LINEマーケティングツールの関連情報

コピー完了

記事TOP

LINEマーケティングツールおすすめ比較7選!手法や例、選び方

最終更新日時:
記事の情報は2022-10-28時点のものです。
LINEは日本で最も普及しているSNSで、多くの企業がマーケティング目的で活用しています。本記事ではLINEマーケティングを効率化させるためのツールについて紹介、その手法と共に、その選び方や役割、主要な機能などに加えておすすめのLINEマーケティングツールを7種類解説します。

LINEマーケティングとは?

LINEマーケティングとはSNSのLINEを活用して情報発信を実施し、そこから店舗集客や問い合わせにつなげるマーケティング手法のことを指します。LINE for Businessという法人向けサービスをベースに、「顧客とのコミュニケーション」「広告」「販促」につなげる施策を実行可能です。

BtoCビジネスで注目されている手法であり、LINEマーケティングのためのさまざまなツールが開発されています。

LINEの影響力

LINEは日本国内に月間利用者数9,200万人を抱える日本でも最大級のSNSです。

10代から60代以上まで幅広い年齢層をカバーしており、コミュニケーション機能だけではなくニュース、電子決済をはじめとしたさまざまな機能が統合されているので、日本では生活インフラとして欠かせないツールといっても過言ではないでしょう。

日常的に使用されるツールであるためLINE経由での情報発信はユーザーにリーチしやすく、効率的なマーケティングが可能です。

出典:LINEキャンパス「LINEのユーザーはどんな人?」より 2022年3月末時点での数値(2022年10月27日閲覧)

LINEマーケティングの3つの手法

LINEマーケティングの手法は大きく分けて3種類あり、「LINE公式アカウントの運用」「LINE広告」「LINEプロモーションスタンプ」が挙げられます。

LINE公式アカウントの運用

LINE公式アカウントとは、企業が情報発信をするためのアカウントのことです。一般的に使用されている、個人が友人や家族と連絡を取り合うためのLINEアカウントとは異なります。

LINE公式アカウントをユーザーに友だち登録してもらうと、無料で次の機能が利用できます。これらを組み合わせることによってさまざまな販促が可能になるでしょう。

  • 個人アカウントと同様に1対1でのトークやメッセージ配信
  • ショップカードの発行やクーポンの発行

なお、無料で配信できるメッセージの数は毎月決められており、上限を超すと配信数に応じて広告料金が課金されます。また、これ以外にもリッチメニューの設定や自動応答など、マーケティングに活用できる10以上の機能があることも特徴です。

LINEマーケティングの中でも公式アカウントの運用は核となる手法なので、LINEマーケティングを行う場合はぜひ実施すべきです。

LINE広告

LINE広告とは、LINEの各種サービスに表示される広告欄のことです。LINEのホーム画面やトークリストの最上部、LINEニュースやLINEマンガといった関連サービスで広告欄が設置されており、このような広告欄を活用して、潜在顧客にリーチ可能です。

LINE広告ではユーザーの性別、年齢などの属性を絞って広告を出稿できます。それにより、精度の高い広告配信ができ、最低出稿金額も設定されていないので少額の予算からでも広告運用ができる点は大きなメリットです。

LINEプロモーションスタンプ

LINEスタンプとはLINE独特のコミュニケーション手法です。LINEトークに使用できるスタンプを配布して、そこからLINE企業アカウントの友だち(フォロワー)を増やしたり、認知度やロイヤリティーを高められたりします。

プロモーションスタンプを配布するための最低出稿額は数百万円なので、どちらかといえば大企業向けのマーケティング施策です。拡散力は劣りますが、一般のLINEスタンプとして配布する方法もあります。

LINEマーケティングツールの機能

LINE自体にマーケティング用の各種機能が搭載されています。しかし、LINEマーケティングツールを活用することによりこれらの機能を拡張して使用可能です。

LINEマーケティングツールに搭載されている主要な機能としては次のような機能が挙げられます。

顧客管理・分析機能

顧客管理・分析を拡張できる機能が、LINEマーケティングツールには実装されています。

LINE公式アカウントのダッシュボードでも友だちの登録経路、メッセージの到達率などさまざまな指標が分析できることが特徴です。

それに加え、LINEマーケティングツールでは他のCRMで管理されているデータをはじめ、より多様なデータを取得、統合して分析が可能になります。

チャットボットによる応答自動化

LINEマーケティングツールを活用することで、よくある質問事項を登録してチャットボットを作成可能です。これにより、定型の質問や問い合わせについてはチャットボットが対応できるようになります。

キャンペーンや案内の配信

LINEマーケティングツールには、性別・年齢などでセグメントを区切ってメッセージ配信したり、顧客の状態によってシナリオ配信、ステップ配信でフォローできたりする機能があります。

1対1会話支援

ユーザーのラベル管理機能や対応履歴管理機能によって、対応の抜け漏れや引継ぎミスをなく効果が期待できます。

アンケート機能

ユーザーに対してさまざまなアンケートをとることによって、さまざまな改善のインサイトを発見できます。

注文・予約管理機能

LINE上でユーザーからの注文・予約を取得し、システム上で管理できる機能がある場合もあります。

LINEマーケティングツールを選ぶ際のポイント

LINEマーケティングツールを選ぶ際には、次の5つのポイントを最低限チェックしてください。LINEマーケティングを実施する目的は複数ありますが、共通して確認しておくといいでしょう。

顧客管理機能をどの程度まで求めるか

顧客管理機能をどの程度、ツールに求めるのかを考えてください。

LINE公式アカウント自体にもある程度顧客管理機能があるので、それに加えてどのような項目を管理したいのか、それとも外部のCRMと連携させたいのかなど、会社ごとにLINEマーケティングツールに求める顧客管理機能の要件は微妙に異なります。

LINEマーケティングに限定せず、まずは顧客情報をどのような観点から管理するのかを考えてください。

配信の上限数とコスト

LINE公式アカウントでのメッセージ配信は月1,000通以下であれば無料で行えます。しかし、1,001通以上は無料プランでは送信できません。ライトプランは月額5,000円で15,000通まで、それ以上はメッセージ1通ごとに5円課金されます。

LINEマーケティングツールを併用する場合、配信通数で料金が変わるツールもあります。

配信メッセージ数と、それに伴う料金の変動はあらかじめ試算しておくべきです。

メリットが出そうな業務効率化機能はあるか

LINEマーケティングツールの中には、あらかじめ設定したシナリオに応じて自動でメッセージを配信する機能、ボットで自動返信する機能といった業務効率化機能を搭載しているツールもあります。

こうしたツールを活用すれば、オペレーターの手間を解消して人件費の削減効果が期待できます。

すでにLINEアカウントを運用している場合は、導入した際の人件費削減効果を想定するために、どのような業務にどの程度、人間の手が取られているのかを整理しておくとよいです。

同業・類似業種への導入実績はあるか

同業・類似業種への導入実績もチェックしてください。LINEマーケティングツールのなかには、特定の業態・業種に特化したツールとして開発されているものもあります。

そして、業態・業種に特化したツールの方が、特定の業態・業種だけに必要なニッチな機能が備わっていることもあります。導入後個別にカスタマイズが必要な箇所も少ないので、スピーディーに導入できる傾向にもあります。

導入を検討しているツールに関して同業他社はどのように使用しているのか、運営会社にヒアリングしたりWebサイトで事例を調べたりしましょう。

おすすめのLINEマーケティングツール比較

LINEマーケティングを成功させるためにさまざまなツールが開発・提供されています。その中でも代表的なツールを紹介します。

MicoCloud - Micoworks株式会社

MicoCloud
MicoCloud
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 複数店舗/拠点をもつ企業を中心に継続利用率99.5%の実績
  • 初期導入支援に加え、運用後の戦略策定や施策改善もサポート
  • 行動分析をもとにした配信で顧客を新規獲得・掘り起こし

MicoCloudは、LINE公式アカウントの運用を専任チームでサポートしてくれるマーケティングツールです。運用フロー構築といった設定作業を全て任せられ、運用後も効果検証、フローの改善提案などのサポートを受けられます。

サイトの離脱状況や、流入経路、アンケート内容などの顧客情報を分析し、セグメント配信やステップ配信などを実行可能です。1アカウントで複数の拠点とスタッフのアカウントを管理でき、予約状況や個別のやり取りを一元管理できます。

※ボクシル掲載資料参照(2022年11月閲覧)

LIBERO

  • 簡単にクリエイティブ作成が行える
  • ドラッグ&ドロップでチャットボットが作成できる
  • 個別にカスタマイズして他ツールと連携できる

LIBEROは株式会社ギブリーが提供しているLINEマーケティングツールです。同社はLINE テクノロジーパートナーに選出されており、LINEポイントコネクトやミニアプリなどの各LINEソリューションの導入をサポートしています。LIBERO自体にもチャットボットやクリエイティブの簡易作成機能、CRM機能などのLINEマーケティングに必要なさまざまな機能が搭載されています。また、約40人のエンジニアがクライアントの要望に合わせてLIBEROと外部ツールをAPI連携してくれます。

Liny

  • 高精度の顧客分析で顧客ごとに合わせた最適なアプローチを実現
  • 自動効率化で業務の手間を大幅軽減
  • セキュリティ対策が充実、公官庁への導入実績もあり

Linyはソーシャルデータバンク株式会社のLINEマーケティングツールです。導入することによりLINE公式アカウントの機能を拡張して、顧客情報より細かく収集、顧客ごとの好みや購買パターンに合わせたアプローチを自動で行えるようになるので収益を上げつつ、業務効率を高められます。

DMMチャットブースト

  • EC、店舗、チャット用の3種類のパッケージがある
  • セグメント配信、タグ管理といったLINE公式アカウントにない機能を搭載
  • 顧客対応を自動化できる

DMMチャットブーストは株式会社DMM Boostが提供しているLINEマーケティングツールです。LINEマーケティングしたい業態によってEC、店舗、チャットの3種類のツールにわかれており、それぞれ機能や価格設定が異なります。特徴的な価格設定をしているのはDMMチャットブーストCVで料金が完全成果報酬型で導入、運用工数はほぼゼロです。またDMMチャットブーストECはShopifyと連携して使用します。

RE:RE

  • サロン予約に特化したLINEマーケティングツール
  • 予約受付、カルテ管理、顧客管理などを一元管理
  • 店舗で販売している商品の登録も可能

RE:REは株式会社BLETHのLINEマーケティングツールです。エステやまつエク、美容室、パーソナルジムといったサロン系の業態を対象にしたツールです。LINE公式アカウントとRE:REを組み合わせることにより、LINEで顧客とコミュニケーションをとりながら、顧客や予約受付管理もセットで行えます。ホットペーパービューティーといった外部サイトとの連携やオリジナルリッチメニューの表示にも、オプションで対応しています。

テイクイーツ

  • テイクアウトの注文管理、決済に特化したLINEマーケティングツール
  • 初期費用・月額費用無料から運用ができる
  • 1つのアカウントで複数店舗が管理できる

テイクイーツは株式会社ランプのLINEマーケティングツールで、テイクアウト業態に特化したツールです。テイクアウトのために必要な商品管理、注文管理、店舗管理といった機能があります。

初期・月額基本料ともに0円で、販売金額に応じて手数料が発生する料金体系です。また、すべての機能が追加料金なしで使用でき、クーポンやセール、フリーギフトといった販促対策の機能も充実しています。

デジコ

  • LINEを通じてデジタルギフトが送れる
  • 即日納品・後払いにも対応
  • 福利厚生、アンケート収集、フォロワー獲得など多様な目的で使用可能

デジコは株式会社DIGITALIOのLINEマーケティングツールで、LINEやTwitterなどのSNSを通じてフォロワーや応募者に対してデジタルギフトが送れるツールです。デジタルギフトを送るレシートキャンペーンやLINEの友だち増加のためのキャンペーンを開催に使用できます。また、使ったプレゼント費用は後払いで在庫を用意する必要もないので、キャンペーンコストの削減効果も期待できます。

LINEマーケティングのメリット

マーケティングにLINEを活用するメリットは数多く存在します。主要な理由としては次の3つが挙げられます。

メッセージの開封率が高い

メッセージの開封率が高いことは、LINEマーケティングの大きなメリットです。

LINEは日常的に家族や友だちとコミュニケーションを取るためのツールなので、ユーザーの心理的ハードルが低いです。同じような情報を他の手法で発信するよりも、LINE経由で情報発信した方が開封率は高いと言われています。

ユーザーとつながるハードルが低い

消費者の多くがLINEをインストールしており、QRコードを読み取れば簡単に友だち追加できるので、ユーザー側の負担はほとんどありません。

そのため、店舗の専用アプリをインストールしてもらったり、紙の申し込み用紙を使って会員登録をしたりしてもらうよりも簡単にユーザーとつながれます。

動画、クーポン、メッセージなどアプローチの仕方が豊富

LINEでは1対1のメッセージ、特定のユーザー層への一斉配信など情報発信の範囲が選べます。配信手法も、通常のメッセージに加えて画像や動画、クーポンなどさまざまなバリエーションが存在するため、多様なアプローチ手段を取れることは大きなメリットです。

目的に合ったLINEマーケティングツールでアプローチの強化を

LINEマーケティングツールは、開封率の高いLINE経由で顧客にアプローチできることや顧客対応業務を効率化、コスト削減できるといったメリットがあり、特にLINE経由でのリピート対策を強化したい方におすすめのサービスです。選定の際は次のポイントに注意して選ぶのをおすすめします。

  • 顧客管理機能をどの程度まで求めるか
  • 配信の上限数はどの程度なのか
  • 自社にメリットが出そうな業務効率化機能はあるか
  • 想定されるメリットにコストは見合っているか
  • 同業・類似業種への導入実績はあるか

LINEマーケティングツールをより深く検討したい方は、サービス資料を請求し比較するとよいでしょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

​​

 LINEマーケティングツール選び方ガイド
LINEマーケティングツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超