があり、営業過程を公開しているか

営業代行会社の選定において、まず確認したいのが実績です。どのような企業とどのような営業活動を行い、どのような成果をあげてきたのかを確認しましょう。

実績が豊富で、自社と似た業種・業態の企業への営業代行経験がある会社は、自社の営業活動をスムーズに行える可能性が高いです。

また、営業代行会社が営業過程を公開しているかも重要なポイントです。どのような手順で営業活動を行うのか、どのようにして成果をあげていくのかを明確に示している会社は、信頼できるパートナーといえます。一方、営業過程が不透明な会社は、トラブルが起きたときに対応が難しくなる恐れもあります。

代行する人材は経験豊富か

営業代行会社の営業スタッフの質は、代行サービスの成否を左右します。経験豊富で、高いスキルをもった営業スタッフが在籍している会社を選ぶことが大切です。

また、営業代行では代行するスタッフも自社の従業員として顧客と接します。そのため、営業成果をあげられるかといった点だけでなく、自社のイメージを守る点においても人材の質は大切な要素です。

まずは、営業代行会社の営業スタッフの経歴や実績を確認し、商材やサービスを適切に提案できる人材がそろっているかを見極めましょう。スタッフの採用基準や教育研修の内容も確認できるとなお良いです。

また、営業代行会社のマネジメント力も、営業の質に影響します。マネジメント体制やモチベーション管理の方法まで確認できると、安心して任せられる会社が見つかります。

自社の課題やニーズにあうか

社の課題やニーズにあうかどうかも選ぶポイントです。代行会社には得意・不得意とする業界があり、サービス内容も異なります。自社の課題を見極め、解決できる代行会社を選ぶことが大切です。営業代行会社の特徴や強み、得意分野をヒアリングし、自社との相性を確認しましょう。

企業によっては、課題を明確に把握できていない場合もあります。そういった場合でも、ヒアリングによって課題を見出し、解決策を示せる代行会社が理想的です。納得できる解決策を提案してくる代行会社は信頼でき、求める結果を出すことが期待できます。

アフターフォローの体制は整っているか

アポイント取得や商談実施で報酬が発生する場合、契約に至るまでの顧客フォローは社内で行う必要があります。営業代行会社が「アポを取ったら終わり」といった姿勢では、せっかく獲得した見込み客を逃してしまうかもしれません。

優れた営業代行会社なら、アポイントに至った経緯や顧客の温度感などの情報もしっかりと伝えてくれます。また、アポイント取得後のフォローまで行ってくれるかどうかも重要なポイントです。引き継ぎの際に、顧客との信頼関係を損なわないよう、丁寧なフォローが求められます。

そして、契約期間が終了した後のアフターフォローも重要です。営業活動で得られた顧客情報の引き継ぎに関して、スムーズに業務移行できる体制が整っているかを確認しましょう。

契約内容や条件が明確か

営業代行会社との契約においては、契約内容や条件の明確さが欠かせません。とくに成果報酬型の場合、何をもって成果とするのかを細かい部分まで明確に提示してくれているかを確認する必要があります。曖昧な部分が残っていると、後でトラブルになる可能性があります。

また、機密保持や競業避止義務などの重要な契約条件についても、しっかりと取り決められているかを確認しましょう。自社の重要な情報を守るためにも、契約内容の明確さは重要です。

成果報酬型の営業代行会社おすすめ10選

成果報酬型の料金体系でサービスを提供するおすすめの営業代行会社を紹介します。特徴やおすすめポイントを解説するので、参考にしてください。

営業支援サービス「Seiyaku」 - 株式会社ウィルオブ・ワーク

営業支援サービス「Seiyaku」
営業支援サービス「Seiyaku」
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 多岐にわたる業種に対応
  • 独自メソッドを活かした戦略的なサービス
  • 課題にあわせたソリューションを提案

株式会社ウィルオブ・ワークは営業課題にあわせて専門チームを構築し、BtoB特化の営業代行「セイヤク」を提供する会社です。営業リストの作成からクロージング、インサイドセールスによる顧客育成や商談獲得など、クライアントの課題に沿ったアウトソーシングサービスを組み合わせ、営業活動を支援します。

2,800社を超える取引実績で得た営業ノウハウと人材活用メソッドを組み合わせ、営業課題を解決できるのが強みです。営業トーク分析によりトークスキルの向上を図り、安定的なアポイントの獲得につなげています。

※出典:ウィルオブ・ワーク「営業代行・アウトソーシングならセイヤク」(2024年3月24日閲覧)

エグゼクティブ

  • テレアポから商談代行・HP制作まですべてを請け負う
  • 電話+メールによるカスタマーサクセスを代行
  • すべてのサービスに専用の営業管理システム「RE-CH!」を使用

株式会社エグゼクティブは、法人向けの新規営業をサポートする代行会社です。営業戦略の立案やアポイント獲得、営業ツールの制作など幅広い営業活動を支援しています。

形がない・説明が難しい・価格が高い商材を得意とし、製品・サービスに自信あるものの、思うように売れない企業をサポートします。

すべてのサービスでは専用の営業管理システム「RE-CH!」を使用し、活動のすべてが、リアルタイムで共有できるのが特徴です。

アポハンター - アズ株式会社

  • 新規アポ獲得までのプロセス代行に特化
  • 1,800社を超える企業から高い評価
  • オプションサービスが豊富

アズ株式会社のアポハンターは、法人営業の新規開拓を完全成果報酬型で対応する営業代行サービスです。営業プロセスでもっとも労力のかかる新規アポ獲得に特化しています。テレマーケティングによるストレスや無駄な訪問営業による疲労といった従業員の負担を減らし、コア業務に専念できるようサポートします。

専属の担当者が月に1度訪問して活動報告を行い、活動結果の数値分析で翌月活動の提案をするのが特徴です。オプションサービスでは商談を行うプロセールスマンのレンタルサービスや、リストアップ代行サービスを提供しています。

※出典:アズ「アポハンター | サービス一覧 | アズ株式会社|完全成果報酬型のアポ獲得代行」(2024年3月24日閲覧)

株式会社アイランド・ブレイン

  • 55業種・3,000社の導入実績
  • 新規開拓営業の初期アプローチに特化
  • 事前に定めた商談条件を満たすアポイントだけを提供

株式会社アイランド・ブレインは、売れる仕組みを作る営業代行会社です。アポイント獲得に特化し、新規契約の安定的な確保をサポートします。新規開拓営業の中でもっとも労力がかかる初期アプローチを代行し、獲得した見込み客との商談を1件16,500円(税抜)の成果報酬で提供するサービスです。

独自の教育を受けた営業のプロが対応しており、クライアントの業種・業界を理解するために勉強会も行っています。深い知識と営業リソースを組み合わせ、成果を確実なものにしています。

事前の打ち合わせで定めた商談条件を満たすアポイント以外は一切提供せず、高品質のアポイントのみ提供できるのが強みです。

※出典:アイランドブレイン「営業代行・営業コンサルタント会社は株式会社アイランドブレイン【東京・大阪・名古屋】」(2024年3月24日閲覧)

株式会社アソウ・ヒューマニーセンター

  • メール・電話による新規開拓に特化
  • ターゲット1社100円+成果報酬の格安プラン
  • 30年以上培った法人営業ノウハウでアプローチ

株式会社アソウ・ヒューマニーセンターは、リード発掘から商談熟成までを請け負う代行サービスです。メール・電話による新規開拓を行い、自社の営業担当者がクロージング活動に専念できるよう支援します。

​​勤続年数3年以上の経験豊富なスタッフがテレセールスを行い、アポ率は平均4.8%の実績です。

創業以来、20万社への新規開拓営業を行っており、多くの業種・業態への法人営業の実績とノウハウで業績向上をサポートします。

※出典:アソウ・ヒューマニーセンター「営業代行サービス | 福岡のテレマーケティングならアソウ」(2024年3月24日閲覧)

株式会社完全成果報酬

  • テレアポと訪問営業を代行
  • 新規事業、新規プロジェクトの立ち上げにも対応
  • 利益が上がる「営業の仕組みづくり」を支援

株式会社完全成果報酬は、テレアポと訪問営業代行を支援する代行サービスです。トレーニングを積んだプロの営業が、成果につながるアポイントと商談を提供します。

テレアポは、一度発注を受けた顧客がリピート発注するほどの人気サービスです。訪問営業代行は見込み客を訪問して商談を代行し、積極的に受注までつなげる提案を行います。

新規事業・プロジェクトの立ち上げでは、これまで数々の事業を立ち上げてきた事業開発経験者が対応し、経験を活かしてプロジェクトマネジメントを行います。

ルーツアルファ

  • BtoC商品の販路拡大を支援
  • 自社で保有する会員情報をもとに営業代行を実施
  • すでに信頼を得ている顧客に商品を紹介

ルーツアルファ株式会社は、新規開拓サービスを行う代行サービスです。BtoB・BtoCの双方に対応した新規アポイント獲得を行います。

アポイント獲得後はアポイント表を随時更新し、メールで送付します。アポイント獲得の1件あたり1万円からの報酬が発生し、挨拶や名刺交換のみで商談に進めなかった場合は料金が発生しません。

生命保険やリフォーム会社など、幅広い業種・業態の営業代行実績があります。

SakuSaku

  • 問い合わせフォームに営業するため開封率が高い
  • 完全オーダーメイド制
  • 定期的に独自研修を実施

SakuSakuは、合同会社ドリームアップが提供する問い合わせフォームの営業代行サービスです。フォーム送信業務はAIではなくすべて「人」が行い、採用倍率70倍から選ばれたスタッフが一社一社にカスタマイズした営業を行います。

クライアントのターゲットを把握し、プレスリリースや求人媒体などから企業情報を抽出しながら、すべて目視によるチェックで営業リストを作成します。

問い合わせフォームは多岐にわたる送付文面のABテストを実施しており、細部にわたる分析・改善により、商談につなげるための文面作成が強みです。

株式会社グローバルステージ

  • 営業と人財で新規事業をバックアップ
  • 20種類以上の業種・業態をサポートした実績
  • ビジネスプロセス改革するさまざまなノウハウを提供

株式会社グローバルステージは、新規事業の開拓、事業拡大を支援する会社です。心理学をベースにした営業マニュアルとスクリプトを開発し、過去6年間にわたり数多くの業種・業態を支援した実績があります。

300時間以上の営業トレーニングを積んだプロのスタッフが担当し、法人営業・個人営業のいずれにも対応可能です。営業組織を強化したい場合には、営業を仕組み化するコンサルティングサービスも提供しています。営業フローの最適化と営業組織の構築までサポートします。

※出典:グローバルステージ「サービス|新規事業の営業代行なら 株式会社グローバルステージ」(2024年3月24日閲覧)

株式会社セレブリックス

  • 法人営業・新規開拓営業を中心としたサービスを提供
  • 最新セールステクノロジーを駆使
  • 独自の営業メソッドで支援

株式会社セレブリックスは、営業課題を解決し、組織に「売れる営業文化」を根付かせる営業代行会社です。1,200社12,000商材※1の支援実績があり、課題にあわせたさまざまなサービスを提供します。

25年分のデータ※2から成功率の高い営業手法のみをまとめた「顧客開拓メソッド」をもち、自社で成果実証済のデータをもとに「売れる営業」の仕組み化が可能です。

リード獲得から受注まで、幅広い範囲で営業支援を行っており、営業の戦略・戦術の設計から現場での実行まで、一連の流れをサポートします。

※1,2 出典:セレブリックス「営業代行・営業コンサルティングのセレブリックス|1,200社、12,000商材の支援実績」(2024年3月24日閲覧)


【比較表あり】営業代行・アウトソーシングサービス比較26選!おすすめ代行会社と費用
【2023年最新版】人員補強やテレアポ代行など業務の切り出しでも利用される営業代行。ボクシルでは成果報酬型〜月額制...
詳細を見る

成果報酬型の営業代行を利用する前の準備

成果報酬型の営業代行を利用する際には、次のような事前準備が必要です。

営業課題を明確にする

成果報酬型の営業代行を利用する前に、まず自社の営業における課題を明確にする必要があります。新規顧客の開拓が進まない、営業リソースが不足している、営業スキルが不足しているなど、具体的な課題を洗い出しましょう。

課題を明確にすることで、営業代行に求める目的や目標が明らかになります。漠然と営業代行を利用するのではなく、課題解決に向けて戦略的に活用することが重要です。また、課題を整理することで、適した営業代行会社や代行プランを選択しやすくなります。

成果報酬型に適した案件かを見極める

成果報酬型の営業代行は、すべての案件に適しているわけではありません。商材やサービスの特性、営業プロセスの複雑さ、成果の測定しやすさなどを踏まえ、成果報酬型に適した案件かを見極める必要があります。

一般的に、成果報酬型に適しているのは、商材やサービスの単価が明確で、営業プロセスがシンプルな案件です。また、成果の定義が明確で、測定しやすい案件も向いています。一方、高度な専門知識が必要な案件や、長期的な関係構築が求められる案件は、成果報酬型には適さない場合があります。

社内の受け入れ体制整備と役割分担をする

営業代行を利用する際は、社内の受け入れ体制を整備し、役割分担を明確にすることが重要です。営業代行会社との連携窓口となる担当者を決め、情報共有や進捗管理のルールを設定しましょう。

営業代行によってどれくらいの成果が生まれるかは、実際にやってみないとわかりません。想定以上にお問い合わせがあった場合、受け入れ体制がないと顧客を逃してしまう可能性があります。

そのため、営業代行会社からの引き継ぎをスムーズに行うために、社内の営業チームとの役割分担を明確にする必要があります。営業代行会社が獲得した見込み客を、社内の営業チームがどのようにフォローするのか、具体的な手順を定めておきましょう。

成果報酬型の営業代行の注意点

成果報酬型の営業代行には次のようなデメリットもあるので、注意しましょう。

  • プロセスを共有できない
  • 料金が割高になる場合がある
  • 代行会社への依存度が上がる
  • 短期的な成果を重視しすぎる恐れがある

どのようなデメリットなのか、詳しく解説します。

プロセスを共有できない

成果報酬型の営業代行では、営業プロセスの詳細を代行会社と共有できないこともあります。これは、代行会社の営業ノウハウや独自の手法は、企業秘密に当たる場合が多いためです。

プロセスが共有されないと、営業活動の進捗状況や課題が見えにくくなります。そしてアポ取りや商談の成果が上がっても、どのような手法で達成したのかはわかりません。結果として自社に営業ノウハウを蓄積できないため、あくまでも短期的な営業目標を達成したい場合に依頼するサービスといえます。

また、トラブルが発生した際に、原因の特定や解決が難しくなる恐れもあります。代行会社とのコミュニケーションを密にし、できる限りプロセスや進捗状況が共有できる関係性を築くことも重要です。

料金が割高になる場合がある

成果報酬型では成果が発生しない場合に報酬を受け取れないリスクがあるため、固定報酬型に比べて報酬金額が高く設定されているケースは多いです。とくに、獲得が難しい見込み客や、競合が多い市場での営業活動では、代行会社の工数増加にともない、料金が割高になることもあります。

また、想定以上の成果が出た場合は高額な報酬が発生してしまい、予算をオーバーする可能性もあります。予算との兼ね合いを考え、費用対効果を見極めることが重要です。

代行会社への依存度が上がる

成果報酬型の営業代行を長期的に利用していると、自社の営業力が育たず、代行会社への依存度が高まってしまう恐れもあります。代行会社任せになることで、自社の営業ノウハウが蓄積されにくくなります。

代行会社との並行して、自社の営業チームの育成にも力を入れ、徐々に営業活動を内製化しましょう。

短期的な成果を重視しすぎる恐れがある

成果報酬型の営業代行では、短期的な成果を重視しすぎてしまう恐れがあります。売上や契約数などの数字ばかりを意識しがちですが、長期的な顧客との関係構築も重要です。

短期的な成果を追求するあまり、顧客の信頼が損われるようなアプローチを取ってしまうと、ブランドイメージの低下につながりかねません。長期的な視点をもち、顧客との信頼関係を大切にする姿勢が求められます。

成果報酬型の営業代行を上手に活用しよう

成果報酬型の営業代行は、成果が得られなかった場合に報酬が発生せず、コストを抑えて営業代行を利用できるのがメリットです。短期間で売上を伸ばしたいときのように、ピンポイントでの利用ができます。

部分的に依頼したい営業業務がある、1件ごとの営業成果がわかる商材を扱うといった企業に向いています。

成果報酬型の営業代行会社を選ぶ際は、実績やスタッフのスキル・経験、自社の課題やニーズにあうかをチェックしてください。営業代行を上手に活用し、自社の営業課題を解決しましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

営業代行サービス選び方ガイド_20240410.pptx (2).pdf
営業代行
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
営業代行の最近更新された記事