コピー完了

記事TOP

製造業界向けプロジェクト管理ツールおすすめ比較!解決できる課題

最終更新日:(記事の情報は現在から437日前のものです)
BOXILでは、製造業界向けプロジェクト管理ツールのおすすめを、製造業界で役立つ機能とともに紹介します。 また、製造業界でよくある課題について、プロジェクト管理ツールでどのように解決できるのか解説します。

【厳選】おすすめプロジェクト管理ツールをまとめてチェック!
プロジェクト管理ツールの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめプロジェクト管理ツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なプロジェクト管理ツールを含むサービスを徹底比較しています。ぜひプロジェクト管理ツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

製造業界で活用できるプロジェクト管理ツールの機能

プロジェクト管理ツールとは、プロジェクトを管理するためのツールです。プロジェクト管理ツールにはスケジュール管理やタスク管理、ガントチャートの作成、情報共有機能、レポート機能などの機能があります。

製造業界では、生産スケジューラーや工程管理、在庫管理、原価管理などの機能によって、生産性の向上や納期の順守、品質の向上やコスト削減ができたり、ノウハウの蓄積や共有ができたりします。

製造業界におけるプロジェクト管理の課題

製造業界では、新製品開発や品質管理などを行う必要があり、それにあたってプロジェクト管理にまつわる課題が発生することがあります。 普段の業務で解決すべき課題はどれか、確認してみましょう。

作業の進捗状況の把握や共有がスムーズにできていない

製造業界では、複数の部署や拠点と連携することが多いため、作業の進捗状況の把握や共有を行うことがあり、その点が課題になる場合が多いです。

また、コミュニケーションツールやメールなどによって情報が分散してしまうため、情報の整合性や一元管理ができず、作業の遅延やミスにつながってしまう場合もあります。

作業の工数や経費などのコストが可視化できていない

製造業界では、原材料や部品の価格変動、人件費の高騰などの問題から、作業の工数や経費などのコストを抑える必要があり、その点が課題になることが多いです。

また、Excelや紙ベースなどでコスト管理を行っているため、データの入力や集計に時間がかかったり、データの正確性や信頼性が低くなったりするため、コスト削減の効果や効率を測定できない場合もあります。

作業の効果や成果の測定ができていない

製造業界では、市場のニーズや技術の進化に対応するために、作業の効果や成果測定が必要です。
また、KPI(重要業績評価指標)や目標値などを設定していなかったり、設定していても追跡や分析を行っていなかったりするケースもあります。

製造業界の課題をプロジェクト管理ツールで解決できる理由

製造業界では、「作業の進捗状況の把握や共有がスムーズにできていない」「作業の工数や経費などのコストが可視化できていない」などプロジェクト管理に関する課題がありますが、プロジェクト管理ツールを使えばそれらの課題も解決できます。

プロジェクト管理の課題を解決できる理由を、プロジェクト管理ツールの機能や詳細とともに説明します。

進捗管理を効率化できる

プロジェクト管理ツールを導入すると、作業計画や実績をシステム上で管理できるため、進捗管理を効率化できます。作業者はスマートフォンやタブレットから実績を入力し、管理者はリアルタイムに進捗を確認可能です。

また、ガントチャートやカレンダーなどの機能を使うと、作業工程やスケジュールを視覚的に把握できます。さらに、生産スケジューラーの機能を使うと、人員や設備の最適な割り当てや調整ができ、納期の順守やリードタイムの短縮につながります。

コスト管理の効率化と利益向上につながる

プロジェクト管理ツールを導入すると、作業の工数や経費などのコストをシステム上で管理できるため、コスト管理を効率化できます。作業者はスマートフォンやタブレットから工数と経費を入力し、管理者はリアルタイムにコストを確認できます。

また、売上管理機能や見積もり作成機能を使うと、利益向上に貢献できます。売上管理機能では、受注・出荷・請求・回収などの売上データを集計・分析し、売上実績や売掛金残高などを把握できます。見積もり作成機能では、工程設計や原価計算などに基づいて見積もり書を作成し、顧客への提案力を高められます。

KPIを管理できる

プロジェクト管理ツールを導入すると、KPI(重要業績評価指標)を管理できるため、製造業界で起こりがちな「作業の効果や成果の測定ができていない」課題を解決できます。

KPIは、作業の効果や成果を定量的に評価するための指標です。たとえば、品質に関するKPIとしては、不良率や返品率などがあります。

プロジェクト管理ツールでは、ダッシュボード機能やレポート機能を使うと、さらにKPIを管理できます。ダッシュボード機能では、KPIをグラフやチャートなどで視覚的に表示し、一目で状況を把握できます。レポート機能では、KPIを集計・分析し、レポート書として出力可能です。

おすすめプロジェクト管理ツールの比較表

【特典比較表つき】『プロジェクト管理・工数管理の資料10選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『プロジェクト管理・工数管理の資料10選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

製造業界向けプロジェクト管理ツールおすすめ比較

製造業界におすすめのプロジェクト管理ツールを紹介します。

Lychee Redmine - 株式会社アジャイルウェア

Lychee Redmine
Lychee Redmine
BOXIL SaaS AWARD Autumn 2023 サービスの安定性No.1
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Lychee Redmineは、オープンソースのプロジェクト管理ツールであるRedmineをカスタマイズしたサービスです。チケット管理やバージョン管理などの基本的な機能に加えて、製造業界に特化した工程管理や生産スケジューリングなどの機能が搭載されており、製造業界で多様なプロジェクトを効率的に管理できます。

Lychee Redmineは、Redmineの拡張性を活かして、製造業界のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。たとえば、工程表やガントチャートを使って、作業の進捗やリソースの割り当てを可視化したり、生産スケジューラーを使って、納期や工程時間などの条件に基づいて作業計画を自動作成したりできます。また、品質管理や在庫管理などの他のシステムとも連携できます。

Lychee Redmineは、製造業界でオープンソースのプロジェクト管理ツールを活用したい方におすすめです。導入費用やサポート体制も充実しています。

SynViz S2 - 株式会社日立ソリューションズ東日本

SynViz S2は、工程管理表やプロジェクト管理をWebベースで行えるプロジェクト管理ツールです。Excelのような使いやすさや、Redmineとのチケット連携、Web APIなどのオプション機能が搭載されており、製造業界で起こりがちな納期遅れや品質低下などの課題を解決できます。

SynViz S2は、工程設計から生産スケジューリングまでを一元管理できるため、作業の進捗やコスト、品質などの情報をリアルタイムに把握や共有できます。また、ガントチャートやカレンダーなどの機能でスケジュール管理ができるほか、ダッシュボードやレポート機能でKPIや品質データなどを分析・評価できます。

SynViz S2は、製造業界に特化した工程管理・プロジェクト管理ツールとして、多くの導入実績があります。製造業界で業務効率化や生産性向上を目指す方におすすめです。

Seiryu - 株式会社 テクノア

Seiryuは、製造業向けのプロジェクト管理ツールです。工程管理や生産スケジューリング、品質管理や在庫管理などの機能が搭載されており、製造業界で発生するさまざまな課題を解決できます。

Seiryuは、製造業界の特徴やニーズに合わせて開発されたツールで、多品種少量生産や個別受注生産にも対応できます。たとえば、工程表やガントチャートを使って、作業の進捗やリソースの割り当てを可視化したり、生産スケジューラーを使って、納期や工程時間などの条件に基づいて作業計画を自動作成したりできます。

Seiryuは、製造業界でプロジェクト管理を効率化したい方におすすめです。導入費用やサポート体制も充実しています。

製造業界向けプロジェクト管理ツールで業務を効率化しよう

プロジェクト管理システムは製造業界で業務効率化するために有効です。製造業界では多品種少量生産や個別受注生産などの生産方式が増えており、柔軟性と効率性が求められます。プロジェクト管理システムはその両方を実現できます。

製造業界向けプロジェクト管理システムを導入する際には、生産スケジューラーや品質管理機能が搭載されているか確認しましょう。また、製造業界で導入実績の多いサービスを選ぶと安心です。

\【無料特典】プロジェクト管理ツールの比較表/

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

製造業界では、プロジェクト管理ツールに関連して次のようなサービスも導入されています。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

プロジェクト管理・工数管理ツールの選び方ガイド20240418.pptx.pdf
プロジェクト管理・工数管理
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
プロジェクト管理・工数管理の最近更新された記事
タスク管理とは?必要性やToDo管理の方法 - コツや注意点も紹介
進捗共有におすすめのタスク管理ツール8選!選び方とスムーズに進めるコツ
無料で使えるおすすめのタスク管理ツール7選!ツールの特徴と選び方
無料のプロジェクト管理ツール8選!導入に失敗しない選定ポイント
【無料】Googleスプレッドシートでガントチャートを作る方法
オンプレミス型のプロジェクト管理ツールおすすめ5選!クラウド型との違い
個人利用におすすめのプロジェクト管理ツール7選!選び方や利用するメリット
おすすめプロジェクト管理アプリ14選!【無料・個人向けあり】
ガントチャートツールの無料(フリー)おすすめ比較!アプリの有無も紹介
時間管理ツールおすすめ比較!タイムトラッキングアプリの選び方【有料・無料】