{{ message }}
Article square balloon green
2016-12-16

【徹底解説】ティーチングとコーチングそれぞれの説明から違いまで

その他その他ビジネス
Large

ティーチングとはどういうことを指すのか?

ティーチングとは、学校教育のような知識や経験の少ない人々に、自分が持っている知識、アドバイスを与えていくことです。ティーチングを通して具体的な指示やアドバイスを与えることができるので、新しい知識や技術を得る上では効果的な教え方です。

ただし、ティーチングではぞんざいな指示を出してしまいがちなので、「なぜ、なにを、どのように」を明確にすることが重要です。

コーチングとはどういうことを指すのか?

コーチングとは、指導される側の力を引き出すために行われます。コーチが持っている技術や知識を受け継ぐには自分はどうすればいいのかということを考える機会を設けることが目的とされています。

ビジネスで使う場合、上司が部下に質問をしながら意見を引き出したり、質問を通して部下がやりたいことを引き出すことにもつながります。また、部下が目標達成するように導く支援をするのもコーチングの一つです。

ティーチングとコーチングの違いについて

ティーチングとコーチングの違いをまとめました
いざ、仕事で実践するとなったときにティーチングなのかコーチングなのかすぐに判断できますか?判断できない人はたくさんいると思います。判断できない方のためにティーチングとコーチングの違いについて詳しく説明していきます。

ティーチングとコーチングの違い①「教える」と「引き出す」

ティーチングは相手に答えを「教える」ことに対し、コーチングは自発的に答えを「引き出す」ことを指します。ティーチングは上司が知っている正しい答えや経験を、部下や後輩に伝えることです。ティーチングは、逆に言えば上司が知っている知識と経験しか学ぶことができないので、上司を超えることは不可能です。

それに対し、コーチングは答えは部下の中にあると信じて、部下が答えられるように質問したりして、答えを「引き出す」ことです。コーチングは部下が自分で考え、意見を述べる機会が多くなるので、結果的に自発性を高めることができます。

ティーチングとコーチングの違い②「依存する」と「自律する」

ティーチングは「依存する」のに対し、コーチングは「自律する」といった違いがあります。ティーチングは一方的に知識や経験を教えられるため、上司に依存してしまう可能性が高くなります。また、自分で考え行動する機会など無いに等しいと言えます。そのため、トラブルなどが起こるとすぐに上司に頼ってしまい、変化に弱いところがあります。

これに対し、コーチングは自分で考え、創意工夫を凝らしていくので変化に強い人間に育て上げることができます

ティーチングとコーチングの違い③「受動的」と「自発的」

ティーチングは「受動的」であるのに対し、コーチングは「自発的」といった違いがあります。ティーチングは一方的に教えられるため、一方向のコミュニケーションしか成り立たず、部下は受け身になってしまいます。また、仕事をやらされてる感が強まってしまうのもティーチングの特徴です。

これに対しコーチングは、部下に答えを出させるために上司が質問を行う双方向のコミュニケーションが成り立つことで様々な発見があるだけでなく、部下もやる気に満ち溢れることは間違いないでしょう。

ティーチングとコーチングのメリット・デメリット

ティーチングとコーチングの違いは理解できましたか?ティーチングとコーチングの違いを把握した上でティーチングとコーチングのメリット・デメリットについてまとめていきます。ティーチングとコーチングについての知識をさらに掘り下げて理解していきましょう。

ティーチングのメリット・デメリットを教えます

ティーチングのメリットとしては、会社でのやり方や価値感の統一ができます。一つの内容を複数の人間に学ばせることに優れています。例えば、何も知識や経験のない新人に対して教育する時に向いています。

これに対し、ティーチングのデメリットは、何度も続けてティーチングを行うことでマンネリが生じてしまい、仕事に対するモチベーションがぐっと下がってしまいます。また、その人の持っている資質を見抜くことができないため、可能性を広げる機会が乏しいと言えます。

コーチングのメリット・デメリットを教えます

コーチングのメリットとしては、自ら課題を発見し、自ら考え、自ら行動し、課題を解決する自立した人間に育てることができます。また、上司が部下に向かって質問をして答えを促して、部下が答えを見つけるまでに部下の意見を引き出しやすくなります。そして、上司と部下という垣根を越えて対等な関係になれることが特徴的です。

コーチングのデメリットは、知識の少ない人間に対して行うことは効果が低いと考えられます。ある程度、知識を持っている人と行うことでコーチングは成り立ちます。

ティーチングとコーチングの違いのまとめ

いかがでしたか。よく間違えられるティーチングとコーチングの違いについて理解できたでしょうか?これまでを踏まえて注意してもらいたいのが、一概にコーチングの方が優れているとは言えないということです。TPOによってティーチングとコーチングを使い分けることが最も重要となってきます。使い分け方を間違えないように十分注意してティーチングとコーチングを正しく行うようにしてください。

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルとは

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルでは、
「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ