コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめのチャットボット6選!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から154日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめのチャットボットを紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどを分かりやすく解説しています。導入するチャットボットを探している方は是非参考にしてみてください。

【厳選】おすすめチャットボットをまとめてチェック!
チャットボットの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめチャットボットの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なチャットボットを含むサービスを徹底比較しています。ぜひチャットボットを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

目次を閉じる

チャットボットを無料で使う方法

チャットボットはビジネスや顧客とのコミュニケーションを効率化し、顧客サービスを強化するための強力なツールです。ただ、導入にはある程度のコストを必要とするのが一般的でしょう。

しかし、チャットボットを無料で使う方法もいくつか存在します。まずは、チャットボットを無料で導入するための方法を紹介します。

無料でも使えるチャットボットツールを利用する

数は少ないものの、無料で使えるチャットボットツールがいくつか存在します。これらのツールは無料といえども基本的な機能を備えており、小規模なビジネスや特定のニーズに合わせた簡単な顧客サービスを提供するだけであれば、十分活用できるでしょう。

無料ツールの多くはWebサイトやECプラットフォームへと容易に統合でき、初期設定もシンプルです。

専門知識が求められないため、チャットボットを無料で使う方法のうち、最も簡単で導入しやすい手段と言えるでしょう。

他サービスのAPIを使って自作する

技術力やチャットボットに関する知識に自信があれば、既存のAPI(Application Programming Interface)を利用して独自のチャットボット開発も可能です。たとえば、IBMの「IBM Watson Assistant」やMicrosoftの「Microsoft Azure Bot Service」、Metaの「Messenger for Business」など、無料のAPIを利用してカスタマイズされたチャットボットを構築できます。

この方法は、特定の要件に合わせてカスタマイズされたソリューションが必要な場合に適しています。

また、有料のAPIとしてはGoogleの「Dialogflow」やOpen AIの「ChatGPT API」、Amazonの「Amazon Lex」などが挙げられ、メッセージ数に応じて従量課金制をとっている場合が多いです。

ただし、チャットボットAPIは利用できるプラットフォームが限定されている場合も多く、運用方法を考える必要があるでしょう。

APIとは?連携の具体例・メリット・実装手順を紹介
APIとは、狭義には「アプリケーション作成に利用するもので、ある外部アプリの機能を共有するシステム」を指します。T...
詳細を見る

開発フレームワークを活用する

無料の開発フレームワークを利用することも、チャットボットを導入する方法の一つです。プログラミングやシステム開発の知識が求められるためハードルは高いものの、独自のビジネスロジックや応答フローを組み込めるといった柔軟性があります。

たとえば、Node.jsやPythonを使用してチャットボットを開発するためのライブラリやツールキットが多数存在します。

ただし、この方法は開発だけでなくメンテナンスにもある程度の時間とリソースが必要になる場合があるため、内部リソースや技術力を考慮したうえで導入を検討することが重要です。

オープンソース(OSS)のチャットボットプラットフォームを活用する

オープンソースのチャットボットプラットフォームは、コストを抑えつつカスタマイズされたチャットボットを導入したい場合に適しています。

これらのプラットフォームは無料でアクセスでき、大規模な開発者コミュニティの支援も受けられることが一般的です。多くのケースでマニュアルやチュートリアル、コミュニティのフォーラムが豊富に提供されており、開発者が容易に情報を得られるでしょう。たとえば、RasaやBotpressはオープンソースのチャットボットプラットフォームとして広く知られています。

オープンソースのプラットフォームを使えば特定の要件に合わせたチャットボット開発も可能ですが、APIを用いた自作や開発フレームワークの活用と同様に、こちらも一定の技術的知識が必要となるでしょう。また、オープンソースであるため、セキュリティやプライバシーに関する対策も自身で管理する必要があります。

OSS(オープンソースソフトウェア)とは?ユーザー側のメリットを徹底解説
プログラム開発の際に無償で利用できるOSSとフリーウェアの違いについて解説します。また現在注目されているOSSの分...
詳細を見る

無料のチャットボットツールを導入するときの注意点

最も導入ハードルが低い無料のチャットボットツールですが、導入には注意点がいくつか存在します。

無料のチャットボットツールの導入を検討する前に、無料ならではの注意点をいくつか確認しておきましょう。

無料で使える期間が決まっていることも多い

多くの無料で使えるチャットボットサービスは、あくまでもお試しといった形で無料提供しているため、一般的には試用期間が設定されています。この期間終了後は、基本的な機能のみ利用可能となるか、有料プランへのアップグレードが必要になることがあります。

そのため、無料で提供される期間を明確に把握し、無料期間終了後の対応計画を事前に準備することが重要です。また、試用期間中にチャットボットの使い方や本導入後のシミュレーションなど、最大限活用できるようあらかじめどのように使うかを決めておきましょう。

利用できる機能に制限がある

無料のチャットボットサービスでは、利用できる機能が制限されている場合も多いです。たとえば、カスタマイズオプションが限られている、または高度な分析機能が利用できないなどが挙げられます。

求めている要件と無料プランが提供する機能を照らし合わせ、ニーズに合致しているか確認しましょう。

無料期間終了後に自動で有料プランへ移行することもある

一部のチャットボットサービスでは、無料試用期間終了後、自動的に有料プランへ移行することがあります。この点を事前に確認し、不意に料金が発生しないよう注意しましょう。サービス契約をよく読み、自動更新の設定を確認することも大切です。

日本語に対応していない場合がある

無料のチャットボットサービスのなかには、日本語に対応していないものがあります。日本語対応が必要な場合は、言語サポートの有無を確認することが重要です。また、日本語対応であっても、自然な会話ができるとは限りません。実際のチャット内容が適切かどうかも検証する必要があるでしょう。

サポート体制が限定的

無料のチャットボットサービスでは、サポート体制が限定的なこともあるでしょう。技術的な問題や使用上の疑問点が生じた際に、求めているサポートを得られない場合があります。

ビジネスでの使用を考慮する場合は、サポート体制の詳細を確認し、必要に応じてサポートを提供する有料プランへの移行を検討することも一つの選択肢です。

無料で使えるチャットボットツールを導入するメリット

無料のチャットボットツールの多くは制限があり、思ったように使えないことも多いでしょう。それでも、無料で使えるチャットボットツールを使ってみるメリットはいくつかあります。

次に、無料で使えるチャットボットツールの導入・検討するメリットを紹介します。

コストを抑えられる

無料のチャットボットを利用する最大のメリットは、導入・運用コストの削減です。

とくにスタートアップ企業や中小企業は予算の制約が大きいため、初期投資を抑えつつ顧客サービスの自動化を図れる無料のチャットボットは導入すべきシステムと言えるでしょう。

複数導入で機能や使い勝手の比較ができる

トライアル期間を含めれば、無料のチャットボットは多種多様に存在します。複数のチャットボットを導入することで、それぞれの機能や使い勝手を直接比較し、ニーズに最も適した選択が可能です。

この比較を通じて、最終的な有料プランの選択に役立つデータを入手できるでしょう。

自社にマッチしたチャットボットを探せる

無料プランの導入は、自社に最適なチャットボットを探す過程でもあります。無料版を試すことで、要件や顧客ニーズに合致するかどうかを評価できるでしょう。

必要な機能が揃っているか、または追加機能が必要かなど、実際の使用状況をもとに判断するためには、無料のチャットボットが適していると言えます。

実際の画面やUI/UXを体験できる

無料チャットボットを導入することで、実際のユーザーインターフェースやユーザーエクスペリエンスを体験できます。

無料版で機能が制限されていたとしても、顧客が使いやすいと感じるインターフェースかどうか、操作が直感的かなど、製品の実用性を試すのに役立つでしょう。

無料のチャットボットツールを選ぶときのポイント

無料のチャットボットツールを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

導入目的に合っているか確認する

チャットボットは製品によって対応範囲が異なるため、導入目的を明確にして適切なサービスを選定しましょう。チャットボットは下記の目的で利用されることが多いです。

社内ヘルプデスク

社内ヘルプデスクとは、経費申請や有給休暇取得申請といった事務手続きを社員が問い合わせるためのチャットボットです。FAQといった機能が備わり、社員は気軽に問い合わせられます。

回答の手間が減り、総務の生産性向上につながります。

社外問い合わせ対応

社外問い合わせ対応とは、顧客からの問い合わせに自動で対応するためのチャットボットです。

顧客が選んだ選択肢に沿ってFAQ形式で回答を提示したり、自然言語での問い合わせに対応したりできます。休日でも問い合わせ対応ができるため、迅速な対応を実現できるでしょう。また、年中無休で迅速な対応を実現できるため、顧客の満足度も向上につながります。

マーケティング支援

マーケティング支援とはWeb接客をしたり、やり取りを通してサイト訪問者の興味・関心を分析したりするためのチャットボットです。訪問者がページを遷移する動きに合わせられるため接点も増えます。訪問者の行動を促進・分析することで、商品・サービスの売上増加につながります。

必要な機能が揃っているか確認する

チャットボットの導入目的を明確にした後に、必要な機能を洗い出しましょう。ユーザー向け機能と管理者向け機能で最低限押さえておきたい機能を洗い出しました。

ユーザー向け機能(利用者)

機能 詳細
対応言語 日本語以外の問い合わせに対応。ホテルや観光客、外国人の顧客が多い企業に必要
サジェスト機能(AI型) 問い合わせのフリー入力時に質問候補を表示
聞き返し機能(AI型) 問い合わせ内容を聞き返し、簡易に回答に導く機能
一問一答 ユーザーがチャットにフリー入力で問い合わせ可能。キーワードを参照し質問の提案や回答をサポート
有人チャット切り替え 自動返答から、オペレーターが直接チャットでやり取りする「有人チャット」に切り替えられる機能。サービスによってオペレーター支援の機能もある。コンタクトセンターに導入する場合は必須の機能
音声認識(AI型) 電話対応の音声を認識し、自動回答する機能。コールセンターや物流業で利用されている
カスタマイズ機能 チャットボットの見た目やイラスト・キャラクターの設定が可能。自社イメージにカスタマイズしたい企業に必要な機能

管理者向け機能(設置者)

機能 詳細
シナリオ設定 フローチャート構造をしており、質問に対してユーザーが選択することで会話が分岐するタイプ
機械学習・自動学習(AI型) データを蓄積し、幅広い問い合わせ内容に自動返答
Excel対応 Excelでシナリオや一問一答の設定可能
テンプレート機能 QAテンプレートで事前準備の手間を削減
ユーザーのログ分析・レポート機能 使用率やチャットの会話ログを参照。結果をレポート分析可能。質問内容や問い合わせ解決までにかかった時間などを把握できる
セキュリティ管理 チャットボットを設定できるユーザー権限の制限や二段階認証などセキュリティ対策ができる機能

AI型かシナリオ型か確認する

チャットボットには大きくAI型とシナリオ型の2種類に分かれます。

顧客から定型的な質問が多く、導入コストを抑えるのであればシナリオ型が最適です。一方で、導入コストが高くなっても、高度な質問に対応したい場合はAI型が向いています。

シナリオ型

シナリオ型は、事前にテンプレート設定することで、定型どおりの回答を行います。AI型と比較すると導入コストは安価ですが、複雑な質問への対応が難しいです。

ユーザーが予期せぬ質問や複雑な質問をすると、シナリオ型チャットボットは回答できないため、顧客満足度の低下にもつながってしまう可能性があるでしょう。

さらに、シナリオ型チャットボットは定期的なレビューと更新が必要です。市場変化やビジネスの発展に伴ってユーザーのニーズも変化するため、シナリオの更新や改善を定期的に行うことが求められます。

AI型

AI型は、問い合わせに対してチャットボットが自動で内容を汲み取って適切な回答を行います。データを蓄積するほど回答の精度は向上するのが特徴です。ただし、人工知能に質問と回答を機械学習させる必要があるため、運用できるまでに時間がかかるでしょう。

また、最近ではOpen AIのChatGPTを代表とする自然言語処理(NLP)技術を活用したAI型チャットボットが注目されています。これらの進化したAIチャットボットは、より自然な対話を実現し、ユーザーの意図をより正確に理解する能力を持っています。

このような最先端のAIモデルは、従来のAI型チャットボットよりも高度な会話が可能です。たとえば、ユーザーの質問に対してより人間に近い形で反応し、関連する内容を提供したり、会話の文脈を理解して適切な応答を生成したりできます。

おすすめチャットボットツールの比較表

【特典比較表つき】『チャットボットの資料11選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『チャットボットの資料11選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

無料で使えるおすすめのチャットボット作成サービス

HubSpot

HubSpot
HubSpot
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

HubSpotは、無料で利用できるCRM(顧客管理システム)・マーケティングツールです。

CRM内にある機能の一つとして、チャットボット作成ツールを利用できます。無料でチャットボットのテンプレートを利用できるため、コーディングなしで簡単にチャットボットの作成・カスタマイズが可能です。

利用にはHubspot自体の契約が必要なものの、チャットボット作成に必要な機能は制限なしで使えます。

無料トライアルを実施しているおすすめのチャットボット5選

ChatPlus(チャットプラス) - チャットプラス株式会社

ChatPlus(チャットプラス)
ChatPlus(チャットプラス)
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

ChatPlus(チャットプラス)はホームページに問い合わせ窓口を設置できるチャットボットです。

無料トライアルは10日間利用できます。有料プランとの差や使える機能については要問い合わせです。

sinclo - メディアリンク株式会社

無料で利用できる機能と制限

sinclo(シンクロ)は営業やカスタマーサポートだけでなく、Webマーケティング支援でリード獲得まで行うチャットボットです。

無料トライアルは14日間、アカウントは3IDまで利用できます。自動回答や有人チャット、画面・資料共有などの機能を利用できます。有料プランとの差については公式サイトで言及されていません。

AI-FAQボット - 株式会社 L is B(エルイズビー)

AI-FAQボット
AI-FAQボット
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

AI-FAQボットはExcelに質問と回答を登録するだけで活用できる、事前学習が不要のチャットボットです。

無料トライアルは30日間、QA数100問まで利用できます。有料プランとの差については公式サイトで言及されていません。

CLOVA Chatbot - LINE株式会社

CLOVA Chatbot
CLOVA Chatbot
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

CLOVA ChatbotはLINEが開発したAIチャットボットです。LINEはもちろん、Webサイトや社内ビジネスチャットとの外部連携もできます。

無料トライアルは3か月間、チャット回答とQ&A登録などの機能が利用できます。有料プランとの差は、チャット回数が1,000回まで、Q&A登録数が100件までである点です。

無料で利用できる機能と制限

hitoboは問い合わせ業務の効率化を図るチャットボットです。2回以上あった質問をQ&Aに追加することで、自動回答できる幅を広げます。

無料トライアルは30日間、自動応答・Q&A登録数は1,000セットまでです。レポートやデザイン変更、ログ閲覧などの機能が利用できます。有料プランとの差はLINE連携が制限される点、プロジェクト数が一つのみである点です。

有料ツールを検討するべきケース

機能制限による不都合がある場合

チャットボットの無料版は有料版と比較すると、機能制限されていることが多いです。よくある機能制限は次のとおりです。

  • チャットボットの作成数に上限がある
  • 利用できるテンプレートの数が少ない
  • 連携できる外部ツールに限られる
  • ロゴが表示される

また、各サービスの提供するサポートが備わっていないこともあるため、困りごとが発生しても解決できないケースがでてくることもあります。

そのため、最小限の機能が利用できればいい会社、顧客数が少なく対応数も限られている会社などには向いていますが、規模の大きな会社やチャットボットを本格的に活用したい会社は有料版を検討した方がよいです。

日本語対応ツールが望ましい場合

無料のチャットボットツールのなかには、日本語に対応していないツールもあります。

導入後に問題が生じても、カスタマーサポートの対応が英語のみだと不便に感じる場合もあるかもしれません。日本語でのサポートをメインとしたい場合は、有料ツールも検討した方がよいでしょう。

長期的に利用したい場合

無料トライアル期間を設けているだけのチャットボットの場合、無料期間をすぎると利用料金が発生します。

なるべくコストを抑えたい場合は、無料トライアルで必要な機能が揃っているか、使い勝手がよいかなどを確認し、コストパフォーマンスに優れたサービスを選びましょう。

サービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

【厳選】おすすめチャットボットをまとめてチェック!
チャットボットの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめチャットボットの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なチャットボットを含むサービスを徹底比較しています。ぜひチャットボットを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

チャットボット選び方ガイド_20231108.pptx.pdf
チャットボット
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
チャットボットの最近更新された記事