コピー完了

記事TOP

プロスペクト理論とは | わかりやすい例で解説。マーケティングにも応用

最終更新日:
公開日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
プロスペクト理論は人の意思決定をモデル化したもので、ギャンブルや投資に応用されています。近年では、特にマーケティング領域にさまざまな方法で利用されています。実際ビジネスの応用事例まで、プロスペクト理論を徹底的に解説します。

プロスペクト理論という言葉をご存じでしょうか。

元々は経済学の分野で知られていた理論ですが、近年ビジネスやマーケティングにも応用できるのではないかと注目されています。プロスペクト理論を解説し、マーケティングへの応用事例とマーケティングに欠かせないツールも紹介します。

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論とは、不確実性下における人間の意思決定モデルの一つです。プロスペクトという言葉は「予想・期待」という意味です。自分の選択の結果に得る利益や損失、確率が既知の状況において、人がどのような意思決定を行うかをモデル化したものです。

プロスペクト理論は、行動経済学において非常に重要な理論になります。このプロスペクト理論を展開したダニエル・カーネマンは2002年にノーベル経済学賞を受賞しています。

プロスペクト理論の種類

プロスペクト理論には、大きく分けて2つのタイプがあります。

リスクの回避型

たとえば、以下の2つの選択肢がある場合にどちらを選択するでしょうか?

A:確実に10万円もらえる
B:コインを投げて表がでたら30万円もらえる。ただし、裏が出たらお金はもらえない

この場合、ほとんどの人はAを選択するでしょう。

しかし合理的に考えれば、Bを選択する方が高い利益を得られます。Aでは10万円が利益になる一方、Bは2分の1の確率で30万円が得られるからです。つまり、Bの方が5万円高い利益を得られる可能性があります。しかし、人は往々にして、このような合理的な判断ができません。

1円ももらえないリスクを避ける。これが「リスクの回避型」と呼ばれるものです。

損失の回避型

今度は、以下の2つの選択肢がある場合、どちらを選択するでしょうか?

C:確実に10万円没取される
D:コインを投げて表がでたら30万円没取される。ただし、裏が出たら没取されない

この場合はほとんどの人がDを選んでしまうようです。これも確率的にいえば、Dの方が損失の期待値が高くなってしまうので、本来であればCを選ぶ方が合理的といえるでしょう。

損失の期待値を考えると、Cが10万円で、Dは30万を2分の1の確率で没収されるため、15万円です。Dを選択すると損失が大きくなってしまう可能性があります。

しかし、人間は「確実に損失を出す」という状況を回避しようとします。これが「損失の回避型」と呼ばれるものです。

プロスペクト理論のビジネスへの応用

このようにプロスペクト理論は、人間は確率に基づいた合理的な判断をするとは限らないことを証明しています。

そして、このことは実際のビジネスにも活かせるのです。プロスペクト理論を用いた5つのマーケティング事例を紹介します。どれも、心当たりのある事例ではないでしょうか。

具体例1:期間限定割引キャンペーン

期間中に得られる利益を確実に確保したいという顧客心理に訴えかけたキャンペーンです。BtoCビジネスだけでなく、BtoBビジネスでもこの手法は用いられることが多く、汎用性の高いものと言えます。

具体例2:全額返金キャンペーン

仮に購入して使えなくても、損失を回避できるという安心感を顧客に与えています。ビジネスを展開する側からすると、返品のリスクがありますが、日本は製品の返品率が低いこともあり、この手法も十分に使えるでしょう。

具体例3:競合優位性のアピール

不用品買取サービスのキャッチフレーズに「顧客満足度95%」などの言葉を見たことはありませんか。これらの言葉は「損をしたくない」という顧客心理を働かせ、顧客の申し込みなどにつなげられるのです。

具体例4:ポイントサービスキャンペーン

これもさまざまな企業で展開されています。ポイントには、基本的に有効期限がついているケースがほとんどですが、これには「ポイントを失効して損をしたくない」という考えを顧客にもたせる狙いがあります。

具体例5:コピーライティング

コピーライティングを用いて損失やリスク回避を訴求する方法もあります。化粧品やサプリメントなどの広告で多く用いられています。メッセージ一つで顧客の行動を誘因することは困難ですが、成功すれば非常に効果的だといえるでしょう。

プロスペクト理論を活かして顧客の心を掴もう

上記の事例はプロスペクト理論の汎用性を表すものばかりだったと思います。今やプロスペクト理論は、どの業界のビジネスでも使われはじめているのです。

プロスペクト理論を活用するには、紹介した事例を念頭に置きながら、他社の事例などを研究して、自社のマーケティングなどに反映させることが重要です。他社と同じ方法でアピールしても、顧客の印象に残らない可能性があります。最大限アピールするためにも、競合他社の動向は常に見ておきましょう。

マーケティングに役立つサービス紹介記事

マーケティングで行う各アクションを自動化するマーケティングオートメーションは、事業規模にかかわらず導入する企業が増え続けています。顧客や見込み顧客に対して、「メール配信」「セミナー管理」「Webアクセス履歴」「リード管理」「スコアリング」など、さまざまなマーケティングのアクションを効率化できます。

また以下の記事では、おすすめのマーケティングオートメーションのサービスの特徴や価格を紹介しています。ぜひ、お役立てください!

関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

MAツール(BtoB)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
MAツール(BtoB)の最近更新された記事
MAツール(BtoB)のサービスに興味がありますか?
CLOSE
Cloud CMO
SATORI
Pardot
Kairos3
b→dash
マーケティングオートメーション MAJIN
Cloud CMO: 株式会社イノーバ、SATORI: SATORI株式会社、Pardot: 株式会社セールスフォース・ドットコム、Kairos3: カイロスマーケティング株式会社、b→dash: 株式会社フロムスクラッチ、マーケティングオートメーション MAJIN: 株式会社ジーニー、Dr.Marketing: 企業情報未登録、Cloud Circus: スターティアラボ株式会社、nosy: 株式会社神戸デジタル・ラボ、まるごとおまかせZabbix: 株式会社アークシステム、Oracle Eloqua: 日本オラクル株式会社、Marketo Engage: アドビ株式会社、マウティック: アクイアジャパン合同会社、サスケLead: 株式会社インターパーク、OPTIO: クロストレックス株式会社