DMPのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
メール/MA
利用可能
Web接客
利用可能
BI
利用可能
LINE連携
利用可能
広告連携
利用可能
SMS配信
利用可能
レコメンド
利用可能
CMS
利用可能
LPO/ABテスト
利用可能
Push通知
利用可能
メール/MA
情報なし
Web接客
情報なし
BI
情報なし
LINE連携
情報なし
広告連携
情報なし
SMS配信
情報なし
レコメンド
情報なし
CMS
情報なし
LPO/ABテスト
情報なし
Push通知
情報なし
メール/MA
情報なし
Web接客
情報なし
BI
利用可能
LINE連携
情報なし
広告連携
利用可能
SMS配信
情報なし
レコメンド
情報なし
CMS
情報なし
LPO/ABテスト
利用可能
Push通知
情報なし
メール/MA
情報なし
Web接客
情報なし
BI
情報なし
LINE連携
情報なし
広告連携
利用可能
SMS配信
情報なし
レコメンド
情報なし
CMS
情報なし
LPO/ABテスト
利用可能
Push通知
利用可能
メール/MA
情報なし
Web接客
情報なし
BI
情報なし
LINE連携
情報なし
広告連携
情報なし
SMS配信
情報なし
レコメンド
情報なし
CMS
情報なし
LPO/ABテスト
情報なし
Push通知
情報なし
メール/MA
利用可能
Web接客
情報なし
BI
利用可能
LINE連携
情報なし
広告連携
利用可能
SMS配信
未対応
レコメンド
情報なし
CMS
情報なし
LPO/ABテスト
情報なし
Push通知
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
250,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
500,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
0-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
b→dash(ビーダッシュ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
アクティブコア マーケティングクラウド(activecore marketing cloud)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Juicer(ジューサー)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
essentiaの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
統合したDMPの活用を最適化 Oracle BlueKaiの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
【専門技術は必要ない!?】~業界初のテクノロジー『Data Palette』~
b→dashの特長①~「誰でも」データを扱える~ ■課題〈複雑な操作が必要でデータが統合出来ない〉 保有しているユーザーデータや売上データ等を活用しようとしても、データの統合にSQLやPythonなどの専門的な技術を使った作業が必要で、操作出来る人が限られる ■b→dashなら...? b→dashなら、業界初のテクノロジー『Data Palette』により、簡単な画面操作だけで誰でもデータ統合を実現可能に! SQLなどの専門スキルを持たないマーケターでも自由に、簡単に、あらゆるデータを操作・処理することができます。
2.
【これだけあれば十分!?】~b→dash CDP~
b→dashの特長②~「ひとつに」データを集約できる~ ■課題〈データがバラバラで使えない〉 データがバラバラで、施策や分析を行う前段階で、データの整理、紐づけに膨大な工数がかかる。 ■b→dashなら...? バラバラなデータを統合し、施策や分析に活用する際に手間のかかるデータ取込や変換処理を要さず、b→dashひとつで瞬時にデータを使える状態に! b→dash CDPという統合基盤によって、簡単にデータの集約・連携ができ、工数を削減できます。
3.
【お好みで機能を選べる!?】~ワンプラットフォームで機能網羅~
b→dashの特長③~「選んで」機能を使える~ ■課題〈複数のツールを導入するために、多大なコストと工数がかかる〉 データを活用するまでのプロセスで複数ツールが必要となり、ツール費用がかさみ、運用にも多くの工数がかかる。 ■b→dashなら...? データ活用に至るまでに必要な機能がひとつのツールで網羅され、機能別にツールを導入せずともデータを使うことが可能に! ワンプラットフォームで機能が揃っているので、使いたい機能を必要なタイミングで拡張できます。
詳細を確認
1.
顧客管理の様々な機能をオールインワンに
アクティブコア マーケティングクラウドでは顧客の様々な情報を管理する、自社専用のプライベートDMPを利用できます。 顧客の様々な行動やデータを管理するDMPを、自社の業態や業種に応じて活用可能。Webサイトの閲覧や問い合わせ、購入などの顧客の様々な行動を、時系列に沿って把握できます。どんなデータを取り込むのかなど、プライベートDMPのデータベースは自由に構築可能です。構築したDMPを元に、社内に散在する顧客情報を収集・統合することで、顧客ごとに最適なアプローチを模索できます。 アクティブコア マーケティングクラウドを活用すれば、必要最低限の顧客情報から、顧客のニーズに先回りしたアプローチが可能です。
2.
業務の効率化と最適化をサポートするAIエンジン搭載
アクティブコア マーケティングクラウドに搭載されたAI「ピタゴラス」は、マーケティングに必要な様々な分析、予測を自動で行います。AIに多くの作業を任せることで、従業員は本当に人の手の必要な業務に集中できます。 【AI「ピタゴラス」にできること】 ・売上げデータを分析し、成約や失注を予測 ・アプローチすべき顧客の抽出や、顧客の行動パターンの可視化 ・コンテンツ配信時間の最適化やA/Bテストを自動化 アクティブコア マーケティングクラウドでは顧客1人1人のデータを自動で分析し、見込み客や休眠会員などの振り分けが可能です。分析や振り分けを元にした各顧客へのアプローチも自動で行えるので、業務の効率化に繋がるだけでなく、アプローチの漏れもなくせます。
3.
伴走型のサポートを受けながら、安心して導入、運用できる
アクティブコア マーケティングクラウドでは、ツールの導入から運用後の課題解決まで、伴走型のサポートを受けられます。 検討段階では自社の目標やツールを使って何をしたいのかなどを丁寧に聞き出し、自社に最適なプランを提案してもらえます。導入時は自社のニーズに合った設定をしてもらえるので、最小限の労力で最大の効果を発揮するツールとしてすぐに活用できるでしょう。 運用中も自社の課題や疑問に合わせたメールサポートを受けられるほか、定期メンテナンスやツールの活用法などのセミナーも受けられます。 自社のニーズや技術に合ったサポートを受けられるので、どんな企業でも無駄なくツールを活用できます。
詳細を確認
1.
充実したセグメント機能
INTEGRAL-COREでは、収集したデータの組み合わせによるセグメントや、2nd/3rdパーティデータなどの外部データの取り込み・統合による新しいセグメントの構築、カスタマイズができます。 より細かい条件でターゲット層を正確にセグメンテーションできるようになっており、セグメント期間指定機能では、セグメント作成時に、対象ユーザーの絞り込み期間指定が行えます。 これによって、より簡単に、自由度高くユーザーをセグメントすることができ、広告出稿の際にも、狙ったターゲット層のcookieIDをピンポイントで取得することが可能です。
2.
業界最高クラスのリアルタイム性能
INTEGRAL-COREは、リアルタイム処理性能に優れており、セッション構築、セグメント設定やスコアリングなどをリアルタイムにストリーミング処理します。 今この瞬間、どの顧客がどのような動きをしているのか?をすぐに把握できるので、顧客の「今ここ」の姿を理解し、態度変容のタイミングを逃しません。 AWSTM(Amazon Web Services)が提供しているクラウドコンピューティングサービスをもとに、ビッグデータ処理を行なっているので、顧客単位の膨大なデータでも、リアルタイムに処理・蓄積を実現します。
3.
高いカスタマイズ性
カスタマーデータプラットフォームは、導入してデータを蓄積するだけでは意味がありません。 どんな種類の顧客データがどこに散らばっているのか。 データをもとにどんなアクションに繋げるかのか。企業によって、データ活用の下地や目的も異なり、データをうまく活かすためにはツールのカスタマイズが欠かせません。 INTEGRAL-COREは、Amazon Redshift™をベースとしており、BIツールなどの多くのツールとの連携が可能。また、CRMシステムなどの既存業務システムとの接続やカスタマイズもできるようになっており、収集・蓄積したデータを活用できるようになります。 企業の状況に応じて、コンサルティング、導入、周辺開発、他ツールとの連携までのサポートも受けられるので、安心です。
詳細を確認
1.
代表的な顧客像「ペルソナ」を自動生成
サイトの代表的なユーザーの年齢、性別、家族構成、職業などを機械学習で推定し、 リアルな人物像としてペルソナを自動的に生成します。 あなたのサイトのメインユーザーがどんな人で、どんなことに興味があるのかを把握することで顧客理解を深め、マーケティング戦略に生かすことができます。
2.
BtoBマーケティングにも役立つ
Juicerの分析機能ではアクセス元の企業名を判定します。 BtoB向けの製品・サービスを提供している場合、同じ企業から何人アクセスしてきているか、 コンバージョンする見込みが高いのはどの企業かなどを分析することができます。 また、企業単位で指定期間内の累計訪問回数を集計できるので、自社に対してより強い関心を持ってくれている見込み顧客も分かります。
3.
優れたUI/UXでカンタン操作・スピーディーに
これまで分析ツールに触れたことがない、手軽にサイト状態を把握したい、 そういった方でもJuicerを利用すればカンタン・スピーディーに分析し、マーケティング戦略に生かすことが可能です。
詳細を確認
1.
超高速処理を実現したファイル管理
essentiaは基本的にクラウド上で稼働する、ビッグデータを簡単に処理できるソフトウェアエンジンです。仮想環境にも対応しており、柔軟な構成や拡張ができます。また、一般的なデータベースシステムとは異なり、gzipやzip形式の圧縮ファイルをそのままに高速ストリーミングして、フィルタリングしながらロードできる無駄のない事前処理が可能となっているため、そのまま取り込むことができます。 essentiaを提供しているAntuitが独自に開発したビッグデータ処理プロセッサは、SQLライクなスクリプトでデータの加工や集計が可能です。さらに、テラバイトや数十億件規模のビッグデータから、クロス集計や期間データ作成、マッチング、データ加工などをインメモリで高速に処理することが可能です。
2.
圧縮技術で省ストレージを実現、並列分散処理で高いコストパフォーマンス
一般的なシステムのストレージ管理では、既存DBシステムのファイル圧縮効率はおよそ2分の1となっています。たとえば18TBのデータをDBにロードする場合、圧縮後は9TBになり、予備の1TBとバックアップの10TBを合わせて20TBのストレージを管理することになります。一方、essentiaは圧縮ファイルの直接処理が可能なため、ファイル圧縮率は8分の1となっており、必要なストレージはバックアップを含めて6TBのストレージを管理することになるため、DBの4分の1程度で運用可能です。 さらにファイル単位で管理するため、世代管理不要や分散・部分バックアップも容易なので、低コストで長期的にデータを保存することができます。また、提供もパブリッククラウド、ハイブリッドクラウド、オンプレミスでの提供が可能です。
3.
ログなど非構造化・非定型データに強く、ETL機能内蔵
essentiaは、文字列整形、URL日本語デコード、カラム削除・追加などのデータ加工や、複数データ間の相互検索によるデータマッチングなどの機能を備えています。また、アクセス解析ツールRTmetricsのデータ技術を応用したエンジンで、各種のログやセンサーデータなどの非構造化データ、可変長データも高いコストパフォーマンスで高速に処理できるため、幅広い情報を必要とするPOSや顧客、店舗データなどの自社内のマーケティングや、市場調査データやソーシャルメディア、広告配信データ、プロモーションデータなどのデジタルマーケティングに活用することが可能になります。さらに複数システムのデータ突合や非定型データのクレンジング、フラグ化など、圧縮ファイルのままで加工ができるので、従来のDBシステムと比較して事前処理が格段に削減されます。
詳細を確認
1.
複数のマーケティングデータを一つのプラットフォーム上に統合可能
オウンドメディア上での顧客の行動データ、リアル店舗やECサイト上での購買データなどの“ファーストパーティ”データ、パートナー企業などが保持する“セカンドパーティ”データ、自社以外が管理するウェブサイトやソーシャルメディアなどから得られる“サードパーティ”データを組み合わせ、理想的なオーディエンスを獲得できます。30以上のデータプロバイダーから提供されるサードパーティデータを通じ、7億もの匿名の顧客プロファイルと40,000 データ・アトリビューションへのアクセスが可能です。
2.
クロスチャネルでシームレスな顧客体験を提供
クロスチャネルマーケティングソリューション「Oracle Responsys」、マーケティングオートメーションツール「Oracle Eloqua」、ソーシャルメディア管理プラットフォーム「Oracle Social Relationship Management」とも連携可能で、クロスチャネルでシームレスな顧客体験を提供することができます。
3.
ターゲットオーディエンス分析
ターゲットオーディエンスのデータから分析レポートをリアルタイムに取得が可能です。オーディエンスに対する理解を深め、将来の施策に対する反応を予測して効果的なPDCAサイクルを実現します。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
1人
最低利用期間
情報なし
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし