総務・人事の関連情報

コピー完了

記事TOP

採用ブランディングとは?手法・目的・メリットをわかりやすく徹底解説

最終更新日:(記事の情報は現在から437日前のものです)
採用ブランディングの手法をわかっている企業こそ人材の売り手市場では戦略的に勝つことができます。採用ブランディングの基礎や、手法とメリットについて解説します。

採用ブランディングとは

ブランディング(英: branding)とは、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の1つ。
引用:ブランディング - Wikipedia

採用ブランディングとは、このブランディングを採用に当てはめたもので、採用市場において自社のブランド力を高めることを指します。自社の価値や信頼感を高め「ぜひこの企業で働いてみたい!」自社のファンを増やし、採用を活性化させる効果が期待できます。

採用ブランディングが求められている背景

採用ブランディングが重要視される背景には、人手不足があります。

近年働き方の多様化や少子高齢化などにともなって、人材不足が深刻化しつつあります。黒字企業でありながら人材不足から倒産にいたる「人手不足倒産」もみられるようになりました。

そこで優秀な人材に長く働いてもらうために、会社に魅力を感じてもらえるよう施策を行う採用ブランディングが注目されているのです。

採用ブランディングのメリット

採用活動を行ううえで、採用ブランディングを行うとどのようなメリットがあるのでしょうか。採用ブランディングを行うことで企業側が得られる4つのメリットを紹介します。

応募者の増加

採用ブランディング一番のメリットは、応募者数の増加が期待できることです。

あなたも今働いている会社を選ぶときに「どのような職種か」「どのような業務か」を第一条件で探しませんでしたか?そして、条件が同じような企業があった場合、最終的に入社するかどうかのポイントは企業に対するイメージで決めたのではないでしょうか。

現在応募してきている方もきっと同じように「印象が良い会社に入りたい」思っているはずです。採用ブランディングを行うことによって応募者に「この会社で働いてみたいかも」と感じてもらいやすくなります。

イメージがよければ、応募そのものの増加が期待で、入社するにあたっての判断において好材料にもなるでしょう。

広告費などの経費削減

採用ブランディングを行うことにより、応募者同士の口コミなどで企業情報が広がっていけば、広告費をかけなくとも自然と企業イメージが構築されていく期待が持てます。

企業の実態や雰囲気はなかなか応募者の耳には届きにくいのが実情です。一方で採用ブランディングを行えば、自然と評判が広がるため、効果的な手段といえるでしょう。

ミスマッチによる早期離職を防ぐ

採用ブランディングは、企業の実態をある程度理解してもらえることにつながるので、ミスマッチを防ぐメリットもあります。

大企業は、一般的なイメージや認知度ができ上がっているため、採用活動は一見有利に見えます。しかし、内定・採用した後にイメージと現実とのギャップに気付き、辞退や退職してしまう結果を招くこともあります。

採用ブランディングを行えば、お互いのミスマッチを防げるので、働きやすい関係を築きやすくなるといえるでしょう。

競合他社との差別化

採用ブランディングによって競合他社との差別化ができる点も大きなメリットです。

面接に来る応募者の回答が「自社じゃなくてもいい言葉」で作られてしまっているのは、けっして応募者側だけの責任ではありません。それは企業側の他者との差別化が弱い問題がある可能性も高いので、差別化を図るためにも採用ブランディングを行いましょう。

採用ブランディングの方法

採用ブランディングを行う際、留意しておくべきポイントは「売り込む」ことではなく、しっかりと戦略を練って「計画をする」ことです。

採用ブランディングについてまったく知識を持たない人でもわかりやすいように、その方法を4つのステップに分けて紹介していきます。

どのような人材を求めるのかを明確にする

まずはどんな人材をターゲットにした採用活動を行っているのかを明確にしましょう。

この時に「スキル」と「社風にマッチする人物像」であることがポイントで、この2つが明確になっていないと「なんとなく」応募をして来る人が増えてしまう可能性があるので注意が必要です。

キーワードを決める

企業イメージとなる採用のキーワードを決めることで、「自社=〇〇」のイメージを作りましょう。

就職活動をしている人は同時に複数の企業の選考を受けていることがほとんどなので、情報が混在してしまっている可能性があります。そこで企業イメージを言葉として明確化させることで記憶に残りやすく、ブランディングにつながっていきます。

魅力的な採用ページを設ける

企業を表すキーワードを盛り込みながら自社のイメージを作りつつ、仕事のやりがいが伝わる魅力的なページを用意しましょう。

だれしも企業選びでは失敗したくないと思っているので、企業研究を行う際には必ずと言っていいほど採用ページの内容を確認します。その際、採用ページが簡素な募集要項のみであれば他の企業との差別化はできず、自社の魅力もなかなか伝わらないでしょう。

採用ページが作成可能なサービスはこちらで紹介しています。

求人媒体・採用メディア58選ターゲット種類別比較 - 中途・新卒・インターン・ダイレクトリクルーティング
1.5億円資金調達したのに採用に苦戦した弊社がおすすめする、求人媒体・採用メディア58サービスを、中途・新卒・イン...
詳細を見る

企業説明会でファンを作る

一般的な会社説明会では他社との差別化ができないので、従来のやり方に固執せず、自社らしさを前面に出した説明会を企画しましょう。

応募者が「この企業で働きたい」と感じる多くの瞬間は企業説明会のときです。ホームページやパンフレットだけでファンを作ることは難しく、説明会でファンを作る意識が必要不可欠です。

採用ブランディングを成功させるポイント

社内の意思統一をはかる

採用ブランディングについての意識を統一しましょう。

従業員によってブランディングイメージが異なると、接する求職者は混乱します。前もってどのようなイメージを展開するのか、確認しておきましょう。

採用活動のルールをつくる

採用ブランディングを行ううえでのルールを明確化しましょう。

採用ブランディングではSNSを使って発信することが増えます。SNSは24時間対応でき、仕事とプライベートの境界があいまいになりがちなため、前もってルールを作っておくとよいでしょう。

これからの時代を生き抜くために採用ブランディングは必須?

日本の労働人口はすでに減少傾向に転じていて、今後はさらにその動きが加速度的に強まっていくのはご存じのとおりです。

これまで「待ちの採用」でやってこれた企業も、これからは「攻める採用」をしていかなくては人材を確保できない可能性があります。人材不足による企業衰退をしないためにも戦略的に採用ブランディングを行い、「この企業で働きたい」ファンを作りましょう。

採用ブランディングを進めるにあたって、採用管理にかかる工数を減らしたい方には採用管理システムがおすすめです。次の記事にて採用管理システムの比較をしているので、気になった方はぜひチェックしてください。

ATS(採用管理システム)とは?ツール27選比較【最新版】
ATS(採用管理システム)とは、応募者が採用のどの段階にいて、どのような評価を受けているかを追跡するシステムです。...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
総務・人事の最近更新された記事