コピー完了

記事TOP

ETLツール比較12選!ETLとは?機能・EAIとの違い・無料ツールも

最終更新日時:
記事の情報は2022-02-14時点のものです。
大量のデータを管理・分析するのに便利なETLツール。「ETLとは?」というそもそもの疑問から、編集部がおすすめするETLのツールを、機能と価格の2点から徹底的に比較しました。

>>ETLツールとあわせて使いたいBIツールの比較はこちら

ETLとは?

ETLとはExtract(抽出)、Transform(変換)、Load(ロード)の略称で、複数のシステムに含まれているデータを抽出・変換・加工しDWHへ渡す処理、またはそれをこなすソフトを表す言葉です。かんたんにいえば、生成されたデータを分析しやすいよう成形し保存することをさします。

1970年頃から提唱されはじめた歴史のある概念で、1990年頃からビジネスに対する新しいアプローチとしてETLツールが発表されるようになりました。ETLの用語の意味や、DWHといった類似用語との違いをさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事を確認してください。

ETLとはExtract, Transform, Loadの3機能 | BIやDWHとの違い
ETLとは、「Extract(抽出)」「Transform(変換)」「Load(書き出し)」の略語で、データベース...
詳細を見る

ETLとEAI、ビッグデータとの違い

ETLとよく比較されるのが、EAIやビッグデータです。具体的にどのような点が異なるのでしょうか。

EAI

EAI(Enterprise Application Integration)とは、多様なコンピュータシステムやビジネスパッケージを連携させ、再構築する技術のことです。企業合併に伴うシステム統合手段として活用されます。ETLはデータの集約を目的としているのに対し、EAIはデータ交換のための基盤整備を行い、1つのツールから別のツールへスムーズに移行するのが目的です。

ビッグデータ

ビッグデータとは、通常のデータ管理では集積不可能なほど容量の大きいデータを指します。ETLがデータの集約や変換をするのに対し、ビッグデータはETLによって集積されたデータそのものを表します。

ETLツールの機能

それでは、ETLツールの機能であるExtract、Transform、Loadのそれぞれについて詳しく解説します。

ETLとはExtract(抽出)、Transform(変換)、Load(ロード)の略

Extract(抽出)

Extract(抽出)は、データソースよりデータを吸い上げる作業です。売上や予算、勤怠、会計、人事といった多くのデータベースに存在する特定のデータを取り出すことで、各システムに散らばっているデータを取り揃えていく工程です。

Transform(変換)

Transform(変換)は、Extractされたデータを適切な形式に変換・変形する機能です。システムの生データはTransformを介さない場合、データの形式がばらばらで分析するまでの準備に都度工数が発生します。Transformをすることで、各システムから取り出したデータを分析しやすい形式に統一できます。

Load(ロード)

Loadでは、TransformされたデータをDWHと呼ばれる場所へ保存する工程です。DWHに保存されたデータは必要なときにBIツールにて分析されるため、Loadの作業は分析用に調整したデータを今後のために蓄えておくための機能といえます。


Loadのあとに利用されるDWHやBIツールについては、次の記事を参考にしてください。

DWH(データウェアハウス)とは | DB、BI、データマートとの違い
DWHとは、データベースから抽出し成型したデータを保存するための場所です。DWHの意味をはじめ、DBやデータマート...
詳細を見る
BIツールとは - 初心者向けにわかりやすく図解 | 機能や目的
BIツールとは、Business Intelligence Toolの略で、データを分析してビジネスの意思決定をよ...
詳細を見る

ETLツールの選び方

ではETLツールを選ぶにあたって、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

課題を明確化する

ETLの導入で重要なのは課題の明確化です。文字コードやフォーマットの変換をはじめ、対応が必要な工程を事前に確認すれば、最適なツールを見つけやすくなります。

専門知識がなくても使えるツールを選ぶ

次に大切なのは、専門知識を必要としないツールを選ぶことです。ETLツールのなかには、ドラッグ&ドロップ操作で直感的に作成できるものが多くあり、プログラミング技術がなくてもシステム構築ができます。誰がETLツールを操作するのかによって、ツールを選ぶ際に注意するとよいでしょう。

オンプレミス版では対応OSを確認する

オンプレミスで利用するETLツールの場合は、対応OSを確認するようにしましょう。サーバーにインストールする場合は、Windows Server、Linuxのどちらに対応しているのか、パソコンにインストールする場合は、Mac、Windowsのどちらに対応しているのか確認しましょう。

ETLツール比較おすすめ10選

ETLツールを活用することで、大量のデータを速く効率的に分析でき人的ミスも減らせます。そんなおすすめのETLツールにおける機能と価格の比較をしました。

Reckoner - スリーシェイク

Reckoner
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 独自のデータ分散処理技術
  • 100種類以上の外部サービスと連携可能
  • 充実した運用サポート

Reckonerは、オンプレミスからクラウド、外部アプリケーションまで、多様なデータ連携が可能なクラウド型のETLツールです。大規模データに対応しており、データ量および処理数に応じたインフラを選択できます。運用面では、ワークフローの実行状況を常に監視し、メールやSlack通知をすることで見逃しを防ぎます。さらに、設計から構築、分析までサポートしているため、ビジネスに適したデータ活用基盤の構築を支援します。

ちょこっとデータ変換/加工 - 株式会社ユニリタ

ちょこっとデータ変換/加工
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • プログラミング不要でELT処理が可能
  • 個別カスタマイズできるデータ変換用テンプレート
  • データ加工の工程をアイコンで可視化

ちょこっとデータ変換/加工は、アイコンをドラッグ&ドロップするだけでデータの収集、加工、集計を実行できるETLツールです。目的にあった変換用テンプレート、使用するデータ、出力先を設定するだけで作業を実行できます。

変換用テンプレートはコミュニティサイトで公開しており、セミナー申込者分類やマスタマッチングなどの加工事例別テンプレート、ロードデータ作成用の移行テンプレート、Excelレポート用テンプレートなどを利用できます。

trocco - 株式会社primeNumber

trocco
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • ETLやデータマート、データ転送などに対応
  • 最短5分から利用開始可能
  • 初期費用は0円で使った分だけの従量課金制

troccoは、面倒な環境構築やプログラミングが不要で、7種のテンプレートETLを用意しているサービスです。もちろんRuby、Python、Java、JavaScriptといったプログラミング言語で処理を書けるETLもあります。運用・保守業務はtroccoが代わりに行うので、運用作業時間を抑えられます。月額費用+データ転送量の従量課金制なので運用コスト面も安心です。

※出典:primeNumber「trocco」(2022年2月14日閲覧)

ASTERIA Warp - アステリア株式会社

ASTERIA Warp
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • ノーコーディングにて高速で構築
  • アイコンをつなげる独自の操作性
  • 30日間の無料トライアルも

ASTERIA Warpは、ノーコーディングにより専門的な技術がなくても利用でき、アイコンをつなげるだけで簡単にデータを分析できるETLツールです。企業内の新旧さまざまなシステムやクラウド上のデータをスムーズに連携でき、アダプターの数も豊富に用意されています。

IBM InfoSphere DataStage

IBM InfoSphere DataStage
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • ほぼリアルタイムのデータ統合
  • オンプレミス・クラウドのどちらにも対応
  • シンプルな構造から非常に複雑な構造まで幅広いデータ構造を網羅

IBM InfoSphere DataStageはIBMが提供するETLツールです。多くの大手ベンダーが販売している大企業向けの製品です。大量のデータを高速で処理でき、障害の検出・解決の自動化も行えます。

Syncsort DMExpress

Syncsort DMExpress
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 全世界15,600社以上に導入
  • 高速ETL処理
  • 「スマートETLオプティマイザ」搭載

Syncsort DMExpressは、アシストが提供するデータ統合処理・バッチ処理を簡単に開発できる高速ETLツールです。独自の「スマートETLオプティマイザ」が、処理対象のデータ分析とシステムリソース分析を行い、数百のアプローチの中から最適な手法を選択し自動チューニングを実施。効率性・高速性・信頼性を備えたETL処理を誰でも簡単に実行できます。DWH構築に伴うデータ統合処理において、データベース間のデータ移行の手段としても活用されています。

Syncsort DMExpress公式サイトより(2022年2月時点)

Waha! Transformer

Waha! Transformer
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 大手企業を中心に2,000ライセンス以上の導入実績
  • 短期習得できる簡単な構築
  • 純国産ETLならではの充実サポート

Waha! Transformerは、株式会社ユニリタが提供するエンタープライズETLデータ連携ツールです。基幹系システムからクラウドデータベース、Web APIやExcelファイルまで、さまざまな環境のデータ抽出・変換・加工・連携を、SQLやプログラミングの知識なしでシームレスにETL処理できます。大量データの高速実行、短期習得可能な簡単な構築、高度なメンテナンス性が特徴です。危機的障害時の訪問サポート、緊急コールサポートなど純国産ETLならではの充実サポートも安心です。

Waha! Transformer公式サイトより(2022年2月時点)

DataSpider Cloud

DataSpider Cloud
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • ノンプログラミングでETL処理
  • Salesforce、kintone、AWSなどと連携
  • VPN不要でセキュアにオンプレミスと連携

DataSpider Cloudは、「DataSpider Servista」をベースにしたiPaaSクラウド型データ連携サービスです。Salesforce、kintone、AWS、Google、Microsoft Azure、Microsoft Dynamics 365などの多様なクラウドサービスと連携できます。グラフィカルインターフェースでのドラッグ&ドロップによるノンプログラミングで、データ連携ETL処理を作成します。独自のThunderbusの技術により、VPN不要でセキュアにオンプレミスと連携でき、日本製iPaaS、文字コード変換にも対応します。

Talend

Talend
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • データ整合性とデータガバナンス
  • アプリケーションとAPIの統合
  • クラウド、マルチクラウド、ハイブリッド環境対応

Talendは、データライフサイクルの広い段階に対処し、健全なデータを簡単に利用できるようにする統合プラットフォームです。オンプレミスとクラウドのシステム全体にわたって、データの健全性を維持します。ほぼすべてのクラウドDWHと主要なパブリッククラウドベンダーに対応しデータを集約します。

AWS Glue

AWS Glue
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • サーバーレスのフルマネージドETL
  • 大規模なデータ統合を自動化
  • データ変換実行コードを自動生成

AWS Glueは、AWSのフルマネージドETLツールです。分析、機械学習、アプリケーション開発のためのデータの検出・準備・結合をサーバーレスで簡単に行えます。視覚化インターフェースとコードベースのインターフェースで、データ統合に必要な機能を利用して、数分でデータを分析し使用可能にします。AWS Glueはデータソースをクロールし、データフォーマットを識別し、データ変換とロードプロセスを実行するコードが自動的に生成されます。これにより、何千ものETL処理を簡単に実行・管理できます。

おすすめ無料ETLツール2選

RapidMiner

RapidMiner
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • グローバルな機械学習プラットフォーム
  • ドラッグ&ドロップ操作で高度なデータ分析
  • Free版はデータ10,000行まで無料

RapidMiner(ラピッドマイナー)は、世界中で使われている機械学習プラットフォームです。データ加工(前処理)からデータ可視化、モデル作成、評価、運用までを一つのプラットフォームで行えるのが特徴です。プログラムの知識がなくても、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で高度なデータ分析業務を実行できます。RapidMiner Free版は、データ10,000行まで無料で使用できます。

Talend Open Studio

Talend Open Studio
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • オープンソース(OSS)ETLツール
  • Mac、Windows対応
  • Talend Academyで​無料学習

Talend Open Studioは、Talendが提供している無料で利用できるオープンソース(OSS)ETLツールです。Talend Open Studioを使用すると、基本的なデータパイプライン構築をすぐに開始できます。ローカルにインストールされたオープンソース環境から、ETLデータ統合タスクを実行し、データのグラフィカルなプロファイルを取得してファイルを管理できます。


ETLツールとあわせて使いたいBIツールの比較は、次の記事でチェックできます。

【2022年】BIツール比較おすすめ18選 | 機能・料金比較表
代表的なBIツールやボクシルおすすめのサービスを機能や特徴に注目して比較します。BIツールの導入に成功するための選...
詳細を見る

ETLツールの価格比較

続いてETIツールの価格比較を見てみましょう。規模や形態によって価格が変動するケースが多いので、詳しく知りたい方は問い合わせてみましょう。初めてETLのツールを使うなら、無料オープンソースにてフリーで使えるTalend Open Studio、有料で幅広い機能を安く使いたいのであればtroccoReckonerを選ぶといいでしょう。

導入費用 月額 無料プラン
Reckoner - 要問い合わせ - (無料体験あり)
trocco - 10万円〜 - (無料体験あり)
ASTERIA Warp - 3万円〜 - (無料体験あり)
IBM InfoSphere DataStage - 要問い合わせ - (無料体験あり)
Syncsort DMExpress 6,461,822円~ 要問い合わせ - (無料体験あり)
Waha! Transformer - 180万円/年~ - (無料体験あり)
DataSpider Cloud 600,000円 120,000円~ -
Talend - 要問い合わせ - (無料体験あり)
AWS Glue - 従量課金 - (無料体験あり)
RapidMiner - 要問い合わせ
Talend Open Studio 0円 0円

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

BIツール選び方ガイド
BIツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
BIツールの最近更新された記事