コピー完了

記事TOP

採用ブランディングとは?その手法と目的をわかりやすく徹底解説

最終更新日時:
記事の情報は2021-04-01時点のものです。
採用ブランディングの手法をわかっている企業こそ人材の売り手市場では戦略的に勝つことができます。採用ブランディングの基礎や、手法とメリットについて解説します。

昨今では、求職者に対し「この会社で働きたい」と思ってもらうために、戦略的な採用ブランディングを行うことがより重要視されてきています。人材の売り手市場ではこの採用ブランディングができている企業こそ実は勝ち残っているのかもしれません。そもそも採用ブランディングって?という方のために目的や方法を紹介します。

そもそも採用ブランディングとは

ブランディング(英: branding)とは、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の1つ。

引用:ブランディング - Wikipedia

採用ブランディングとはこのブランディングを採用に当てはめたもので、自社の価値や信頼感を高め「ぜひこの企業で働いてみたい!」という自社のファンを増やし、採用を活性化するための手法のことです。

採用ブランディングの目的は?

いくら採用活動を積極的に行っても、応募してもらえなければ全く意味がありませんよね。

人材は会社を成長させていくためにもっとも重要な要素と言っても過言ではありません。採用ブランディングを行うことはの採用活動の成功に直結するため、どのような目的で行うのかを明確にする必要があります。

そこで採用ブランディングを行うことで企業側が得られる4つのメリットについて紹介します。

採用ブランディングのメリット

(1)応募者の増加

あなたも今働いている会社を選ぶときに「どのような職種か」「どのような業務か」ということを第一条件で探しませんでしたか?

そして、条件が同じような企業があった場合、最終的に入社するかどうかのポイントは企業に対するイメージで決めたのではないでしょうか。

現在応募してきている方もきっと同じように「印象が良い会社に入りたい」思っているはずですよね。採用ブランディングを行うことによって応募者に「この会社で働いてみたいかも」と感じてもらいやすくなります。

(2)広告費などの経費削減

企業の実態や雰囲気はなかなか応募者の耳には届きにくいのが実情です。
しかし、しっかりと採用ブランディングを行うことにより、応募者同士の口コミなどで企業情報が広がっていけば、広告費をかけなくとも自然と企業イメージが構築されていく期待が持てます。

(3)ミスマッチによる早期離職を防ぐ

大企業などのように、一般的なイメージや認知度ができ上がったうえでの採用活動は一見有利に見えます。しかし、内定・採用した後にイメージと現実とのギャップに気付き、辞退や退職してしまうという結果を招くこともあります。採用ブランディングは、企業の実態をある程度理解してもらえることにつながるので、このようなミスマッチを防ぐことにもつながります。

(4)競合他社との差別化

「競合他社との差別化なんてどうすればいいんだろう…」と悩んでいる人事の方も多いのではないでしょうか。

面接に来る応募者の回答が「自社じゃなくてもいい言葉」で作られてしまっているのは、決して応募者側だけの責任ではありません。それは企業側の他者との差別化が弱いという問題がある可能性も高いので、差別化を図るためにも採用ブランディングを行いましょう。

採用ブランディングの方法とは?

採用ブランディングを行う際、留意しておくべきポイントは「売り込む」ことではなく、しっかりと戦略を練って「計画をする」ことです。

ここでは採用ブランディングについてまったく知識を持たない人でもわかりやすいように、その方法を4つのステップに分けて紹介していきます。

Step.1 どのような人材を求めるのかを明確にする

まずはどんな人材をターゲットにした採用活動を行っているのかを明確にしましょう。この時に「スキル」と「社風にマッチする人物像」であることがポイントで、この2つが明確になっていないと「なんとなく」応募をして来る人が増えてしまう可能性があるので注意が必要です。

Step.2 キーワードを決める

就職活動をしている人は同時に複数の企業の選考を受けていることがほとんどなので、情報が混在してしまっている可能性があります。

そこで企業イメージとなる採用のキーワードを決めることで、「自社=〇〇」という印象を作りましょう。このようにイメージを言葉として明確化させることで記憶に残りやすく、ブランディングにつながっていきます。

Step.3 魅力的な採用ページを設ける

だれしも企業選びでは失敗したくないと思っているので、企業研究を行う際には必ずと言っていいほど採用ページの内容を確認します。

その際、採用ページが簡素な募集要項のみであれば他の企業との差別化はできず、自社の魅力もなかなか伝わらないでしょう。

企業を表すキーワードを盛り込みながら自社のイメージを作りつつ、仕事のやりがいが伝わる魅力的なページを用意しましょう。

採用ページが作成可能なサービスはこちらで紹介しています。

求人媒体・採用メディア49選ターゲット種類別比較 - 中途・新卒・インターン・ダイレクトリクルーティング
1.5億円資金調達したのに採用に苦戦した弊社がおすすめする、求人媒体・採用メディア47サービスを、中途・新卒・イン...
詳細を見る

Step.4 企業説明会でファンを作る

応募者が「この企業で働きたい」と感じる多くの瞬間は企業説明会の時です。

ホームページやパンフレットだけでファンを作ることは難しく、説明会でファンを作るという意識が必要不可欠です。一般的な会社説明会では他社との差別化ができないので、従来のやり方に固執せず、自社らしさを前面に出した説明会を企画しましょう。

これからの時代を生き抜くために採用ブランディングは必須?

日本の労働人口はすでに減少傾向に転じていて、今後はさらにその動きが加速度的に強まっていくのはご存じのとおりです。

これまで「待ちの採用」でやってこれた企業も、これからは「攻める採用」をしていかなくては人材を確保できない可能性があります。人材不足による企業衰退をしないためにも戦略的に採用ブランディングを行い、「この企業で働きたい」というファンを作りましょう。

採用ブランディングを進めるにあたって、採用管理にかかる工数を減らしたい方には採用管理システムがおすすめです。次の記事にて採用管理システムの比較をしているので、気になった方はぜひチェックしてください。

ATS(採用管理システム)とは?ツール27選比較【最新版】
ATS(採用管理システム)とは、応募者が採用のどの段階にいて、どのような評価を受けているかを追跡するシステムです。...
詳細を見る

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
総務・人事の最近更新された記事