大阪の転職事情 | 求人の探し方・30代・40代の方が成功するコツ

最終更新日:
大阪は西の経済の中心地であり、大企業・老舗企業が数多く存在することから、求人件数が多く、良質な求人に巡り合える可能性が高くなります。本記事では大阪での転職を成功させるために、大阪の転職事情やおすすめの転職サイトやエージェント、女性が転職しやすいサービスなどについて紹介します。一般的に転職で不利と言われる30代後半、40代以降のビジネスパーソンが転職する際のコツについても解説します。
求人・転職求人・転職おすすめエージェント(地域別)
Large

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>転職サイトおすすめランキングはこちら
>>>転職エージェントおすすめランキングはこちら

大阪の転職事情

大阪は昔から西の経済の中心として栄えていたため、いろいろな大手企業が本社や支社を構えていて、平均年収が高い反面、競争率が高めになっている傾向があります。

まずは大阪の転職事情に関するポイントを3つ説明します。

大手企業が多い

まず、西の商業の中心地として歴史的に発展してきたため、東京の会社でも大阪に支社を構えている、本社を大阪に置いているという企業も多いです。

たとえば、大和ハウス工業、日本ハム、帝人などの企業は大阪に本社を置いています。

大企業への転職を狙うことによって、キャリアアップや年収アップを狙うことも可能です。

>>第二新卒が大手企業に転職成功するためのポイントはこちら

平均年収が高い

全国平均と比較すると給与水準が高く、地方などで転職するよりも年収アップを見込みやすいです。

厚生労働省が発表している平成29年の都道府県別賃金に関するデータによると全国での月額賃金の平均が30.4万円なのに対して、大阪は32.6万円となっています。

これは東京都の37.8万円、神奈川県の33.0万円に次いで3番目に大きな値です。

年収とは?手取り額や年齢別平均、給与の高い職業ランキングを徹底解説 | ボクシルマガジン
年収とは1年間に発生した収入の総額のことを指します、そして、年収から所得税や社会保険料を差し引いた手元に残るお金を...

競争率はやや高め

平均年収が高い反面、競争率はやや高めです。厚生労働省が発表した平成31年2月分の求人倍率によると全国平均1.63倍に対して、大阪は1.54倍となっています。

つまり全国平均と比較しても転職の競争率はやや高めの地域です。平均年収が高い東京の有効求人倍率と比較しても1.57倍なので、東京と比較するとやや競争は厳しいです。

大阪転職のメリット

以上が大阪の転職事情ですが、大阪で転職先を探すことには主に転職求人数が多い、交通の便が良いという2つのメリットがあります。

転職求人数が多い

大阪に本社を構える企業も多く、古くから栄えるメーカーや金融系の企業も多いです。

多くの労働人口が必要なことから、転職求人数が多く、中には質の良い求人案件もたくさん含まれています。自分のスキルややる気次第でキャリアや年収アップを狙った転職ができます。

交通の便が良い

地方と比較すると電車やバスなどの公共交通が発達しているので交通の便が良いです。

同じく東京も公共交通が発達していて交通の便が良いですが、家賃は大阪よりも高くなるので便利な場所に住もうと思えば可処分所得は少なくなります。

自宅と会社の往復をするならば、大阪は地方都市や東京と比較しても便利でしょう。

大阪転職のデメリット

一方で大阪での転職にはデメリットもあります。地方都市と比較すると生活費は高いですし、大阪独特の文化になじめない方には仕事がしづらいかもしれません。

生活費が高い

総務省統計局が行った都道府県別の10大費目別消費者物価地域差指数に関する調査によると、大阪は他の都道府県と比較して、教育および家具・家事用品にかける支出が高く、これらの費用が物価水準を全国平均よりも高く引き上げています。

全体的に高い東京、神奈川と比較するとまだ生活費は少なくて済みますが、それでも地方都市よりも生活費は高いでしょう。

独特の文化がある

もちろん企業によって会社の雰囲気は異なりますが、大阪全体の雰囲気として義理、人情を大切にする文化があると言われています。

地方や関東系から大阪に転職すると、独特の文化に戸惑い、はじめのうちは仕事で成果が出しにくかったり、仕事をしづらいと感じたりするかもしれません。

大阪への転職に役立つ大手転職サイト

大阪への転職を成功させたいのなら、リクナビNEXTdodaを中心に大手の転職サイトを活用すると良いでしょう。

大手の転職サイトを中心に、大阪での転職に役立つ転職サイトを7つ紹介します。

リクナビNEXT(リクナビネクスト)

■Point1:転職者の約8割が利用する
転職者の約8割が利用する転職サービスなので、転職を検討している際にはとりあえず登録しておいた方が良いでしょう。

■Point2:リクナビでしか取り扱っていない求人多数あり
取り扱っている求人の約85%はリクナビNEXTだけでしか掲載されていません。大阪の独自求人も多数保有しています。

■Point3:求人の90%は正社員案件
転職の場合、まずは派遣社員や契約社員として働く求人も数多く存在しますが、リクナビNEXTが保有している案件の90%は正社員案件です。

リクナビNEXTの評判や口コミ、登録・ログインの利用の流れはこちら

doda(デューダ)

■Point1:豊富な転職成功実績がある
豊富な転職成功実績があり、転職エージェントとしてのレベルが高いです。

■Point2:取り扱っている求人案件が多い
取り扱っている求人案件は多いため、大阪で転職したいというピンポイントなニーズを満たす質の良い求人を保有していることも多いです。

■Point3:年収交渉なども行ってくれる
キャリアアドバイザーが仲介することによって、自分の希望に合った求人に巡り合える確率が高まるのはもちろんのこと、年収交渉など企業に直接行いにくい交渉も代行してくれます。

doda(デューダ)の転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

マイナビ転職[関西版]

■Point1:関西の求人に特化
関西の求人に特化しており、大阪に限定しても約2万件の求人があります。

■Point2:転職イベントを多数開催
大阪、関西圏でいろいろな就職イベントを定期的に開催しています。

■Point3:サポートが充実
履歴書添削や求人案件の紹介などエージェントは行っても転職サイトはなかなか行ってくれないサービスが充実しています。

はたらいく

■Point1:92%が独自案件
扱っている案件の92%は独自案件です。

■Point2:地元重視の求人紹介
地元就職を重視した採用情報を多数掲載しているので、地元の大阪で就職したいという方には便利です。

■Point3:悪い事もあえて掲載するせきらら求人
企業の悪いところもあえて掲載するせきらら求人という方針で求人を紹介しています

Indeed(インディード)

■Point1:世界No1の求人サイト
世界No1の求人サイトで日本でも多くの企業が利用しています。

■Point2:1億件の企業レビューや5億件の給与情報が閲覧可能
1億件の企業レビューや5億件の給与情報が掲載されています。

■Point3:情報が新鮮で探しやすい
たくさんの求人情報があるからこそ、調べやすさにはこだわっていて情報も新鮮です。

Re就活

■Point1:既卒・第二新卒に特化したサービス
特に既卒・第二新卒などの20代の転職に特化したサービスです。

■Point2:就職イベントを定期開催
Web上だけではなく、リアルの合同説明会を定期的に開催しており、大阪でもイベントを行っています。

■Point3:適職診断、コラムなどが充実
適職診断、コラムなどが重質しています。

イーアイデム正社員

■Point1:大阪府だけで4,000件以上の求人在り
大阪府の正社員求人だけで4,000件以上の求人情報があります。

■Point2:検索がしやすい
通勤時間や利用路線、キャリアプラン、企業ニーズなどから企業の検索ができて、希望とマッチした会社を発見しやすいです。

■Point3:飲食、医療、介護、福祉に強い
特化しているわけではありませんが、飲食、医療、介護、福祉に関する求人が豊富です。

大阪への転職に役立つ女性向け転職サイト

女性は特に結婚、出産、育児、配偶者の転勤などライフイベントによってキャリアが変化する傾向があり、転職においても独特の悩みを抱えることが多いです。

大阪での転職でも特に女性の転職に役立つサービスをマイナビ転職女性のおしごと、とらばーゆなど4つ紹介します。

>>>女性におすすめ転職サイトランキングはこちら

Womanwill(マイナビ)

■Point1:オンキャリ、オフキャリに分類して求人を提案
がっつり仕事をするオンキャリ、家庭などと仕事を両立させるオフキャリなど女性の仕事の仕方に合わせて求人を紹介します。

■Point2:働きやすい求人が多い
フレックスタイム制など、育児や家庭と仕事を両立させやすい求人が多数揃っています。

■Point3:女性に特化転職情報やノウハウ
女性に転職に特化した情報やノウハウが掲載されています。

とらばーゆ

■Point1:女性の求人に特化
オフィスワークなどを中心に女性の多い職場の求人が充実しています。

■Point2:女性が仕事を探しやすい検索条件
検索条件で、育休や産休の実績がある企業だけに絞れるなど、女性の関心にマッチした検索システムになっており求人を調べやすいです。

■Point3:独自求人や更新頻度が高い
とらばーゆだけの独自求人が豊富で、求人情報の更新頻度も高いです。

エン転職WOMAN

■Point1:働きやすい条件の求人多数
時短勤務やリモートワークなど働きやすい求人が充実しています。

■Point2:スカウト機能がある
自分で求人を探すだけではなく、企業からスカウトを受けられる機能もあります。

■Point3:履歴書添削、面接対策などのサポートあり
転職が成功するように履歴書添削や面接対策などの各種サポートが充実しています。

女の転職type(タイプ)

■Point1:正社員として長く働きたい女性向けの求人多数
正社員として長く会社で働きたい女性向けの求人が充実しています。

■Point2:ロールモデルが見つかる
Woman Typeというコンテンツがあり、他の女性のワーク&ライフを見られます。

■Point3:スカウト機能があり
企業からスカウトを受ける機能があり、企業側からもアプローチがあります。


大阪の転職に使える転職エージェントはこちらから。

大阪のおすすめ転職エージェント13選 | 評判・口コミ・特徴から徹底比較 | ボクシルマガジン
大阪の企業への転職を成功させたい方向けに、大阪に拠点を持つおすすめの転職エージェントを紹介します。評判・口コミ・特...

大阪開催の転職フェア・イベントまとめ

大阪での転職を成功させたい場合は、転職フェア・イベントに参加した方が良いかもしれません。転職フェア・イベントとは特定の共通点を持った企業が集められた合同説明会で、「大阪の企業・転職」に特化した転職フェア・イベントも存在します。

大阪に転職したいが、どのような企業や求人があるかわからないという転職の初期段階においては情報収集が有効です。

キャリアアドバザーと相談できたり、来場者限定の求人や一次面接免除などの特典を得られたりすることもあります。

特にdoda転職フェアは、転職フェアとして規模が大きく、いろいろな場所でたくさん開催されているので、一度はチェックした方が良いでしょう。

転職フェア・イベント開催地別情報 | 服装や事前準備 - doda・リクナビ・@typeなど | ボクシルマガジン
転職フェア(転職イベント)とは、多くの企業が集まり転職希望者に自社の紹介を行う合同説明会のことです。東京・大阪・名...

年代別転職活動のコツ

もちろん、転職と一口に言っても年代別で転職活動において注意すべき点は異なります。20代、30代、40代、50代と4つの年齢層に分類して、各年齢層における転職活動のコツについて説明します。

20代

20代はまだ社会人経験が少なく、ポテンシャルと教育次第で業界未経験でも活躍が期待されるのでIT系を中心に積極的に採用しています。よって、若さを買われて、大きな実績がなくても転職に成功する可能性は十分にあるのです。

大阪には、一度新卒で就職した後に離職して、別の会社に転職する第二新卒向けの求人や転職サービスもたくさん存在します。

20代が大阪で転職する際には、実績が無くても、やる気や情熱をアピールすれば良いでしょう。

>>>20代向け転職サイトおすすめはこちら
>>>20代向け転職エージェントおすすめはこちら

30代

30代の転職では、ポテンシャルや情熱ではなく、会社にとっても即戦力になってくれそうかが重要な判断基準になります。

大阪の求人募集にもスキルや実績を求める企業が多く、これまで培ってきた専門性をアピールするのはもちろんのこと、その専門性やこれまでの経験を活かして転職先の企業にどう貢献できるかを説明できなければなりません。

ちなみに30代後半になると、キャリアアップだけではなく、年収が下がったりキャリアダウンにならざるをえなかったりする転職もありえるでしょう。

転職するのならば30代前半までに済ませておくことが無難です。

30代の転職を成功させるポイント | 役立つ資格や求められるスキルを解説 | ボクシルマガジン
30代の転職は20代の頃のように将来性だけではなく、業務から培ったスキルや経験、マネジメント能力などが求められます...

>>>30代におすすめの転職サイトランキングはこちら
>>>30代におすすめの転職エージェントランキングはこちら

40代

40代になると転職は難しくなります。一部の人手不足で悩んでいる業種、職種を除けば未経験から転職するのは難しいでしょう。

ただし、40代の経験豊富な転職者を採用したいという企業の意図を理解し、それにマッチするスキルや経験があることをアピールすれば十分に転職を成功させられます。

また、どちらかと言えば現場社員ではなく、マネジメント層での採用が主流になるので、即戦力になれることに加えて、マネジメントができることをアピールした方が良いです。

大阪で転職する際にも上記の内容を頭に入れておきましょう。

40代向けの転職サイト・エージェントも存在するので、これらのサービスを利用することにより、転職の成功確率を高められます。

40代の転職事情 | 男女別の失敗する理由と成功ポイント | ボクシルマガジン
40代の転職事情について多くの方が失敗してしまう理由と、転職を成功させるためのポイントについて男女別に説明します。...

>>>40代におすすめの転職サイトはこちら
>>>40代におすすめの転職エージェントはこちら

50代

50代で転職する場合はさらに難易度が上がり、成功することは稀だと考えた方が良いでしょう。

ただし、高い専門性やスキル、役職、実績を持つ方ならば転職を成功させられる可能性があります。

転職を目指すなら、自分一人で就職しようとせずに転職エージェントと二人三脚で転職に取り組んだ方が良いです。

適切なサイト・エージェントの利用で大阪での転職を成功させよう

大阪は、西の経済の中心として歴史的に発展してきたことから、大企業や老舗企業が多く、競争率は少し高いですが、良い求人に巡り合える可能性が高いです。

ただし、転職者ひとりひとりによって置かれている状況が異なるためハローワークなどを利用し自分一人で転職しようとせずに、転職サイトや転職エージェントを使ってサポートを受けながら転職活動をした方が良いです。

このようなサービスを利用することによって、高卒、40代、50代などの一般的に転職で不利だと言われる属性を持った方でも転職の成功を狙えます。

他地域への転職もお考えの方へ

他地域への転職おお考えの方は、こちらの記事もあわせてくご覧ください。

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェントリクルートエージェント

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェントマイナビエージェント

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチビズリーチ

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
dodadoda

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェントtype転職エージェント

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら


【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事