Article square balloon green
2018-10-23

新卒採用サイト事例3選|学生を引きつけるデザイン・コンテンツとは

新卒採用サイトを制作する際のコンテンツとデザインのポイントや、参考にしたい新卒採用サイトの例、そしておすすめの新卒採用サイト制作サービスを紹介します。学生が必要としているコンテンツを用意するのはもちろんのこと、「かっこいい」「おしゃれ」といったデザイン性も大切なポイントです。制作会社に依頼するとしても、丸投げするのは適切ではありません。ポイントをおさえて人材をしっかり確保できる新卒採用サイトを制作しましょう。
採用サイト作成
Large

新卒採用サイトで学生を引きつけるポイント

ディスコの「2019年卒 採用ホームページ好感度ランキング」(2018年8月発行)によると、学生が志望企業を調べる上で有益だった情報源として最も多かったのは「個別企業のホームページ」で、約6割近くの学生が選びました。

新卒採用において企業の個別サイトの重要性が高まっており、多くの企業が優秀な人材を確保するために質の高い採用サイトの構築に力を入れています。

特に新卒採用は企業にとって非常に重要な仕事であり、最近の売り手市場のなかでいかに優秀な学生にアプローチするか、頭を悩ませている人事担当者も少なくないでしょう。

新卒採用サイトで学生の心をつかむにはどうしたら良いのでしょうか。ここではそのポイントを見ていきます。

母集団形成を戦略的に!新卒採用で人材を確保する方法とは | ボクシルマガジン
母集団形成を行うと採用活動が効率化する?自社に本当にマッチした人材を確保している企業がやっているのは「母集団形成」...

学生が知りたいコンテンツを盛り込む

新卒採用サイトは、学生が企業研究を行う上で有益な情報源のひとつと位置づけられています。企業サイトの印象で応募するかどうかを決める学生も少なくないため、実際の仕事内容や社内の雰囲気など、学生が本当に知りたがっているコンテンツを積極的に盛り込むことが重要です。

特に入社してから任せられる仕事や、社風、他社と比べた強みなどはできるだけイメージしやすいように記載することをおすすめします。また、年収も重要な判断ポイントですから、こちらも具体的に載せた方がよいでしょう。

印象に残るデザインに

たとえ良質なコンテンツが掲載されていても、情報が見づらかったり、印象に残りづらかったりすると学生を引きつけるのが難しくなります。

特に学生はWebサイトの色調、フォント、画面構成といったデザイン的な要素から企業のイメージや社風を感じ取る傾向が強いため、情報が見やすいのはもちろん、自社のブランディングに整合したデザインを意識することが重要です。

企業によっては新卒採用と中途採用を同じサイトで扱う場合がありますが、できるだけわけて戦略的に構築した方がよいでしょう。

参考にしたい新卒採用サイト事例3選

新卒採用サイトを構築するにあたって、ぜひ参考にしたい例を紹介します。ポイントを意識しながら見てみましょう。

雪印メグミルク

雪印メグミルクの採用サイトです。自社の事業や製品、仕事内容などコンテンツが充実しているだけでなく、それぞれを学生にもわかりやすく説明しようとしているのが好印象です。

どういう職種と仕事があるのか体系的に一目でわかる構成になっています。実際にそれぞれの分野で働いている先輩社員の生の声が聞けるのも学生にとってはありがたいでしょう。

楽天

楽天の採用サイトです。全体のデザインや豊富な画像から、社風が伝わってくるのが特徴的です。

「人々と社会をエンパワーメントする」という自社のミッションを前面に押し出し、求める人物像も明確にしています。ミッションに共感してくれる人材を積極的に集めようとする姿勢がうかがえます。

ニトリ

ニトリの採用サイトです。ファーストビューとメッセージが印象的で、人材を「人財」と表現することで従業員を大切にする姿勢と、そのポテンシャルを引き出すための仕組み作りに力を入れていることをアピールしています。

ビジネスモデルの全体像から詳しい事業紹介、入社後の配置転換についてなど、およそ学生が知りたいと思われる情報を見やすいデザインで網羅しているといえるでしょう。

おすすめの新卒採用サイト制作会社

採用サイトの制作をプロに任せることで、より戦略的で質の高い採用サイトを構築できます。ここでは、おすすめの新卒採用サイト制作サービスを紹介します。

HRサイト

  • 管理画面から簡単にページ作成が可能
  • 文字数制限がなく、企業の魅力を存分に伝えられる
  • カスタマイズも自由自在

HRサイトは、求人媒体や人材紹介だけに頼るのではなく、自社採用サイトからの採用強化を考えている企業を支援する採用サイト制作支援ソフトです。新卒採用をはじめ、中途採用、パートやアルバイト採用すべてに対応しており、基本となる募集要項から職種の紹介、先輩社員のインタビューなど、およそ求人サイトに必要となるコンテンツを網羅しています。

管理画面から必要項目に回答していくだけで必要なコンテンツを網羅したページを作成でき、画像もアップロードするだけで簡単に更新できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
HRサイトの資料を無料DL

CYBRiDGE

  • 必要な機能を全て搭載した求人サイト構築パッケージ
  • カスタマイズ要望にも柔軟に対応
  • 求人サイト運営のノウハウを生かした営業支援も提供

CYBRiDGEは、求人サイトを運営している企業が提供している求人サイト構築パッケージです。ターゲット層に最適化したサイトデザインと、求人サイト運営のノウハウを織り込んだシステム構築が可能です。

豊富な実績に裏打ちされたSEOや求人サイト運営のノウハウを生かした営業支援も提供しています。採用サイトの制作・運用をゼロから任せたいという企業におすすめです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
CYBRiDGEの資料を無料DL

採用サイト制作.com

  • 採用ブランディングのノウハウを提供
  • 求職者の心を捉えるコンテンツの提案
  • 採用コストの効率化

採用サイト制作.comは、採用サイト制作と採用ブランディングを請け負ってくれるサービスです。

採用のミスマッチを起こさずに企業が欲しい人材を獲得できるように、採用サイトの制作や自社の魅力が伝わるコンテンツのアドバイスをしてくれます。ヒアリングと企画、コンテンツの提案とデザイン、そしてライティングや動画撮影まで一貫して依頼できるのは大きな魅力でしょう。

新卒採用サイト制作を依頼する上でのポイント

続いて、新卒採用サイトの制作を依頼する上で知っておきたいポイントを説明します。

採用成功のカギは自社採用サイトの活用!運営や制作のコツ・ポイントとは? | ボクシルマガジン
自社の採用サイトの重要性や採用サイトを作成するときのポイントをまとめました。新卒・中途問わず会社の魅力を伝えるため...

目的を明確にする

まずは、自社が採用で抱えている課題と、それを解決するために何が必要なのかを把握し、新卒採用サイトを制作する目的を明確にすることが重要です。

目的を明確にしておかなければ焦点のぼやけたサイトになってしまい、自社の状況に合った最適な人材を集めることが難しくなります。盲目的にサイトを制作するのではなく、何のためのサイトを制作するのか明確にしておきましょう。

サイトの方向性を決める

目的を明らかにしたら、自社の課題を解決するために必要なコンテンツは何か、自社をどのようにアピールしたいかを決めます。そのうえで、デザインやコンテンツなどサイトの方向性を明確にしましょう。

チームで話し合いながらしっかりとコンセプトを決めるようにしてください。

採用ブランディングとは | その手法と目的をわかりやすく徹底解説 | ボクシルマガジン
採用ブランディングの手法をわかっている企業こそ人材の売り手市場では戦略的に勝つことができます。採用ブランディングの...

制作期間も含めスケジュールを立てる

自社の採用活動のスケジュールに合わせてサイトの公開目標日を決める必要があります。
サイトの制作を外部委託する場合は、スケジュールに基づいて余裕をもって依頼するか、どうしても急を要する場合は短期間で制作可能な会社に依頼するようにしましょう。

サイト制作の基礎知識が必要

制作会社と打ち合わせをするときは、サイト制作の基礎知識があった方が確実にスムーズに進みます。特に以下の知識は最低限持っていたほうが良いでしょう。

Webサイトは何で作られているか

HTMLとCSSについての基礎知識は持っておいたほうが良いです。言語を操れる必要はありませんが、HTMLがWebサイトを構成する基本的な言語であり、文章の構造を規定したものであること、そしてCSSが文字の大きさや色、ページのレイアウトなどのデザイン面を決める言語であることは覚えておきましょう。

またWordPressのようなCMSを使って制作するケースがあることも知っておく必要があります。

CMSとHTMLの違いとは | 最適なWebサイト構築のために知っておきたいこと | ボクシルマガジン
マークアップ言語であるHTMLとCSSによる従来のWebサイトに対し、だれでもコンテンツ作成できるサイト構築が可能...

         

ドメインとサーバー

ドメインとは、簡単にいえばネット世界の住所のようなものです。覚えてもらいやすい独自のドメインを取得することで、自社サイトの存在をアピールしやすくなります。

また、サーバーはサイト情報をユーザーに提供するための基点となるコンピューターのことで、これがなければサイトを閲覧してもらうことはできません。自社でサーバーを所持するか、Amazonなどが提供しているレンタルサーバーを利用する必要があります。

ドメインやサーバーについて人事担当者で対応するのが難しい場合は、社内のシステム部門に相談するようにしましょう。

レンタルサーバー・ホスティングサービス比較21選 | 価格・機能・比較表 | ボクシルマガジン
レンタルサーバー・ホスティングサービスのおすすめを徹底比較して解説!会社へのアクセスが増え、サーバーが処理できなく...

制作会社に丸投げはNG

サイトを制作する目的と方向性を明確にし、制作期間を含めてしっかりとスケジュールを立てたうえで制作会社に依頼することが重要です。

自社の魅力や強みについて知っているのは社員たちです。どんなサイトにしたいのか、そのサイトを通してやりたいことは何かなど、制作会社に対してしっかりと意思表示をするようにしましょう。基本的なところで妥協してはいけません。

新卒採用サイトで学生の心をつかむ

新卒採用サイトを制作するためのポイントや注意点、そして参考にしたいサイトや便利なサイト作成ツールの紹介をしました。

どれほど素晴らしい企業であっても、採用サイトの情報が魅力的でなければ、優秀な学生が応募してくれる可能性は低くなります。特に新卒の学生は社会人経験がないため、どうしても企業のブランドやイメージで判断する傾向が強いですから、自社の魅力をしっかりと伝えられる採用サイトを制作しましょう。

本記事で紹介した採用サイトを参考に、ぜひ自社サイトにどんなコンテンツが必要なのかを検討してみてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事