動画マニュアル作成ソフト11選 | メリットや作成ポイントを解説

最終更新日:
近年増加傾向にある動画マニュアルについて、作成のメリットや活用事例、動画マニュアルの作成のコツについて説明します。また、現在利用可能な動画マニュアル作成ソフトについても、いくつか有用なものを紹介していきます。

企業の業務用マニュアルや研修のマニュアルといえば、昔は紙媒体が主流であり、そこからパソコンやインターネットの登場によって徐々にPDF形式のマニュアルなどが登場してきました。

しかし最近は低コストにもかかわらず、効率的で効果の高いマニュアルとして「動画マニュアル」が注目されています。これによって何十ページ、何百ページもあるマニュアルを読む代わりに、動画で視覚的に必要なポイントを理解ができる時代になっています。

そこでこの記事では、さまざまな分野で活用されている動画マニュアルについて説明しつつ、簡単に動画マニュアルを作成できるソフトについても紹介します。

動画マニュアルとは

動画マニュアルとは、必要な情報を動画で確認できるマニュアル全般をいいます。

動画形式なのでだれでも必要なときに必要な箇所を繰り返し視聴できるなど、紙媒体では考えられなかったさまざまなメリットがあり、低コストで効率的なマニュアル運用ができます。

動画マニュアルの種類

現在主に作成されている動画マニュアルの種類について、それぞれ簡単な事例を交えつつ説明していきましょう。

製品マニュアル(チュートリアル)

製品マニュアルは、いわゆる取扱説明書やチュートリアルと呼ばれるものです。

大きく分けてハードウェアのマニュアルとソフトウェアマニュアルがあり、購入した製品の基本的な使い方や組み立て方、あるいは操作方法などが記載されているものです。

これまでは紙に印刷された冊子上のものが主流でしたが、近年は動画で組み立て方や操作方法を説明するものが増えています。特にパソコンのソフトウェアなどは、基本的な使い方を動画にして配信しているケースもあります。

業務プロセスの説明マニュアル

業務プロセスの説明マニュアルとは、企業の新入社員などが仕事の全体像を掴むためであったり、新しい業務の処理手順や方法を説明するために用意されるマニュアルです。これによって効率的な業務運営が可能になります。

また業務以外にも、社内の決まりごとやイレギュラーが起こった際の対応などをマニュアル化しておくことで、いざというときの備えとなります。

セールスマニュアル

セールスマニュアルは営業マンの具体的なセールスプロセスを視覚化・言語化したものであったり、接客の方法をマニュアル化するものです。新人のOJTなどに利用されることが多く、これによってその組織で働くために必要な実践的なノウハウを身に着けることができます。

主に企業の営業部隊向けに配布されるマニュアルだと思えばよいでしょう。

研修マニュアル

主に企業の新人研修のために作成されるマニュアルです。顧客からの電話に対する正しい応対の仕方や商品説明の方法、あるいはフランチャイズ店舗の店長向けの店舗運営マニュアルなどもこれにあたります。

中間管理者向けの部下に対する指導マニュアルというように、研修目的によってはベテラン社員向けのマニュアルが作成されることもあります。

動画マニュアルを作成するメリット

次に、動画マニュアルを作成するメリットについてです。重要なものとしては、主に以下の4つのメリットが挙げられるでしょう。

1. 視覚情報によって直感的に理解できる

動画によるマニュアルでは、実際に人の動きや音声によって必要事項の説明がされることになります。それによって、直感的に内容が理解できるようになります。

たとえば紙ベースで「ゆっくり~をする」や「しばらく待つ」といった曖昧な表現を使われても、読み手は具体的にどの程度なのかを理解できません。しかし動画で説明されれば、それを視覚情報として得ることができるので、細かいニュアンスまで把握できるようになります。

2. 必要箇所を繰り返し学べ、習熟度を上げやすい

一度収録された動画はだれでも繰り返し見ることができます。そのため、動画時間で何分後にどういった説明がされているのかを把握できれば、短い時間で必要な箇所だけを繰り返し重点的に学ぶことができ、習熟度を上げやすいのもメリットです。

何がどの時間に収録されているのかを示す目次をつけたり、内容をピックアップしてリンクを張るなどしておけば、利用者はすぐにそれが収録されている箇所を視聴できるようになります。

3. コストの削減ができる

紙媒体のマニュアルとは違い、一度作成すると動画データが残っている限り、多くの人にほとんど無料でシェアできます。紙に印刷するコストもかかりませんし、デジタルデータなので保管するコストもほとんどありません。企業にとっては大幅なコストの削減になります。

4. 時間や場所を選ばない

いったん動画を収録してサーバーにアップすれば、いつでも必要なときに簡単に視聴できます。マニュアルが必要になったときだけアクセスできるような仕組みにしておけば、外部からスマートフォンなどで閲覧できるようにもなります。時間や場所を選ばずに利用できるため、自己学習に最適な媒体だといえるでしょう。

動画マニュアルの作り方

それでは、具体的な動画マニュアルの作り方について、基本的な要素をプロセスごとに説明していきましょう。

1. 必要な資料・情報の収集

まずは動画マニュアルのために必要となる資料や情報を収集・整理します。その際に、最終的な完成形をイメージしながら作業を進めるようにしましょう。

それによって実際には利用しない無駄な資料を集めてしまったり、たくさんの情報に埋もれてしまい、重要な素材を動画に入れ忘れるといったミスを防ぐことができます。

2. マニュアルの構成を考える

その動画マニュアルが「いつ、どこで、だれに、何のために」使われるのかを想定しながら、全体の構成を考えるようにしましょう。マニュアルの利用者を明確に設定しておくということです。

視聴する人のリテラシーや知識に添うようにコンテンツを構成しなければ、せっかく時間とコストをかけて作成したマニュアルの内容を理解してもらえないということにもなりかねません。

3. 台本を作成する

全体の構成をもとに、動画マニュアルに入れる具体的なコンテンツを作成していくプロセスです。

ちょっとしたマニュアルでも面倒だと思わずになるべく台本を作成するようにしてください。台本がないまま動画を撮影しても、途中で必要な素材を手配する必要が出てきたり、テンポが悪くなってしまうなど、さまざまな弊害が出てしまうケースが多いようです。

台本には挿入する画像やテキスト、ナレーションのポイントなども記載しておきます。場合によっては絵コンテを作成してもよいでしょう。

4. 動画の撮影・録音

作成した台本に基づいて実際に動画を撮影したり、必要な音声素材の録音をしていきます。

特に動画の撮影では、それぞれのシーンで違ったアングルで撮影しておくことが肝要です。そうすれば編集の段階で「この場面はこちらの絵の方がいい」という取捨選択ができますし、コンテンツの順番を変えなければならないようなイレギュラーにも、ある程度対応できるようになります。

5. ナレーションの収録

作成した台本に添ってナレーションを収録します。その際、言葉の読みや声の抑揚などについて、事前にナレーターと打ち合わせをする必要があります。

ナレーションの収録が難しい場合はテロップだけの説明も可能ですが、音声が入っていた方が視聴者の理解が進むのが早いので可能な限り入れた方がよいでしょう。

6. 編集作業

最後に編集作業で素材同士を組み合わせ、不要な部分を削ぎ落として完成です。
編集の段階でさまざまな方に見てもらって意見をもらうのがよいでしょう。複数人でチェックすることによって、一方的で独りよがりなコンテンツになってしまうのを防ぐことができます。

また、編集で不要だと判断した部分もなるべく残しておきましょう。いらないと思っていた部分でも、後になって必要になることが少なくありません。

動画マニュアル作成のポイント

動画マニュアル作成のプロセスを説明したところで、良質なマニュアルを作成する際のポイントについて簡単に解説します。主に以下の4つのポイントが考えられます。

1. ターゲットを詳細に決めておく

動画を視聴する相手がどういう人なのかを想定し、必要なコンテンツを慎重に選定する必要があります。すでに述べたように、これは素材を収集する前に決めておきましょう。

漠然とイメージしておくだけではなく、具体的な視聴者を思い浮かるのが効果的です。その人の年齢や性別といった基本情報から、得意分野や強み・弱みといった特徴も想定しておくとよいでしょう。

2. 撮影環境に気をつける

動画の撮影においては、周囲の環境に気を配ったものとそうでないものとでは、驚くほどクオリティに差が出てしまいます。カメラはなるべく三脚を使い、画面のブレを最小限にしておきましょう。

特に照明には気を使ってください。たとえばレフ版を使わなかったために、せっかく撮影した映像が暗くてよくわからないという事態になることがあります。

3. ナレーションやテロップは簡潔にする

ナレーションやテロップは、だれが見ても理解できるようにシンプルな表現で簡潔なものにする必要があります。あくまでも視聴者にマニュアルの内容を理解してもらうことが目的ですから、遠回しな表現や修辞表現は避け、率直でわかりやすい表現にすることを心がけましょう。

4. 編集前に複数人で確認する

編集作業に入る前に複数の人に感想を求めましょう。それによって必要な情報とそうではないものを再度確認するとよいでしょう。

撮影から編集まで一人でやってしまうと、その人だけがわかりやすいと感じる独りよがりなコンテンツになってしまいがちです。制作に携わったグループだけでなく、なるべく実際に利用する人にも感想をもらうとよいでしょう。

動画マニュアル作成ソフト11選

動画マニュアルの作成には多くの手間がかかります。とくに動画作成に不慣れだと、編集に手間取るでしょう。

そこでおすすめしたいのが、動画マニュアル作成・共有に長けた企業向けサービスの活用です。クラウドで提供されるものや、スマートフォンに対応したサービスが増え、利用障壁が下がりました。動画制作の支援をパッケージ化したサービスもあります。

tebiki - ピナクルズ株式会社

tebiki - ピナクルズ株式会社 画像出典:tebiki公式サイト

  • 誰でも簡単に動画作成できる操作性
  • 自動翻訳機能で外国人スタッフへの教育にも
  • 紙のマニュアルからクラウドへ

tebikiは、スマートフォンで撮影した動画で簡単にマニュアルを作成、共有できる“現場向け”動画マニュアル作成システムです。音声認識で字幕を自動生成したり、○×矢印などの図形を追加したり、わかりやすいマニュアル動画が簡単に作れます。100か国語以上の言語に自動翻訳でき、外国人スタッフへも手間なく教育可能。またクラウド型サービスのため、場所を問わず端末でマニュアルを利用できます。閲覧管理やアクセス分析機能といった管理機能も充実しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
tebikiの資料を無料DL

Teachme Biz - 株式会社スタディスト

Teachme Biz - 株式会社スタディスト 画像出典:Teachme Biz公式サイト

  • 簡単4ステップでマニュアル作成
  • いつでもどこでも使えるマルチデバイス対応
  • マニュアルを確実に伝えるための仕組み

Teachme Bizは、画像・動画ベースのわかりやすいマニュアルを短時間で作成・共有できるマニュアル作成ツールです。

スマートフォンやタブレットで撮影した写真を選択し、画像を編集、テキストを入力したらマニュアル作成完了という非常に簡単なステップにより、従来の一般的な方法と比べて80%も作成時間の削減が期待できます。各デバイスごとの専用アプリが提供されており、オンラインであればいつでも画像・動画ベースのマニュアルを作成・共有可能です。マニュアルごとのレビュー数やコメント数などを自動で集計でき、マニュアルをタスクとして配信することもできます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Teachme Bizの資料を無料DL

ClipLine(クリップライン)- ClipLine株式会社

ClipLine(クリップライン)- ClipLine株式会社 画像出典:ClipLine公式サイト

  • タブレットで手軽にスタッフ教育を実現
  • 本社や店舗間のコミュニケーション活性化も
  • 良質なノウハウや情報を共有し“底上げ”

ClipLine(クリップライン)は、多店舗展開しているサービス企業向けの、動画を活用した技術習得支援プラットフォームです。新人教育など従業員育成のマニュアルを動画化し蓄積。担当者不在でもセルフトレーニングを行えるので、育成にかかる時間やコストの削減につながります。好成績をあげる店舗や従業員のノウハウ共有にも活用可能。オペレーション改善が見込め、売り上げ向上を目指せます。大手ファストフード企業をはじめとする飲食業のほか、医療、介護、小売、美容、金融業界への導入実績も持つサービスです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ClipLineの資料を無料DL

VIDEO BRAINは専門知識が不要な、AIによる自動動画編集クラウドサービスです。

写真や動画・テキストなどの素材を入稿して、作りたいフォーマットを選ぶだけでAIが素材の情報を分析し、最適な映像を自動生成。ニュース・SNS広告・サイネージ用動画など、さまざまな用途に特化した豊富な動画フォーマットとBGM素材が揃っています。基本設定から書き出しまで、最短たったの3ステップで作業可能。また月額定額制なので、たくさん動画を作っても安心です。

viaPlatz(ビアプラッツ)- NTTテクノクロス株式会社

viaPlatz(ビアプラッツ)- NTTテクノクロス株式会社 画像出典:viaPlatz公式サイト

  • アクセス制御機能で安心のセキュリティ
  • ブラウザだけで編集やアップロードが完結
  • コンテンツごとにグループや視聴者を設定できる

viaPlatzは、説明会や研修会、技術映像を従業員向けにストリーミング配信できる映像配信システムです。IPアドレス制限や、コンテンツごとの権限設定といった、細かいアクセス制限に対応。社内に向けた動画共有に適しています。またブラウザで簡易編集ができるため、専門の編集ソフトはいりません。動画や静止画に書き込めるオプション機能もあり、ディスカッションしながらの技術伝承手段として活用できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
viaPlatzの資料を無料DL

Shouin


  • いつでもどこでも動画で学習可能
  • 同一基準の評価でスキルを平準化
  • 分析機能で現場のトレーニング状況を可視化

Shouinは、動画を主としたマニュアルなどで新人スタッフの業務習得を効率化し、即戦力化をサポートするクラウドサービスです。個人のスマートフォンでいつでも繰り返し動画を見てトレーニングできるので、新人の戦力化を加速できます。チェックリストを使って全従業員を同じ基準で評価することで、スキルの平準化やエンゲージメントの上昇も見込めます。また、さまざまなデータを分析して現場の人材育成の課題を可視化でき、コンテンツの改善サイクルを回すことでトレーニング効率の向上が可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Shouinの資料を無料DL

Dojo

  • 知識やスキルがなくても習得可
  • 豊富なテンプレートできれい&統一
  • 導入後のサポートが充実

Dojo(ドージョー)は、優れた自動作成機能をもつ革新的マニュアル&コンテンツ作成ツールです。eラーニングなど幅広い活用もでき、紙媒体やデジタルのどちらのマニュアルを簡単に作成できます。用意されたテンプレートや動画が豊富で、個々でプリントスクリーンの大きさやコメントが異なるといった問題を解消します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Dojoの資料を無料DL

iTutor(アイチューター)

  • これまで数時間かかったマニュアルの作成を1時間程度に短縮できる
  • オフィス系ソフトのようなわかりやすいインターフェース
  • エクセルやパワーポイントなどの操作をそのまま動画として出力できる

iTutorは、マニュアル作成を劇的に効率化させるツールです。これまで数時間かかっていたマニュアルの作成をわずか1時間程度に短縮できますます。また、ワードやエクセル、パワーポイントといったマニュアルとして示すことの多いアプリケーションの一連の操作を動画として簡単に出力可能です。操作マニュアルなどの作成にはうってつけのソフトといえます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iTutorの資料を無料DL

TEんDO

  • クラウド環境で利用できる
  • 自動キャプチャ機能などによって簡単にマニュアルの作成ができる
  • 自動音声合成機能のオプションあり

TEんDOは、マニュアル自動作成ソフトである「Dojo」をクラウド環境で利用できるサービスです。直感的でわかりやすいインターフェースのもと、簡単にマニュアルの作成ができるようになっています。作成したマニュアルはワードやエクセルなどはもちろん、動画形式でも出力可能であり、オプションの自動音声合成機能を使えば音声付きのコンテンツも簡単に作成可能です。

BPR+

  • だれにでも簡単にフローチャートの作成ができる
  • 直感的でわかりやすいインターフェース
  • ブラウザやタブレットで作成したチャートを共有可能

BPR+は、だれでも簡単にフローチャートを書くことができる業務プロセス可視化ツールです。業務に関連する情報をフロー上の図形に埋め込んでいくだけで視覚的にわかりやすいチャートを手早く作成できます。業務フローの各々の作業に対して詳細な内容を記述でき、外部ファイルのリンクによって必要なファイルをすぐに呼び出すこともできます。複雑な業務プロセスをチャート化して説明する際に非常に便利なツールです。

STORM V

  • パワーポイントから高クオリティなプレゼンコンテンツを簡単に作成
  • アニメーションや動画の埋め込み、ナレーションの挿入ができる
  • モバイルなどデバイスに合わせてレイアウトを自動で設定

STORM Vは、プレゼンテーションに必要なコンテンツを高クオリティで作成できるプレゼン型コンテンツ作成ソフトです。プレゼン用の動画とスライドや音声を組み合わせたり、スライドにナレーションを追加するといったさまざまな演出が可能です。プレゼンだけでなく、eラーニング用の教材や製品の説明マニュアルの作成などにも最適です。

ほか、マニュアル作成を効率化するクラウドサービスの資料を、無料でまとめてダウンロードいただけます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
マニュアル作成サービスの資料を一括請求

研修や顧客対応に動画マニュアルを導入しよう!

動画による各種マニュアルについて、作成のメリットや活用事例、そして実際の動画マニュアルの作成ポイントについて説明してきました。最近はパソコンのソフトウェアだけでなく、これまで紙ベースでマニュアルが作成されてきた製品についても、動画で使い方を説明するものが増えてきています。それだけメリットが大きいということです。

動画であれば、言葉や画像だけでは理解されづらいニュアンスの部分まで直感的に理解してもらえるようになります。今後は新人の研修や業務マニュアルといった分野だけでなく、顧客に説明するコンテンツなどもどんどん動画化されていくことになるでしょう。

本記事を参考に、あなたもぜひ自分の会社で必要なマニュアルを動画化してみてはいかがでしょうか?

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

マニュアル作成
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
ピナクルズ株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事