コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめのMAツール3選!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から33日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめのMAツールを紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入するMAツールを探している方は是非参考にしてみてください。

目次を開く

無料プラン・トライアルのあるMAツール比較

サービス名HubSpot
HubSpot
SATORI
SATORI
BowNow by Cloud CIRCUS
BowNow by Cloud CIRCUS
GENIEE MA
GENIEE MA
ユーザーレビュー
4.2
3.97
4.0
4.17
初期費用
0円(税抜)〜
300,000円(税抜)〜
無料プラン
無料トライアル
連携サービス
  • Mailchimp
  • LinkedIn
  • Slack
  • Zoom
  • Microsoft Teams
  • monday.com
  • Stripe
  • Microsoft 365 (旧称 Office 365)
  • Google Workspace
  • Zapier
  • Canva
  • Databox
  • Facebook広告
  • Google 広告
  • Lucky Orange
  • Jotform
  • Qwilr
  • DepositFix
  • Messenger
  • Twitter
  • Instagram
  • その他複数サービス
  • Sansan
  • kintone
  • kintone
  • LINE
課金ベース
  • 利用機能
  • 管理リード数
  • 管理リード数
  • 利用機能
セグメンテーション
動的セグメンテーション
リードスコアリング
サイト行動トラッキング
ランディングページ作成
登録フォーム作成
ダイナミックコンテンツ
ABテスト
SEO対応
広告管理
HTMLメール作成
メール文面の制作支援
パーソナライズ
セグメントをきったメール配信
スケジュールベースのメール送信
トリガーベースのメール送信
ステップメール作成
シナリオ設計
メール配信の結果管理
SNS連携
ソーシャルリスニング
ソーシャルメディア投稿
キャンペーン管理
予算管理
レポーティング
ROI分析
UIの日本語対応
ワークフロー
ユーザー管理
SFA/CRMツールとの連携
  • Salesforce Sales Cloud
  • Salesforce Sales Cloud
  • Salesforce Sales Cloud
  • GENIEE SFA/CRM
  • ちきゅう
BI/基幹システムとの連携
  • GENIEE BI
戦略・プランニングのサポート
導入支援のサポート
ツール活用のサポート
コンテンツ制作のサポート
メール配信やDBメンテのサポート

「SaaS導入推進者が選ぶサイト第1位」のボクシルが、数あるMAツールの中からおすすめサービスをピックアップしました。さらに、各サービスの料金・機能をまとめた『比較表』もプレゼント!導入前の下調べにぜひお役立てください。

【BtoB向けMAツールの資料はこちら】

\資料と比較表を無料ダウンロード!/
自社に最適なBtoB向けMAツールが見つかる!

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

【BtoC向けMAツールの資料はこちら】

\資料と比較表を無料ダウンロード!/
自社に最適なBtoC向けMAツールが見つかる!

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

MAツールとは

MAとはマーケティング・オートメーションの略で、人力で行ってきたマーケティング活動を自動化する仕組みのことです。MAツールはMAをより効率的に行うために開発されたツールで、新規顧客開拓・営業プロセスのシステム化などを得意としています

マーケティングオートメーション(MA)とは?意味や目的、MAツールの機能
マーケティングオートメーション(MA)は、消費行動や顧客チャネルの多様化に伴い、複雑なマーケティング施策を効果的に...
詳細を見る

無料のMAツールの選び方

MAツールには有料と無料のものがあります。無料のMAツールを選定する際には次の流れで確認しましょう。

  • MAツールの導入目的を確認する
  • MAツールの機能を確認する
  • 無料のMAツールを導入する際の注意点を確認する

MAツールの導入目的を確認する

MAツールの導入を検討する際は、まず導入目的を明確にしましょう。主な導入目的は次のとおりです。

導入目的 詳細
リード獲得を増やしたい 自動化されたキャンペーン管理機能をもつMAツールがおすすめです。
リードの質を向上させたい スコアリング機能やリードの行動追跡も可能なMAツールがおすすめです。
マーケティング活動のROI(投資利益率)を測定したい 詳細な分析とレポーティング機能を備えたMAツールがおすすめです。
セールスとマーケティングの連携を強化したい CRM(顧客管理システム)との連携がスムーズで、情報共有を効率化できるMAツールがおすすめです。
マーケティングプロセスを自動化したい キャンペーンの自動実行やメールを配信できるMAツールがおすすめです。
パーソナライズされたコミュニケーションを実現したい 顧客データにもとづいたカスタマイズが可能なメッセージ配信機能をもつMAツールがおすすめです。

MAツールの機能を確認する

MAツールでできること、利用できる機能は次のとおりです。上記の導入目的・課題をどのように解決できるか記載しているため、必要な機能を洗い出しましょう。

また、MAツールには「BtoB向け」と「BtoC向け」、そして両方に適したものがあります。見込み顧客の育成やチャネル接触履歴の一元管理がしたいなどの利用目的、ターゲット層を明確にし、自社に合うサービスを選びましょう。

そして、無料サービスは使用できる機能に制限がかかっています。必要な機能が無料プランでも使えるのか、将来使うかもしれない機能は、有料プランへの切り替えで使えるようになるのかも同時に確認しておくと安心です。

BtoB向けMAツールで重要な機能

BtoB向けMAツールの場合は、リード件数の管理や見込み顧客へのアプローチがメインになるため、次の機能があるサービスを選びましょう。

機能 詳細
予算管理 マーケティング、広告などの予算を管理できる
レポーティング リード件数や推移などをレポート分析できる
ROI分析 全体的な売上のパフォーマンスを分析できる
広告管理 広告費用や成果を管理できる
ランディングページ作成 ランディングページの作成や編集ができる
登録フォーム作成 登録フォームの入力画面や確認画面、送信完了画面の作成や編集ができる
ABテスト フォームやバナーのコンテンツをABテストできる
リードナーチャリング 見込み顧客を育成し、販売機会を最大化するために一連の自動化されたアクションを設定できる
リードスコアリング リードの行動や属性データをもとにスコアリングし、営業に引き渡すべきリードを特定できる
CRM統合 顧客データベースとのシームレスな連携を実現し、顧客情報の一元管理ができる
キャンペーン管理 複数のマーケティングキャンペーンを一元的に管理し、効果を測定できる
カスタマイズ可能なダッシュボード マーケティング活動のKPIを視覚的に追跡し、リアルタイムでデータを確認できる

BtoC向けMAツールで重要な機能

BtoC向けMAツールの場合はメールマーケティングが基本になるので、メール配信・メルマガ系の機能が充実しているサービスを選びましょう。

機能 詳細
セグメントをきったメール配信 属性情報や行動履歴によってメール配信対象を絞り込んで配信する
顧客セグメンテーション 顧客を異なる属性や行動にもとづいて分類し、ターゲットを絞ったマーケティング活動の展開ができる
スケジュールベースのメール送信 メールを送信する日付と時刻をスケジュール設定できる
トリガーベースのメール送信 メール開封やURLクリックなど、ユーザーが行動を起こすことになったきっかけベースでメールを送信できる
ステップメール作成 スケジュールに沿ってメールを順次配信できる
シナリオ設計 顧客が購入に至るまでの行動を想定したシナリオの作成、設計ができる
メール配信の結果管理 配信したメールの開封率やコンテンツ(中身)のクリックなどを管理したり、レポート作成できたりする
SNS連携 X(旧:Twitter)やFacebookなどのSNSと連携できる
ソーシャルリスニング SNSやWebサイトの情報収集、分析ができる
ソーシャルメディア投稿 連携しているソーシャルメディアで、コンテンツの投稿や自動シェアができる
カスタマージャーニーマッピング 顧客が購入プロセスを通過する際の各ステージを可視化し、マーケティングのタッチポイントを最適化できる
マルチチャネルキャンペーン メール、SNS、Webなど複数のチャネルを通じて一貫したマーケティングメッセージを配信できる
行動トリガー通知 顧客の行動にもとづいてリアルタイムでカスタマイズされた通知やメッセージを送信できる
インタラクティブコンテンツ クイズやアンケートなどのインタラクティブな要素を通じて顧客の関与を深め、データを収集できる

無料のMAツールを導入する際の注意点を確認する

無料のMAツールを導入する際、失敗しないために次の項目も確認しておきましょう。

確認事項 詳細
日本語に対応しているか 無料ツールの中には海外製で、日本語に対応していないサービスがあります。このような場合、使い方がわからないときやトラブルがあったとき、日本語で調べてもわからず相談できない可能性があります。検討しているサービスが日本語対応しているか確認しましょう。
必要な機能が揃っているか 無料サービスは使用できる機能に制限がかかっています。必要な機能が無料プランでも使えるのか、将来使うかもしれない機能は、有料プランへの切り替えで使えるようになるのかを確認しましょう。
データのセキュリティは十分か 無料ツールでは、データのセキュリティが有料版ほど厳重でない場合があります。機密情報を扱う場合は、とくにセキュリティの対策が十分かどうかを確認しましょう。
サポート体制はあるか 無料版では充実したカスタマーサポートを提供していないことが多いです。どの程度のサポートが受けられるのか、事前に確認しましょう。
アップグレードは簡単か 将来的に有料プランに移行する可能性を考えて、アップグレードが簡単に行えるかどうかも確認しましょう。
広告の有無 無料版ではサービス内に広告が表示される場合もあります。これがビジネスに与える影響を考慮しましょう。
利用制限はどれくらいか 無料プランでは送信メールの数やデータベースのサイズなど、利用にあたっていくつかの制限を設けられていることがあります。これらの制限を確認し、ビジネスに影響がないかを検討しましょう。
ユーザー数の制限はあるか 無料版ではアカウントを持てるユーザー数に制限がある場合も多いです。チームでの利用を考えている場合は、この点を確認しましょう。
データのバックアップと復旧は可能か サービスが停止したりデータが失われたりした場合のバックアップと復旧オプションを確認しましょう。
実際に使っているユーザーのレビュー 無料ゆえの機能制限により思わぬ弊害が出てしまわないよう、実際に使っているユーザーのレビューや経験を参考にしましょう。無料で使えるからこそ、多くのユーザーのレビューが集まりやすい傾向にあります。

無料で使えるおすすめのMAツール4選

無料で使えるおすすめのMAツールを紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを解説しているので、MAツール選びの参考にしてみてください。

BowNow by Cloud CIRCUS - クラウドサーカス株式会社

BowNow by Cloud CIRCUS
BowNow by Cloud CIRCUS
BOXIL SaaS AWARD Summer 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

BowNowは、無料プランでもほとんどの機能を使えるMAツールです。法人ログ、ユーザーログ、メール送信、Webフォームは無料で利用できます。

有料プランとの差は、ログが保存される期間、メールの送信数や作れるフォーム数に制限がある点です。

機能 制限
リード数 100
PV数 50,000PVまで

BowNowの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
基本無料ではじめることができるので、導入されました。それまでMAツールはわかっていても手が出ないくらいの規模の会社だったので、いざ導入するとかなり便利です。名刺の管理からスタートして、顧客へのメール自動配信などこれまでの手作業が軽減されます。
投稿者プロフィール
利用状況 : 現在は利用していない
投稿日 : 2023/11/24
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : メーカー/製造系
4/5
使いやすさ重視で初期設定も最小限で、ABMテンプレート機能を使うことで初心者の私でもすぐにオンラインマーケティングをスタートできました。 マーケティングについて深い知識はありませんでしたが、カスタマーサポートが手厚く、動画マニュアルがしっかり用意されており、時間は要しましたが一通りの機能を活用できるまでに成長できました。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2022/11/04
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : IT/通信/インターネット系

HubSpot

HubSpot
HubSpot
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2023
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

HubSpotはMAだけでなく、CRMやCMSなどマーケティングに欠かせない機能をそろえたツールです。メールマーケティング、フォーム、ランディングページ、Webチャット、広告管理、コンタクト管理は無料で利用できます。

有料プランとの差はメール送信数やリストのセグメンテーションなどの数、ランディングページやチャットボットなどの機能に制限がある点です。

機能 制限
メール送信数 2,000件(ロゴあり)
リストのセグメンテーション数 動的リスト10件、静的リスト1,000件

HubSpotの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
無料でCRMをはじめとしたかなりの機能を利用することができるのが大きなメリットであった。マーケティング、営業、カスタマーサービスを通じて全てのサービスを安価に利用できることは大変ありがたい。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/11/29
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : サービス/外食/レジャー系
4/5
リードの管理がしやすく、効率的に営業ができるのがメリットの1つです。また、無料でも使えるツールが充実しているので、とりあえず無料で導入してみるのもおすすめです。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/08/01
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : IT/通信/インターネット系

サスケLead - 株式会社インターパーク

サスケLead
サスケLead
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料トライアルで利用できる機能と制限

サスケはリードナーチャリングに必要最低限の機能を無料で使えるMAツールです。
アラート機能、メール一括送信、メール一括送信の配信結果表示、名寄せ、一括インポート、関連顧客情報機能、重複顧客情報機能は無料で利用できます。

有料プランとの差はマーケティング機能や利用人数、顧客データ登録件数などに制限がある点です。

機能 制限
利用人数 3名まで
顧客データ登録件数 300件まで

サスケの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
顧客管理がスムーズに行え、電話やメールでの問い合わせに即座に対応できるようになりました。これにより、顧客の状態を迅速に把握し、的確なサポートを提供できる体制が整いました。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/12/02
利用アカウント数 : 31件〜50件
業界 : 小売/流通/商社系
4/5
セールスフォースアシスタントなどは、フラグに色がつけれなかったりするのだが、一つ一つ色分けされているのでぱっと見で進捗管理ができたり、コールの履歴を画面上ですぐ聞けたりするので使いやすかった
投稿者プロフィール
利用状況 : 現在は利用していない
投稿日 : 2023/07/18
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : マスコミ/広告/デザイン/ゲーム/エンターテイメント系

List Finder

無料で利用できる機能と制限

List Finderはシンプルな機能と料金プラン、運用サポートが特徴のMAツールです。
無料プランではオプション機能を含むすべての機能を利用でき、不明点の問い合わせも可能です。

機能 制限
リード数 100件
ユーザー数 1
アクセス解析 500セッション分まで

公式サイト:List Finder

無料トライアルを実施しているおすすめのサービス

無料トライアルを実施しているおすすめのMAツールを紹介します。

SATORI - SATORI株式会社

SATORI
SATORI
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料トライアルで利用できる機能と制限

SATORIは、基本的なMAツールの機能を備えながら、DMPとして「集客」できる機能や、広告やポップアップで訴求する機能が特徴的なツールです。

無料のトライアルアカウントでは、見込み客の登録数やメールの配信数に制限があります。利用できる機能や期間は公式サイトで言及されていません。

機能 制限
登録カスタマー数 実名100件、匿名10,000件まで
メール配信数 月1,000件

SATORIの評判・口コミ

ボクシルでの評判
5/5
日本のサービスなので、サポートマニュアルが充実している点は助かります。 メール配信の作業もしやすく、画像挿入や太文字など、レイアウト変更から文章作成まで比較的短時間で作成することができます。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/11/22
利用アカウント数 : 1件
業界 : サービス/外食/レジャー系
4/5
機能は比較的シンプルだと思うので、初めてのMAツールとして最適だと感じます。他ツールとは違い国産のツールなので、アフターフォローも手厚くサポート面でも安心です。
投稿者プロフィール
利用状況 : 現在は利用していない
投稿日 : 2023/11/21
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : マスコミ/広告/デザイン/ゲーム/エンターテイメント系

GENIEE MA - 株式会社ジーニー

GENIEE MA
GENIEE MA
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn マーケティング部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料トライアルで利用できる機能と制限

GENIEE MAは直感的なインターフェースと多様な配信チャネルに強みがあるMAツールです。
無料トライアルの期間は15日間です。利用できる機能については公式サイトで言及されていません。

GENIEE MAの評判・口コミ

ボクシルでの評判
5/5
シナリオ配信を行うことで既存の顧客を確保しながら新規顧客に対しても効果的なアプローチができます。配信とレポートの実績はナレッジとして蓄積されていくので、経営戦略を練ったりデータ分析する時に役立ちます。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2022/07/01
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : IT/通信/インターネット系
4/5
メルマガと識別できるのはシナリオというものを作ることができることです。今までだと担当者がこの会社にメールを送ろうかな、逆にこの会社さんからはこんなメールが来たからこんなメールを返そうとかそういうのをあらかじめルール化して自動で管理してくれるツールです。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/12/06
利用アカウント数 : 1件
業界 : サービス/外食/レジャー系


無料プランや無料トライアルのサービスでは、利用できる機能に制限があります。本格的に導入したい、マーケティングやリード管理を効率化したい企業は有料サービスがおすすめです。

次の記事では、おすすめのMAツールや選び方について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【比較表あり】MAツールおすすめ比較!価格・機能・口コミ評判
MAツールの代表的なサービスを徹底比較!BtoBかBtoC向けか、対応している機能、料金プラン、口コミ評価などをま...
詳細を見る
BtoC向けMAツール比較26選!サービスの選び方・比較ポイント
BtoC向けMAツールの代表的なサービスを徹底比較!対応している機能、料金プラン、口コミ評価などをまとめて比較でき...
詳細を見る

おすすめMAツールの比較表

おすすめMAツール含む20サービス以上の料金や機能を比較表にまとめました。

サービス名HubSpot
HubSpot
b→dash
b→dash
Marketing Cloud Account Engagement (旧 Pardot)
Marketing Cloud Account Engagement (旧 Pardot)
Adobe Marketo Engage
Adobe Marketo Engage
SATORI
SATORI
Kairos3
Kairos3
ホットプロファイル
ホットプロファイル
BowNow by Cloud CIRCUS
BowNow by Cloud CIRCUS
サスケLead
サスケLead
BALES CLOUD
BALES CLOUD
Oracle Eloqua
Oracle Eloqua
いえらぶ顧客管理システム
いえらぶ顧客管理システム
hachidori plus
hachidori plus
Oracle Marketing Cloud
Oracle Marketing Cloud
 Zoho CRM Plus
Zoho CRM Plus
GoQMieruca
GoQMieruca
Campaign Studio(キャンペーンスタジオ)
Campaign Studio(キャンペーンスタジオ)
Dr.Marketing
Dr.Marketing
HCL Unica(旧:HCL Campaign)
HCL Unica(旧:HCL Campaign)
nosy
nosy
ユーザーレビュー
4.2
4.22
4.01
4.01
3.97
4.24
4.46
4.0
4.0
4.08
4.1
4.25
4.13
4.2
4.25
4.33
3.67
3.5
3.0
0.0
初期費用
0円(税抜)〜
300,000円(税抜)〜
10,000円(税抜)〜
150,000円(税抜)〜
100,000円(税抜)〜
200,000円(税抜)〜
0円(税抜)〜
100,000円(税抜)〜
300,000円(税抜)〜
月額費用
6,000円(税抜)〜
150,000円(税抜)〜
148,000円(税抜)〜
75,000円(税抜)〜
12,000円(税抜)〜
50,000円(税抜)〜
50,000円(税抜)〜
100,000円(税抜)〜
6,840円(税抜)〜
50,000円(税抜)〜
150,000円(税抜)〜
無料プラン
無料トライアル
課金ベース
  • 利用機能
  • 管理リード数
  • 利用機能
  • 利用機能
  • 利用機能
  • メール配信数
  • 管理リード数
  • 管理リード数
  • 基本料金
  • 基本料金
  • 利用機能
  • メール配信数
  • 管理リード数
  • 基本料金
  • 利用機能

資料請求のダウンロード特典として、上記の項目+細かい機能や連携サービス、サポート体制など、30項目以上で比較した完全版の比較表を無料でプレゼントしています。

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成したExcel比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

『MAツール(BtoB)の資料7選』と『比較表』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

無料ツールと有料ツールの違い

MAツールを選択する際には、無料と有料の違いを理解することが重要です。各々の特徴を知ることで、ビジネスのニーズに合った適切なツールを選択できます。

機能と拡張性に差がある

無料ツールは基本的な機能に限定されることが多く、シンプルなキャンペーン管理やメール配信が主です。一方で、有料ツールは高度なセグメンテーション、パーソナライズされたコンテンツ作成、広範囲な統合機能など、より複雑なマーケティング活動をサポートしています。

サポート体制が異なる

無料ツールは自己解決が基本で、公式ドキュメントやコミュニティのサポートに頼ることが多くなるでしょう。有料ツールでは、ベンダーのカスタマーサポートが提供され、問題解決や機能の活用方法についての支援を受けられます。

ただ、無料ツールでも有料ツール(プラン)利用時と遜色ないサポート体制が提供されている場合もあるので、導入を検討する際の指標にしましょう。

セキュリティと信頼性

有料ツールは、データ保護やセキュリティ対策により多くのリソースを割いています。ところが無料ツールではセキュリティが緩い場合もあり、とくに顧客データを扱う場合には注意が必要です。また、オープンソース(OSS)のMAツールを利用する際も、セキュリティ対策は自社で用意する必要が出てくるでしょう。

スケーラビリティ

事業の成長に伴い、マーケティング活動も複雑になるでしょう。有料ツールはスケーラビリティが高く、ユーザー数の増加や追加機能の利用が可能です。サービスによってはEnterpriseプランでニーズに合わせたカスタマイズを提供していることも。一方、無料ツールではこれらの要求に応じるのが難しい場合もあります。

長期的なコスト

無料ツールは短期間であればコストを抑えられますが、長期的には機能制限やサポートの不足により、結果的に効率の低下を招いてしまう可能性があるでしょう。有料ツールでは初期投資こそ必要ですが、継続的なROI(投資対効果)の向上が期待できます。

これらの違いを踏まえ、ニーズ、リソース、将来的な目標に合わせて、最適なMAツールを選択することが重要です。

無料で使えるMAツールのメリット

無料で使えるMAツールのメリットは次のとおりです。

  • コストがかからない
  • 業務効率化につながる

コストがかからない

無料のMAツールのメリットはなんといってもコストがかからないことです。なるべく低コストで運用したい場合はぴったりな方法といえるでしょう。

低リスクで試せる

無料のMAツールなら、導入時のリスクを最小限に抑えつつ、MAツールの利点を体験できます。予算の制約がある場合や、MAツールの効果を試したい場合に適しているでしょう。

業務効率化につながる

無料のMAツールは機能制限されていることが多いものの、使える機能を活用して一部でも業務自動化ができれば、かなりの効率化につながります。

初心者にはやさしい

無料のMAツールは基本的な機能に絞られていることが多く、逆に初心者にとっては使いやすい一面があります。さまざまな機能が使える状態だと、かえって使い方や機能の組み合わせを調べるのに時間がかかってしまうことも考えられるでしょう。

まずは機能の少ない無料ツールで、MAツールの基本的な使い方を学ぶのもおすすめです。

無料で使えるMAツールのデメリット

無料のMAツールには次のようなデメリットがあります。本格的に運用する場合は、有料ツールがおすすめです。

リード数の制限

無料プランやトライアルの場合、管理できるリード(見込み客)数が制限されていることも多いです。導入前にリード数を把握し、検討中のMAツールで事足りるのかを確認しましょう。

メール配信数の制限

リード数と同じく、配信できるメール数に制限がかかっている場合もあります。想定している配信数を考慮して足りない場合は、有料版の十分な配信数やリード数があるプランを検討しましょう。

導入・運用のサポート

無料サービスや無料プランでは、サポートを受けられない、受けられるサポートに差があることも多いです。有料サービスの場合は、導入前の設定や運用方法についてのサポートを行っているサービスもありますが、無料サービスの場合はほとんど対応していません。

データセキュリティの懸念

無料ツールでは、データのセキュリティ面で不安が残ることもあります。企業が取り扱う顧客情報は非常に重要なので、セキュリティ面での信頼性が低いツールを避けるべきでしょう。

ずっと無料で提供されるとは限らない

無料のMAツール、とくにオープンソース(OSS)のものは、突然サービスが提供終了してしまうリスクを抱えています。サービス提供者が事業方針を変更したり、資金繰りの問題が生じたりすると、ユーザーは代替のツールを急いで探さなければならなくなるでしょう。実際、過去には無償版を提供していたMAツールが無償版の提供やサービス自体を終了してしまったパターンも存在します。

提供が終了してしまうと利用もできなくなってしまうため、無料のMAツールを使う場合はこうしたリスクがあることも把握しておきましょう。同時に、データのバックアップについても準備を進められるようにすることが大切です。

有料MAツールを検討するべきケースやタイミング

企業の状況やツールに求めていることによっては、無料MAツールでは叶えられないケースが存在します。有料MAツールを検討したほうがよいケースをまとめているので参考にしてみてください。

管理したいリード数が多い

無料MAツールは、管理できるリード数や解析機能に制限があります。無料で利用できる「BowNow」はリード数100件までなので、管理したいリード数が100件を超える場合は有料サービスを検討しましょう。

メール配信をメインで利用したい

無料MAツールは配信できるメール数や、メールの分析機能に制限があります。無料で利用できる「HubSpot」はメールの送信数が2,000件なので、超える想定であれば有料サービスを検討しましょう。有料MAツールのほうがアプローチできる数や、アプローチ分析の質も高められ、マーケティングの成約率を確実に上げられます。

複雑なリードナーチャリングが必要な場合

無料MAツールでは基本的なリードナーチャリング機能しか提供されていないことが多いです。複雑なリードナーチャリングや、細分化されたセグメントにもとづくマーケティングキャンペーンが必要な場合は、より進んだ機能が提供されている有料MAツールを検討しましょう。

高度な分析機能が求められる場合

データ駆動型のマーケティングを行うには、詳細なデータ分析が必須です。無料のMAツールでは提供される分析機能に限界があるため、ユーザーの行動パターン分析や予測分析など、高度な分析機能を求める場合は有料ツールのほうが適しています。

ほかのツールと連携が必要な場合

他のシステムやアプリケーションとの連携をスムーズに行いたい場合、無料のMAツールでは能力に限界があります。CRMやSFAなど、他のビジネスツールとの統合を前提にしている場合は、シームレスなインテグレーションが提供されている有料MAツールを検討しましょう。

カスタマーサポートを重視する場合

導入から運用、トラブルシューティングに至るまで、専門のカスタマーサポートが必要な場合、無料MAツールでは対応が不十分なことも多いです。カスタマーサポートがしっかりしている有料MAツールを検討しましょう。

MAツールを運用するには、マーケティングやツールに関する知識が必要です。自社にノウハウがない場合は、サポートの充実した有料サービスを検討しましょう。

無料のMAツールが求められる背景

MAツールは、マーケティング活動を自動化し、効率化を図るための有力な手段です。しかし、導入にはいくつかのハードルが存在します。無料のMAツールが注目される理由としては次のような背景が考えられます。

初期費用と継続的なコストの問題

MAツールの導入には、しばしば高額な初期投資が必要です。さらに、継続的な運用には月額費用やメンテナンス費用がかかり、とくに小規模企業やスタートアップにとっては大きな負担になり得るでしょう。

無料のMAツールなら初期費用を気にすることなくスタートでき、効果を実感後にさらなる投資を検討できるため、リスクを抑えながらマーケティング活動を強化できます。

成果の見込みと評価の難しさ

多くの企業がMAツールの導入効果について不確実性を感じています。高額なコストを支払っても、期待した成果が得られる保証はありません。

無料のMAツールを用いることで、実際の運用を通じて有効性を評価しやすくなります。これにより、企業は成果にもとづいた意思決定を下しやすくなるでしょう。

デジタルマーケティングへのシフトと教育の必要性

デジタルマーケティングの重要性は多くの企業に認識されているものの、実際の導入は進んでいません。予算の問題、内部の理解不足、導入に向けた体制の未整備などが主な障壁です。

無料のMAツールを使うことで、これらの技術に対する理解を深め、社内教育を促進しつつ、少しずつデジタルマーケティングの活動を開始できるでしょう。

スモールスタートの需要

「大きな投資よりもまずは小さく始めたい」といったニーズに応えるのが無料のMAツールです。完全な機能をもつ高価なMAツールではなく、必要最低限の機能を備えた無料ツールで、企業は小さな成功を重ねながら大きな投資へと進めます。

これらの背景から、無料のMAツールはとくに費用対効果を重視し、リスクを最小限に抑えつつマーケティング活動の自動化に取り組みたい企業から求められているのです。

無料MAツール導入の際にはサービスの比較が重要

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。選定の際は次のポイントに注意して選ぶのをおすすめします。

  • 必要な機能が揃っているか
  • 利用制限はどれくらいか
  • 実際に使っているユーザーのレビュー

気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。




「SaaS導入推進者が選ぶサイト第1位」のボクシルが、数あるMAツールの中からおすすめサービスをピックアップしました。さらに、各サービスの料金・機能をまとめた『比較表』もプレゼント!導入前の下調べにぜひお役立てください。

【BtoB向けMAツールの資料はこちら】

\資料と比較表を無料ダウンロード!/
自社に最適なBtoB向けMAツールが見つかる!

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

【BtoC向けMAツールの資料はこちら】

\資料と比較表を無料ダウンロード!/
自社に最適なBtoC向けMAツールが見つかる!

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

MAツール(toB向け)選び方ガイド_20231108.pptx (1).pdf
MAツール(BtoB)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
MAツール(BtoB)の最近更新された記事