コピー完了

記事TOP

LINC Biz botでチャットボットをかんたん導入・運用|評判、価格、機能を解説

最終更新日:
LINC Biz botはかんたんに導入・運用できるチャットボットサービスです。Excelベースで質問を追加・編集などができるのでITの知識は必要ありません。改善すべき項目も自動でレコメンドしてくれるため、チャットボットの改善もスピーディーかつ簡単に行えます。シャープのグループ企業をはじめとしてさまざまな企業がLINC Biz botを導入しています。

LINC Biz botとは

LINC Biz botはITの知識がなくてもかんたんに導入できるチャットボットシステムです。LINC Biz botを導入すると、問い合わせに対してシステムがあらかじめ定められたルールに基づいて自動的に返答してくれます。

Excelベースで活用できるのでIT知識がない初心者の方でも気軽に導入が可能で、お客さまサポートや社内ヘルプデスクなど社内外を問わずさまざまな場面での活躍ができます。

シャープグループをはじめとして、さまざまな企業が導入しており、エンジニアの手を借りずとも顧客企業自身の手で無理なく運用・改善を続けられる手軽さに定評があります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

LINC Biz botの特長

LINC Biz botの特長はかんたんに導入・運用改善ができる点、業種別のサンプルFAQが充実しているので初心者でも効果的なチャットボットを作りやすい点にあります。

かんたん導入、かんたん運用改善

LINC Biz botは、使い慣れたExcelでQ&A管理できるため容易に導入でき、精度向上のポイントを自動で通知されるため、運用・改善が簡単です。

導入に必要な作業は、質問文と回答文の対をExcelの指定フォーマットにまとめるだけです。まとめたExcelシートを管理ツールにアップロードして、チャットボットを設置したいWebページに指定のタグを挿入すれば導入は完了です。

Q&Aデータや会話履歴を分析して改善点をお知らせしてくれる「改善レコメンド」機能により、担当者が改善点を把握しながら自身でも手軽に精度向上できるところが他社にはない優位点です。さらに、プレミアムプランの場合は、お客様のご要望に応じて、導入や運用のサポートを行ってもらえます。

サンプルチャットボットですぐに試せる

LINC Biz botは業種別のFAQサンプルが用意されているため、予めFAQが作成されていなくても、どのような機能があるかすぐに試すことができます。

通常チャットボット導入時には、FAQデータを自社で用意する必要があります。しかし、LINC Biz botで用意されているサンプルを利用することによって、すぐにチャットボットを試せるので導入の検討がしやすくなります。

30日間の無料トライアル期間もあるので、サンプルFAQとセットで活用することにより、そもそもチャットボットが顧客ロイヤリティに寄与するのか、社内の業務効率改善に貢献するのかなど事前に検証できます。

LINC Biz bot開発背景

LINC Biz botの「かんたん導入、かんたん運用改善」の特長は、シャープのコールセンターでの長年のノウハウによって生まれました。

シャープのコールセンターでは、以前より定型的なお問い合わせに人手を要しており、効率よくお客さまに回答できないかという課題を抱えていました。そこでさまざまなチャットボットの導入を試みたところ、汎用AI型のチャットボットは、高精度だが調整に時間と専門的知識が必要である、また、ルールベース型のチャットボットは、手軽に始められコストも低いが精度が十分なものでないということがわかりました。

このような経験のもと、高い精度でかんたんに利用できるチャットボットを自社で開発することとなりました。シャープグループ内での導入・運用を行うことで、現場の課題に対してサービスの改善を繰り返し、機能の拡充が可能となりました。

活用シーン

LINC Biz botは、たとえば社内ヘルプデスクやカスタマーセンターなどの部署の効率化、24時間/365日即時対応によるCS向上をご検討中の企業に向いています。

特にすでにFAQを整備している企業はそれをExcelに落とし込むだけなので導入も簡単です。また、すでにチャットボットを導入していても操作が高度すぎて機能を持て余しているという企業にとっても、LINC Biz botは特別な知識が不要でかんたんに利用できるため、活用改善の効果が期待できます。

カスタマーサポート

FAQにお客さまからの定型的な質問を掲載しても問い合わせが減らないという企業は導入を検討してみると良いでしょう。

よくある質問をそのままLINC Biz botによってチャットボット化することによって、FAQを読もうとしないユーザーを自然と既存の説明ページやマニュアルに誘導できるのでサポートスタッフの手間が削減できます。

また、気軽にユーザーが問い合わせできるので、ニーズや問い合わせ傾向の把握も容易になります。

社内問い合わせ

社内からの定型的な質問に時間をとられている総務や人事、IT部門にとってもLINC Biz botは有効なツールです。社員からの定型的な質問に自動回答できるようにすることによって業務負担を軽減できます。

ExcelベースでFAQを運用・改善するのでIT知識のない担当者であっても社内からの問い合わせをもとに簡単にQAを追加したり、内容を修正・更新したりして常に精度の高い状態でチャットボットが運用できます。特に頻繁にFAQを更新しなければならない職場には適用しやすいツールです。

コールセンター

LINC Biz botでは「電話」×「チャットボット」の組み合わせによって効率的な顧客対応が可能です。運営会社であるAIoTクラウド社はチャットボットだけではなく、音声自動対応(IVR)による接客ソリューションも保有しています。

プレミアムプランでは電話自動対応で受付を実施、情報入力はチャットボット、チャットボットで処理できない案件は有人チャットや電話に引継ぎをするといった柔軟なオペレーションが可能となります。

完全にはFAQやチャットボットで置き換えられないコールセンターのような部署であってもLINC Biz botを活用することによって業務効率化、コスト削減は可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

料金プラン

ライトプランとプレミアムプランの2種類が用意されていて違いは次の表のとおりです。

ライトプラン プレミアムプラン
初期設定費 5万円 別途お見積り
月額費用 5万円/月(申し込み月は無料) 別途お見積り
FAQ&シナリオ分岐
FAQ数 200 2,000(最大)
ボット数 1 20(最大)
対応言語 日本語 多言語対応
ポップアップ表示
有人引継ぎ* ○(対応予定)
プレビュー機能
お知らせ機能
管理者アカウント数 1 カスタム
ログ取得 直近1週間 カスタム
改善レコメンド
サポート ○(仕様・機能に関するお問い合わせ)
導入サポート
定期レポート
個別カスタマイズ

※有人引継ぎには別途料金がかかることもあります

ライトプランでもチャットボットとして十分な機能がありますがFAQ数やボット数がプレミアムプランと比較すると1桁少ない点には注意してください。また、実際にLINC Biz botを試しに使ってみたいというお客さまには30日間の無料トライアルが設定されています。

導入事例

LINC Biz botを運営する株式会社AIoTクラウドはシャープの子会社として分社化されたこともあって、シャープグループの企業の導入事例が数多く存在します。シャープおよびDynabookの導入事例について紹介します。

シャープ株式会社の事例

導入部署:お客さまご相談窓口

高機能化するシャープ製品に対し、お客さまが気軽にお問い合わせでき、的確な情報を提供できるサービスを目指して、シャープではチャットボットを導入しました。

液晶テレビAQUOSから導入を開始し、利用状況を分析しながら精度向上を図り、現在ではエアコン、冷蔵庫など合計11品種向けにサービスを展開していきました。

お問い合わせに対して、「よくあるご質問」や「故障診断ナビ」などの既存コンテンツの「答え」に誘導してくれるので、お客さまのお困りごとを素早く解決できるようになりました。さらに、電話受付時間外のお問い合わせにも数多く対応し、LINC Biz botは顧客満足度向上に寄与しています。

Dynabook株式会社の事例

導入部署:Dynabook サービスサポート

Dynabookでは、ひとりでも多くのお客さまに満足いただけるサポートを目指す中、より確実にスピーディーに、わかりやすいサービスを提供することを目的としてLINC Biz botを導入しました。

電話やメールによるサポート以外に、サポートを強化するかつ、お客さまにとって利便性を高められるものは何かを考えた際、チャットボットの導入を検討しました。

主に、電話お問い合わせの混雑時や営業時間外の際に、チャットボットは対話形式であるため、お客さまのお困りごともわかりやすく的確に導けてサポートにおけるCS向上に大きく寄与しています。

LINC Biz botでチャットボットを有効活用

LINC Biz botは簡単に導入、運用改善ができるチャットボットツールです。Excelベースで質問を追加、修正、削除などができるので、専門的な知識がない担当者であっても簡単に運用できます。

カスタマーサポート、社内問い合わせなどさまざまなシーンでの活躍ができますが、IVRによる接客ソリューションを活用して、コールセンターで人間のスタッフとチャットボットシステムが協働してお客さま対応を行うことも可能です。

LINC Biz botをもっと知りたいという方は、以下の資料をダウンロードしてご覧ください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

チャットボット
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
チャットプラス株式会社、株式会社リコー、LINE株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事で紹介されたサービス
この記事とあわせて読まれている記事