Article square balloon green
2016-10-15

ヒートマップ分析・解析ができるヒートマップツール比較【無料あり】

データ分析アクセス解析ツール
Large

ヒートマップ分析ツールとは

ヒートマップツールとは、ウェブページでの訪問者の動きを可視化して分析できるツールで、まるでサーモグラフィーを見るように直感的にサイト訪問者の熟読部分やマウスの動きなどを把握することができます。実際の訪問者の動きを知り思考を分析することで、よりユーザーにとって使いやすいウェブページに改善していくことが可能になります。
今回は編集部が厳選したおすすめのヒートマップ分析ツールを、様々な分析機能を持つ総合型ヒートマップ分析ツールと、ヒートマップに特化した分析ツールに分けて比較し、ご紹介します。

【更新情報】データ分析手法関連の最新の比較記事・まとめ記事

※2016年11月7日に下記の情報を追記しました。

データ分析はこれで完璧!全61種類の分析方法・手法完全ガイド | ボクシルマガジン
データ分析とは「数あるデータから有益な情報を探し出し、改善に役立てる取り組みのこと」を指します。そんなデータ分析を...

総合型ヒートマップ分析ツール

ウェブサイト分析ツールには、ヒートマップのほかにもA/Bテストやユーザー属性分析など様々なものがあります。ここではそのような総合型ウェブサイト分析ツールを比較し、ご紹介します。


Visual Website Optimizer (VWO)

Visual Website Optimizer

  • ユーザーのクリック情報を可視化して分析
  • あらゆるプラットフォームで使用可能
  • 24時間365日の充実したサポート

Visual Website Optimizer (VWO)はA/Bテストツールとして有名ですが、実はヒートマップ分析ツールも内蔵されており、非常に便利なウェブサイト改善ツールです。またマウス操作だけで簡単にサイトのデザインが変更でき、最適なレイアウトをすぐに見つけることができます。

Visual Website Optimizer (VWO)

SiTest|サイテスト

sitest_ss

  • AI(人工知能)レポートで改善点を分析
  • 7種類のヒートマップが無料で使える
  • 分析結果をエクセルファイルに出力可能

SiTest(サイテスト)は、ウェブサイト改善に関する機能がオールインワンで詰まった無料クラウドツールで、AI(人工知能)により改善点を素早く分析できます。また、無料プランでマウスグラフィなど7種類のヒートマップ分析が利用できたり、分析結果をエクセルに出力できたりと担当者にとってうれしい機能が満載です。

SiTest|サイテスト

User Insight|ユーザーインサイト

userinsight_ss

  • 10種類のヒートマップ解析機能
  • 充実したユーザー分析機能
  • スマートフォン、タブレットなどマルチデバイスにも対応

User Insight(ユーザーインサイト)はヒートマップ対応のWebアクセス分析ツールで、終了エリア分析など10種類のヒートマップでユーザーの動きを可視化できます。またユーザー属性解析やリアルタイム解析でより深くユーザーのことを知ることができます。

User Insight|ユーザーインサイト

clicktale|クリックテール

clicktale_ss

  • 行動差異を発見できるヒートマップ分析
  • セッション再生で訪問者の実体験が分かる
  • コンサルタントによる分析サポート

clicktale(クリックテール)は、世界10万社以上で利用されているヒートマップ分析ツールです。行動比較機能により行動差異を発見したり、セッション再生で訪問者の実際の行動を分析したりでき、高いROIをもたらす改善策を導き出せます。

clicktale|クリックテール

ヒートマップ特化型分析ツール

ヒートマップに特化した分析ツールは、初めてでも使いやすく気軽に始められるものが多いです。ここではそのようなヒートマップ特化型分析ツールを比較し、ご紹介します。

Ptengine|ピーティーエンジン

ptengine_ss

  • あらゆるデバイスに対応したヒートマップ分析
  • ワンクリックでセグメント分析が自由自在
  • グッドデザイン賞受賞の快適な操作性

Ptengine(ピーティーエンジン)は、機能性とデザインを両立させたヒートマップ分析ツールです。マルチデバイスで使えるのはもちろん、使いやすいフィルタリング機能により、自由自在なセグメント分析が可能になります。

Ptengine|ピーティーエンジン

brickヒートマップ|ブリックヒートマップ

brickheatmap_ss

  • 指定した条件でヒートマップを表示可能
  • 3種類のヒートマップレポートが利用可能
  • レポート作成からWeb接客ツールまで幅広くサポート

brickヒートマップは、サイトの課題発見を容易にしてくれる、多機能のサイト分析ツールです。スクロール、クリック、マウスの3種類の動きを、コンバージョンの有無などの条件で絞り込んでヒートマッによって可視化することができ、ページ上でのユーザーの動きを把握できます。

brickヒートマップ|ブリックヒートマップ

User Heat|ユーザーヒート

userheat_ss

  • 5種類のヒートマップを無料で利用可能
  • 月間30万PVまで無料で分析
  • スマートフォンヒートマップ分析

User Heat(ユーザーヒート)は無料で使えるヒートマップ分析ツールです。1サイトで月間30万PVまでは「熟読エリア分析」等の5種類のヒートマップ分析が無料で利用できます。ボタン一つでヒートマップ表示デバイスの切り替えも可能です。

USERDIVE|ユーザーダイブ

userdive_ss

  • Webサイトおよびネイティブアプリの問題を可視化して解決
  • ツールの提供だけでなく、データドリブンでの改善PDCAの実行支援
  • 大手企業を中心に300社を超える企業への導入実績

USERDIVE(ユーザーダイブ)はサイト改善のためのヒートマップ分析ツールです。Googleアナリティクスなどと組み合わせることにより、サイト内外のユーザーの動きを可視化できます。また分析アウトソーシングもあり、現状分析から改善策実施までワンストップで依頼することも可能です。

CLICKMAP|クリックマップ

CLICKMAPはGoogleアナリティクスと連携したヒートマップ分析ツールで、サイト訪問者の動きを可視化することができます。マルチデバイス対応で無料プランもあり、初心者でも気軽に始めることができます。

CLICKMAP

crazyegg|クレイジーエッグ

crazyegg(クレイジーエッグ)は、サイト訪問者の行動が把握できる英語版ヒートマップ分析ツールです。訪問者のページ遷移やクリック、スクロール情報が分析できます。また、全てのプランが30日間無料なのも魅力的です。

ヒートマップ分析ができるメール配信システム

WiLL Mail (ウィルメール)

  • ヒートマップ分析やファーストタッチ分析をはじめ12種類の多角的な分析ができる
  • ドラッグ&ドロップで誰でも簡単に短時間でHTMLメールが作成可能
  • 業界初!自動でレスポンシブデザイン完全対応!

ASPICクラウドアワード2015で先進技術賞を受賞した「WiLL Mail(ウィルメール)」。
上記で上げた特徴に加えてステップメール機能やレコメンドメール機能など読者のアクションに応じたアプローチが可能です。料金体系も利用状況に応じて毎月柔軟に従量制プラン・定額制プランから料金体系を選べます。
無料トライアルもあるので、是非一度体験してみてはいかがでしょうか。

WiLL Mail (ウィルメール)

その他にも様々な分析方法のあるメール配信システムをボクシルでは紹介しています。下記の記事でメール配信システムについてまとめていますので、是非ご覧ください。

メール配信システム徹底比較!無料&有料16選!メルマガ配信を検討中の方必見!

【無料あり】国内外のおすすめヒートマップ分析ツール比較のまとめ

いかがでしたでしょうか。
ヒートマップ分析はユーザーにとって使いやすいウェブページを作るうえで必須ツールとなっています。是非ともヒートマップ分析ツールを上手に活用してあなたのウェブサイトをより良いものに改善してみてはいかがでしょうか。

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルとは

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事