コピー完了

記事TOP

LINEチャットボットの機能と導入方法・おすすめサービス

最終更新日:(記事の情報は現在から44日前のものです)
LINEチャットボットは顧客対応や顧客体験を提供できる便利なツールです。自動応答やユーザー追跡などの機能も搭載されており、問い合わせにおける課題を解決したい企業におすすめです。本記事では、LINEチャットボットの導入方法や活用メリット、おすすめのサービスについて紹介します。

【厳選】おすすめチャットボットをまとめてチェック!
チャットボットの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめチャットボットの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なチャットボットを含むサービスを徹底比較しています。ぜひチャットボットを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

LINEチャットボットとは

LINEチャットボットは、LINEのプラットフォーム上で動作する自動応答システムのことです。ユーザーからのメッセージに対して自動的に応答でき、24時間365日顧客からの問い合わせ対応が可能になります。

LINEチャットボットでできること

LINEチャットボットでは次のようなことを行えます。

  • 応答メッセージ
  • Messaging API

応答メッセージ

LINE公式アカウントには、自動で返信を行う「応答メッセージ」機能があります。この機能には、2種類のタイプがあります。

1つ目は「一律応答」です。ユーザーからのメッセージ内容に関わらず、あらかじめ設定したメッセージを一律で返信します。

2つ目は「キーワード応答」で、ユーザーの送信メッセージから特定のキーワードを検出すると、そのキーワードに対して事前に用意した応答メッセージを自動的に返信できるものです。

キーワード応答を活用することで、よくある質問に対する回答や説明文を自動化できます。ユーザーにとっては素早く的確な情報を得られ、運営側は手作業の応対コストを削減できるメリットがあります。

応答メッセージ機能は簡単な設定で導入可能ですが、検索やナビゲーションの役割を担うコンテンツとなるため、十分な量と質が求められます。ユーザーの潜在的なニーズを汲み取り、わかりやすい言葉で説明することが重要です。

Messaging API

LINEメッセージングAPIとは、LINEユーザーとのコミュニケーションを高度に自動化・個別化するためのAPIです。APIを利用することで、次のようなカスタマイズされたチャットボット機能を実現できます。

  • ユーザーの入力内容に応じた柔軟な応答
  • 画像やリッチメッセージの送信
  • 外部サービスやデータベースとの連携
  • 診断やWebアプリ機能の実装

Messaging APIを活用する方法は2つあります。

1つ目は自社でAPIを使ってアプリケーションを開発する方法です。プログラミングスキルを持つ企業や開発者向けで、要件に合わせた完全にカスタマイズされたチャットボットを構築できます。

2つ目は、APIを利用した外部のチャットボットサービスを導入する方法です。プログラミング不要で、比較的簡単に高度なチャットボット機能を実装できます。

メッセージングAPIは単なるテンプレート応答だけではく、ユーザー体験を大幅に向上させる拡張機能です。LINEとユーザーの親和性の高いコミュニケーションを実現したい場合、APIを利用したカスタマイズされたチャットボットの導入が有効です。

LINEチャットボットの活用メリット

LINEチャットボットの活用には次のようなメリットが挙げられます。

  • 売り上げアップを目指せる
  • 問い合わせ対応の工数を削減できる
  • 見込み顧客の数を広げられる

売り上げアップを目指せる

LINEチャットボットを活用することで、一人ひとりのユーザーとコミュニケーションが可能になります。個別対応することでユーザーの関心やニーズを把握しやすくなり、適切な情報を届けられます。

さらに、好みや価値観に合わせたわかりやすい説明や提案を行いやすくなり、商品やサービスへの興味、そして購買意欲の醸成につながります。また、チャットボット内に商品購入ページへのリンクを設置すれば、ユーザーをスムーズに購入プロセスへと誘導できます。

親しみやすいLINEのインターフェースを活用して興味関心を売上へとつなげる導線を構築しやすいことがLINEチャットボットの大きなメリットといえます。

問い合わせ対応の工数を削減できる

LINEチャットボットは簡単な質問への回答を自動化できるため、その分の時間を本来行うべき重要業務に充てらます。

LINEチャットボットで利用することで、問い合わせ対応の効率化と人的リソースの最適化を実現でき、生産性やサービス品質が向上します。

見込み顧客の数を広げられる

LINEチャットボットは国内最大級のSNSプラットフォームであるLINEを活用できるため、新規顧客獲得の強力な手段にもなります。また、ユーザー数の多さとその認知度、リーチの広さから自然と多くのユーザーに認知される機会が生まれます。

従来の広告とは異なり、ユーザーみずからがチャットボットを友だち追加するため、高い能動性と興味関心のある潜在顧客に効果的にアプローチ可能です。

さらに、LINEチャットボットなら獲得した見込み客への継続的なフォローアップも行いやすく、自動応答とオペレーターの使い分けで適切な情報を届けられます。段階を追ったアプローチにより、見込み顧客の数を広げられることも大きなメリットです。

顧客体験を提供しやすい

LINEチャットボットは、ユーザーエンゲージメント向上のための魅力的なコンテンツの提供が大きな強みです。

チャットボットならではの対話型コンテンツとして、診断やアンケートなどの実装も可能です。LINEチャットボットのコンテンツ機能では、単なる企業情報の一方向発信ではなく、ユーザーとの対話や興味関心を促す顧客体験の提供により、顧客満足度向上にもつながります。

LINEチャットボットの導入方法

LINEチャットボットの導入方法は大きく分けて次の2種類があります。

  • LINE公式アカウントの管理画面上で作成する
  • Messaging APIで作成する

それぞれの方法を解説します。

LINE公式アカウントの管理画面上で作成する

LINE公式アカウントの管理画面上でチャットボットを作成できます。LINE公式アカウントを開設すれば管理画面上で行えるため、専門的なプログラミング知識がなくてもチャットボットをスムーズに導入できます。

チャットと応答メッセージの併用をする場合には、設定画面 > 応答設定 > チャットの応答方法で、「応答メッセージ」を選択してください。

Messaging APIで作成する

Messaging APIを使用すると、より高度な機能を持つチャットボットの作成が可能です。よりパーソナライズされたコミュニケーションを実現できます。

Messaging APIの導入方法には、次の選択肢があります。

  • 自社でのシステム開発をする
  • LINE公式アカウントの連携サービスを利用する

自社にシステム開発の知識やリソースがない場合には、サービスを利用することをおすすめします。

LINEチャットボットを運用できるおすすめサービス

LINEチャットボットを運用できるおすすめのサービスを紹介します。これから導入を考えている方はぜひ参考にしてください。

hachidori assistant - 株式会社エフ・コード

hachidori assistant
hachidori assistant
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

hachidori assistant は、顧客対応、社内ヘルプデスクに対応したチャットボットソリューションです。AIによる自動応答のほか、有人対応切替もスムーズに行えます。

公式LINEアカウントとの連携が可能なため、LINEチャットボットの作成・運用も可能です。AI技術を活用して、ユーザーとのコミュニケーションを自動化します。

チャネルトーク - 株式会社Channel Corporation

チャネルトーク
チャネルトーク
BOXIL SaaS AWARD Summer 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

チャネルトークは、AIを搭載したチャットボットサービスです。LINE公式アカウントとの連携が可能で、LINEチャットボットの作成と運用もスムーズに行えます。

直感的な操作で、シナリオ設定はもちろんメッセージ上の画像やリンク設定も簡単に行えます。問い合わせ統計機能では、問い合わせ現状のリアルタイム分析が可能で、改善点を見つけやすい点も魅力です。

L Message ‐ 株式会社ミショナ

L Messageは、LINE公式アカウントの運用に特化したLINE自動化ツールです。集客から売上向上、コスト削減を一つのツールで図れます。

LINE公式アカウント上でのメッセージ対応はもちろん、フォーム作成やカレンダー予約なども可能で、高い利便性が顧客満足度の向上や顧客獲得につながります。

Liny - ソーシャルデータバンク株式会社

Linyは、LINE公式アカウントの運用や配信、管理をサポートするツールです。LINEチャットボットのスムーズな作成と運用のほか、セグメント配信やステップ配信などのマーケティング機能が豊富です。

テンプレートやリッチメニューのデザイン制作など便利機能が揃っており、初心者でも簡単に運用できます。

LINEチャットボットの導入でサービス品質や顧客満足度の向上を目指そう

LINEチャットボットは、企業とユーザーとのコミュニケーションを自動化し、売上アップや問い合わせ対応の工数削減などのメリットが期待できます。導入方法や運用できるおすすめサービスも多数あり、企業のニーズに合わせて選択できます。

チャットボットサービスは多くあり、自社の課題や機能によって適切なものを選ぶ必要があります。それぞれ比較検討して最適なサービスを選びましょう。

\失敗しないシステム導入のために!/

【比較表あり】チャットボット42社を比較!おすすめサービスの料金・機能
シェア率の高い人気チャットボットを含むサービスの料金や機能、口コミ評価を徹底比較!どのチャットボット製品を導入すれ...
詳細を見る
チャットボット選び方ガイド_20231108.pptx.pdf
チャットボット
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
チャットボットの最近更新された記事