コピー完了

記事TOP

【2024年】ABMツール7選比較!おすすめサービス・機能・選び方

最終更新日:(記事の情報は現在から3日前のものです)
アカウントベースドマーケティングに最適なABMツールのおすすめサービスと選び方を紹介。ABMツールの機能や役割・比較ポイントを徹底解説します。

【厳選】おすすめABMツールをまとめてチェック!
ABMツールの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめABMツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひABMツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

ABMツールとは

ABMツールとは、Account Based Marketing(アカウントベースドマーケティング)を効率的に実行するためのソフトウェアです。従来のマーケティング手法とは異なり、個々の重要顧客(ターゲットアカウント)に焦点を当て、個別のアプローチを行うことで、営業効率の向上、顧客獲得コストの削減、売上アップと顧客満足度の向上を実現します。

アカウントベースドマーケティング(ABM)とは、見込みのある特定の企業や組織にマーケティング活動を集中させる手法です。従来の個人単位のリードナーチャリングとは異なり、アカウント(ターゲット企業)全体をマーケティングの単位とするのがABMの大きな特徴です。

ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)とは?ツールやメリット
ABM(アカウントベースドマーケティング)とは、顧客企業を明確に定義し、個別にアプローチするマーケティング手法です...
詳細を見る

ABMツールの役割

ABMを実践するためには、ターゲットアカウントの特定や効果的なコンテンツ配信、各種マーケティング施策の自動化など、多岐にわたる機能が必要になります。こうした一連のABM活動を支援するのが「ABMツール」の役割です。

ABMツールには、次のような主要な機能が備わっています。

  • ターゲットアカウントの特定・管理機能
  • ターゲットアカウントの行動データ分析機能 I- Pベースのウェブサイトコンテンツのパーソナライズ機能
  • リードスコアリングとリードナーチャリング機能
  • マーケティングキャンペーン一元管理機能
  • CRM/MAツールとの連携機能

このように、ABMの実行から効果測定までを包括的に支援することで、マーケターと営業の緊密な連携を実現し、ターゲットアカウントに合わせた最適なアプローチが可能になります。

ABMツールの導入メリット

ABMツールを活用することで、企業は次のようなメリットを得ることができます。

  • 営業効率の大幅な向上
  • 顧客獲得コストの削減
  • 売上アップと顧客満足度の向上

営業効率の大幅な向上

ターゲットアカウントの絞り込みと行動データ分析により、タイミングを逃さずに確度の高いリードを獲得できます。また、リードスコアリングによる優先順位付けで、営業リソースを最適化できます。

こうした一連の機能が、営業の生産性とパイプライン精度を大きく向上させます。

顧客獲得コストの削減

ABMでは無駄な広範囲マーケティングをしないため、効率的なコストコントロールが可能です。さらにターゲットアカウントに最適化されたコンテンツを配信できるため、リード獲得時の支出抑制にも繋がります。

ABMツールでは、ターゲットアカウントに集中してアプローチすることで、無駄なコストを削減し、顧客獲得単価(CAC)を下げ、収益性を向上させることが可能です。さらに、顧客との長期的な関係を築き、LTV(顧客生涯価値)を高める効果も期待できます。

売上アップと顧客満足度の向上

ABMツールを活用することで、ターゲットに合わせたきめ細かい施策が可能になります。結果として、より適切な案件の獲得が期待でき、売上増加と既存顧客の満足度向上にも寄与します。

ABMは既に広く普及しているマーケティング手法ですが、専用ツールを適切に活用することで、その真の効果を大きく引き出すことができます。ツール選定時には、自社の課題やリソース、ターゲットアカウントの特性を踏まえた総合的な判断が求められます。

ABMツールの選び方

ABMツールを選ぶ際は、次の流れとポイントを確認しておきましょう。

  • 導入目的を確認する
  • 機能を確認する
  • 導入する際の注意点を確認する
  • 料金・価格相場を確認する

ABMツールの導入目的を確認する

ABMツールの導入を検討する際、まず自社の導入目的を明確にすることが重要です。主な導入目的は次のとおりです。

導入目的 詳細
効率的なリード獲得をしたい 細かくターゲットアカウントを絞り込める機能に優れたABMツールがおすすめ
リード管理を適切に行いたい リードスコアリングやリードナーチャリング機能が充実しているABMツールがおすすめ
マーケティング活動を自動化したい マーケティングオートメーション機能に特化したABMツールがおすすめ

自社のマーケティング戦略やリソース、課題に合わせて、導入目的を明確にすることで、適切なABMツールの選定が可能になります。

ABMツールの機能を確認する

ABMツールには様々な機能がありますが、主な機能は次のとおりです。上記の導入目的や課題をどのように解決できるかを確認し、必要な機能を洗い出しましょう。

【基本的な機能】

機能 詳細
ターゲットアカウント管理 狙うべきアカウントリストを登録・管理できる機能
リード管理 リードデータの一元管理や、スコアリング、ナーチャリングができる
コンテンツパーソナライズ IPアドレスに基づきウェブサイトのコンテンツをパーソナライズ
キャンペーン実行・管理 メール/ソーシャル/広告キャンペーンの一元管理が可能
レポーティング・分析 キャンペーンのパフォーマンスデータを可視化できる

【特定の課題・用途・業界に特化した機能】

機能 詳細
CRMツール連携 既存のCRMツールと連携できる機能
MAツール連携 MAツールとのデータ連携ができる
広告連携 広告プラットフォームと連携してABMターゲティングが可能
API連携 他のツール・システムとAPI連携できる拡張性

効率的なリード獲得を目指すなら「ターゲットアカウント管理」や「コンテンツパーソナライズ」機能、リード管理を適切に行いたい場合は「リード管理」機能に優れたABMツールを選ぶと良いでしょう。

ABMツールを導入する際の注意点を確認する

ABMツールを導入する際は、機能面だけでなく、次の点も確認しておくことが重要です。

確認事項 詳細
多言語対応 グローバル展開する企業では、複数言語に対応しているかが必須
対応しているアカウント数 ターゲットアカウント数に制限があれば、将来的に課題になる可能性がある
セキュリティレベル 個人情報保護法など、法令に準拠した万全のセキュリティ対策が施されているか
導入形態 クラウドサービスか、オンプレミスか。運用体制に合った形態を選ぶ
サポート体制 電話/チャット/メールなどでの綿密なサポート体制があるか
アプリ対応 スマホアプリがあれば、営業やマーケターの現場で活用しやすい
連携サービス CRM/MAツールなど、既存の主要ツールと連携できるか

導入後のスムーズな運用や、将来的な課題発生リスクを低減するため、機能面だけでなく上記の点も総合的に検討する必要があります。

ABMツールの料金・価格相場を確認する

ABMツールの料金相場は、初期費用が50,000〜200,000円程度、月額費用は20,000〜100,000円程度です。

機能の多さ、サポート内容によって料金は大きく変わるため、自社の要件を満たす上で最適な費用対効果を考慮することが重要です。無料トライアルを活用して、実際の操作性も確認しましょう。

\ABMに役立つサービスはこちら!/

おすすめABMツール・サービス

ABMを実践するにあたっては、SFAやMAツールが欠かせません。ABMに役立つおすすめツール・サービスを紹介します。

ユーソナー(uSonar) - ユーソナー株式会社

ユーソナー(uSonar)
ユーソナー(uSonar)
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 網羅率99.7%の事業所、拠点単位データ
  • 業種や従業員数など86項目の企業属性情報
  • 年間2,000万の項目チェックで情報を更新

uSonarは、820万件の法人企業データを搭載した顧客データ統合プラットフォームです。社内の顧客データやリードデータなどのクレンジング、名寄せに利用でき、未保有の情報を搭載データから補完可能です。

社名変更や合併、倒産などの企業情報をタイムリーに反映し、本社以外の事業所、拠点単位の情報も確認できます。社長の特徴や事業、移転したての企業などテーマごとに企業の特徴をタグ付けしており、顧客分析に役立ちます。

※出典:ユーソナー「営業は、データ世代へ。国内最大の法人企業データが営業のDXを推進する。 | ユーソナー」(2024年2月19日閲覧)

顧問バンク - 株式会社顧問バンク

顧問バンク
顧問バンク
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 即戦力となる顧問とマッチング
  • 依頼内容や契約形態、報酬の相談が自由
  • 9,000人以上の登録顧問がもつ豊富な経験や知見を活用

顧問バンクは、企業経営をサポートする顧問をマッチングするサービスです。約9,000人以上登録する顧問の中から、自社の課題や希望に応じて最適な人材を選べます。長期的な依頼だけでなく、スポット依頼もでき、依頼内容に合わせて報酬の相談も自由に行えます。

登録顧問には、上場企業での役職経験者や幅広い人脈を持つ人材もおり、顧問のプロフィールから必要な人脈や能力を閲覧、検索して、直接スカウトも可能です。自社だけでは得られない即戦力となる顧問とのマッチングで、社内の課題解決や営業効率の向上を目指せます。

※出典:顧問バンク「顧問バンク | 経営課題を解決する顧問マッチングサービス」(2024年2月19日閲覧)

infobox - 株式会社インフォボックス

  • 企業データ、人物データ、リサーチデータを統合
  • 決裁者や企業の利用サービスなどの情報をもとにアプローチ
  • Web行動ログから見込み顧客の検討度合いをスコア表示

infoboxは、市場リサーチから企業リスト作成、決裁者の把握、コンタクトまで一気通貫でサポートする営業データプラットフォームです。業種といった基本条件のほか、多様な特徴タグをもとに対象企業を選定できます。

人物データをもとに提案先のキーパーソンを可視化できるほか、SNSアカウントやインタビュー記事などの関連情報も把握できるので、より決裁者に合わせたアプローチが可能です。ターゲット企業の利用サービスや契約期間も把握できるので、提案ストーリーの組み立てにも役立ちます。

SALES GO DATA - SALES GO株式会社

  • ターゲットリストの購入からクレンジング、名寄せまで可能
  • 展示会出展情報や採用情報などをオリジナルラベルとして提供
  • 目視確認と独自クローリング技術で正確な情報収集

SALES GO DATAは、ABM戦略のための情報収集に役立つデータマネジメントツールです。企業の公式サイト情報やWeb分析ツールによる情報などをもとに、ターゲットリストを作成したり保有データを補完したりできます。

保有データをインポートするだけで、データクレンジングとマージが可能で、より正確なデータ分析が可能です。提供データは、独自のクローリング技術によって定期的に最新化されています。

FORCAS - 株式会社ユーザベース

FORCAS
FORCAS
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn マーケティング部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

FORCASは、データ分析に基づいて有望な潜在顧客を発見し、戦略的なB2Bマーケティングを実現することを強力にサポートしてくれるツールです。

企業のABMの実行をサポートし、詳細なデータ分析を根拠とした説得力のある顧客アプローチを実現してくれます。また、他のMAツールやSFAとの連携により、効率的なリードナーチャリングのサポートも可能です。

Adobe Marketo Engage - アドビ株式会社

Adobe Marketo Engage
Adobe Marketo Engage
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • さまざまな面において顧客体験を構築
  • マーケティング活動を計画・測定・最適化
  • 日本企業向けのマニュアルやコミュニティ

Adobe Marketo Engageは、全世界で導入実績をもつMAツールです。コーディングなどのITスキルは不要で、誰でも最適なマーケティング施策の設計し実行できます。

1つのカレンダーで一元的にマーケティング活動を計画・調整・共有が可能。マーケティングROIの測定・算定が容易になり、より効果のある活動だけに注力しやすい体制を構築できます。

ライバルマーケティング広告 - 株式会社ディライトソリューションズ

ライバルマーケティング広告
ライバルマーケティング広告
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 指定したURLのページに自社広告を表示
  • 競合企業のサイトにピンポイントで広告表示
  • 見込みの高いユーザーにアプローチできる

ライバルマーケティング広告は、指定したURLのページに自社広告を表示するサービスです。競合企業のサイトや、業界で閲覧数の多いサイトに狙いを定め、ピンポイントで自社広告の表示が可能です。

競合企業のサイトを見ているユーザーは、「競合や自社の扱う商品・サービスに興味のあるユーザー」と推測できます。見込み度が高いユーザーを狙って広告表示できるため、広告のクリック率や問い合わせ、契約までのコンバージョン率の増加も期待できます。

ユーザーが競合企業の顧客となる前に自社の顧客にすることで「自社への乗り換えを促す営業」に要するはずだったコストをかけずに顧客獲得が見込めます。

ABMツール導入で失敗しないために

ABMツールを適切に選定し、活用するためのポイントを最後にまとめます。

【ABMツール選定の重要ポイント】

  • 自社の導入目的(効率的なリード獲得、リード管理の適正化、マーケティング自動化など)を明確にする
  • 必要な機能(ターゲットアカウント管理、コンテンツパーソナライズ、リードスコアリングなど)を洗い出す グローバル対応、セキュリティ、サポート体制など、機能以外の要件も十分に確認する
  • 料金プランと自社の予算、ニーズとのマッチングを見極める

【ABMツール導入による主なメリット】

  • 営業効率の大幅な向上(適切なリード獲得、営業リソース最適化)
  • 顧客獲得コストの削減(絞り込まれたターゲットへのアプローチ)
  • 売上アップと顧客満足度向上(ターゲットに合わせた施策が可能)
  • B2B企業のマーケティングにおいて、ABMの重要性が高まる中、ABMツールは必須の存在となっています。自

自社にマッチしたABMツールの選定と、その機能を最大限に活用することが、マーケティングと営業の成果を左右します。サービス導入で失敗しないために、無料でダウンロードできる資料を活用し、料金や機能を比較しましょう。

\ABMに役立つサービスはこちら!/

ABM選び方ガイド_20240206.pptx.pdf
ABM
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
ABMの最近更新された記事