コピー完了

記事TOP

文書管理の賢い方法 | ドキュメント・書類・ファイル管理のコツ・おすすめソフト比較

最終更新日:
「あのファイルや文書どこにやったっけ…」誰しも1度は経験ありますよね。管理が上手い人がやっている文書管理・書類管理の「賢い方法」や「ポイント」「コツ」を紹介します。アナログ、デジタルどちらにも通用します。

本記事で紹介するNotePM以外の文書管理システムのサービス詳細資料を「もっと詳しく」「一括で見て比較したい」という方は下記のリンクからどうぞ!

「文書管理の達人=仕事できる人!?」

あなたの周りでも基本的に仕事ができる人というのは、思い返してみるとさまざまな管理に長けている人が多いのではないでしょうか。ファイルや文書管理が上手いというのもその中の一つでしょう。

ファイルや文書管理ができていないと目的の文書を探すのも一苦労であり、作業効率が低下してしまいますよね。もしも仕事がなかなかスムーズにいかないと感じたら文書管理方法から見直してみるのもアリかもしれません。

本記事では、作業効率UPのためにファイルや文書管理方法の基本から、文書管理が上手い人がやっているちょっとしたコツやポイントまで紹介します。紹介している方法はデジタル管理に視点を置いていますが、ペーパー式の管理方式にも適用できます。

基本的なファイル管理方法やちょっとした文書管理のコツ

「きっちり管理しているはずなのに…」やりづらさの原因はこれ!

「適切なファイル管理・文書管理方法をしている」
「きちんと管理してるから大丈夫なはず」

と、思っていてもなぜか管理のやりづらさを感じていませんか。実はその管理を自ら煩雑化してやりづらくしている場合があるんです。その原因はズバリ過度なフォルダの細分化です。ペーパーでの文書管理の場合は、管理する場所や格納ファイルの細分化のしすぎです。

フォルダの細分化は、所在を明確にし目的のファイルや文書を探すために必要な時間を削減する方法のように思えますし、もしかしたら読んでいるあなたも細分化して管理しているかもしれません。しかし、思い返してみると実際はあまりに細分化し過ぎて目的のファイルや文書にたどり着くまで逆に時間がかかってしまっている場合が多くなっています

細分化しすぎると時間がかかる理由として、管理するボリュームが増加してくるとその分フォルダも増え続けることが挙げられます。管理するファイルや文書が少ないうちはまだいいですが、フォルダが増えすぎるとどのフォルダにどのファイルが保管されているのかがわからなくなり、結果的に目的のファイルを探すのに時間がかかってしまうという原因があります。

そのためフォルダは細分化し過ぎず、大まかなカテゴリー分けをした中に関連ファイルや文書をどんどん投げ込んでいきましょう。後ほど紹介しますが、たとえば営業職なら、取引ごとのフォルダに顧客ごとのフォルダを分ける程度の細分化で実は十分です。

フォルダを細分化せず〇〇〇〇を活用

「『フォルダは細分化し過ぎず、大まかなカテゴリー分けをした中に関連ファイルをどんどん投げ込む』って…じゃあ結局探すの面倒じゃん。」と思いましたか?

そう思った方は全文検索を一度試してみてください。もしかしたら世界が変わるかもしれません。最近では全文検索をしても時間がほとんどかからないので、目的の文書やファイルへすぐにアクセスできます。

こちらはデジタルでの管理でしか利用できないので、ペーパーでの文書管理に利用できないのがデメリットです。

全文検索とは全文検索とは、複数のファイルや文書の中から、指定した文字列を検索すること。普段利用している文書内検索などと違って指定した文字列を含むものを一気に検索が可能。

ファイルの保存期間を設定する

放っておくとどんどんファイルや文書は増えていきますよね。これはデジタルでもペーパーでも当てはまると思います。

しかし、日々作成されていく各ファイルや文書で永年保存しておく必要のあるものはほぼないと思います。整理していて結局削除するものが多いですよね。顧客ごとに振りわけられたファイルの中にも、数年経てば破棄してもいいようなものばかりです。

保存期間を設定していない場合、必要なくなったものまで保存され続けるのは管理を煩雑化させる一因です。種類ごとに保存期間を定めれば、必要なくなった文書やファイルを溜め込むことなく、そして迷いなく破棄できますね。

必要のないファイルや文書は極力減らすことで文書管理をスムーズにできるようになります。

職種ごとに文書管理方法を変更

文書管理が上手くいっていない場合、フォルダの細分化のしすぎ、保存期間を設定していないこと以外に職種ごとの文書管理がしっかりとできていないことが原因として挙げられます。

なぜなら、職種が変われば取り扱う文書も変わり、それに合わせて管理方法も変わるからです。管理方法の変更に対応していかなければ作業効率をUPできないのは当然ですよね。

職種ごとでの文書管理方法の効率化例は以下のとおりです。営業とフリーランスの方の例を掲載しています。

【効率化方法例】営業☆顧客と何度も取引を行う継続的な関係場合
 ・顧客名ごとにフォルダを作成
 ・直下に取引ごとのフォルダを作成
☆一契約ごとに顧客との関係が完結する場合
 ・商品の種類や取引の日付でフォルダを作成
  (住宅販売や自動車販売など)
【効率化方法例】フリーランスとして仕事をする方・プロジェクトごとにフォルダを作成する

以上のように、文書管理方法は職種によってガラッと変わります。

「顧客との継続的な関係を築く営業職なのに取引ごとのフォルダを核にする」
「一つの取引で顧客との関係が完結する販売業で顧客ごとのフォルダを核にする」

営業の方はこの方法だと、目的の文書を探すことにかなりの時間を有するので作業効率が低下してしまうのは一目瞭然ですよね。
逆に、フリーランスの方は前述のように大カテゴリーに分けて全文検索を活用すればいいので、細かく細かくフォルダを細分化すると探すのに時間がかかってしまうので、やはり効率が悪くなってしまいます。ペーパーでの管理も同様です。

今一度自分の「職種に合った」文書管理方法を見直し、適切な管理方法かを考えてみるのがいいと思います。

効率を劇的に変化させるクラウド文書管理システム・ソフト

自分でルールを決めて文書管理をしても、「業務が忙しくて少し放っておいたらごちゃごちゃして結局管理できなくなった」という経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか。

そこで、そんな悩みを解決するクラウド文書管理システム・ソフトを紹介します。ペーパーでの管理をしている方も、中にはスキャン機能があるシステムもあるので、煩雑な管理の現状を解消できるかもしれません。文書管理システムとは何か知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

クラウド型文書管理システムの比較

BtoBプラットフォーム 契約書

BtoBプラットフォーム 契約書 - 株式会社インフォマート 画像出典:BtoBプラットフォーム 契約書公式サイト

BtoBプラットフォーム 契約書は、契約書のペーパーレス化に特化したサービス。 締結や管理を電子化できます。

最新のブロックチェーン技術を採用し、契約内容の信用性・機密性を確保できます。また、40万社のネットワークがあるため、取引先がBtoBプラットフォーム 契約書を利用している可能性が高く対応工数の削減が期待できます。

X-point Cloud(エクスポイントクラウド) - 株式会社 エイトレッド

X-point Cloudは、ワークフローシステム導入実績2,700社以上のエイトレッドが開発した、クラウド型ワークフローシステムです。

現在使用している紙の帳票フォーマットを変えずに運用できるので、移行や切り替えの負担を軽減できます。稟議書を電子化することで、現状の承認申請状況を簡単に把握できるので、承認スピードの向上が期待できます。また回付中の書類紛失を防げるうえ、検索性も上がります。

SmartDB(スマートDB) - 株式会社ドリーム・アーツ

SmartDB公式サイトスクリーンショット 画像出典:SmartDB公式サイト

SmartDBは、ビジネスプロセスを電子化する大企業向けサービスです。

プログラミングなしにデータベースをブラウザ上へ作成でき、ユーザー部門主導の業務システム内製化を強力に推進します。大企業ならではの複雑なフローに対応。大きなリスクやコストを伴う改編も、組織に紐づく柔軟な権限設定によって安全かつ低コストで実現します。

Fleekdrive(フリークドライブ) - 株式会社Fleekdrive

Fleekdrive - 株式会社Fleekdrive 画像出典:Fleekdrive公式サイト

Fleekdriveはファイルの保管・共有がドラッグ&ドロップで簡単にできます。また、ファイル数、ファイル量ともに無制限となっており、とても利便性が高いです。古いファイルは自動で処理されるので、手間も省けます。また、社外スタッフとの共同作業やファイル配信も安全に行えます。

クラウドサインSCAN - 弁護士ドットコム株式会社

クラウドサインSCAN - 弁護士ドットコム株式会社 画像出典:クラウドサインSCAN公式サイト

クラウドサインSCANは、紙の契約書類の面倒なスキャンからクラウドサイン(クラウド契約サービス)上への書類情報の入力、データの取り込みまで、一貫して代行してくれるサービスです。

契約書をデータ化し、クラウドサイン上に取り込むことで、さまざまな条件での契約書検索、アラート機能を利用した更新日や解約日の自動通知など契約書管理の利便性向上が期待でき、ペーパレス化によるコスト削減と業務効率化を促進します。

REXファイルファインダー


REXファイルファインダーは、検索結果を「イメージ」で見ながらファイルを探せる高速全文検索システムです。
直感的に目的のファイルに素早くたどり着け、セキュアに全ページのファイル内容を確認できます。

ファイルサーバだけでなく、NASや既存の文書管理システムの検索エンジン、エンタープライズサーチとして使用可能です。

セキュアSAMBA Pro

セキュアSAMBA Proは、Office ファイル、PDF、Auto CAD ファイルなどを強制的に管理下のファイルサーバーに収集して、運用する仕組みの「CDM」を採用している文書管理システムなので、セキュアに管理できるでしょう。

ファイルを強制的にファイルサーバーへ保管させることで運用負担が少なくなり、従来のファイルサーバとしての機能はもちろん、外部とのファイル共有が基本機能で使えます。高いセキュリティ機能と情報資産化がセットになっているため、個々のセキュリティサービスを導入・運用するよりも低価格で利用できます。

NotePM

NotePMはWEB上に文書を上げられるのはもちろんのこと、見出しや太字を用いた文書作成も行えます。もちろん、先ほど紹介した全文検索でファイルの中まで探せます。そのほかにも便利な機能がいっぱいです。

さらに、NotePM内のコメント機能でチャットができたり、ChatworkやSlackと連携して通知がつけられたりとコミュニケーション関連の機能もしっかり網羅されているので、文書を複数人で管理できるため、管理されている状態を維持しやすいですね。


また、下記の記事で多くのクラウド文書管理システムを紹介しています。ペーパーをスキャンし、デジタル化して管理できるシステムもあるので、デジタルからの移行や「重要な書類だけでもデジタル化したい」という方はぜひチェックしてみてください。

文書管理を上手に行う方法まとめ

文書管理を上手に行う方法として、以下の4つを紹介しました。

  • 過度なフォルダ細分化はやめる
  • 全文検索を活用
  • ファイルごとの保存期間を定める
  • 作業効率をUPさせるために職種ごとの管理方法を徹底する

これらを意識して文書管理をすると、一日で数分の作業効率UP。これが年間を通して数時間の余裕を生みだすので、文書管理をキッチリと行い作業効率をUPさせましょう。

こちらの記事でも文書管理を失敗しないための対策を紹介しています。ぜひご覧ください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

文書管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
文書管理システムの最近更新された記事