コピー完了

記事TOP

契約書に貼る収入印紙の金額 - 一覧表 | 必要な場合や理由、貼付場所

最終更新日:
契約書に必要な収入印紙の金額を解説します。収入印紙は書類の種類や契約の金額によって税額が変わるため注意しなくてはなりません。収入印紙の貼付場所をはじめよくある質問にも回答します。

契約書のやり取りの際、「印紙」の取扱に疑問を持つ方も少なくないのではないでしょうか。

なぜ印紙を貼らなければいけないのか、一体いくらの印紙を貼ればいいのか、今の契約書に貼った収入印紙は本当に正しい金額のか、といったさまざまな疑問や不安にお答えします。

収入印紙とは何か、どういう内容の契約の際にいくら貼るべきか、そしてその費用を削減する工夫など徹底解明します。

収入印紙とは

収入印紙とは、租税・手数料そのほか収納金の徴収のために政府が発行する証票です。購入の時点で国や行政に納税しているため、納税された文書である証拠のために印紙を貼るのが収入印紙です。

収入印紙を契約書に貼る必要性

しかし、なぜ契約書を作成するうえで、国に税金を納める必要があるのでしょうか。

平成17年の国会で、当時の首相であった小泉純一郎氏は次のように答えています。

「印紙税については、経済取引に伴って作成される文書の背後に、経済的利益があると推定されること、及び文書を作成することによって取引事実を明確化し、法律関係が安定化することに着目し、広範な文書に軽度の負担を求める文書課税である」
(平成十七年三月十五日 内閣参質一六二第九号 答弁書第九号 より引用)

つまり、税金を支払うことによって取引に法的問題がなければ、もめ事といった際に国が責任を持って対処すると約束しているのです。印紙で税金を払うのにはきちんとしたメリットがあります。

収入印紙の貼付場所

領収書に貼る場合

あらかじめ収入印紙を貼るスペースが記載されている際には、その箇所に貼るようにしましょう。もし、貼る場所の記載がない場合は、なにも書かれていない空いてるスペースに貼れば問題はありません。

契約書に貼る場合

特定の場所に貼るスペースが記載されていない場合には、左上の空いているスペースに貼るのが一般的です。

収入印紙の金額一覧表 - 印紙が必要な場合

しかし実際には、収入印紙を貼るべき書類がわからず、戸惑うこともあるでしょう。具体的には、国税庁の発行している「収入印紙税額の一覧表」掲載の契約書・書類に収入印紙を貼る必要があります。

ここには20種類の 収入印紙と必要な書類が、番号とともに掲載されています。その中から「契約書」に該当するものを挙げていきます。自身の契約書に貼る収入印紙がいくらになるのか確認しましょう。

1号文書 | 不動産や土地、金銭、運送

「1号文書」では収入印紙を貼るべき契約書は4種類です。

1つは、「不動産、鉱業権、無体財産権、船舶若しくは航空機又は営業の譲渡に関する契約書」であり、たとえば不動産産売買契約書などが該当します。

「無体財産権」について補足すると、特許権、実用新案権、商標権、意匠権、回路配置利用権、育成者権、商号及び著作権の8種類を譲渡した場合は収入印紙が必要です。

2つめは「地上権又は土地の賃借権の設定又は譲渡に関する契約書」であり、土地賃貸借契約書、賃料変更契約書などが該当します。収入印紙の金額は、後日返還されない金額のすべてが対象です。

3つめは「消費貸借に関する契約書」であり、金銭借用証書、金銭消費貸借契約書などが該当します。貸借するのは金銭だけではなく、これと同種、同等、同量の物も対象です。

4つめが「運送に関する契約書」であり、運送契約書、貨物運送引受書などが該当します。

この1号文書の契約書に貼る収入印紙の金額は、その契約金額によります。 詳細な金額は次表のとおりです。

契約金額 収入印紙の金額
1万円未満 非課税
10万円以下 200円
10万円を超え50万円以下 400円
50万円を超え100万円以下 1,000円
100万円を超え500万円以下 2,000円
500万円を超え1千万円以下 10,000円
1千万円を超え5千万円以下 20,000円
5千万円を超え1億円以下 60,000円
1億円を超え5億円以下 100,000円
5億円を超え10億円以下 200,000円
10億円を超え50億円以下 400,000円
50億円を超えるもの 600,000円
契約金額の記載のないもの 200円
月額料金 600円/1ユーザー

2号文書 | 委託業務

2号文書で定められている契約書は、「請負に関する契約書」であり、工事請負契約書、物品加工注文請書、広告契約書などがあたります。収入印紙の金額も契約金額によって変わります。次表のとおりです。

契約金額 収入印紙の金額
1万円未満 非課税
100万円以下 200円
100万円を超え200万円以下 400円
200万円を超え300万円以下 1,000円
300万円を超え500万円以下 2,000円
500万円を超え1千万円以下 10,000円
1千万円を超え5千万円以下 20,000円
5千万円を超え1億円以下 60,000円
1億円を超え5億円以下 100,000円
5億円を超え10億円以下 200,000円
10億円を超え50億円以下 400,000円
50億円を超えるもの 600,000円
契約金額の記載のないもの 200円
月額料金 600円/1ユーザー

5号文書 | 会社の合併や吸収

5号文書は「合併契約書又は吸収分割契約書若しくは新設分割計画書」であり、「会社法又は保険業法に規定する合併」に関する契約、または「会社法に規定する吸収分割契約又は新設分割計画」に関する契約のみです。

この場合の収入印紙代は、一律40,000円です。

7号文書 | 継続的な取引

7号文書は、「継続的な取引の基本となる契約書」であり、買取引基本契約書、特約店契約書、代理店契約書、業務委託契約書、銀行取引約定書などがこれに該当します。

収入印紙代は、一律4,000円です。

ただし、一時的な契約、すなわち、契約期間が3か月以内で、かつ、更新の定めが記載されていない契約は該当しません。

番号 契約書・書類
1号文書 ・不動産、鉱業権、無体財産権、船舶若しくは航空機又は営業の譲渡に関する契約書
・地上権又は土地の賃借権の設定又は譲渡に関する契約書
・消費貸借に関する契約書
・運送に関する契約書
2号文書 ・請負に関する契約書
5号文書 ・合併契約書又は吸収分割契約書若しくは新設分割計画書
7号文書 ・継続的な取引の基本となる契約書

収入印紙が不要な場合

1万円未満の1号文書・2号文書

1万円未満の1号文書、2号文書の場合には非課税となっており、収入印紙が必要ありません。

電子契約書

紙の契約書と違い、電子契約書は非課税となっています。これは電子契約を締結すること自体は、課税対象である文書の「作成」とはみなされないためです。ただし、電子契約書をプリントアウトし、印鑑を押した場合には課税の対象となる場合があるので気をつけましょう。

収入印紙に関するQ&A

次に実務で発生する「よくある質問」を解説します。

収入印紙はだれが負担しますか?

収入印紙代を負担すべき人は決まっていません。

1対1の契約は契約書を2通作り、1通ずつ双方が保管することがほとんどです。その場合は契約者双方が折半して1通づつ負担して収入印紙を貼るケースが多いでしょう。

収入印紙代が少額の場合は、代金をもらう側がサービスとして負担するケースはあっても、法律には定められていません。当事者間で決めましょう。

どこで購入できますか?

収入印紙は郵便局や法務局の窓口で購入できますが、ほかには「収入印紙売りさばき所」として認められている店で購入可能です。目印は郵便の「〒」マークに「切手 はがき」と「収入印紙」と記載された看板が出ているお店です。コンビニエンスストアでも購入できます。

ただし、コンビニエンスストアで扱っている印紙は多くが200円の印紙であるため、200円以上の印紙が必要な場合は郵便局か法務局に行きましょう。契約金額によって必要な印紙の税額はこちらの表から確認できます。

契約後に契約金額を変更した場合はどうなりますか?

変更前の契約金額が契約書に記載されている場合と、記載されていない場合で対応が異なります。

変更前の契約金額が載っている場合は、変更前後の差額が契約金額です。たとえば、30万円を50万円にした場合で、変更前が30万円だと記載されていれば、収入印紙代の判定基準となる契約金額は差額の20万円になります。ただし、50万円が30万円になっても、その収入印紙代の差額分は返還されません。

変更後の金額しか契約書に記載されていない場合は、変更後の金額で収入印紙代は計算されます。印紙の税額はこちらの金額表から確認できます。

収入印紙にはなぜ割印が必要なのですか?

収入印紙は割印、つまり消印をしなければ印紙税を納付したとは認められません。契約書だけではなく領収証も同様です。割り印がない場合は、税務調査で印紙税を納めていないと判断され、追徴金が課せられるので注意しましょう。

印紙税が高額の場合、200円の収入印紙を複数枚貼ってもよいでしょうか?

たとえば10,000円分の収入印紙を貼るときに、200円の収入印紙を50枚貼ってもよいのかという議論ですが、結論としてはOKです。ただし契約書の場合は、別の紙に50枚貼ってすべてに割り印をし、契約書と一緒の綴りにしておく必要があります。

財務省
売り上げランキング: 70,925

収入印紙のコスト削減方法3つ

さて、ここまでで紹介してきた印紙ですが、料金表を見ていただければわかるように、たくさんの契約者と1体1で契約する場合、収入印紙代は契約者にとって負担になります。

収入印紙代を削減したいという方のために、その方法を3つ紹介します。

1. 電子契約書を利用

契約というと、書類で作らなければ成立しないような印象がありますが「契約自由の原則」というものがあり、当事者が納得していれば口頭でも、書面でも、締結方法には関係なく成立し、紙である必要はありません。

こうした背景から、特に企業間の契約において「電子署名やタイムスタンプを電子的に押したファイル」という形式の契約書をインターネットやメールを経由して取り交わし、合意すればその電子ファイルのままサーバーに保管する、という「電子契約書」の利用が増えてきました。

これは契約手続きのスピードアップと契約書の保管場所のコストの削減だけではなく、収入印紙代も節約できるという大きなメリットがあります。

国税庁ホームページの「請負契約に係る注文請書を電磁的記録に変換して電子メールで送信した場合の印紙税の課税関係について」という中で、次のような記載があります。

「注文請書の現物の交付がなされない以上、たとえ注文請書を電磁的記録に変換した媒体を電子メールで送信したとしても、ファクシミリ通信により送信したものと同様に、課税文書を作成したことにはならない」https://www.nta.go.jp/fukuoka/shiraberu/bunshokaito/inshi_sonota/081024/02.htm

つまり、印紙税のかかる契約書とは実物として「交付」されたものに限定されるということです。

「交付」とは書面で作ったもので、電子的に作られて紙になっていないものは「交付」されたとはみなさないため、印紙税の対象ではありません。これにより、電子契約書では発行すれば収入印紙代はかからないことになります。

また、電子契約書では、「電子署名」を行うことで、電磁的な記録として保管されるため、割印が必要ありません。

電子契約書サービスオススメ紹介

【クラウドサイン】

クラウドサイン - 弁護士ドットコム株式会社 画像提供:弁護士ドットコム

クラウドサインは、これまでの紙で進めてきた契約書の作成から締結のための押印までオンライン上ですべて完結可能となります。契約書のテンプレートも豊富で、これまで契約作成に掛かっていた数日間を短縮し、契約をスピード締結できるようになります。

契約締結のスピード化
今まで数日間かかっていた契約書作成、郵送、押印などの作業を、わずか数分で完了します。契約締結のスピードアップで、取引先とのコミュニケーションもよりスムーズにできます。

不要なコストを削減
これまで紙を発行することで発生していた紙代やインク代はもとより、郵送代や印紙の費用も削減できます。また、郵送に掛かっていた事務手続きの低減も期待できます。

原本保全の確実性向上
契約書をクラウドで一元管理することは、コンプライアンスの強化につながります。これまでの紙では紛失のリスクや詳細更新事項の目視が必要であった原本確認が容易になるとともに、バックアップデータが原本となるため、データとしての検索性や確認の精度向上に最適です。

クラウドサイン

2. 契約書の原本コピーを交付

2つめは、契約書の作成は1通にしてそれを一方が保管し、もう一方はそのコピーを保管する、という形を取ることです。
こうすると印紙は1枚だけで済むので、印紙代は半分に節約できます。

これについて細かく解説すると、契約書は署名押印がされている原本でなければ効力を発揮しないので、それがないと訴訟があったときに不利になる、という認識の方が多いかと思います。

しかし、実は契約書の原本もそのコピーも、契約の効力は原則として同じであり、同じ証拠としての力を発揮できるのです。

したがって、先に書いたように一方が原本、一方がそのコピーで保管し、印紙代を節約しても何の問題もないのです。

ただし、注意点もあります。

コピーの方に「この写しは原本と相違ない」などの記載をすると、それは原本と同じだとみなされ、印紙を貼るべき対象になることです。

3. 契約書の金額を工夫

3つめは、契約書に記載する契約金の書き方を工夫する、という方法です。これは例を挙げたほうがわかりやすいでしょう。

たとえば請負契約書で「請負金額108万円(税込)」と記載されていると、この契約は108万円のものだと判断されて印紙は2,000円になります。

しかし、次のように記載の仕方を変えると、契約金は100万円だと判断されて印紙代は半分の1,000円になるのです。

請負金額 108万円(税抜価格100万円 消費税額等8万円)
請負金額 108万円(うち消費税等8万円)
請負金額 100万円 消費税額等8万円 合計108万円

大きな契約になれば印紙代も結構な金額になります。契約書に記載する契約金額の書き方もよく吟味しましょう。

契約書に収入印紙が必要な事例

以上が「印紙税法」で定められた収入印紙を貼る契約書とその金額の規定です。

イメージが湧きにくい部分もあると思いますが、日常業務でよく作成する契約書は収入印紙を貼る必要があるのか、いくらの収入印紙を貼るのか、ということについて具体的な例を3つほど挙げて説明します。

まず、一般的な「業務委託契約書」の場合です。これは明確に「7号文書」の「継続的な取引の基本となる契約書」に当たるため、いくらの契約金額であろうと4,000円です。

2つめが「工事請負契約書」の場合です。

これは、「2号文書 請負に関する契約書」のため、請負代金の金額によって、最低200円から最高600,000円まで変わります。

3つめが「機械賃貸借契約書」の場合です。

「印紙税額の一覧表」には、収入印紙を貼る対象とならない文書も含まれ、それを「不課税文書」といいます。
これは、課税物件表の何れの号にも該当せず、課税対象とならない文書のことです。「機械賃貸借契約書」はその中の「動産賃貸借契約書」に当たるので、収入印紙代の対象にはなりません。仮に、それが値段の高い非常に大きな機械であっても、非課税です。

収入印紙の必要性を理解し、電子契約書も積極活用しよう

なぜ印紙が必要なのか、どのような書類に貼らなければならないのか、いくらのものを貼らなければらないのか、といった印紙の謎が随分と解けたのではないでしょうか。

印紙は無駄な費用に思えますが、印紙を貼ることで法的に効力を持ち、もし裁判などがあった場合にしっかりした証拠として扱われます。

貼っていないことが税務署にわかると印紙税法違反として罰せられるので、その点からも注意が必要です。ただ、場合によっては印紙代でかなりの金額がかかるので、印紙代がかからない電子契約書も用いてコスト削減を図りましょう。

記事中ほどで紹介したクラウドサインなどの電子契約書の便利なサービスを活用すれば、細かい悩みを一挙に解決できます。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

電子契約システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
この記事で紹介されたサービス
電子契約システムの最近更新された記事