SATORIの使い方基本解説 | MA(マーケティングオートメーション)ツールの機能・事例・仕組み

最終更新日:
リード(見込み顧客)を獲得し、営業や顧客管理を効率化するのにマーケティングオートメーションツールが有効です。マーケティングオートメーションツール「SATORI」の活用法や機能、強み、導入事例を紹介します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SATORIの資料を無料DL

SATORIとは


)

マーケティングオートメーションツールSATORI」は、顧客開拓を自動化するマーケティングオートメーションツールの代表的な製品です。

特に「SATORI」は見込み客を増やす機能(リードジェネレーション)が充実しています。

今回は、この「SATORI」の具体的な機能の説明や活用事例の紹介を通じて、マーケティングオートメーションについて学んでいきましょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SATORIの資料を無料DL

マーケティングオートメーション(MA)とは何か

マーケティングオートメーション(MA)とは、文字通り「マーケティング=顧客の開拓」+「オートメーション=仕組み化」という風に分解して考えると、「顧客開拓の仕組み化」と言い換えることができます。

具体的には、リード管理と呼ばれる見込み顧客管理の部分の多くを自動化し、マーケティング活動の手助けをするという役割を担っています。

マーケティングオートメーションの詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

MAツールの具体的な機能

マーケティングオートメーションツールの具体的な機能としては、次にあげるものが含まれます。

リード(見込み顧客)の管理

マーケティングオートメーションでは、将来の優良顧客につながる見込み顧客のことを「リード」と言います。

この将来の顧客候補であるリードについて、「基本情報」「オンライン行動履歴」「オフライン行動履歴」を統合してデータベース化する機能がリードの管理に該当します。

このリードの管理で作成するデータベースが、以下で説明する「リードジェネレーション」「リードナーチャリング」「有望なリードの抽出」を支える基盤となります。

リードジェネレーション

リードジェネレーションとは、母集団となるリードを大量に獲得するための機能のことです。より具体的にはリードナーチャリングにつなげるための個人情報(氏名、メールアドレス、電話番号など)を獲得するために活用します。

自社を認知していないリードに認知してもらうための機能と、一度でも自社と接点を持ったことのあるリードに再アプローチし個人情報を開示してもらうための機能が含まれます。

リードナーチャリング

リードナーチャリングとは、個人情報を獲得したリードに対して、メール・電話などを活用して、購買意欲を高めていく機能です。

リードジェネレーションで個人情報を獲得する際に、氏名、年齢、性別、住所、勤務先などをあわせて獲得しておけば、より細かなリードの属性を把握でき、一人ひとりのリードにきめ細やかな対応が可能となります。

有望なリードの抽出

この機能は、大量のリードの中から効率的に成約確度の高いリード(セールス対象リード)を抽出することができます。

獲得したすべてのリードに、全力でセールス活動をすることは、企業にとってもリードにとっても望まれているものではありません。

そこで、すべてのリードの「基本情報」「オンライン行動履歴」「オフライン行動履歴」から、そのリードの購買意欲=成約確度を算出し、優先的にセールス活動を行うようにします。

オートメーション化

オートメーション化では、あらかじめ決められたルールに従ってリードへのアプローチやマーケティング業務を自動化します。

たとえば、

「特定の行動をとったリードに、自動でメール配信する」
「○○さんが2日間連続でウェブサイト上の事例を閲覧したので、セールス担当者にメールで通知する」

といった、マーケティング担当者がリード一人ひとりに合わせて行うべき施策を効率化できます。

SATORIの導入で何が実現できるのか

これらのマーケティングオートメーションツールの機能の中でも、SATORIは、「Webサイト上のコンバージョンを促す」ことや「リードの購買意欲を高め、自動的にアプローチ」できるところにポイントがあります。

Webサイト上のコンバージョンを促す

Webサイト上のコンバージョンを促すためには、特定の条件に該当したターゲットリードに直接アプローチして資料ダウンロードページへの誘導やフォームへの登録を促進します。

各種のサイト誘導施策に加えて、一般的な固定ページ上にフォームを設置したり、ページ内にポップアップを利用したフォームやバナーを設置したりすることによって、月間1,000件以上の実名リードを獲得することも可能となります。

リードの購買意欲を高め、自動的にアプローチ

SATORIのセグメント機能によって購買意欲が高まった見込み顧客を抽出し、シナリオ機能によるメールやポップアップ機能・エンベッド機能で自動的にアプローチします。

たとえば、「他社との比較」ページを閲覧中のユーザーに対してセミナー誘導ポップアップを表示することができます。

また、セグメント機能やタグ機能を組み合わせて購買意欲が高いと思われる実名リードへ向けて、メールでアプローチすることも可能です。

リードの一元管理

オンライン・オフラインのアクセス履歴や接触履歴、匿名か実名か、などのリードの情報を一元管理します。

名刺や展示会といった実名リード情報だけでなく、自社ウェブサイトにアクセスしたすべての匿名リードが対象となるため、アプローチ可能な対象が大幅に広がります。


こちらの記事ではSATORIの活用方法を紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

SATORIが誇る3つの強み

SATORIには、次の3つの点で強みがあります。その詳細を見ていきましょう。

リードジェネレーションに強い

マーケティングオートメーション導入のきっかけはユーザーによってさまざまですが、 SATORIは「集客が足りない」というユーザーをサポートするため、メールアドレスのない匿名訪問者も正確に把握できます。

自社内の限られた データだけでなく外部のサードパーティデータも活用することによって、新たなリード創出の手段を提供しています。

さまざまな方法でリードナーチャリングが可能

マーケティングオートメーションの一つの課題として「メールマガジン中心での顧客育成の限界」が挙げられます。

メールを見ない顧客が多いうえ、顧客の意思決定はもっと多次元であるため、メールマガジンだけでは不十分になってしまいがちです。

SATORIはディスプレイ広告、自社ウェブサイトのパーソナライズやウェブチャットを通して、メール以外でも顧客接点を確保することで、より確実な顧客育成を可能にします。


こちらの記事でもSATORIを紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

LTV(顧客生涯価値)の最大化

マーケティングオートメーションの本質は、LTV(顧客生涯価値)の最大化です。

クリックや問い合わせなどの中間コンバージョン指標はもちろんのこと、商談化・成約・アップセルなどの売上・粗利指標まで、マーケティング活動の効果測定が可能です。

ユーザーのマーケティング活動に必要な目標を設定することで、目標に到達しそうな未来の顧客を予測します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SATORIの資料を無料DL

SATORIの使い方

ここからは、SATORIの基本的な機能の使い方について解説していきます。

基本画面の見方

SATORIの画面構成は、画面左側の「メニュー部分」、中央から右側の「内容・データ表示部分」、右上の「アカウント情報・ヘルプ関連部分」によって構成されています。

リードマネジメント

この画面では、実名リードだけでなく問い合わせ前の匿名リードの管理、CSVファイルを活用したデータの一括登録・削除、管理画面からの個人情報の登録・編集・削除ができます。

そのほかにも、個別検索やタグ検索、セグメント検索といった検索条件を設定して見込み顧客リストを作成し、メール配信やタグ付けもできます。

リードトラッキング

この画面では、オンライン・オフラインのアクション履歴やスコア、付与されているタグなど、取得している個人情報を閲覧するカスタマー詳細ページ機能があります。

そのほかにも、ウェブサイトを閲覧している企業名をIPアドレスから判別し、確認することができるアクセス企業一覧リスト機能などがあります。

メールの作成

SATORIには、目的に応じてメールテンプレートが用意されていますので、テンプレートを利用してメールを作成できます。

テンプレートを利用するには、「コンテンツ」「メールテンプレート」をクリックして画面右上の「+新規作成」ボタンをクリックします。

候補のテンプレートが表示されるので、該当するものを選択します。

また、後の効果測定のために、クリックカウント取得の設定も行います。

SATORIでは指定した方法でURLを記載することで自動的に計測用URLに変換してメール配信が行われます。

メールの配信

メールテンプレートの準備ができたら、配信先となる顧客データの抽出作業を行います。

顧客データの抽出をするときは、左メニューの「カスタマーデータ」「カスタマー管理」を選択し、虫めがねアイコンをクリックし抽出条件を適宜設定します。

抽出後、カスタマー一覧ページへ遷移して「検索結果」ボタンを選択します。

メールを配信するには、ドロップダウンメニューの「メール送信」を選択します。

すると、メールテンプレート選択画面に遷移するので、抽出条件に合うものを選択して「編集・設定へ進む」を選択し、表示内容を確認して送信を実行します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SATORIの資料を無料DL

SATORIの利用料金

SATORIの料金プラン

SATORIの基本機能は初期費用と月額費用のみで利用できます。料金や配信可能数などは以下の表をご覧ください。

初期費用 月額料金 カスタマー数 配信可能数 無料トライアル
10万円 10万円 10万件 10万通 利用可能

トライアル版は全機能無料で試すことができます。
無料アカウントに興味がある方はSATORI紹介セミナーに参加してみてください。

SATORIの有料オプション

SATORIの有料オプションについてはこちらからお問い合わせください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SATORIの資料を無料DL

SATORIの導入事例

このマーケティングオートメーションツールのSATORIの導入によって、ユーザー企業にどのような効果があったのかを紹介していきます。

事例:リンク

会社名:リンク業種:通信
事業内容:クラウド・ホスティング事業、セキュリティプラットフォーム事業、クラウド型テレフォニー事業

課題:アクセス解析はできていてもコンバージョンにつなげられない

簡易的なMAツールを利用しており、Webサイトのアクセス解析はできていたが、肝心のコンバージョンには至らない状態。既存顧客ではない訪問者が多く、その内訳も自然検索や広告経由など多岐に渡ったが、具体的な施策を打つことができていなかった。

効果:顧客行動を可視化、コンバージョンの向上

SATORI導入によって、あらゆる顧客行動データが個人に紐付いて管理され、今まで見えなかったものが可視化され、メルマガなどの施策が改善。また、Webサイトにポップアップを表示させてランディングページへ誘導し、コンバージョンにつなげている。

ギブリーの事例

会社名:ギブリー業種:情報
事業内容:HR Tech事業、デジタルマーケティング事業、ライフスタイル事業

課題:市場にないサービスを売るにはナーチャリングが不可欠

「codecheck」はエンジニアのスキルを可視化するもので、市場にまだ存在しないサービスだった。市場にない新しいサービスであること、サービスに対する認知が不足していることにより、リードナーチャリングに力を入れないと受注まで至らないのではという危機感があった。

効果:3か月で目標のリード獲得単価を達成し、リード獲得から受注まで完了

Webサイト内の行動を分析し、その結果を元にサイトを改善。SATORIのメルマガのテンプレートを使い、まざまなパターンを事前に作ることで簡単にHTMLメールを作成・送信できるように変更。その結果、リード獲得数が1か月後には約4倍に、3か月後には約14倍にまで増加。

デイブレイクの事例

会社名:デイブレイク業種:製造
事業内容:急速冷凍コンサルティング・特殊急速冷凍機の導入支援、冷凍冷蔵設備・関連商品の販売、設置・施工、ソリューションサービス、急速冷凍食材の流通事業、冷凍食品のインターネットサービス

課題:確度の高いリードを効率よくフォローすることができず商談化率が停滞

比較的安価なMAツールを利用していたが、機能的には不十分だった。業務拡大によってリードが増える一方、人員リソース不足が解消できず、確度の高いリードを効率よくフォローすることができなくなり、商談化率があがらないという課題に直面していた。

効果:相乗効果により、リード獲得30%、商談化率50%アップを実現

顧客のフォローの自動化や顧客への最適なアプローチのタイミングの共有を実現。Webサイトの改善においてもプログラム知識が不要なため、マーケティングメンバーのみで対応が可能となった。これにより、Webサイトからのリード獲得数が約30%向上し、商談化率が50%上昇した。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SATORIの資料を無料DL

SATORIを積極的に活用し、自社のMAを発展させる

マーケティングオートメーションツールを導入することで、Webからの集客の仕組みを構築して視覚化し、強化することができます。

数あるマーケティングオートメーションツールの中でもSATORIは、月額10万円から導入することができ、Webサイトの改善・集客強化に強みがあります。

小規模企業やスタートアップ企業でも成果につなげている企業もあります。
集客に人手をかけられない企業やWebサイトを作成したが成果につながっていない企業は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SATORIの資料を無料DL


また、本記事で紹介したSATORI以外にも注目のMAツールは多くあります。
以下の比較チャートで他サービスとの違いを徹底比較していますので、ぜひ自社にあったサービスをお選びください。。

注目のMAツール(BtoB)、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめMAツールをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

BtoB向けMAツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。顧客情報のスコアリングやキャンペーン施策、効果測定などさまざまな目的で導入されるMAツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

注目のMAツール(BtoC)、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめMAツールをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

BtoC向けMAツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。メールマーケティングの自動化やWebコンテンツのカスタマイズなどさまざまな目的で導入されるMAツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

MAツール(BtoB)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社セールスフォース・ドットコム、株式会社フロムスクラッチ、アドビ システムズ 株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事で紹介されたサービス
この記事とあわせて読まれている記事