コピー完了

記事TOP

医師の転職サイトランキング | 失敗しないために必要な準備とは

最終更新日:
医師の求人情報を掲載している医師転職サイトの数は多く、どのサイトが自分に合うのかわからないという方も多いでしょう。また、医師の中で転職を希望している方は67%と非常に高いです。転職理由や失敗しない方法、手順を紹介します。医師向けの転職サイトや転職コンシェルジュの特徴を理解し、自分にあった転職活動をしましょう。

サービス名 特徴 求人数
1位 医師転職ドットコム 300人以上の転職成功事例掲載 約3.9万件
2位 エムスリーキャリアエージェント 会員数27万人 約2万件
3位 リクルートドクターズキャリア 医師の支持率80%以上 約17,000件
4位 マイナビDOCTOR 信頼と実績のマイナビブランド 約6万件
5位 ドクターキャスト 地方の医師転職に特化 10万件以上

>医師向け転職サイトランキングの詳細と残り3サイトはこちら

医師の転職サイトおすすめランキングTOP10

医師の転職サイトおすすめランキングTOP10を紹介します。

1位:医師転職ドットコム

医師転職ドットコム

・約3.9万件の豊富な求人数
・プライバシーマークにも配慮
・オーダーメイドの求人も

医師転職ドットコムが、病院の内部事情や募集背景にいたるまで徹底調査。拠点も札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡と各地にあり、全国対応なのも嬉しいポイントです。

面談場所は勤務している病院から離れたホテルのラウンジや自宅で行うなど、プライバシーに配慮しながら転職活動を進められます。希望に該当する求人がなくても医療機関に打診、また交渉次第で年収アップが可能など、転職者に寄り添った転職活動になるようしっかりサポートしてもらえます。

2位:エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェント
・2万件以上の求人数
・満足度96.1%(2014年調査)
・コンサルタントは全員医療経営士の資格を取得済

エムスリーキャリアエージェントは、関東エリアでの求人に特に強く、首都圏を中心とした転職活動を考えている方にはおすすめ。全国約25万人の医師会員によるデータに基づく情報で、より的確な求人を探し出せます。

コンサルタントは病院の経営に精通しているプロ。一歩踏み込んだ条件交渉力でより条件の良い求人を探してくれます。



エムスリーキャリアの評判・口コミはこちら

3位:リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア
・37年の転職支援実績
・優良求人が64%
・内部情報に精通したコンサルタントの支援

リクルートドクターズキャリアは、医師の転職に特化した転職支援を37年間行ってきたサービスです。その年数に裏付けられた信頼は医師の支持率83%という数字にも表れています。大手の信頼と実績から、多くの病院やクリニックと強い結び付きを有しており、優良求人が非常に多いです。

「高収入・週4〜4.5日・クリニック勤務・当直無し・専門医・認定医取得」などの医師が望む勤務条件に合う求人は60%を超えます。

4位:マイナビDOCTOR

マイナビDOCTOR
・医療系人材会社でトップクラスの求人数
・プライバシーマーク取得で安心
・専任キャリアアドバイザーが転職のサポート

マイナビDOCTORは人材・転職会社大手マイナビグループに属します。市中病院から地域のクリニックまで幅広い求人が網羅されています。プライバシーマークを取得しているので、個人情報はしっかりと守られます。

専任のキャリアアドバイザーが転職活動を終えるまで徹底的サポート。「年収1,500万円以上」「美容外科へ転職したい」など希望を伝えるだけで、求人を探してくれます。

5位:ドクターキャスト

ドクターキャスト
・地方の医師転職に特化
・約10万件以上の案件を保有
・キャリアコンサルタントの質の高さ

地方・過疎地・離島の病院・クリニック・中小規模の病院の医師転職支援に特化したサービスです。他のサービスは都市の案件が非常に多いので、地方での転職をしたい方におすすめです。ドクターキャストは全国に10万件以上の転職案件を持っており、全国にネットワークがあります。

アドバイスとサポートに定評があり、専門知識を持ったコンサルタントが親身に助けてくれます。

6位:民間医局

民間医局
・良質な求人と高い条件交渉力
・福利厚生サービスが充実
・コンサルタントのサポートが充実

民間医局は創業が1997年と古く、病院などとの結び付きが強いです。そのため良質な求人が多く、交渉力も高いです。多くの医師が加入している「医師賠償責任保険」という保険が民間医局を通して加入すると通常の20%オフになります。他にも書籍購入などのさまざまな福利厚生サービスが充実しています。

専任のコンサルタントが非常勤の求職であってもついてくれ、希望を伝えれば求人を探してくれるなど、手厚いサポートをしてくれます。

7位:Dr.転職なび

Dr.転職なび
・医療経営士の資格を持ったコンサルタント
・スピーディな対応をしてくれる
・全国の求人を紹介してもらえる

Dr.転職なびは、医療経営士の資格を持ったコンサルタントが豊富な知識と経験から自分にぴったりの求人を紹介してくれます。

札幌・仙台・東京・福岡など全国に9か所に拠点をもっているため、全国各地の医療機関を紹介してくれます。全国9箇所の拠点と医療機関をオンラインでつなぐプラットフォームを整備しており、求人情報は毎日更新されています。

8位:JMC

JMC
・全国6,000施設を超える医療機関からの求人
・経験豊富なエージェント
・非公開求人が80%

JMCは医療機関から依頼された医師採用の求人を掲載しており、豊富な求人の中からぴったりの求人を探せます。エージェントはさまざまな業種を経験しているので、多用な観点から転職のアドバイスがもらえます。

9位:医師バイトドットコム

医師バイトドットコム
・条件にあわせた求人を調べられる
・顧客満足度が高い
・キャリアコンサルタントが徹底サポート

豊富な求人数に加え、給与の多い順や「月曜日だけ」「火曜日から木曜日まで」など自分の条件にあわせて求人を調べられます。

一人ひとりに専任のキャリアコンサルタントがつき、希望に合った条件を徹底的に探します。また、面接前に医療機関と相談する場を設けてくれたり、求人票に記載されている情報以外にも内部事情などを伝えてくれたりと、手厚いサポートが特徴なため顧客満足度が94.7%(2019年調査)と非常に高いです。

10位:ドクタービジョン

ドクタービジョン
・非常勤やアルバイトなどの求人情報が豊富
・専任のコンサルタント
・職業紹介優良事業者認定を取得

週3勤務や日勤、当直、夜勤のみなど、常勤以外にもさまざまな条件の案件を有しているので自分に合った仕事を探せます。厚生労働省が定める一定の基準を満たした事業者にのみ与えられる職業紹介優良事業者認定を取得しているので、信頼がおけるでしょう。

次の記事では転職サイトとエージェントのおすすめを各年代別・女性向けなどに分類して紹介し、選び方や転職の際に必要な知識まですべてまとめています。

医師が転職に失敗したと感じるケース

今の職場にやりがいを感じなくなり、転職する方は多いのではないでしょうか。医師も例外ではなく、転職を希望している方は67%にも達しています。

しかし、転職した医師の中には「失敗した」と感じている方もいます。失敗したと感じる方は次の2つのどちらかに当てはまることが多いです。

十分なリサーチをせずに転職した

転職に失敗したと感じる理由の1つに、とにかく今の職場を辞めたかったため、十分にリサーチしなかったというものがあります。早く転職をしたいと思い、しっかりと調べないまま転職をすると、年収面や条件面に後々不満を感じている方が多いようです。

転職する際にはしっかりとしたリサーチが必要です。

知人の紹介で転職した

医師は比較的人脈が豊富であるため、知人から紹介された職場に転職することもあります。知人の話だけを聞いて転職すると、仕事に不満が生じた際に辞めづらくなります

さらに知人の紹介なので、自分の希望どおりの転職が必ずしもできるわけではないことに注意しましょう。

医師の転職に必要な準備

転職する多くの医師の方はどのような流れで転職を進めるべきなのかわからないのではないでしょうか。

次で転職する流れややっておきたいことを説明するので、ぜひ参考にしてください。

転職目的の明確化

まずは動く前に「長期的キャリアプラン」をしっかりと立てたうえで、転職の目的となる「短期的キャリアプラン」を策定していきましょう。

「どんな働き方がしたいか」「最終的にはどこで働きたいか」などを明確にしたうえで、情報収集に望まなければ軸がぶれて効率のよい転職活動ができません。

スケジュールを立てる

大体目的が明確にできたら、スケジュールを立てましょう。目安としては大体転職したい日から一年前から転職活動を始めるのが安心できるラインです。

最初の3か月で情報収集を重ね、自分の転職価値や市場動向を把握していきましょう。次の3か月で候補を探していき、見学や面接に移っていきます。上手くいけば計6か月で転職先が決定します。

できれば複数の転職サイトを利用し、効率よく情報収集・面接ができるようにしておくとベストです。

医師転職サイト比較・選び方3つのポイント

転職を失敗させないためには転職サイトへの登録が必須です。しかし、医師の転職サイトは非常に数が多いので、「どう選べばいいのかわからない」という方が多いと思います。医師転職サイトの選び方は、次の3つがポイントになります。

  • 求人数が多いか
  • 自分にあう担当者か
  • 管理体制

(1)求人数の多さ

自分に合う職場を見つけ出すためには、多くの求人に目を通せる環境を作っておくことが大切です。

転職サイトによっては限られたユーザーしか公開されない「非公開求人」もあるので、求人数が多い転職サイトは必ず1つ以上登録しておくようにしましょう。

>>求人数が多いおすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら

(2)担当者の良し悪し

同じ転職サイトであっても、担当者に知識や経験の差がある、あるいは相性が良くない場合もあります。

複数の転職サイトに登録しておけばリスクヘッジになるので、複数の転職サイトに登録しておくのが定石です。

転職エージェントは複数利用がおすすめ|併用するべき理由とメリットはこちら

(3)管理体制

転職サイトがきちんと個人情報の保護を行っているかどうかも大切なチェックポイントです。

たとえばPマークを取得しているかどうかを一つの判断基準としておいて良いでしょう。
Pマークとは、プライバシーマークの略で、事業者の個人情報の取り扱いが適切であるかを評価するものです。個人情報の取扱についてきちんとしている、気になるサイトがあったら、Pマークがあるかどうかはチェックしてみてください。

>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

ありがちな失敗を避け、転職を成功させよう

前述のとおり、医師の転職は、通常の転職と同じく複数の転職サイトに登録するのが一般的です。

複数の転職サイトに登録すれば、それだけ多くの求人に目を通せるようになりますし、相性の良い担当者に会える確率も上がります。ぜひ、後悔しない転職活動を行ってください。

サービス名 特徴 求人数
1位 エムスリーキャリアエージェント 会員数27万人 約2万件
2位 医師転職ドットコム 300人以上の転職成功事例掲載 4,000件以上
3位 Dr.転職ナビ 医療経営士の有資格者が転職をサポート 約600件
4位 医師バイトドットコム 累計30,000人以上の医師をサポート 約2,000件
5位 40代50代60代の医師転職ドットコム 40代以降の方でも安心 非公開

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
求人・転職おすすめエージェント(業界・職種別)の最近更新された記事
外資系企業の転職に強いエージェント比較13選 | 選び方、働くメリット・デメリット
アパレル・ファッション業界の転職・求人サイトおすすめ8選
公認会計士向け転職サイト・エージェントおすすめ7選 | 財務経理求人で失敗しない3つのポイント
IT・Web業界に強い転職エージェントおすすめ10選|評判・口コミの比較
高収入の転職を狙えるエージェント・サイト13選 | 稼げる業界・職種ランキングも
Googleへの転職を成功させる方法 | 採用情報と口コミ評判からわかる企業の特徴
ドラッグストアへの転職求人数ランキング - 薬剤師のおすすめエージェント | 仕事内容や実情って?
IT業界転職サイトのおすすめ比較10選 | 未経験・エンジニア向け求人も
派遣薬剤師の時給相場は2300円以上?福利厚生の有無は - 正社員より年収が高いことも!
ファルマスタッフの評判・口コミと特徴 | 豊富な派遣求人 - 調剤薬局の転職に強み