コピー完了

記事TOP

展示会アンケートで使える無料テンプレート | 作成のコツと回答率向上のポイント

最終更新日:
公開日:
人事評価シートをエクセルで作成できるテンプレートを、無料で紹介しています。テンプレートを紹介したあと、作成するときと運用をするときの注意点を合わせて説明します。紹介したテンプレートはすべてダウンロード可能です。

自社での商品が充実してきたら、多くの商品をお客さんに見てもらうために展示会を開くこともあるかと思います。でも、ただ開いただけになっていませんか?そのあとに大切なのが「展示会アンケート」です。

本記事ではボクシルが作成した展示会アンケートのテンプレート(ひな形)をご紹介します。ワードで簡単に使える、さまざまなデザインの展示会アンケートのフォーマットが無料でダウンロードできるので、ぜひご活用ください。

また、初めての方でも安心して展示会アンケートを発行できるように、展示会アンケートに最低限必要な記入項目や、一般的によく記載される記入項目もご紹介します。

本記事をぜひともあなたのビジネスの効率化に役立ててください!

展示会アンケート以外のテンプレートもご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

【無料】ワードで使える展示会アンケートテンプレート

ボクシルでは、ワードで必要な箇所を記入するだけで簡単に展示会アンケートが発行できる無料のテンプレートをダウンロードできます。

5色×4種類のテンプレートの中からお好きなデザインのテンプレートをダウンロードして、以下の記事を参考に展示会アンケートを発行してくださいね。

展示会アンケートテンプレート【パターン1】レッド

色使いがきれいに展示会アンケートのテンプレートです。ぜひご活用ください。

その他の色のダウンロードはこちらから。

展示会アンケートテンプレート【パターン2】ブルー

横書きのシンプルなテンプレートです。記入項目が少ないのも特徴です。

その他の色のダウンロードはこちらから。

展示会アンケートテンプレート【パターン3】ブルー

シンプルな縦書きのテンプレートです。大部分はチェックするだけなので記入の負担が少ないです。

その他の色のダウンロードはこちらから。

展示会アンケートテンプレート【パターン4】ブルー

縦書きのテンプレートです。アンケート作成者の情報が得られるのが特徴的です。

その他の色のダウンロードはこちらから。

ボクシルでは、他にもたくさんのテンプレートをご用意しています。他のテンプレートをご覧になりたい方は以下をご覧ください。

展示会アンケートの回収率向上のために参加者の気持ちを理解する

参加者の時間を考慮する

展示会参加者は、皆さんのスペースのみならず、他社のスペースも回ります。参加企業によっては、全体を回るために人海戦術を採用するところもありますが、多くは少数で参加されているのです。

そのため参加者は、より効率的に展示会を回り、自社に役立つアイテムやシステムを見つけなければいけません。

「時間」という参加者の気持ちを理解せず、項目が多いアンケートや記入スペースの多いアンケートを羅列するのはいけません。

参加者にすれば、よっぽど興味を抱かなければ「面倒」と感じ、アンケートに答える気もなくなります。そのため、アンケートを考える際は参加者の「時間」を気にかけなければいけません。

参加者に失礼のないアンケートを考案する

参加者にアンケートをするうえで、設問の表現にも気を配らなければいけません。

自社の商品を購入していただきたいがために、アンケート項目へ「決済者はどなたですか?」「予算はどれほど検討されていますか?」などのように直接、初対面やビジネスシーンで親しくない方に教えたくない項目を記載するのはNGです。

後程紹介しますが、参加者に失礼のないよう、表現を選んで記載しましょう。

デジタルデバイスでアンケートを回収する

昨今、展示会アンケートではタブレット端末・スマートフォンなどを利用した、デジタルデバイス式のアンケートを実施しています。

たとえばタブレット端末であれば、参加者に設問をタッチしていただくだけで簡単にアンケートを回収可能。スマートフォンであれば、専用ページを用意し、そこへ参加者がアクセスし、アンケートを回収します。

これにより、アンケートを手書きで記述する手間がなくなり、参加者も気軽にアンケートを回答してくれるのです。

展示会アンケート作成のコツとは?

参加者の情報を引き出すためにシンプルな設問にする

参加者よりアンケートを回収するためには、相手に「面倒」と感じさせてはいけません。
自社の商品について、さまざまな項目を参加者に質問したいのはわかります。

しかし、項目を増やせば増やすほど、参加者は煩わしさを感じアンケートの記入を拒む可能性があります。そのため、設問数はなるべく少なく、そしてだれが読んでもわかる設問内容にしましょう。

BANT条件を理解してアンケートを作成する

皆さんは「BANT条件」をご存じでしょうか。BANT条件は下記の項目の頭文字からきています。

  • Budget (予算)
  • Authority (決裁権)
  • Needs (必要性)
  • Timeframe (導入時期)

これはアンケートのみならず、営業トークや商談でも使用される重要ワードです。
とはいえ、BANTのままアンケートを使用しては参加者にとって失礼になります。
そこで、BANTの順序を移動させて下記のように作ってみましょう。

  • 展示品の中でどのシステムに興味を持ちましたか?
  • 御社が抱える問題・課題をお聞かせください。

→Needs (必要性)

  • 今回、興味を持っていただけましたシステムの導入を検討していますか?検討されている場合、導入時期はいつを予定していますか?

→Timeframe (導入時期)

  • 差し支えなければお客さまの職種(役職)、そして導入予算を教えてください

→Authority (決裁権)・Budget (予算)

このように、順序立ててアンケートを構築すれば、直接、決裁者・予算を聞くことなく失礼のないようアンケートを作成できます。皆さんもBANT条件は、ビジネスシーンで大いに活用するため覚えておきましょう。

展示会アンケートが作成できる無料テンプレート!のまとめ

これで展示会を開催した後でもアンケートを行って次に生かすことができますね!

展示会アンケートを発行できるクラウドサービスについては以下の記事も参考にしてみてくださいね。

ボクシルでは展示会アンケートに役立つ人材管理のクラウドサービスを比較したり、資料を請求したりできますので気軽に覗いてみてくださいね。

また人材管理の選び方ガイドもございますのでご覧になってみてはいかがでしょうか。

人材管理のクラウドサービスについて気になった方はこちらから資料ダウンロード!

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
人材管理の資料一括ダウンロードはこちら

人気のビジネステンプレート関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
その他ビジネスの最近更新された記事