Windows Phone(ウィンドウズフォン)3つのメリット・デメリットをそれぞれ比較

公開日:
2015年、世界のスマートフォンシェア率2.0%後半代を推移していたWindows Phoneですが、国内初のWindwos 10 Mobile搭載機種の発売により徐々に盛り上がりを見せています。乗り換えるときに気になるメリットやデメリットを紹介していきます。
その他その他ビジネス

2015年、世界のスマートフォンシェア率2.0%後半代を推移していたWindows Phoneですが、国内初のWindwos 10 Mobile搭載機種の発売により徐々に盛り上がりを見せています。

向こう3年間のWindows Phone市場シェアは倍増するとも、このままで推移するとも言われており、先が不透明な部分もあります。しかし「Every Phone」や「KATANA 01」などの機種の評判も上々とのことでシェア倍増もあながち嘘ではなさそうです。

そんなWindows Phoneの購入に足踏みしている方が気になるのはやはり乗り換えることでのメリット・デメリットではないでしょうか?

Windows Phoneのメリット・デメリットを、iPhoneやAndroidユーザー目線で紹介していきます。

Windows Phoneのメリット

1. セキュリティソフトが必要ない

iPhoneユーザーならあまり気にするところではありませんが、スマートフォンの中で最もウイルスの脅威にさらされているAndroidユーザーにとっては気になる部分です。

実はWindows PhoneではiPhone同様に基本セキュリティソフトは必要ないとされています。

というのもWindows Phoneのアプリを提供しているWindowsストアでは厳格な審査のもとアプリが登録されており、不正アプリの蔓延を抑制しています。
さらに専用アプリはWindowsストアでしかダウンロード出来ないためセキュリティはより強固と言えますね。

Microsoftも公式に「セキュリティアプリは不要」と発表しているので信用性は高いと言えます。

ただ、iPhoneでもウイルス感染事件が少なからず起きているようにWindows Phoneも例外ではないので、やはりユーザー個々の注意は必要でしょう。

2. あらゆるデバイスに対応したプラットフォーム

実はWindows Phoneの最新OSであるWindows 10 Mobileでは、PC専用OSであるWindows 10と連携出来る特徴があります。

クラウドストレージサービスOneDriveや新ブラウザであるMicrosoft Edgeのブックマークの同期など、スマホとPCの連携の幅が広がります。

Windows 10搭載のPCを使用していればiPhone、Android双方のユーザーから見ても乗り換えのメリットはあると言えますね。

3. Microsoft Office標準搭載

Windows 10 MobileではWord、Excel、PowerPoint、OutlookといったOfficeアプリを標準搭載しており、使い慣れたインターフェースでOfficeファイルを操作することが出来ます。

さらにプロジェクターなどと接続することでプレゼンも可能。
PowerPointにいたってはPCで見るスライドと同等に使用出来るのでビジネスシーンでの活躍も期待出来ます。

Windows Phoneのデメリット

1. 対応アプリ数が少ない

iPhone、Android対応アプリ数が100万以上存在するのに対し、Windows Phone対応アプリ数は40万未満と半分以下の数字なので少々物足りなさを感じるかもしれません。

LINEやTwitterなどの必須アプリは対応していますが、その他便利系アプリなどはまだまだといったところです。
特にゲーム系が弱いようで日頃スマホでゲームを楽しんでいる方にとっては乗り換えのメリットは少ないでしょう。

しかしMicrosoft社も開発社向けプラットフォームの整備やiPhone、Android対応アプリをWindows Phoneで利用出来るシステムの開発を進めているので、今後アプリ数は大幅に上昇していく見込みです。

2. 大手キャリア対応がない

国内で販売されているWindows 10 Mobile搭載機種はいずれもSIMフリースマートフォンであり、大手キャリアであるdocomo、au、Softbankから販売されている機種はありません。

そのため大手キャリア独自のサービスを頻繁に利用している方は不便さを感じる可能性があります。
また機種によって「おサイフケータイ」などの便利機能が備わっていないものもあるので、購入時にはしっかりとスペックを確認しておくことが重要です。

3. 販売機種が少ない

販売されている機種が少ないのもやはりデメリットの一つでしょう。
2017年5月時点でも新しいモデルは登場していませんので、購入には一歩踏みとどまると思います。

現在国内で販売されているWindows 10 Mobile搭載スマートフォンは全部で7機種であり、いずれもfreetelやマウスコンピューターなど一般のスマホユーザーにとっては聞き慣れないメーカーが並んでいます。

この点もWindows 10 Mobile搭載スマートフォン購入に足踏みしているユーザーが多い理由かもしれません。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事