コピー完了

記事TOP

データクレンジングとは?進め方やメリット、ツールのおすすめ

最終更新日時:
記事の情報は2021-08-26時点のものです。
データクレンジングとは英語のdata cleansingに由来し、データを調整や整理することをさします。そんなデータクレンジングの進め方やメリット、おすすめのツールを紹介。データクリーニングや名寄せとの違いも解説します。

データクレンジングとは

データクレンジングとは、データベースの各種データを整理・標準化し、スムーズに活用できるよう調整することをさします。具体的には、正式名称と通称、俗称が入り混じったデータや、回答者によって粒度の異なるデータを一定の基準にもとづいて修正します。

データクレンジングがなされていないと、検索しても出てこなかったり重複して抽出されてしまったりします。そのためSFACRMMAツールといったデータを大量に利用する各種ツールで、重複して営業をかけたりメール送信をもらしたりしかねません。

データクレンジングをすることで、企業データの一貫性・信頼性・価値の向上につながり、全体的な品質向上にもつなげられます。企業が扱うデータは年々増加しており、データクレンジングは急務だといえるでしょう。

データクリーニングとの違い

データクレンジングとデータクリーニングに違いはありません。英語の意味からみてもデータクレンジングのcleanseは「清める」、データクリーニングのcleanは「掃除する」というようにほぼ同義です。

名寄せとの違い

データクレンジングはデータの表記ゆれや粒度を調整するのに対し、名寄せは複数のデータ元から一つのデータベースに集約します。データクレンジングの中に名寄せを含ませるケースもあるものの、大半の場合はデータを整えるのがデータクレンジング、まとめるのが名寄せといった形で使い分けしているでしょう。

名寄せとは?具体的なプロセスや顧客管理における重要性とおすすめツール5選
「名寄せ」とは、複数のデータベースから氏名・住所・電話番号などの情報を手がかりにして同じ人物やIDなどをまとめる作...
詳細を見る

データクレンジングの進め方

データクレンジングの具体的な進め方を解説します。なお、データクレンジングの方法は実施する企業ごとに違うことがほとんどのため、一例として捉えるようにしてください。

1. 各種データの取り込み

まずデータを取り込む必要があります。これまで運用してきたWordやExcelなどのファイルや、CSVやXMLファイル、あるいはログファイルなどのさまざま形式のファイルを整理・整形するために、いったんデータベースに取り込みます。

一つのデータベースにまとめることで、これまで把握できていなかったデータ同士の関連性という新しい発見が得られるようにもなります。

これまで別々の場所で個別に管理していたデータは、相互の関係性が希薄です。なんの処置も施さずに統合してしまうと、大きな不具合が生じてしまうこともありますし、データの質が著しく低下してしまう恐れがあります。そのため、データの取り込みには一定の配慮が必要です。

2. 一定の基準にしたがってデータの整形

取り込んだデータは、一定の基準にしたがって整形していきます。

たとえば複数登録されてしまっている同一企業名を一つの企業名に統一したり、個人名を姓名に分離、あるいは旧町名や合併前の表記になっている旧住所を新住所へ変更したりといった細かいクレンジング処理を加えていきます。

特に数値情報は全角表記だと数値として認識できず計算ができないため、必ず数値として変換し直します。

また、同一のテーブル項目の結合や、その後のデータ分析に適した形に分割するなどの処理を施していきます。これによってさまざまなデータ分析が可能になり、データ運用のスピードや精度が向上します。

3. データを活用するために整理し直す

次にデータを整理します。クレンジング処理を施したデータは、販促活動や受注活動に活用できるようにするために、一定のルールのもとで抽出してリスト化していきます。データは上述の処理によって一元化されているため、そのまま必要に応じて販促活動や顧客フォロー用のリストとして活用できます。

厳密に言えばこれはクレンジング後の処理ですが、最終的に有用なデータとして活用していくためには、後々どういう使い方をするのかを考えて整形処理を施さなくてはなりません。

データクレンジングのメリット

概要を説明したところで、データクレンジングをするメリットについて説明します。

分析精度の改善

データクレンジングの最大のメリットとして挙げられるのは、分析精度の改善です。データクレンジングを行う場合、その主たる目的として多いのは、顧客管理システムにおける各種データの形式を統一・整理し、顧客管理作業の効率を高めることです。

事実、顧客データベースをもとにしたマーケティングを実施するためには、定期的なデータクレンジングは必要不可欠です。

データ形式の違うものを統一したり、別々の場所で管理していたデータを統合したりする際に起こる不整合や、単純な入力ミスによる質の低下を改善し、汎用性が高くスムーズなデータ運用を実現します。

生産性の向上

また、データの最適化は企業全体の生産性も向上させられます。

近年は、新規顧客の獲得が難しくなっており、多くの企業は既存顧客の収益向上に力点を置くようになっています。そうなると、顧客にしっかりとフォローアップをするためのフォーマット化された顧客データが必要になります。

また、労働時間を適正化するためにも、データの逐次修正といった無駄な作業を減らして労働生産性を向上したいというニーズがあります。そういった企業のパフォーマンスの向上にも、データクレンジング技術は寄与します。

開発費と保守費の削減

データクレンジングは、開発費や保守費などコスト面でも大きなメリットがあります。誤ったデータやバラバラなフォーマットのデータ蓄積は、無駄な運用コストを発生させるだけでなく、顧客との継続的なつながりの維持を困難にしてしまいます。

たとえば既存顧客へのアプローチにDMを使う企業は多いですが、データに不具合があるために顧客宛の書類が届かなかったり、届け先を間違えてしまったりすれば、顧客に不信感をもたれる原因となるでしょう。

しかしデータクレンジングを行うことで、日ごろの入力ミスや誤表記によって生じたデータの不備の修正や標準化処理を施し、貴重な顧客データの精度を高められます

質の高い顧客分析やCRMを実現

データクレンジングを行うことで、精度の高い顧客分析やCRMが実現可能となります。企業の扱う各種データのなかには、かなりの頻度で重複データや住所の不備、普通の電話回線データなどが存在するものです。

これらのデータの修正を行うことで、ミスのない正確な顧客アプローチができるようになり、継続的な利益につなげられるようになります。また、自社のターゲットの適合する顧客の絞り込みを行う際にも、無駄な費用や時間的コストを削減可能になります。

なお、顧客分析やCRMについては、以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひご覧ください。

顧客分析とは?目的・5つの分析手法・おすすめツールをわかりやすく解説!
顧客分析はビジネスを発展させていくためには欠かせません。そもそも顧客分析とは何なのか?に加え、どのような顧客分析の...
詳細を見る
【2022年最新】CRMツールの比較おすすめ17選!価格・機能比較表あり
CRM(顧客関係管理)は顧客情報を集約しパフォーマンスを向上させるツール。Salesforceなど柔軟な運用に対応...
詳細を見る

データクレンジングツールの選び方

データクレンジングツールを選ぶ際には、「企業情報の保有数」「保管可能な情報項目」「コスト」に注目して選ぶようにしましょう。

企業情報の保有数

データクレンジングツール・ソフトが保有している企業情報の数をチェックしましょう。データクレンジングツールは、正確な情報を精査するために、社内で独自の企業情報を保有しています。保有している企業情報の数が多ければ多いほど、自動的に保管してくれます。最低でも100万件以上保有しているツールを選んでおくと安心です。

補完可能な情報項目

補完可能な項目をチェックしておきましょう。企業名・電話番号・住所のほかに、資本金や売上高など日ごろから使うことが多い項目が含まれていれば、データクレンジングがやりやすくなるでしょう。

コスト

データクレンジングツールは、フリーから有料のものまでさまざまです。データの量がそこまで多くなければ、フリーでも十分データクレンジングが可能です。コスト面が見合うか、よくシュミレーションしてみましょう。

データクレンジングツール5選

最後に、代表的なデータクレンジングツールをいくつか紹介しておきます。

FORCAS - 株式会社ユーザベース

FORCAS
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn マーケティング部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 顧客データを自動で名寄せしデータクレンジングの手間を削減
  • 企業の属性に合わせた独自のキャンペーンで商談獲得率を改善
  • 有望な潜在顧客を発見し、インサイドセールスの生産性を向上

FORCASは、データ分析に基づいて有望な潜在顧客を発見し、戦略的なB2Bマーケティングを実現することを強力にサポートしてくれるツールです。いわゆるABM(アカウントベースドマーケティング)の実行をサポートし、詳細なデータ分析を根拠とした説得力のある顧客アプローチを実現してくれます。

また、マーケティングオートメーション(MA)やSFAとの連携により、より効率的なリードナーチャリングのサポートも可能です。

ユーソナー(uSonar) - ユーソナー株式会社

ユーソナー(uSonar)
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 網羅率99.7%の事業所、拠点単位データ
  • 年間2,000万の企業情報項目をチェック、更新
  • 86項目の属性付与でより正確なターゲティングが可能

uSonarは、全国820万拠点の企業データベースを搭載した顧客データ統合プラットフォームです。搭載情報をもとに、企業が保有する顧客データやリードデータをデータクレンジング可能です。

有価証券報告書や企業ホームページなどの情報を収集し、年間2,000万の項目をチェック、更新しています。社名変更や合併、倒産情報、表記ゆれなど顧客情報の自動補正により、名寄せとデータクレンジングに対応します。

uSonar公式サイトより(2022年7月時点)

Talend Data Preparation

Talend Data Preparation
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • スクラビングにかけていた時間を本来の分析作業へ
  • データ使用の加速化を実現
  • 信頼できるセルフサービスアクセスを拡張

Talend Data Preparationは、組織全体でのデータの活用を推進してくれるデータクレンジングツールです。機械学習ベースのガイドとサンプリング技術を活用し、データ内のエラーをすばやく識別し、あらゆるサイズのデータセットに変更を適用できます。

データアナリストにとって、効率的でスピーディなデータクレンジングツールはいまや必要不可欠なツールです。短い時間で必要なデータをエクスポートすることが必要なアナリストにとっては、特に強い味方となってくれるツールです。

Cloud Dataprep by Trifacta

Cloud Dataprep by Trifacta
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • ビジュアルな対話形式、使いやすさ
  • 迅速なデータ準備
  • フルマネージドで強力

Cloud Dataprep by Trifactaは、分析用の構造化データと非構造化データを視覚的に探索し、クレンジング処理ができるデータ処理サービスです。サーバーレスでどのような規模でも稼動でき、管理用のインフラを整える必要はありません。

数秒でデータを視覚的に探索して操作できる点は大きなメリットで、データの分布とパターンを瞬時に把握できるようになります。

Tableau Prep Builder

Tableau Prep Builder
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 直感的に理解できるインターフェース
  • スマートな機能で作業を迅速化
  • Tableau Desktop、Tableau Server、Tableau Online とのスムーズな共有機能

Tableau Prep Builderは、何度も繰り返し行うことになるスペルミスの修正やエンティティの照合などの単純作業を強力に支援してくれるツールです。データ内のエラーや外れ値も自動で表示してくれます。

連携した3つのビューでデータの全体像がわかり、問題を修正すれば、すぐにその結果を確認できます。面倒な単調作業にかかる時間を減らすことにより、データ分析により多くの時間がかけられるようになるでしょう。

データクレンジングを実践し、情報活用の効率化を図る

データクレンジングの基本的な考え方から、具体的なプロセスについて簡単に説明してきました。

ビジネスに積極的にデータを活用していきたいというニーズは増えています。しかし、そこで問題となることが多いのが、分析に利用するデータの整備です。データクレンジングは未整備のデータをすぐに活用できるデータに変換するプロセスであり、ビジネスへのデータの活用を強力にバックアップしてくれます。

地味な作業に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にクレンジング前後のデータに触れてみることで、その効果を実感できるでしょう。

データクレンジングと似た概念にETLが存在します。DWHBIツールを利用する際に登場する言葉で、似たような意味を持っているので合わせて確認すると理解が深まるでしょう。

ETLとはExtract, Transform, Loadの3機能 | BIやDWHとの違い
ETLとは、「Extract(抽出)」「Transform(変換)」「Load(書き出し)」の略語で、データベース...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
ABMの最近更新された記事