コピー完了

記事TOP

プログラミングスクールからフリーランスに独立する方法|失敗しない選び方と比較ポイント

最終更新日:
プログラミングスクールに通いフリーランスとして独立する方法を解説します。フリーのエンジニアにはプログラミング技術以外のスキルも必要になるため、フリーランスを養成するスクールに通うのが重要です。おすすめのスクールの比較と失敗しない選び方を紹介します。

フリーランスの仕事探しにおすすめTOP3

1位 レバテックフリーランス 2位 ギークスジョブ 3位 PE-BANK
実務経験3年は必須。高単価案件多数の業界最大級フリーランスエンジニア専門エージェント 業界実績15年、登録エンジニア16,000名以上の豊富な実績。週5日・現場常駐型案件がメイン 取引企業数1000社以上、5万件の案件から継続的な紹介。平均年収は800万円以上(関東の場合)

フリーランスのエンジニアとして独立したいけど、プログラミングスクールから目指せるのか気になってる方も多いでしょう。

プログラミングスクールにはフリーランスコースがあるスクールや、安定するまで案件獲得サポートを行ってくれるスクールがあります。

また、フリーランスになるにはスクールに通うだけでなく、必要なスキルやスクール選びが重要です。

本記事では、ブログやSNSの評判や口コミを調査し比較した結果から、フリーランスになりたい方向けのおすすめプログラミングスクールを紹介し、必要なスキルやスクールの選び方についても説明します

プログラミングスクールからフリーランスになる方法

一般的にフリーランスエンジニアになるには次の2つのパターンがあります。

  • 企業に勤め経験を積んでから副業を始めて、安定する目処が立ったら独立する
  • 小さな案件から始めて、実績を積み上げてから大きな案件を受ける

基本的には企業に就職して経験を積み、副業から始めて最終的にフリーランスを目指す方が多いですが、プログラミングスクールからフリーランスになる場合は、小さい案件から始めて実績を積み上げていく方法になります

フリーランスになり活躍するためには、企業に勤めているエンジニア以上のスキルが必要です。

フリーランスエンジニアに必要なスキルと向いている人の特徴について説明します。

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスに必要なスキルは次の3つに大別できます。

  • ITの専門的な知識・実力
  • 営業・マーケティング能力
  • コミュニケーション能力

会社の場合、見込み客集め、提案書作成、営業からの受注、仕様書作成、制作、検収、納品、報酬の受け取り、アフターフォローなど、仕事のさまざまなステップを分業していますがフリーランスの場合は全て自分で行わなければなりません。

よって、ITの専門知識や実力はもちろんのこと、案件を獲得するための営業・マーケティング能力、クライアントの要望をエンジニアリングにきちんと反映し良好な関係を築くコミュニケーション能力も求められます。

フリーランスエンジニアとして活躍できる人の特徴

フリーランスエンジニアとして活躍できる人の特徴は次のとおりです。

  • 責任感が強く向上心がある
  • 自己管理能力が身についている
  • 案件に対して柔軟に対応できる
  • コミュニケーション能力が高い

上記の内容を意識していれば、プログラミングスクールからフリーランスとして働き始めても安定した収入が得られるでしょう。

フリーランスは評価によって報酬や信頼が変わるため、小さい案件でも丁寧な仕事を心がけることが大事です。

フリーランスになるためのスクールの選び方

フリーランスのエンジニアになるためにプログラミングスクールに通うのならば、スクール選びはとても重要です。

スクールには教養レベルでプログラミングを身につけるスクール、転職のために学習するスクールなどさまざまなレベル感がありますが、フリーランスになっても仕事ができる技術と仕事の仕方を教えてくれるスクールを選ばなければなりません。

スクール選びのポイントとして次の4つのチェックポイントがあります。

  • フリーランスのコースを選択
  • 案件獲得のサポート体制の充実さ
  • スクールの実績を調査
  • 無料体験・説明会に参加

それぞれの内容について詳しく説明します。

フリーランス(個人授業主)とは|法人との違い・メリット・デメリットはこちら

フリーランスのコースを選択

第一のチェックポイントはフリーランスのコースがあるか否かです。もちろんフリーランスには教養や転職で求められるよりも高いレベルのエンジニアとしてスキルが求められます。

そのため、プログラミングスクールの中にはフリーランスのためのコースを特別に設置しているスクールもあります。

通常のプログラミング講座だとフリーランスとして働けるレベルを目標に設定していない場合も多いので、フリーランスとしての活躍したいのならば、フリーランス養成コースのあるプログラミングスクールに通うべきです。

案件獲得のサポート体制の充実さ

フリーランスエンジニアになるうえで最初の関門は案件を獲得できるかどうかです。特にフリーランスになりたての頃は、まだ実績やポートフォリオがないので営業に苦労することが多いでしょう。

通常のプログラミングスクールでは、フリーランスのためのセールス・マーケティングの具体的な手法を教えてくれません。

プログラミングスクールによっては、案件獲得支援や卒業後の継続支援、退職の手続き、会計・経理周りの整備などのサポートを行っています。

スクールを卒業して、フリーランスのエンジニアとして活動したいのならば、案件獲得サポートを行っているスクールを探した方が良いでしょう。

スクールの実績を調査

スクールの実績を調査することも重要です。公式サイトの卒業生紹介ページやスクールが運営しているメディアなどの卒業生インタビュー記事を確認すると、卒業後のキャリアについて知れます。

またブログやSNSなどで卒業生らしき方の口コミや評価について調べ、どのような働き方をしているか確認するのも良いでしょう。

卒業生がフリーランスとして活躍できているスクールを選ぶことが重要です。

無料体験・説明会に参加

ネットの情報だと詳細やスクールの雰囲気の違いがわからず、興味はあるけれどスクール選びの決めてに欠けて、実際にスクールを選べないというケースがあります。

スクール選びで迷ったら、興味のあるスクールの無料体験・説明会に参加してみるのも良いでしょう。無料体験・説明会に参加することによって、スクールごとの雰囲気や特徴が明確になるはもちろん、フリーランスになるまでの道のりや独立後の仕事の流れがイメージしやすくなります。

フリーランスになりたい方向けおすすめスクール比較。人気ランキングTOP5

フリーランスのエンジニアを目指す方におすすめのスクールを評判や口コミをもとに比較したのが次の表です。

スクール 料金 オンライン/通学
テックキャンプ エンジニア転職 短期集中スタイル
・29,000円/月〜
夜間・休日スタイル
・39,000円/月~
オンライン型・通学型
自習+サポート
侍エンジニア塾 Business:628,200円
Freelance:416,100円
Debut: 168,000円
AIコース:6 Month784,000円、3 Month464,000円
オンライン型・通学型
マンツーマン
CodeCamp 入学金:10,000円
2ヶ月プラン:148,000円
4ヶ月プラン:248,000円
6ヶ月プラン:298,000円
オンライン型
マンツーマン
DMM WEBCAMP 30日:128,000円
60日:218,000円
90日:298,000円
通学型
マンツーマン
DIVE INTO CODE 【 Webエンジニアコース】
入学金100,000円
コース料金298,000円~498,000円
【機械学習エンジニアコース】
入学金200,000円
コース料金798,000円
通学型
グループ学習

>>>プログラミングスクールおすすめ13選比較はこちら

それぞれのスクールについてさらに詳しく説明します。

1位:DMM WEBCAMP(DMMウェブキャンプ)

■Point1:定額制で通い放題のスクール
DMM WEBCAMPは定額通い放題のスクールのため、短期集中で技術を身につけたい方に向いています。マンツーマン指導の良い環境で学べるため、確実なWebスキルが身につきます。

■Point2:学習継続率No1
プログラミングスクールの中でも学習継続率No1だと言われており、挫折することなくプログラミングが学べます。初心者に配慮されたカリキュラムで学びやすいと評判です。

■Point3:エンジニアへの就職保証付き
就職サポート体制が充実しており、エンジニアへの就職保証付きでサービスを提供しています。専属のアドバイザーによるキャリアサポートが行われるため、界未経験の方や転職経験がない方でも安心して選考に臨めます。

DMM WEBCAMPのサービス詳細

内容 詳細
学べる言語 HTML、CSS、Ruby、Ruby on Railsなど
受講できるコース ・転職コース 専門技術講座
・ビジネス教養コース
価格・料金 30日:【3か月プログラム】
・一括払い628,000円(税別)
・分割払い26,000〜/月(税別)
【転職コース 専門技術講座】
・受講料828,000(税抜)
(条件を満たすと最大70%キャッシュバック)
【ビジネス教養コース】
・128,000円(税別)30日
・218,000円(税別)60日
・298,000円(税別)90日
受講場所・地域 ・DMM WEBCAMP 渋谷校
〒150-0041
東京都渋谷区神南1丁目19番11号パークウェースクエア24階
・DMM WEBCAMP 新宿校(2019年11月16日オープン)
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-5-10成信ビル 4階
・DMM WEBCAMP 難波校
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14難波フロントビル 4階
授業形態 オフライン/マンツーマン

>>DMM WEBCAMPの評判・口コミ|調査結果からわかる特徴はこちら

2位:テックキャンプ エンジニア転職

■Point1:副業・フリーランス専用コースあり
テックキャンプ エンジニア転職には副業やフリーランスのエンジニアになりたい方に特化したコースがあります。案件獲得支援があり、プログラミングだけではなく、仕事の取り方や経理の仕方なども教えてくれます。

■Point2:柔軟にカリキュラムが組める
忙しい社会人の方は夜間や土日に集中的に、コミットできる人は平日にがっつり勉強して短期集中で学べるように、個人のライフスタイルに合わせて柔軟にカリキュラムが組めます。

■Point3:未経験専用の学習プログラム
受講者は未経験者99%、文系出身者70%、30歳以上が30%で未経験者であってもきちんと技術を習得できる学習プログラムがあります。600時間のコンテンツと最高の学習環境が用意されおり、現場で活躍できる即戦力のエンジニアになれます。

30代は未経験職に転職できる?しやすい職種・成功に必要なポイントはこちら

テックキャンプ エンジニア転職のサービス詳細

内容 詳細
学べる言語 HTML、CSS、JavaScript、SQL、Ruby on Railsなど多数
受講できるコース ・転職コース
・副業・フリーランスコースの2コース
価格・料金 短期集中スタイル:29,000円/月〜
夜間・休日スタイル:39,000円/月~
受講場所・地域 東京(渋谷)、大阪、名古屋、福岡
授業形態 オフライン・オンライン/自習+サポート

>>テックキャンプ エンジニア転職の評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら

3位:侍エンジニア塾

■Point1:フリーランス専用コースあり
侍エンジニア塾はフリーランスに特化したコースも用意されています。ポートフォリオ作成サポートや案件獲得ノウハウを教えてくれたり、業務委託契約の面接対策もサポートしてくれたります。

■Point2:オーダーメイドカリキュラムの個別指導
目的に合わせてオーダーメイドでカリキュラムが組めて、現役エンジニアから個別指導が受けられるので学習効率が高いです。

■Point3:オリジナルWebサービス開発を授業で行える
授業の中でオリジナルWeb開発が行えるので自分のポートフォリオにもなりますし、起業にも近づきます。

侍エンジニア塾

内容 詳細
学べる言語 Ruby、PHP、Python 、Java、WordPressなど多数
受講できるコース 基本コース3種類、AIコース2種類の5コース
価格・料金 Business:628,200円
Freelance:416,100円
Debut: 168,000円
AIコース:6ヶ月784,000円、3ヶ月464,000円
受講場所・地域 東京(渋谷)、大阪、名古屋、福岡
授業形態 オンラインオフライン併用/マンツーマン

4位:CodeCamp

■Point1:オンライン完結のプログラミング学習サービス
CodeCampはオンライン完結のプログラミングサービスのため、学生や社会人、忙しい方でも仕事と両立できます。

■Point2:現役エンジニアからマンツーマンで指導が受けられる
現役エンジニアからマンツーマンで指導が受けられるので、オンラインであっても密度の高い学習が期待できます。また、初心者でも自分で考えて作れるようになるために、専門のラーニングデザイナーがカリキュラムを設計しています。

■Point3:時間の融通が利く
営業時間が長く、当日予約、当日変更もOKなので仕事やプライベートに合わせて時間を融通しやすいため、自分のライフワークに合わせて通えます。

CodeCampのサービス詳細

内容 詳細
学べる言語 HTML、CSS、JavaScript、PHP、Swiftなど多数
受講できるコース ・Webマスターコース
・デザインマスターコース
・Rubyマスターコースなど全11コース
価格・料金 入学金:10,000円
2ヶ月プラン:148,000円
4ヶ月プラン:248,000円
6ヶ月プラン:298,000円
受講場所・地域 Web環境があればどこでも
授業形態 オンライン完結/マンツーマン

5位:DIVE INTO CODE

■Point1:グループで学習できるのでモチベーションを維持しやすい
DIVE INTO CODEはグループ形式の学習が多いので仲間ができやすく、続けるためのモチベーションが維持しやすいです。

■Point2:オリジナルアプリケーションが開発できる
卒業課題ではオリジナルアプリケーションの開発を行うので、構想から実装まで実践的な能力が身につきます。アプリケーションエンジニアを目指したい方におすすめです。

■Point3:投資家などにプレゼンできる
DEMODAYというピッチイベントを開催しており、ビジネスアイデアに対して専門家からフィードバックがもらえます。

DIVE INTO CODEのサービス詳細

内容 詳細
学べる言語 HTML、CSS、クラウド、SQL/BigQueryなど
受講できるコース ・Webエンジニアコース(就職達成プログラム)
・機械学習エンジニアコース
・オンラインコースなど4コース
価格・料金 【Webエンジニアコース】
・入学金100,000円
・コース料金298,000円~498,00円
【機械学習エンジニアコース】
・入学金200,000円
・コース料金798,000円
受講場所・地域 東京(渋谷)
授業形態 グループ学習/オフライン


プログラミングスクールの比較ポイント

プログラミングを勉強するには時間も費用もかかります。よって、プログラミングスクールを比較するときは次の2つのポイントで比較してください。

  • 無料か有料か・料金で決める
  • オンライン型かオフライン型で決める

それぞれのポイントについて詳しく説明します。

無料か有料か・料金で決める

スクールには無料のものもあり、有料であっても価格や学習内容はまちまちです。有料のスクールの場合、金銭的な違いも伴うのでお金がスクール選びの1つの基準となります。

無料スクールと有料スクールの特徴は次のとおりです。

スクール/特徴 メリット デメリット
無料スクール ・無料でプログラミングを学べる
・そのままエンジニアへの転職サポートを受けられる
・学習ペースや内容に制限がある
・スクール経由の転職とセットになっているのでキャリアが制限される
有料スクール ・学習できる言語やコースの幅が広く働きながら通いやすい
・スクール経由で転職しなくても良い
・学習するのにお金がかかる
・スクールによっては転職サポートがない

無料スクールは金銭的な負担はありませんが学習内容やコースの自由度が低く、卒業時にスクール経由で就職しなければならないなど制約があります。

いったん就職してからフリーランスを目指す場合は別として、フルスタックエンジニアなど将来性の高いITエンジニアフリーランスを目指すのであれば有料スクールを選択した方がいいでしょう。

オンライン型かオフライン型で決める

スクールには「Web上で課題を進めてわからないところはチャットや掲示板でメンターなどに質問できるオンライン型」と「教室に通って直接プログラミングの授業を受けるオフライン型」の2種類があります。

一般的には両者には次のような違いがあります。

タイプ/特徴 メリット デメリット
オンライン型 ・疑問点をすぐに講師に質問しやすい
・教室に行くため仲間がおりモチベーションを維持しやすい
・費用は比較的高め
・教室に通わなければならない
オフライン型 ・いつでもどこでも自分のペースで学習できる
・学習に必要な費用は比較的安い
・気軽にわからない箇所を質問しにくい
・学習ペースの自律的なコントロールが必要

フリーランスを目指す方の場合、真剣に学習できるのならばどちらでも良いです。ただし、スクールは都市部に集中しているので地方の方だとオンライン型の方が便利ですし、お金と時間をかけても学習効率を高めたいのならばオフライン型の方が勉強しやすいでしょう。

フリーランス独立後の案件の取り方

テックキャンプ エンジニア転職のフリーランスコースでは、独立後に安定して案件が取れるようになるまでサポートしてくれるため、プログラミングスクールからフリーランスエンジニアを目指す方におすすめです。

テックキャンプ エンジニア転職以外のプログラミングスクールからフリーランスになり、安定して案件を取るならフリーランスエージェントを活用するといいでしょう。

おすすめのフリーランスエージェントは次のとおりです。

>>ITフリーランスエンジニアに独立後の安定した案件の取り方はこちら

未経験からエンジニアを目指すパターン

未経験からエンジニアを目指す場合、次の2つのパターンがおすすめです。

  • プログラミングスクールに通う
  • 未経験歓迎の求人に応募する

すぐにフリーランスになりたいのならば、専用のコースがあるスクールで徹底的に学習して、卒業後すぐに活動した方が良いでしょう。

また、お金を掛けたくないし、いずれはフリーランスのエンジニアになりたいという方は、IT業界に強い転職サイト・エージェントから未経験歓迎のエンジニア求人に応募して、数年会社でエンジニアとして実績を積んだ後に独立するというパターンもあります。

いずれにしても上で説明した3つのスキルさえあれば、フリーのエンジニアとして独立することは夢ではありません。

社会人からエンジニアに転職する場合

社会人は忙しく、学習するための時間を確保するのが難しいため、自分の生活に合ったプログラミングスクールを選ぶといいでしょう。

もし、プログラミングスクールに通える時間があるなら、通学型のスクールで講師の方に質問しながら学習することをおすすめします。

スクールからフリーランスエンジニアになれる

フリーランスのエンジニアは時間に融通が利き女性でも働きやすい職業の1つのため、女性エンジニアも増えています。フリーランスのエンジニアを目指すためにスクールに通うなら、次のポイントに確認して選びましょう。

  • フリーランスのコースがあるか
  • 案件獲得のサポート体制が充実しているか
  • スクールの実績を調査する
  • 無料体験・説明会に参加する

いきなりの独立は不安、お金を掛けられない場合は、就職サポート付きのスクールに通って、卒業後に就職、何年かエンジニアとして働いてからフリーランスとして独立というパターンもあります。

初心者からでも真剣に勉強すれば、フリーランスのエンジニアになれます。

フリーランスの案件探しに人気のサービスTOP3

フリーランスの仕事は一般の転職・求人サイトでは見つけられません。フリーランス専門のサービスを利用すると、希望の案件を見つけやすくなります。ここからはフリーランス向けの人気のサービスを3つ紹介します。

1位:レバテックフリーランス

■Point1:自分にあった案件が見つかる
レバテックフリーランスは多くのWEB系の高単価案件を保有しています。そのため実務経験が3年以上であれば、レベルやスキルにマッチする案件を見つけやすいです。高単価案件とのマッチング度も高いため、継続的な収入アップも期待できます。

■Point2:企業ニーズの高い常駐案件
求人の大多数が常駐型案件になります。セキュリティ・制作の進め方の観点から、常駐での稼働を要望する企業が多いです。常駐案件は、顧客とのコミュニケーションがスムーズに取れるため、フリーランス側からも人気となっています。

■Point3:迅速な提案スピード
ブランク期間をつくらないために、契約期間満了前月の中旬には継続か終了の意向確認が入ります。契約終了の場合は、迅速に次の案件を提案してくれます。

レバテックフリーランスの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:ギークスジョブ(geechs job)

■Point1:平均年収780万円以上
ギークスジョブで案件に参画している方の、12ヶ月での平均報酬が780万円以上となります。高報酬案件が多い点は魅力です。

■Point2:契約決定率80%以上
案件の受注率が80%(2015年3月~2019年3月12日時点)を超えているので、「登録したけど案件が決まらない…」と不満を感じづらいです。

■Point3:登録者限定で、さまざまなサポートを受けれる
登録者限定サポートを受けれます。「確定申告サポート」「ヘルスケアサポート」「セミナー部勉強会への参加」などトータルサポートが提供されます。

3位:PE-BNAK

■Point1:全国各地5万件以上の案件から紹介される
PE-BNAKでは、全国9都市の拠点から受注した約5万件のフリーランスエンジニア向けを案件が継続的に紹介されます。

■Point2:平均年収800万円以上の高額報酬も期待(関東エリアの場合)
関東エリアでのデータですが、紹介案件の平均年収は800万円以上です。高収入が期待できるため、フリーランスエンジニアとして安定した報酬を得たい人におすすめできます。

■Point3:充実した福利厚生・健康サポートが受けられる
登録者限定で健康診断補助・メンタルサポートでの健康サポートが受けられます。さらに、情報疑似術者試験・ORACLE、CISCOなどの資格試験の受講費用補助の制度も用意されています。

番外編:Midworks

■Point1:案件数が豊富
Midworksは業界最大級の案件数を誇り、IT・Web業界の中小企業から有名大手企業の案件まで幅広く揃っています。

■Point2:フリーランスでも充実した保証
フリーランスでも正社員並みの保証が付いたサービスであり、賠償責任補償や健康診断優待、弁護士の無料紹介などさまざまな保障があります。

■Point3:コンサルタントによる手厚いサポート
業界を熟知した専任のコンサルタントが手厚いサポート行い、今後の収入の安定、アップなどキャリアについての相談も可能です。


IT業界向けのその他転職サイト・エージェントはこちらから

エンジニア向けのおすすめ記事一覧

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
オンライン型プログラミングスクールおすすめ13選|特徴や料金・評判を比較【無料あり】
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
社会人向けおすすめプログラミングスクール10選を比較|失敗しない選び方や学習方法
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは | 就職を成功させよう
転職ナビの特徴 | アプリや口コミは?有効活用して転職を成功させよう
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント
無料のプログラミングスクールおすすめ10選|無料の条件や有料との違いを比較
就活で時計は必要?おすすめの就活用時計と選び方を解説
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】