コピー完了

記事TOP

中小企業向け「チャットボット」おすすめ11選!選定のポイントと導入のメリットを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から109日前のものです)
中小企業におすすめのチャットボットをBOXIL Magazine編集部が解説。チャットボットを選定する際のポイントや導入するメリットを解説しています。この記事を読めばどのチャットボットを導入するべきかどうかが分かります。

【厳選】おすすめチャットボットをまとめてチェック!
チャットボットの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめチャットボットの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なチャットボットを含むサービスを徹底比較しています。ぜひチャットボットを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

中小企業が抱える問い合わせ対応の課題

チャットボットを導入していない中小企業が問い合わせ対応で抱えている課題についてまとめていきます。あなたの企業でも同様の課題を抱えていれば、中小企業向けのチャットボットで解決できる可能性が高いです。

>>チャットボットとは?仕組みやメリット

問い合わせ対応に多くの人員を割り当てる必要がある

中小企業では、限られたリソースと専門知識の不足という問題があり、問い合わせ対応に多くの人員を割り当てる必要があります。

たとえば、商品やサービスに関する基本的な問い合わせが多く、それに対応するために専門的な知識やスキルが必要ない場合、人員の無駄やムラが発生する可能性があります。また、問い合わせが集中する時間帯や期間に対応できない場合、顧客の不満や離脱が発生する可能性があります。

担当者のスキルによる応答の質の差がある

中小企業では、社内での顧客サービスの経験やスキルの差が直接的な原因となり、担当者によって応答の質に差が発生しやすい傾向にあります。

たとえば、商品やサービスに関する詳細な問い合わせに対応するために専門的な知識やスキルが必要な場合、担当者によって回答の正確さや適切さが異なる可能性があります。また、問い合わせのトーンやニュアンスに対応するためにコミュニケーション能力や感受性が必要な場合、担当者によって対応の丁寧さや親切さが異なる可能性があります。

顧客の要求に迅速に対応できない

中小企業では、システムやプロセスの未整備により、顧客の要求に迅速に対応することが難しい傾向にあります。

たとえば、問い合わせの内容によっては、担当者が確認や調査を行う必要がある場合、対応に時間がかかる可能性があります。また、問い合わせの方法によっては、電話やメールなどの一方的なやりとりである場合、対応の進捗や結果を伝えるのが難しい場合があります。

中小企業がチャットボットを導入するメリット

中小企業がチャットボットを導入して得られるメリットは次のとおりです。

  • 問い合わせ対応の時間とコストが削減できる
  • データを分析して顧客のニーズや傾向を把握できる
  • 24時間365日対応のカスタマーサポートを提供できる

問い合わせ対応の時間とコストが削減できる

チャットボットでは、よくある質問や基本的な案内を自動で行えるため、人間のオペレーターの負担を軽減し、時間とコストを節約できます。

たとえば、商品やサービスの説明、料金や契約の案内、予約や注文の受付などがチャットボットで行えます。これにより、オペレーターの人件費や研修費などのコストを削減できるだけでなく、オペレーターの対応時間も短縮できます。

データを分析して顧客のニーズや傾向を把握できる

チャットボットでは、顧客との対話の内容や履歴を分析できるため、顧客のニーズと傾向を把握できます。たとえば、ユーザーの属性や興味、満足度や不満点、購買意欲や離脱要因などがチャットボットから得られます。

これにより、顧客に合わせたパーソナライズドなサービスやマーケティングの提供が可能です。また、顧客の質問パターンや関心事項を分析し、サービス改善や新たな商品開発の参考にできます。

24時間365日対応のカスタマーサポートを提供できる

チャットボットでは、人間のオペレーターに依存せずに、いつでもどこでもユーザーに対応できるため、24時間365日対応のカスタマーサポートを提供できます。

たとえば、深夜や休日、海外からの問い合わせなどにもチャットボットで応対できます。これにより、ユーザーの利便性や満足度を高められます。

チャットボットの導入メリット!活用方法や導入で失敗しない注意点
チャットボットは人的コストの削減や業務の効率化などのメリットがあるプログラムです。24時間問い合わせ対応が可能であ...
詳細を見る

中小企業がチャットボットを選定する際のポイント

中小企業がチャットボットを選定する際は、いくつかのポイントが存在します。代表的なポイントについて解説します。

利用用途にあったチャットボットか

チャットボットを選ぶ際には、顧客サービスの向上や業務効率化など、利用用途に合致しているかを確認することが重要です。

たとえば、顧客サポートやFAQの回答に使いたい場合は、問い合わせ内容に応じて適切な回答を返せるチャットボットを選びましょう。また、リード獲得や営業支援に使いたい場合は、顧客の興味やニーズを引き出せるチャットボットを選びましょう。

AI型かシナリオ型か

チャットボットを選ぶ際には、AI型とシナリオ型の2種類あるため、自社サービスにおいてどちらが適したチャットボットかを確認することが重要です。

たとえば、AI型のチャットボットなら、ユーザーの自然な言葉での質問に柔軟に対応できますが、正確さや一貫性に欠ける場合があります。シナリオ型のチャットボットなら、ユーザーの質問に対して正確で一貫した回答ができますが、選択肢にない質問には対応できない場合があります。自社の目的や予算に応じて、最適なタイプのチャットボットを選びましょう。

AIチャットボットとは?仕組みや導入メリット・課題と事例
AIチャットボットは、近年注目されている次世代のテクノロジーであり、ビジネスにおいても多くのメリットが期待されてい...
詳細を見る

必要な機能は搭載されているか

チャットボットを選ぶ際には、レポーティング機能やCRMとの連携、マルチ言語対応など、必要な機能が搭載されているかを確認することが重要です。

たとえば、画像や動画などのメディアを送受信できる機能や、音声認識や音声合成を行える機能は、ユーザーのエンゲージメントを高める効果がありますが、必ずしも必要ではありません。

チャットボットの基本機能・課題解決に必要な機能とは
チャットボットには、シナリオ作成や分析などの基本機能をはじめ、さまざまな機能があります。本記事では、チャットボット...
詳細を見る

利用したいチャネルに対応しているか

チャットボットを選ぶ際には、利用したいチャネル(ウェブサイト、SNS、メッセンジャーアプリなど)に対応しているかを確認することが重要です。

たとえば、自社のウェブサイトでチャットボットを利用する場合は、ウェブサイトに埋め込みやポップアップで表示できるチャットボットを選ぶとよいです。メッセージングアプリやSNSでチャットボットを利用する場合は、それらのプラットフォームと連携できるチャットボットがおすすめです。

チャットボットツール比較表

【特典比較表つき】『チャットボットの資料11選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『チャットボットの資料11選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

中小企業におすすめのチャットボット11選

中小企業におすすめのチャットボットを紹介します。

Helpfeel - 株式会社Helpfeel

Helpfeel
Helpfeel
BOXIL SaaS AWARD Autumn 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Helpfeelは、世界初の意図予測検索を搭載し、検索ヒット率が98%を誇るチャットボットです。

Helpfeelは次のような特徴があります。

  • 意図予測検索で、ユーザー自身での自己解決を導き、業務を効率化
  • FAQの履歴から改善点を分析し、リード獲得や契約につなげられる
  • 英語版も提供しており、海外市場へも対応できる

※出典:Helpfeel「Helpfeel - どんな疑問も解決する革新的なFAQシステム」(2024年6月5日閲覧)

ChatPlus(チャットプラス) - チャットプラス株式会社

ChatPlus(チャットプラス)
ChatPlus(チャットプラス)
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ChatPlusは、生成AIやシナリオ型、有人チャットなど、さまざまな機能を利用できるチャットボットです。

ChatPlusは次のような特徴があります。

  • ボット起動数や離脱率などのデータを確認、分析できる
  • APIを使って他のシステムと連携し、業務効率化や自動化を実現できる
  • チャットウィジェットのデザインや動作をカスタマイズし、自社のブランドに合わせられる

チャネルトーク - 株式会社Channel Corporation

チャネルトーク
チャネルトーク
BOXIL SaaS AWARD Summer 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

チャネルトークは、InstagramやLINE、サイトなどの問い合わせ対応を一元管理できる、AIチャットボットを搭載したCSツールです。

チャネルトークは次のような特徴があります。

  • よくある問い合わせ対応を自動化し、注力すべき接客を担当者に自動振り分け
  • 顧客のアクセスしたページや過去の履歴など顧客情報にもとづく接客をサポート
  • 離脱した顧客へはSMSやメールでメッセージ可能

sinclo - 株式会社エフ・コード

sinclo
sinclo
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

sincloは、AIチャットと人間チャットの両方に対応しているチャットボットサービスです。

sincloは次のような特徴があります。

  • ノーコードで簡単に導入可能、プログラミング知識が不要
  • 直感的なUIで使いやすく、オペレーターもスムーズに操作できる
  • Webマーケティングとカスタマーサポートの両方に対応できる

zooba - 株式会社zooba

zoobaは、ヘルプデスク業務をはじめとした情シス業務をサポートするAI支援ツールです。

zoobaは次のような特徴があります。

  • Slackといったチャットツール上で従業員からの質問に対応
  • NotionやConfluenceなどの社内ドキュメントをもとに一次回答
  • SaaS管理からコスト可視化、人事管理など幅広い課題に対応

hachidori Marketing - 株式会社エフ・コード

hachidori Marketing
hachidori Marketing
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

hachidori Marketingは、LINE公式アカウントを活用した自動型マーケティングチャネルが利用できるチャットボットです。

hachidori Marketingは次のような特徴があります。

  • LINEとユーザーのID連携を基盤として、1to1コミュニケーションを実現
  • LINE広告や離脱防止バナーなどで友だち追加を促進
  • 国内有数のLINE社認定バッジを獲得したベンダーが提供するサービス

KARAKURI chatbot - カラクリ株式会社

KARAKURI chatbot
KARAKURI chatbot
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

KARAKURI chatbotは、OpenAI社のGPTを活用したAIチャットボットで、自動応答により顧客の問い合わせに効率的に対応できます。

KARAKURI chatbotは次のような特徴があります。

  • 高い正答率をコミットするAIで、質の高い顧客対応を実現
  • 管理画面が直感的で、IT部門を挟まずに運用可能
  • FAQとの一元管理で、無駄のない業務をサポート

Support Chatbot

Support Chatbot
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Support Chatbotは、表記ゆれを自動吸収する言語処理に特化したAIを搭載したチャットボットです。

Support Chatbotは次のような特徴があります。

  • サポートやカスタマイズ、API連携も従量課金なしで利用可能
  • 自然言語処理に特化したAIが顧客満足度を向上する
  • プログラミング不要で初心者でも簡単に導入が可能

※出典:ユーザーローカル「チャットボット導入なら「サポートチャットボット」導入実績・事例多数|User Local(ユーザーローカル)」(2024年6月5日閲覧)

sAI Chatは、導入時から精度95%以上の回答を実現するチャットボットです。

sAI Chatは次のような特徴があります。

  • FAQの類似表現をあらかじめ学習させることで的確な回答が可能
  • 利用率向上施策やFAQの改善提案など専任のカスタマーサクセスチームが一貫支援
  • チャットボットのデザインやレイアウトをカスタマイズできる

※出典:サイシード「saichat.jp/saichat/」(2024年6月5日閲覧)

Zendesk - 株式会社Zendesk

Zendesk
Zendesk
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Zendeskは、生成AIを搭載し、人間のような自然な言葉を使ったサポートが可能なチャットボットです。

Zendeskは次のような特徴があります。

  • AIが顧客の問い合わせ内容を分析し、最適な回答を提供
  • カスタマイズ性が高く、企業のブランドに合わせた対応が可能
  • 有人でのサポートが必要な場合は最適な担当者へ自動で振り分け可能

qualvaは、コンバージョン率を高めるために最適化されたチャットボットです。他のチャットボットにはないデータ連携技術が利用できます。

qualvaは次のような特徴があります。

  • 多言語に対応し、ユーザーがデバイスで使用している言語を自動で表示できる
  • APIの開発や設定が不要なデータ連携技術
  • リアルタイムにデータを可視化するダッシュボード機能


【比較表あり】チャットボット42社を比較!おすすめサービスの料金・機能
シェア率の高い人気チャットボットを含むサービスの料金や機能、口コミ評価を徹底比較!どのチャットボット製品を導入すれ...
詳細を見る

サービス選びは比較して検討しよう

チャットボットを選ぶ際に重要なのは「自社の状況に合った機能が備わっているか」他システムとの連携、運用コストなどを踏まえて検討することが重要です。あわせて各サービスの口コミも見ておくとよいでしょう。

\失敗しないシステム導入のために!/

チャットボット選び方ガイド_20231108.pptx.pdf
チャットボット
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
チャットボットの最近更新された記事