業務可視化ツールの関連情報

コピー完了

記事TOP

業務可視化ツールの費用相場と料金比較・おすすめソフト

最終更新日:(記事の情報は現在から110日前のものです)
業務可視化ツールの費用相場について紹介しています。料金比較やおすすめのソフトなどわかりやすく解説。導入する業務可視化ツールを探している方はぜひ参考にしてみてください。

クラウド型業務可視化ツールの費用相場

クラウド型の業務可視化ツールの費用相場は初期費用が0円、月額利用料は1ユーザーあたり200円〜4,000円程度です。

内訳 費用相場
初期費用 0円
月額利用料 1ユーザーあたり200円〜4,000円程度

業務可視化ツールを導入する際には、初期費用は0円で済む傾向があります。その代わり、ユーザー数や付けたい機能によって月額料金が異なります。費用相場はシステムやサービスによっても異なるので、導入前には必ず見積もりを取るようにしましょう。

業務可視化ツールの費用・料金比較表

【特典比較表つき】『業務可視化ツールの資料9選』 はこちら⇒無料ダウンロード

[fixed-sentence-comparison_text-business-visualization-tool

費用対効果が高い業務可視化ツール10選

業務可視化ツールの中でも費用対効果が高いおすすめのツールを紹介します。各ツールの特徴や詳しい料金プランなどを解説しているので業務可視化ツール選びの参考にしてみてください。

なお、特に断りがない限り、料金は税抜価格です。

利用できる機能

parksはスキルや経験、個性を表すキューブを通じて経験やスキルを共有し、メンバー同士の知識や能力を可視化するチームコラボレーションツールです。タイムライン機能でコミュニケーションを活性化し、AIを活用して問題解決に適したメンバーを素早く特定可能です。企業経営者やDX推進担当、人事、総務、事業部管理者、コミュニティ運営者向けのコラボレーション促進サービスです。

parksの料金プラン・価格

要問い合わせ

Acall - Acall株式会社

Acall
Acall
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 カスタマイズ性No.1
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

利用できる機能

Acallは働きやすさDX機能が充実した受付システムです。iPadでの来訪通知や自動入館証発行が可能で、ゲートやドアと連携してスマートな入館が実現します。受付履歴や開錠履歴が自動で蓄積され、管理コスト削減が期待されます。会議室・座席予約機能も充実しており、別々のサービスを一元化でき、リモートワークの可視化もサポート。全体的に使いやすく、働きやすいDX環境を提供しています。

Acallの料金プラン・価格

要問い合わせ

WeBoardz - 株式会社クリエ

WeBoardz
WeBoardz
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

利用できる機能

WeboardzはWeb行動予定表のDX化を促進し、在席確認やスケジュール共有をスマートフォンからリアルタイムに可能にします。ネット環境があればどこでも入力でき、上司や仲間は一目で状況を把握できます。在席状況や予定の連絡がブラウザ上で簡単に行え、スマートフォンやPC、タブレットに対応しています。無料で利用可能で、企業や営業社員の行動確認に効果的です。

Weboardzの料金プラン・価格

初期費用 月額料金
0円 0円

octpath - 株式会社テクノデジタル

利用できる機能

octpathは業務フローの可視化に焦点を当て、業務の属人化を解消し、作業品質を向上させます。自由な業務フローの作成が可能で、チェック項目のカスタマイズにより確認漏れを防止します。未チェックでの作業進行時にはメッセージが表示され、作業を停止させる機能も提供されています。作業結果や対応内容の記録を通じて、次の担当者へのスムーズな引き継ぎが自動で行われ、連絡ミスや確認漏れを防ぎます。案件ごとの進捗状況も一覧で見える化し、業務の進行状況を明確にします。

octpathの料金プラン・価格

プラン 初期費用 月額料金
スタンダード 要問い合わせ 20,000円〜

Backlog - 株式会社ヌーラボ

Backlog
Backlog
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

利用できる機能

Backlogは他のツールにないコミュニケーション機能で、プロジェクトメンバーの連携を強化し、プロジェクトを成功に導きます。プロジェクトごとの情報をWeb上で一元管理し、誰でもどこからでもプロジェクト管理&課題管理が可能です。

Backlogの料金プラン・価格

プラン 初期費用 月額料金
スタンダード 0円 16,000円
プレミアム 0円 27,000円
プラチナ 0円 75,000円

トレシル - 株式会社トレシル

利用できる機能

トレシルの特徴は、現場の業務実態を可視化する集収・分析機能と、改善活動を一元管理するカンバン機能です。自由な基準で業務品質をスコアリングし、直感的なフィードバックを提供します。業務ごとのスコアシートや時系列データから傾向を把握でき、分析機能は全体と作業を効果的に可視化します。改善機能では施策をカンバンボードで管理し、タスクや実行優先度を追跡します。プロセスを一元管理する企業におすすめの業務可視化ツールです。

トレシルの料金プラン・価格

要問い合わせ

MITERAS 仕事可視化 - パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

MITERAS 仕事可視化
MITERAS 仕事可視化
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

利用できる機能

MITERAS仕事可視化は、ホワイトな働き方を促進する労務管理ツールです。PC利用やアプリ使用状況を可視化し、勤怠データとPCログを突合して法令遵守や働き方見直しを推進しています。稼働把握とアラート通知でサービス残業や隠れ仕事を検知。PCログの可視化で作業実態を理解し、勤怠の乖離チェックが柔軟かつ簡単に行えます。異なる勤怠システムとの連携もスムーズに行え、部門内で手間なく乖離チェックが可能です。

MITERAS 仕事可視化の料金プラン・価格

初期費用 月額料金
要問い合わせ 210円/1ユーザー

monday.com - 株式会社ギャプライズ

monday.com
monday.com
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

利用できる機能

monday.comはプロジェクト進捗を視覚的に把握しやすくするボードとカレンダーの連携を特長としており、タスクの担当者や進捗状況をアイコンや色で表示します。社員のスケジュールと作業量を一元化し、各社員のキャパシティを確認でき、タスクの調整が可能です。ボード上でのコミュニケーションが容易で、ゲスト招待によりクライアントも進捗を確認できます。柔軟なカスタマイズ性と自由な設定で、管理ボードのスタイルや項目、色、ラベルをプロジェクトに合わせて調整できます。高度なセキュリティも提供されています。

monday.comの料金プラン・価格

プラン 初期費用 月額料金
BASIC 要問い合わせ 1,530円/1ユーザー
STANDARD 要問い合わせ 1,900円/1ユーザー
PRO 要問い合わせ 3,890円/1ユーザー
ENTERPRISE 要問い合わせ 要問い合わせ

Eye“247” Work Smart Cloud - 株式会社フーバーブレイン

利用できる機能

Eye“247” Work Smart Cloudはテレワークでもオフィスワークでも効率よく働けるよう支援するサービスです。従業員の働き方を可視化し、情報漏えい対策やIT資産管理を支援します。勤務状況や業務内容、セキュリティなどを多角的に分析し、健康経営の実現をサポートします。

Eye“247” Work Smart Cloudの料金プラン・価格

初期費用 月額料金
0円 500円〜/1ライセンス

業務改革クラウド

利用できる機能

業務改革クラウドは、「すべての労働を自動化し、誰もが隙を仕事にできる世界へ」と掲げる業務プロセス可視化ツールです。PCのログデータを自動的に収集・分析し、業務フローや作業時間を可視化して業務効率化を支援します。業務担当者のログデータをリアルタイムに収集し、低コストでのプロセスマイニングを実現します。

業務改革クラウドの料金プラン・価格

要問い合わせ

業務可視化ツール導入時の注意点

費用・料金だけでなく、次のポイントにも注意して導入するサービスを選びましょう。

データの正確性と信頼性

業務可視化ツールは、組織内の業務プロセスやデータを可視化し、意思決定をサポートするための重要なツールです。しかし、ツールが提供するデータの正確性や信頼性には注意が必要です。データの収集方法やソース、処理方法によっては、誤った情報や偏った情報が表示される可能性があります。

そのため、導入前にデータの品質や信頼性を十分に評価し、必要に応じてデータのクリーニングや精度向上のための措置を講じることが重要です。

セキュリティとアクセス管理

業務可視化ツールには、組織内の機密情報や重要なデータが含まれる場合があります。そのため、ツール自体のセキュリティとアクセス管理が重要です。ツールが提供するデータや機能にアクセスするための適切な認証やアクセス制御が確立されているかを確認し、不正なアクセスやデータ漏えいのリスクを最小限に抑えるための措置を講じる必要があります。

また、セキュリティポリシーやデータ保護措置に関する規定を遵守し、組織のセキュリティポリシーとの整合性を確保することも重要です。

費用対効果の高い業務可視化ツールを導入しよう

業務可視化ツールの費用は、機能や利用ユーザー数などによって大きく変わります。費用だけでなく、機能の選定や既存システムとの連携、サポート体制の充実度なども注意するべきポイントです。また、セキュリティ関連のオプションを付帯すると、費用はその分高額になる傾向があります。

費用対効果の高い業務可視化ツールを導入するためには、自社のニーズや予算に合わせて、複数のシステムを比較検討することが大切です。

業務可視化ツール選び方ガイド_20240207.pptx.pdf
業務可視化ツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
業務可視化ツールの最近更新された記事