コピー完了

記事TOP

データクレンジングとは | おすすめツール4選・目的・方法・メリット・手順

最終更新日:
公開日:
データクレンジングの概要から目的、メリット、具体的なデータクレンジングのプロセスについて解説します。データ処理や分析に関わる方は、基本的な知識をきちんと押さえておきましょう。

企業は日常的に顧客情報や経営に関するさまざまな情報を扱いますが、年々新しいデータが蓄積され続けると、どうしても古いデータは使う機会が少なくなってきます。

データの更新作業をする必要が出てきますが、そこで不具合が出てくることがあります。

データ上の問題を解決し、スムーズに活用できるようにする手法として「データクレンジング(データクリーニング)」があります。この記事では、データクレンジングの目的やメリット、具体的な手順・プロセスを解説します。

データクレンジングとは

まずはデータクレンジングの概要から説明していきましょう。

データクレンジングの概要

データクレンジングとは、データの経年変化などに応じた更新処理の際に、データベース内にある各種データを整理・標準化することによって、スムーズに活用できるようにすることをいいます。

「クレンジング」と聞くと聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、内容的にはデータクリーニングとほとんど同じですから、こちらで覚えておいてもよいでしょう。要は企業のデータベース内にあるデータを秩序立てて加工・整理することです。

データクレンジングが必要な理由は?

たとえばテキストデータの表記に関する一貫した基準がない場合や、正式名称と通称・俗称などが入り混じっているようなデータは、検索しても出てこなかったり重複して抽出されてしまったりする可能性があります。

そうなると、当然データの運用に支障が出ることになり、顧客データを頻繁に利用することになるマーケティング活動に利用しづらくなります。

また営業活動では、顧客の担当者ごとに別々にデータを管理しているケースが多くあります。それらを統合して活用することになった場合、営業活動の重複やアプローチする機会を逃してしまう可能性が出てくるわけです。

データクレンジングの目的と方法

そのような事態を避けるために、一貫した基準のもとでデータの整理・加工を行い、どの部署でも同じ方法で同じデータが抽出できるようにすることや、今あるデータをさらにスムーズに活用できるようにします。

これがデータクレンジングであり、そのための方法も千差万別です。

しかし一般的には、対象となるデータの全角文字や半角文字の違いを修正したり、区切り文字やスペースの統一、人名の誤りを修正したりといった作業を行います。わかりやすい例でいえば「株式会社」と「(株)」の違いを統一するなどの細かい処理を積み重ねていくわけです。

データクレンジングのメリット

概要を説明したところで、データクレンジングをするメリットについて説明します。

(1)顧客関係情報などの分析精度が高まる

企業がデータクレンジングを行う場合、その主たる目的として多いのは、自社の顧客管理システムにおける各種データの形式を統一・整理し、顧客管理作業の効率を高めることです。

事実、顧客データベースをもとにしたマーケティングを実施するためには、定期的なデータクレンジングは必要不可欠です。

データ形式の違うものを統一したり、別々の場所で管理していたデータを統合したりする際に起こる不整合や、単純な入力ミスによる質の低下を改善し、汎用性が高くスムーズなデータ運用を実現します。

(2)企業全体の生産性の向上

また、データの最適化は企業全体の生産性も向上させることができます。

近年は、新規顧客の獲得が難しくなっており、多くの企業は既存顧客の収益向上に力点を置くようになっています。そうなると、顧客にしっかりとフォローアップをするためのフォーマット化された顧客データが必要になります。

また、労働時間を適正化するためにも、データの逐次修正といった無駄な作業を減らして労働生産性を向上したいという企業ニーズがあります。そういった企業のパフォーマンスの向上にも、データクレンジング技術は寄与します。

(3)開発費と保守費の削減

誤ったデータやバラバラなフォーマットのデータ蓄積は、無駄な運用コストを発生させるだけでなく、顧客との継続的なつながりの維持を困難にしてしまいます。

たとえば既存顧客へのアプローチにDMを使う企業は多いですが、データに不具合があるために顧客宛の書類が届かなかったり、届け先を間違えてしまったりすれば、顧客に不信感をもたれる原因となるでしょう。

しかしデータクレンジングを行うことで、日ごろの入力ミスや誤表記によって生じたデータの不備の修正や標準化処理を施し、貴重な顧客データの精度を高めることができます。

(4)質の高い顧客分析やCRMを実現できる

データクレンジングを行うことで、精度の高い顧客分析やCRMが実現可能となります。企業の扱う各種データのなかには、かなりの頻度で重複データや住所の不備、普通の電話回線データなどが存在するものです。

これらのデータの修正を行うことで、ミスのない正確な顧客アプローチができるようになり、継続的な利益につなげることができるようになります。また、自社のターゲットの適合する顧客の絞り込みを行う際にも、無駄な費用や時間的コストを削減することが可能になります。

なお、顧客分析やCRMについては、以下の記事で詳しく説明しておりますので、ぜひご覧ください。

データクレンジングのプロセス

続いて、データクレンジングの具体的なプロセスの例について解説します。

なお、データクレンジングのプロセスは実施する企業ごとに違っていることがほとんどですから、以下はその一例として捉えておいてください。

各種データの取り込み

これまで運用してきたWordやExcelなどのファイルや、CSVやXMLファイル、あるいはログファイルなどのさまざま形式のファイルを整理・整形するために、いったんデータベースに取り込みます。

一つのデータベースにまとめることで、これまで把握できていなかったデータ同士の関連性など、新しい発見が得られるようにもなります。

これまで別々の場所で個別に管理していたデータは、相互の関係性が希薄であり、なんの処置も施さずに統合してしまうと、大きな不具合が生じてしまうこともありますし、データの質が著しく低下することになります。

一定の基準にしたがってデータの整形

取り込んだデータは、一定の基準にしたがって整形していきます。

たとえば複数登録されてしまっている同一企業名を一つの企業名に統一したり、個人名を姓名に分離、あるいは旧町名や合併前の表記になっている旧住所を新住所へ変更したりといった細かいクレンジング処理を加えていきます。

特に数値情報は全角表記だと数値として認識できず計算ができないため、必ず数値として変換し直します。

また、同一のテーブル項目の結合や、その後のデータ分析に適したかたちに分割するなどの処理を施していきます。これによってさまざまなデータ分析が可能になり、データ運用のスピードや精度が向上します。

データを活用するために整理し直す

クレンジング処理を施したデータは、販促活動や受注活動に活用できるようにするために、一定のルールのもとで抽出し、リスト化していきます。データは上述の処理によって一元化されていますから、そのまま必要に応じて販促活動や顧客フォロー用のリストとして活用することができます。

厳密に言えば、これはクレンジング後の処理ということになりますが、最終的に有用なデータとして活用していくためには、後々どういう使い方をするのかを考えて整形処理を施さなくてはならないのです。

データクレンジングツール4選

最後に、代表的なデータクレンジングツールをいくつか紹介しておきます。

FORCAS

  • 顧客データを自動で名寄せしデータクレンジングの手間を削減
  • 企業の属性に合わせた独自のキャンペーンで商談獲得率を改善
  • 有望な潜在顧客を発見し、インサイドセールスの生産性を向上

FORCASは、データ分析に基づいて有望な潜在顧客を発見し、戦略的なB2Bマーケティングを実現することを強力にサポートしてくれるツールです。いわゆるABM(アカウントベースドマーケティング)の実行をサポートし、詳細なデータ分析を根拠とした説得力のある顧客アプローチを実現してくれます。

また、マーケティングオートメーション(MA)やSFAとの連携により、より効率的なリードナーチャリングのサポートも可能になっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
FORCASの資料を無料DL

Talend Data Preparation

  • スクラビングにかけていた時間を本来の分析作業へ
  • データ使用の加速化を実現
  • 信頼できるセルフサービスアクセスを拡張

Talend Data Preparationは、組織全体でのデータの活用を推進してくれるデータクレンジングツールです。機械学習ベースのガイドとサンプリング技術を活用し、データ内のエラーをすばやく識別し、あらゆるサイズのデータセットに変更を適用することができます。

企業のデータアナリストにとって、効率的でスピーディなデータクレンジングツールはいまや必要不可欠なツールとなっています。特に短い時間で必要なデータをエクスポートすることが必要なアナリストにとっては強い見方となってくれるツールです。

Google Cloud Dataprep

  • ビジュアルな対話形式、使いやすさ
  • 迅速なデータ準備
  • フルマネージドで強力

Google Cloud Dataprepは、分析用の構造化データと非構造化データを視覚的に探索し、クレンジング処理ができるデータ処理サービスです。サーバーレスでどのような規模でも稼動でき、管理用のインフラを整える必要はありません。

数秒でデータを視覚的に探索して操作できる点は大きなメリットで、データの分布とパターンを瞬時に把握できるようになります。

Tableau Project Maestro

  • 直感的に理解できるインターフェース
  • スマートな機能で作業を迅速化
  • Tableau Desktop、Tableau Server、Tableau Online とのスムーズな共有機能

Tableau Project Maestroは、何度も繰り返し行うことになるスペルミスの修正やエンティティの照合などの単純作業を強力に支援してくれるツールです。データ内のエラーや外れ値も自動で表示してくれます。

連携した 3 つのビューでデータの全体像がわかり、問題を修正すれば、すぐにその結果を確認することができます。面倒な単調作業にかかる時間を減らすことにより、データ分析により多くの時間がかけられるようになるでしょう。

データクレンジングを実践し、情報活用の効率化を図る

データクレンジングの基本的な考え方から、具体的なプロセスについて簡単に説明してきました。

ビジネスに積極的にデータを活用していきたいというニーズは増えています。しかし、そこで問題となることが多いのが、分析に利用するデータの整備です。データクレンジングは未整備のデータをすぐに活用できるデータに変換するプロセスであり、ビジネスへのデータの活用を強力にバックアップしてくれます。

地味な作業に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にクレンジング前後のデータに触れてみることで、その効果を実感することができるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事で紹介されたサービス
この記事とあわせて読まれている記事