40代で未経験職種に転職するには | 成功のポイントとおすすめの求人サイト

最終更新日:
現実的には40代で未経験職種に転職するのは非常に厳しいです。ただし、いくつかの成功のポイントを満たし、求人サイトやエージェントを上手に活用すれば転職できる可能性もあります。本記事では40代から未経験職種への転職を成功させるためのポイントとおすすめの求人サイトについて紹介します。
求人・転職求人・転職おすすめエージェント(40代以上)

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>転職サイトおすすめランキングはこちら
>>>転職エージェントおすすめランキングはこちら

40代の転職事情とは

一般的に40代になると未経験職への転職は厳しくなります。なぜ厳しくなるのか、40代の転職事情について詳しく解説していきます。

未経験職への転職は厳しい

40代の転職では即戦力性が重視されます。しかし、未経験からの転職だと他の職種でいくら素晴らしい経歴、実績の人材でも即戦力としては採用されません。

また、20代後半30代の現場の教育者担当者があまりにも年上の新人だと扱いづらいので、採用担当者も敬遠すると考えられます。

40代の平均年収を徹底解説 | 職業別や年収ごとの割合 | ボクシルマガジン
働くうえで給与は非常に大事な要素です。自分の年収は適切なのか気になるものですが、なかなか人の収入事情を知る機会はあ...

40代男性の転職事情

40代男性の転職者には、マネージャーとして組織をまとめあげるマネジメント能力が求められます。マネジメントの経験があっても職種に対する経験がなければチームをまとめ上げるのは困難です。

採用担当者に未経験からでもマネージャーとして採用するべきだと納得させる理由が必要になります。

また、未経験職に転職すると給料は著しく低下するので希望する給与の求人がない、仮に転職に成功しても新卒のように質問しにくいなどのデメリットがあります。

40代女性の転職事情

総務省の労働力調査によれば40代の女性は正社員よりも、アルバイト・パートとしての働き方を選ぶ人が多いです。

ただし、女性の社会進出に伴う法整備によって40代の女性も徐々に正社員として働きやすい環境が構築されつつあります。

たとえば、女性活躍推進法により、従業員301名以上の企業、国・地方公共団体は、社内における女性の活躍に関する状況を分析し課題を抽出、どう課題を解決するか数値目標と取り組みを策定・届出・周知・公表しなければならないとされています。

>>>女性の転職エージェントランキングTOP7はこちら


40代の転職事情をさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

40代の転職事情 | 男女別の失敗する理由と成功ポイント | ボクシルマガジン
40代の転職事情について多くの方が失敗してしまう理由と、転職を成功させるためのポイントについて男女別に説明します。...

未経験から転職しやすい職種

40代の場合、完全な未経験での転職はなかなか難しいです。

ただ、相手の気持を察する力があり、高いコミュニケーション能力があれば、個人営業職・法人営業職などへのチャレンジも可能です。募集が保険・不動産・人材など対人スキルを求める企業で活かせます。

また、飲食業界や販売店の店長・販売スタッフなどの募集もあるでしょう。

このように40代でも職種を選べば未経験からの転職も可能です。40代未経験からでも転職できる5つの職種について説明します。

>>>40代におすすめの転職サイトランキングはこちら

工場作業員

40代未経験からでも転職しやすい職種として挙げられるのが、工場作業員です。製造ラインや軽作業などの仕事は未経験からでも覚えやすく40代からでも十分に転職して活躍できます。

中小の工場においては若手社員が定着しないことや職人が高齢化していることもあり、50代、60代のベテラン工員が現場で活躍していることも珍しくありません。40代でも十分に若い部類に入ります。

不動産鑑定士

不動産鑑定士とは、土地や建物の価値を評価する国家資格です。国家試験に合格しなければなりませんが、転職ニーズが高く、独立はもちろん金融や不動産の大手企業にも就職しやすいです。

したがって、平均年収が高いので給料の低さを理由に転職を考えている方におすすめです。

ちなみに昔は難関資格の1つだと言われていましたが、近年は受験者が減少傾向にあるため試験も易化傾向にあり、昔よりは合格しやすい穴場資格になりつつあります。

エンジニア職

ITエンジニアは慢性的に不足していることもあり、未経験可の求人募集もあります。

近年はプログラミングスクールオンライン学習サービスのように独学しやすい環境も整備されつつあるので、40代からでもエンジニアを目指せます。

基本知識やスキル・技術を身につければ高給が期待でき、人材の流動性が高い職種なため転職によるキャリアアップも期待できます。

さらに実力と人脈が揃えばフリーランスエンジニアとして自由度の高い働き方とさらなる高給も目指せます。

エンジニアとは|仕事内容と種類ごとの年収・特徴・未経験からの転職ポイント | ボクシルマガジン
エンジニアとはシステムエンジニア(SE)だけでなく、インフラエンジニアやネットワークエンジニアなど種類があります。...

営業職

営業職は高いコミュニケーション能力と臨機応変な対応力が求められ、未経験からでも転職しやすい仕事です。

40代ならば社会人としてのマナーは自然に身についている方が多く、年齢とともに培った対人スキルが活かせる仕事でもあります。

また、営業成績が給料や出世に反映されやすい業界でもあるので、未経験からでも実績を出せれば一気に高年収と管理職のポストを目指すこともできます。

営業職の仕事内容を業界別に解説 | 基本業務・向いている人の特徴・1日の流れ | ボクシルマガジン
営業の仕事内容とは、自社の製品やサービスを販売して売上を作ることであり、営業の存在はすべての企業にとって欠かせませ...

薬剤師

薬剤師は薬を扱う国家資格で、高年収かつ転職しやすい仕事です。ただし、資格を取得するためには6年間大学の薬学部で勉強して、国家試験に合格しなければなりません。

40代未経験だと企業や病院で薬剤師として働くのは難しいかもしれませんが、調剤薬局やドラッグストアなら未経験からでも転職できる可能性があります。

えり好みをしなければ40代でも転職するのは一般の職種よりも難しくはないでしょう。

薬剤師になるには?方法と必要な資格・難易度・給料・年収・将来性【新卒】 | ボクシルマガジン
薬剤師になるためには6年間大学で勉強したあと、薬剤師国家試験に合格し、さらに薬剤師登録なければなりません。薬剤師に...

未経験職への転職を成功させる方法

未経験職への転職を成功させるためには、「資格を取得する」「自己キャリアを分析する」ことが必要です。

資格の習得を考える

未経験で活躍できることの客観的な証明として資格を取得することが有効なため、目指す職種によっては資格を習得した方が良いいでしょう。

特に弁護士や医師、薬剤師、不動産鑑定士のような独占業務は資格を取得しないと転職は不可能であり、難関資格は取得さえすれば就職は難しくないでしょう。

ただし、中途半端な資格だと実務経験の方が重視されたり、転職においてあまり評価されなかったりする場合もあります。

転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント | ボクシルマガジン
転職に有利な資格を解説!近年、社会人の資格取得への機運が高まっています。人気の資格を取ることで自身のキャリアアップ...

自己キャリアを分析する

自己キャリアを分析して未経験職種に転職する場合でも、過去のスキルや実績が何かしら活かせないかを考えることが重要です。

未経験職種に転職は、いままでの経験がすべて無駄になるわけではなく、何らかの活かせるスキルや経験はあるはずです。

自己のキャリアを見直し、目指している未経験職種でどのように活かせるかをきちんと説明できれば、40代であっても未経験職種に転職できる可能性はあります。

40代の平均年収を徹底解説 | 職業別や年収ごとの割合 | ボクシルマガジン
働くうえで給与は非常に大事な要素です。自分の年収は適切なのか気になるものですが、なかなか人の収入事情を知る機会はあ...

年収やキャリア、希望の職種にこだわりすぎない

日本企業に長く勤めていると、年収が市場相場から大きく乖離することがしばしばあります。

今の転職市場の実態がわからずに活動をしていくと、プライドが邪魔してなかなか内定が出ない、という結果になることがあります。

面接の中で、「現場で扱いづらいのではないか」と危惧され、採用そのものが見送られるケースも見られます。

まずは、自身の強みとその市場価値を認識することが大事です。単に、専門スキルをPRするのではなく、「仕事の進め方」や「社内外の人との関わり方」といったミドルだからこそ培われているポータブルな能力を可視化していくことが大事です。

また、それに合致する業界・企業・職種は何かという理解が必要です。

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別完全まとめ | 年収中央値の違いは? | ボクシルマガジン
仕事を探すうえで平均年収は強い関心事の1つですが、性別、年齢、働く都道府県によっても平均年収は異なります。年収につ...

40代におすすめの求人サイト・エージェント

40代で未経験職への転職を成功させるためには求人サイト・エージェントを活用するべきです。おすすめの求人サイト・エージェントを5つ紹介します。

リクナビNEXT

■Point1:転職者の約8割が利用
リクナビNEXTは、転職者の約8割が利用する転職サイトです。利用者の多い転職サイトは、企業からの注目度も高く、他の転職サイトより求人が掲載されやすくなります。

■Point2:リクナビ限定の求人が多数
取り扱っている求人の約85%はリクナビNEXTにしか掲載されていません。多くの求人情報をカバーしたいのであれば、登録がおすすめです。

■Point3:求人の90%は正社員向けの求人
リクナビNEXTの求人は、90%が正社員向けなので検討できる求人が数多くあります。

リクナビNEXTの評判や口コミはこちら

doda(デューダ)

■ポイント1:転職者の満足度No.1の実績
dodaはキャリアアドバイザーのサポート力が高く、寄り添う親身なサポートが好評です。

■ポイント2:10万件以上の求人からマッチング
「完全週休二日制」「年収500万円以上」「残業時間20時間未満」など、細かな要望にも応えてくれます。

■ポイント3:自分のペースで転職活動ができる
転職サイトだけではなく、転職エージェントも利用できます。とりあえず調査したいだけなら転職サイトを、転職意欲が高まったときに転職エージェントを使うなど、自分のペースに合わせて転職活動を進められます。

doda(デューダ)の評判・口コミはこちら

パソナキャリア

■Point1:2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位
パソナキャリアは、顧客満足度調査No.1に選ばれた転職エージェントです(オリコンが利用者3,346人、対象企業38社に対して調査)。

■Point2:累計25万人の転職実績
転職を支援した25万人分のノウハウを活かして転職をサポートしてくれます。

■Point3:年収アップに期待大
転職後に年収がアップした割合は、67.1%に上ります。高確率で年収をアップできます。

パソナキャリアの評判・口コミはこちら

ワークポート

■ポイント1:利用者35万人の実績
多くの転職希望者がワークポートを利用しています。求人している企業の幅が広いのもポイントです。

■ポイント2:未経験者の可能性を引き出す
転職コンシェルジュはあなたが希望の職種の未経験者であっても魅力を最大限に発揮できるよう相談に乗ってくれます。思っていることを相談しましょう。

■ポイント3:日程調整や年収交渉も代行
入社日の調整や年収の交渉、希望企業以外に入れる断りの連絡など、面倒な作業はコンシェルジュが担当してくれます。

ワークポートの評判・口コミはこちら


未経験職への転職で失敗しないために

40代で未経験職へ挑戦するのは現実的に考えると非常に厳しく失敗がつきまといます。

ただし、資格を取得したり、未経験でも自分のこれまでのキャリアで培った経験やスキルが活かせることを証明したりできれば転職できる可能性もあります。

どちらにせよ転職が困難であることには違いないので、仕事探しの段階から求人サイトや転職エージェントのサポートを受けて転職活動をしましょう。

40代向けのおすすめ記事一覧


【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
Large
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事