OJTとOff-JT | 社内研修で重要な2つの意味とメリットデメリットを解説

最終更新日:
「OJT」と「Off-JT」とは日本国内のみならず海外企業の社内研修においても重要視されている「OJT」と「Off-JT」という言葉、人事に関わりのない方の中には「知らない」という方も入ると思います。社内研修の場でよく使われている「OJT」と
人事採用管理システム

「OJT」と「Off-JT」とは

日本国内のみならず海外企業の社内研修においても重要視されている「OJT」と「Off-JT」という言葉、人事に関わりのない方の中には「知らない」という方も入ると思います。

社内研修の場でよく使われている「OJT」と「Off-JT」という言葉の意味を解説していきます。

まず「OJT」とは「On the Job Time」の頭文字を取ったものであり、日本語にすると「職場内研修」という意味があります。
「Off-JT」とはその逆で「Off the Job Time」、「職場外研修」という意味です。

「OJT」は実際の業務を通じて職場の上司や先輩に様々な指示や指導を受け、日々の業務の中でビジネスに必要な知識や実践的スキルを身に付けていくための能力開発です。

一方「Off-JT」は職場を離れ、ビジネスに必要な知識やスキルを座学などを通じて身に付けていくための能力開発です。

「OJT」と「Off-JT」での研修を行って初めてビジネスに必要な知識やスキルを総合的に習得させることが出来ます。

また、本記事の2ページ目に番外編でOJTとOff-JTやそれに関連して採用管理や人材管理に関するボクシルの記事をまとめて紹介しているのでこちらも参考にしてみてください!

中には比較表を掲載しているものもあるので参考にしてみてください。

1. OJTのメリットデメリット

メリット

企業目線で見るとOJTには実施費用がかからなりというメリットがあるため、社内研修をOJT中心に行う企業が多いようです。

他には気軽に実践できることや、実務の内容をいち早く覚えるためより早く戦力となる人材を育てることができます。

さらに新入社員などに指導をすることにより既存の社員にとっても成長や自己啓発の機会となります。

デメリット

デメリットとしては日々状況が変動する中での研修であるため、ビジネスにおいての知識やスキルを体系的・論理的に指導することが難しい部分があります。

そのためビジネスでの常識などを教え込むことには不向きです。
さらに指導する社員によりバラツキが出るので、新入社員の中で差が生まれやすく後々のモチベーション管理が難しくなります。

2. Off-JTのメリットデメリット

メリット

OJTとは相対して体系的・論理的に研修を行うことが出来るので、ビジネスの常識や企業特有の手法などを指導することに向いています。

さらにOff-JTでは職場を離れて研修に励むことで、職場にいるときとは異なった思考で物事を捉えることができ新たな気づきを得る可能性も生まれます。

研修生同士のコミュニケーションも広がるので団結力を生み出すのもOff-JTのメリットの一つです。

デメリット

体系的・論理的に行う研修内容はすぐに実践出来るものではないことが多々あります。
例えば名刺交換の作法なんかは名刺もまだなく取引先と関わることのない新入社員にとっては、実践するのはまだまだ先となります。(企業により異なる場合もあり)

さらにOff-JTでの研修には実施にあたり時間や費用がかかるため、費用対効果が得づらいというデメリットもあります。

3. Off-JTの重要性が高まりつつある

高度経済成長期の日本では「仕事は盗むもの」という言葉があったようにOJTにより研修(というよりいきなりの実務投入)を行う企業がほとんどでした。

実務に必要な知識もスキルも、ビジネスの常識も全て現場で学べというスタイルです。現代でもこのようなスタイルで研修を行う企業は多いですね。

しかし2008年のリーマンショック以降、「人材」という言葉を「人財」と表現するようになったことから企業の社員に対する目線が変わってきていることがわかります。

より専門的な教育や各研修生に適して教育を行いそれぞれの才能を開花させ有能な人材を育てることで、間接的な企業業績UPを狙っているのです。

だからこそ多様な研修方法が取れるOff-JTの重要性が徐々に高まっています。

まとめ

社内研修の現場で重要な「OJT」と「Off-JT」、皆さんの企業ではどちらが重要視されていますか?
人事部の人間でない限りこの言葉が頻出することはありませんが、ビジネスパーソンの基礎知識として覚えておくといいでしょう。

下記の記事ではOJT・Off-JTの類似する領域として、採用管理システムの分野のサービスを幅広く紹介しています。

採用管理システム(ATS)比較46選 | 機能・価格比較表【最新版】 | ボクシルマガジン
ボクシルおすすめの採用管理システム(ATS)46選を比較!新卒・中途・アルバイト用のシステムやLINEと連携できる...

採用管理システムの機能・価格比較表

こちらでは各採用管理システムの機能と料金の比較表を掲載しています。採用フロー・選考進捗の可視化や応募~面接までの自動化等の機能の有無といったポイントがひと目で分かるようになっています。ぜひご活用下さい。

また、ボクシルでは採用管理システムのサービス資料を一括でダウンロードすることも出来ます!気になられた方は以下のリンクよりどうぞ!

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
採用管理システムの資料一括ダウンロード

採用管理システムの機能比較表

機能面に絞るとやはりジョブカン採用管理Reclogあたりがより充実している印象です。HRMOS採用管理も人工知能を搭載しているなど、ここで比較軸に挙げた機能以外のところで特徴があるので、気になったら個々のサービスページをチェックして下さい!

複数の広告管理を一括化 応募~面接までの自動化 採用フロー・選考進捗の可視化 SEO対策 採用ページ作り
HRMOS採用管理
ジョブカン採用管理
Cycle
talentio
EHR 新卒/中途採用管理
RPM
SuccessFactors Recruiting
SPIRAL[採用管理] - -
OpenHire
マッチングッド
PWCソーシャル採用管理ソリューション
gate
HITO-Link
dotManager
Adsur HRM
Jobギアらくらく採用管理
スタンバイ・カンパニー
Reclog
ACCUUM -
SONER
e2R
Peace!
TalentCloud
ジョブオプ
Dot-Entry
GLOVER HR ‐※企業側が候補者を探すためのツール
Refcome ☓※リファラル採用
MyRefer ☓※リファラル採用
i-web
GJコミュニケーター
LePMOS ☓※Webセミナーサービス
ACCESS ON LINE
Smart Shuttle
RINCS
JobSuite
salesforce人材管理
リクオプ
ハイソル
あつメール
HITO-Manager
EntryPocket

採用管理システムの価格比較表

紹介した採用管理システム、ツールにはお試し期間・無料プランを提供しているものがあります。まずは無料のものを試してみてから、必要に応じて有料のシステム、ツールの導入を検討してはいかがでしょうか?

初期費用 利用料 月額/ユーザー 無料お試し期間あり 無料プランあり
HRMOS採用管理 価格表ダウンロードにて
ジョブカン採用管理 0円 9800円~ 0円
Cycle 70000円
talentio 0円~ 20000円~
EHR 新卒/中途採用管理
RPM 400000円 75000円
SuccessFactors Recruiting
SPIRAL[採用管理] - - - - -
OpenHire
マッチングッド 初期費用の有無選択可能
有の場合98,000円
初期費用あり:5000円~
初期費用なし:7500円~
PWCソーシャル採用管理ソリューション
gate 0円~ 0円~
HITO-Link
dotManager
Adsur HRM
Jobギアらくらく採用管理
スタンバイ・カンパニー 0円
Reclog
ACCUUM 0円 0円 990円~
SONER 0円 0円~
e2R
Peace! 56万円
TalentCloud 0円 2万円~
ジョブオプ
Dot-Entry 0円 1000円~
GLOVER HR
Refcome
MyRefer
i-web
GJコミュニケーター
LePMOS 40万円~
ACCESS ON LINE
Smart Shuttle
RINCS
JobSuite
salesforce人材管理 0円 0円 0円
リクオプ
ハイソル
あつメール
HITO-Manager
EntryPocket

【番外編】採用管理・人事に関連する記事集

こちらでは、前ページで紹介したOJTとOff-JTや、それに関連して採用管理や人材管理などについて紹介している記事をまとめて20個掲載してみました!

たとえば【人事必見】クラウド人材管理・採用管理システム、ツール比較22選のような記事ではボクシルがオススメする人材管理・採用管理システムの特徴や機能を紹介しているので、サービス・システム導入をお考えの方は必見です!

人材管理・採用管理に関連する記事紹介

【保存版】猫の手も借りたい人事必見!採用管理システム比較・一覧

履歴書や面接結果の整理、面接スケジュールの決定など、雑務に追われて本来の採用業務に集中できない人事担当者の方も多いのではないでしょうか。また、いまだにエクセルや印刷された大量の紙などで進捗管理を行っている方はいませんか?。

そんな労力を必ず削減できるのが採用管理システムです。

そこで当記事は、そんな労力を要する作業を圧倒的に効率化してくれる採用管理システムを紹介します。

採用管理システム(ATS)比較46選 | 機能・価格比較表【最新版】 | ボクシルマガジン
ボクシルおすすめの採用管理システム(ATS)46選を比較!新卒・中途・アルバイト用のシステムやLINEと連携できる...

そもそも採用管理システムとは?知らない方のためにやさし〜く解説します!

企業にとって、一番大切なのは人材です。良い人材を戦略的に雇用できるか否かで、会社の未来が決まるといっても過言ではありません。

しかし、採用するためには、細かい業務が多数発生します。ムダな業務を削減し、採用業務を円滑に行うためのツールが採用管理システムです。

この記事では、採用管理システムの基本についてご紹介します。

採用管理システムとは | メリット・ツール・選び方を解説 | ボクシルマガジン
採用管理システムでできることって?従来の採用管理で課題になっていたポイントも合わせて採用管理システムを利用するメリ...

採用管理システムを導入するために比較するべき5つのポイント

人材を採用するにあたって、多数の工程が必要です。煩雑な採用業務を効率化するためのツールが採用管理システムです。採用管理システムでは、応募データの管理や、選考の進捗状況といった採用データを一元管理で見える化し、選考メールのやり取りといった単純作業を自動化することが可能になります。

現在、多くの採用管理システムがリリースされているので、どのシステムを選べばいいのか、迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで本記事では、採用システム導入の時に比較すべきポイントをお届けします。

採用管理システムを導入するために比較するべき5つのポイント | ボクシルマガジン
##はじめに人材を採用するにあたって、多数の工程が必要です。煩雑な採用業務を効率化するためのツールが採用管理システ...

War Of Talent(人材獲得競争)時代の、クラウド型採用管理システムのメリット

社内にイノベーションを引き起こすためにはときに外部からの人材が必要な場合もあります。そしてそんな優秀な人材の確保を支援するのが“採用管理システム”です。新卒採用を始めキャリア採用など、採用の現場のあらゆるシーンを想定されて開発されており、効率的かつレベルの高い人材採用を実現可能に。採用管理システムは現在クラウドサービスが主流で、年々その導入率は伸びています。

そんな採用管理システムに注目している経営者や人事責任者の方は多いと思いますが、実際に導入するとどんなメリットがあるのか?いまいちピンとこない部分もあると思うので、当記事ではクラウド型採用管理システムを導入した際のメリットを紹介していきます。

War Of Talent(人材獲得競争)時代の、クラウド型採用管理システムのメリット | ボクシルマガジン
##はじめに企業が優秀な人材を獲得するためには、今や企業から求職者へと積極的なアプローチが必要な時代です。社内の人...

採用管理システムの導入に失敗しないためのポイントをまとめてみた!

採用業務は、応募受付、選考、面接、内定…とやるべき業務が段階別に固定されています。

しかし、ステップごとやるべき業務が細かく、数多くの応募者の対応が必要ですから、人的コストも大きくなります。現在、採用業務を効率化し、優秀な人材確保に繋げるためのツールとして、採用管理システムが注目を浴びています。

ただ、採用管理システムは便利だとはいえ、事前準備を怠ると、かえって逆効果になってしまうかもしれません。

そこで当記事は、採用管理システムの導入を成功させるために、注意したいポイントについてご紹介します。

https://boxil.jp/mag/a1192/

【無料&有料14選】おすすめ求人媒体・採用メディアの比較一覧

様々な問題に直面しているスタートアップにとってその中でも「採用」は生命線とも言えるでしょう。そして、生命線であるにも関わらず、様々な求人媒体を駆使してもなかなかうまく採用が進まないという課題を抱えているスタートアップが多く、特にエンジニア採用に関しては、苦戦していないスタートアップはほとんどないと言っても過言ではないのではないでしょうか。

当記事は採用に苦戦して様々な求人媒体を活用し、採用に手を尽くした弊社が心からおすすめする求人媒体13個比較し、一覧にしてご紹介したいと思います。

求人媒体・採用メディア41選ターゲット種類別比較 - 中途・新卒・インターン・ダイレクトリクルーティング | ボクシルマガジン
1.5億円資金調達したのに採用に苦戦した弊社がおすすめする、求人媒体・採用メディア41サービスを、中途・新卒・イン...

求人サイト全690種!おすすめ求人サイト比較・一覧!

求人担当者の皆さん、求人サイトはどうやって選んでますか?企業成長、事業運営を支えるために企業の根幹を握るといっても過言ではない求人活動。

当記事は、新卒採用、中途採用、アルバイトなど様々な採用で使うことのできる日本国内の求人サイトを中心に、採用管理、エージェント(人材紹介)、採用イベントなどを一般的なものから特定の分野に特化したものまで、ボクシルが厳選したおすすめの求人サイトを比較して一覧にしました!

求人サイト全690種!おすすめ求人サイト比較・一覧! | ボクシルマガジン
おすすめ求人サイトの比較、一覧できました!求人担当者の皆さん、求人サイトはどうやって選んでますか?企業成長、事業運...

安倍総理も提言する働き方改革!ワークスタイル変革を実現に導くサービスまとめ

「働き方改革」「ワークスタイル変革」といった言葉をここ1,2年でかなり耳にするようになりました。人口の減少、少子高齢化、ライフスタイルの多様化、ITを始めたした技術の発展など、ここ10年~20年の間だけでも大きな変化があり、それに応じて働き方の幅も広がっている現代の社会。

少子高齢化が進むことで仕事を介護を両立させたいという方や、共働きのため夫婦で働きながら育児を両立させたいという方も今後増えてくいくでしょう。社員が柔軟な働き方を選択できるように企業側としても環境を整備していくことが必要です。

場所を問わず柔軟なコミュニケーションができること、社内の資産がオンラインで共有・閲覧できること、プロジェクトの進捗やスケジュール管理がオンラインでできることは特に重要なポイント。そのような機能を持ったサービスを中心に紹介していきます。

安倍総理提言、働き方改革!実現のためのツール一挙紹介! | ボクシルマガジン
安倍総理が提言したことで話題の働き方改革。ワークスタイル変革とも言われるこの一連の動きに、あなたの会社はついていけ...

無料求人掲載サイト比較51選!求人広告掲載料金無料の求人サイトまとめ

企業にとって、採用活動は最も重要な業務であると言っても過言ではないと思いますが、求人掲載にかかるコストや採用単価はできれば抑えたいというのが企業のホンネではないでしょうか。

無料求人掲載サイトは数多く存在しますが、無料の求人広告掲載サイトは大きく2つに分類することができます。

当記事はボクシル編集部が厳選した、掲載から採用まで無料で利用できる完全無料の求人掲載サイトを求人情報の分野別に比較、ご紹介します。

無料求人サイト一覧!無料で求人情報を掲載できる54サイト比較 | ボクシルマガジン
無料で求人情報を掲載できるサイトをまとめました!掲載から採用まで完全無料の求人掲載サイトを分野別に比較します。主要...

【人事必見】クラウド人材管理・採用管理システム、ツール比較22選

少し前までは、人材・採用管理はExcelで管理するのが一般的でしたが、どうしても管理が複雑になってしまうだけでなく、管理シートの作成に無駄な時間と労力がかかってしまいます。余分な負担を減らし人事業務本来の仕事に注力したいところです。そんな背景もあり最近では、人材・採用管理システム、ツールを導入する企業も増えてきています。

しかし、人材管理・採用管理システム、ツールもたくさんあって、どれを導入しようか困ってしまうと思います。

そこで当記事は比較的初期費用を抑えることができるクラウド人材管理・採用管理システム、ツールをご紹介します!

人事管理システム比較 - クラウド人材管理・採用管理システムの機能・価格比較表あり | ボクシルマガジン
ボクシルおすすめの人事管理システムを特徴や機能、価格の観点から徹底比較!人材管理システム・採用管理システムに分けて...

MBOとは?目標管理制度に使えるクラウドMBOアプリ・ツール6選

MBO(目標管理制度)とは、Management by Objectives(目標による管理)を意味し、1954年にP.F.ドラッガーが提唱した組織マネジメントの概念です。人事評価はどの組織にとっても難しい課題ですが、MBOを活用することで目標を達成できたかが明確に判断できるため、定量的に個人の実績を評価でき、昇進や昇給の指標として非常に利用しやすいです。

当記事は、編集部が厳選したMBO(目標管理制度)に役立つ6サービスを比較・ご紹介します。

MBO(目標管理制度)とは?アプリ・ツール紹介15選 | ボクシルマガジン
MBO(目標管理制度)について解説します!また、サービス導入をご検討の方に、おすすめのクラウドアプリ・ツール15選...

内定辞退は防止できる!内定辞退を仕組みで防止するサービス12選

内定辞退は、フォローをすることで防ぐことができます。入社前から、会社から歓迎されている、期待されていると内定者自身が感じる環境を多く作ることで、内定者の不安の軽減することが可能です。また、内定を出してから、入社までの時期を上手に活用すれば、即戦力への強化も可能になります。

そこで当記事は、内定者の内定辞退を防止し、即戦力への強化を果たすサービスをまとめてご紹介します。

内定辞退は防止できる!内定辞退を仕組みで防止するサービス12選 | ボクシルマガジン
内定辞退する原因の大半は不安から内定から入社までの期間が長い新卒採用にとって、内定辞退は人事担当者にとって悩みの種...

そもそもタレントマネジメントって何?知らない方のためにやさし〜く解説します!

タレントマネジメントとは、社員の基本情報をはじめとして、保有スキルや評価やポテンシャルなど色々なその社員の情報をマネージメント(管理)し、その管理しているデータを人事戦略に役立てることです。

データを分析することによって、その人材の将来的な配置や、現在足りない人材の採用を促したりすることを、戦略的に実施するようになります。

そもそもタレントマネジメントって何?知らない方のためにやさし〜く解説します! | ボクシルマガジン
##はじめに最近、急速に広まりつつあるタレントマネジメントとは何でしょうか?昔からずっと人材は、経営資源と言われて...

人材管理ツールを導入する際に比較するべきポイントをまとめてみた!

社員の個人・キャリア情報の管理から評価まで、意外と多くの業務を抱えている人事の業務効率化を図るためには人事管理ツールの導入が欠かせません。また、年々人材管理の重要性が高まっているという事実からも適切な管理をするために必要ですね。

では正しい人材管理ツールの選び方とは?

当記事は、人材管理ツールの比較する際に注目して欲しいポイントをまとめてみました。

人材管理ツールを導入する際に比較するべきポイントをまとめてみた! | ボクシルマガジン
##はじめに社員の個人・キャリア情報の管理から評価まで、意外と多くの業務を抱えている人事の業務効率化を図るためには...

人材管理ツールのメリット・デメリットをまとめてみた!

「人材管理ツールのメリット・デメリットは?」と聞かれて即座に答えられる方は少ないと思います。原因として人材管理ツールは一般的に“人事業務の効率化ツール”と認識されているので、本来のメリット・デメリットがあまり理解されていません。

当記事は、人材管理ツールが持つ多くのメリット、そしてデメリットも合わせて紹介していきます。

人材管理ツールのメリット・デメリットをまとめ | コスト・導入難易度は? | ボクシルマガジン
人材管理ツールは一般的に「人事業務の効率化ツール」と認識されているので、本来のメリット・デメリットがあまり理解され...

日本と海外【人材管理手法】の違いから学ぶ!タレントマネジメントシステムで失敗しないためのポイント

2012年に入ると国産タレントマネジメントシステムが多くローンチされ現在では大手を広く導入されています。しかし、海外での成功事例を耳にし導入した企業の中にはタレントマネジメントシステムの費用対効果を実感できていない企業も多く存在します。

それはもしかしたら日本と海外の人材管理方法の違いにより、タレントマネジメントシステムの用途が根本的に間違っているのかもしれません。

当記事はタレントマネジメントシステムの費用対効果がなかなか表れないという企業へ向け、日本と海外の人材管理手法の違いをもとに原因を探ります。

タレントマネジメントの適切な使い方 | 日本と海外の違い | ボクシルマガジン
タレントマネジメントは導入しても適切な使い方を押さえていなければ意味がありません。人事部がマネジメントする日本と...

実はあまり知られていない「セミナー」と「研修」の違い、参加すると効果的なのは?

ビジネスマンたるもの、成長のためには外部からの刺激や学びは非常に有効です。会社からの指示だったり自分で選んでセミナーや研修に行くことも少なく無いと思います。

最近では身近になった「セミナー」や「研修」ですが、みなさんはこの2つの違いをご存知ですか?

似ているようで、少し違う「セミナー」と「研修」。今回は、意外と知らないこの2つの違いについて、一般的な視点からマメ知識をお伝えします。

今さら聞けない「セミナー」と「研修」の違いと意味とは? | 検索サイト・研修サービスおすすめ | ボクシルマガジン
「セミナー」と「研修」同じだと思っているのはあなただけかもしれません。このセミナーと研修の違いや意味についてそれぞ...

人事労務とは?それぞれ2つの違いと具体的な職務内容

「人事労務」は企業を支える間接部門・バックオフィス業務の一つであるけれど、どんな仕事をしているかわからない…という人は多いのではないでしょうか。

なので今さら聞けない人事労務の業務や役割について解説します。人事労務担当になった人、起業目指して組織形態を考えている方、是非ご覧ください。

人事労務とは?それぞれの違いと具体的な職務内容を解説 | ボクシルマガジン
企業を支える間接部門・バックオフィス業務の一つである「人事労務」。言葉は聞くけれど、具体的にどんな仕事をしているか...

営業サポート職の仕事内容とは?これで転職のお悩み解決

営業サポートとは、営業事務のことで主に受発注や管理業務などの専門業務をこなす、営業のサポート役のことです。

営業サポートという仕事に転職を考えているけど実際にどんなお仕事をするの?と疑問に思っている方のために、営業サポートのお仕事についてご紹介していきたいと思います。

営業サポート職の仕事内容とは?これで転職のお悩み解決 | ボクシルマガジン
営業サポートとは?営業サポートとは、営業事務のことで主に受発注や管理業務などの専門業務をこなす、営業のサポート役の...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

採用管理システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ビズリーチ、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社、Sansan株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事