コピー完了

記事TOP

製造業界向けSFAツールおすすめ比較!解決できる課題

最終更新日:(記事の情報は現在から181日前のものです)
BOXILでは、製造業界向けSFAツールのおすすめを、製造業界で役立つ機能とともに紹介します。 また、製造業界でよくある課題について、SFAツールでどのように解決できるのか解説します。

【厳選】おすすめSFAをまとめてチェック!
SFAの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめSFAの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なSFAを含むサービスを徹底比較しています。ぜひSFAを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

製造業界におすすめのSFAツールとは

SFAとは、Sales Force Automation(営業支援)の略称で、SFAツールとは営業活動を効率化・自動化するためのシステムです。複雑になりがちな製造業の営業管理を可視化・自動化し、営業情報を蓄積・分析することで、営業活動の最大化を図ります。

近年は長引く不況と、これまでの個人による営業スタイルが通用しなくなってきたことで、チームによる効率的な営業活動が求められています。SFAツールはこのチームによる効率的な営業活動を支援するシステムであり、営業人材が不足しがちな製造業向けのSaaS(クラウド型システム)といえるでしょう。

SFAとは?意味やCRMとの違いを図解 - 営業活動を効率化するシステム選びのポイント
SFA(営業支援システム)とは、営業活動を効率化するツールのことです。属人化しがちな営業業務を可視化し、チームプレ...
詳細を見る

製造業界で活用できるSFAツールの機能

SFAシステムには顧客管理(CRM)や商談管理、見積・請求書発行、日報・レポート作成など、営業活動に必要なさまざまな機能が搭載されています。

製造業界では、SFAシステムを活用することで、次のようなメリットが得られます。

  • 営業活動の効率化
  • 属人化の解消
  • 売上・利益の向上
  • 顧客満足度の向上

製造業界でSFAシステムを導入する際は、自社の営業プロセスや課題をよく理解したうえで、最適なシステムを選ぶことが重要です。また、SFAシステムの導入効果を最大限に引き出すためには、社員への教育やサポート体制の整備も必要でしょう。


CRMとは「顧客関係管理」の略で、顧客の年齢や性別などの基本情報のほか、購入履歴といった顧客の行動を管理することで、顧客それぞれに合った最適なアプローチができるようになります。

CRMは主に受注後の顧客に対するマーケティング・関係維持が目的であり、単体のシステムとしても利用可能です。SFAツールと連携することでさらなる業務効率の向上が期待できます。

>>顧客関係管理(CRM)とは?システムの種類・導入メリット

製造業界におけるプロジェクト管理の課題

製造業界では、生産効率の低下や営業管理の属人化、進捗・予算管理のブレといった課題が発生しています。次の項目で、詳しく確認しましょう。

生産効率の低下

製造業界の営業は、生産効率が上がらないことが課題としてよく挙げられます。生産管理が重要視される製造業界では営業人材が不足しがちであるため、どれだけ効率よく営業活動を行うかが重要です。

しかし、Excelや紙といったアナログな管理方法では、データの入力や計算に手間や時間がかかります。入力やデータの転記を手動で行っているため、ヒューマンエラーも発生しやすく、これらのトラブル対応にも時間を取られています。

また、Excelでは複数人が同時にデータ入力や編集を行えないため、単純なデータ入力ですら非効率になり、生産性をなかなか上げられません。

営業管理の属人化

従来の営業方法では、顧客情報や営業のノウハウは個人で管理することが多いため、営業の属人化が起こります。誰がいつ、どのような活動をしているかが共有されないため、対応に遅れやトラブルが発生していても、発覚が遅れて大きな損害に発展する危険性があります。

また優秀な営業担当者のノウハウが共有されないと、個人の負担が大きくなり、優秀な営業担当者が退社してしまえば、培った営業ノウハウも失われてしまうでしょう。

プロジェクトの進捗や予算管理が難しい

製造業界では、複雑で多岐にわたるプロジェクトを担当することが多く、適切な進捗管理や予算管理を行うのが難しいことも大きな課題です。目標の売上を達成するには綿密な計画を立て、予測と達成度合いの確認を行うことが重要です。

しかし、担当するプロジェクトが複雑で多くの案件を抱えている状況では、正確な進捗や予算管理を行うのは簡単ではありません。結果プロジェクトの遅延やコストオーバーが発生し、目標の金額に達成できないケースが発生します。

顧客ニーズや市場動向への対応が遅れる

製造業界では、顧客ニーズや市場動向が日々変化しています。そのため、プロジェクトの途中で仕様変更や追加要望が発生することも少なくありません。

しかし、顧客管理や見積もり管理を適切にできていないと、対応が遅れたり間違ったりする可能性があります。また、競合他社の動きも把握しなければならず、営業活動も大変です。

プロジェクト成果物の品質保証や納品後のフォローが不十分

プロジェクトでは、さまざまな関係者間でコミュニケーションをとる必要があります。またコミュニケーションが円滑に行われないと、プロジェクトの遅延やトラブルにつながる可能性があります。

製造業界では、品質保証や納品後のフォローも重要な業務です。しかし、プロジェクト成果物の品質管理や検査記録を整理できていないと、不良品やクレームの発生につながります。また、アフターサービスや保守契約も適切に管理できていないと、顧客満足度や収益性に影響します。

製造業界の課題をSFAツールで解決できる理由

製造業界では「生産効率の低下」や、「営業管理の属人化」などの課題がありますが、SFAツールを使えばそれらの課題も解決できます。

営業活動に関する課題を解決できる理由を、SFAツールの機能や詳細とともに説明します。

営業効率が上がり生産性も高められる

SFAツールを使うと、営業プロセスの自動化・省力化ができるため、効率を上げ生産性を高められます。SFAツールでは、必要な項目にデータを入力するだけですべて自動で数値が計算され、各書類やデータへの転記も自動で行われます。

手入力を最低限にできるため、営業担当者の負担を軽減し、ヒューマンエラーを無くすことで、ミスの修正やトラブル対応にかかる時間も削減可能です。さらにSFAはCRMといった外部のツールと連携できるため、より幅広い業務にかかる入力・計算の時間を省けます。

スマートフォンアプリに対応しているSFAツールであれば、営業回りで外出している際にもすき間時間に入力作業が行えます。アプリに勤怠管理機能や日報作成機能があれば、わざわざ帰社する必要もなくなるでしょう。

営業管理の属人化を解消できる

SFAツールを使うと、営業管理に関する幅広い状況が共有できるようになるため、属人化を解消できます。SFAツールでは、顧客情報や案件の進捗状況、商談の具体的な内容といった情報が入力でき、システムにログインすればこれを誰でも見られる状況にできます。

そのため、対応の遅れやトラブルの発生を早期発見でき、ことが大きくなる前に迅速な処理が可能です。またSFAツールでは、営業に関するノウハウやナレッジも蓄積でき、これも共有できます。優秀な営業担当者の知恵やノウハウは、新人や成績の悪い営業担当者の育成に活用できるため、営業部門全体で能力の底上げが実現できるでしょう。

プロジェクトの進捗や予算管理が簡単にできる

SFAツールを導入すると、プロジェクトの進捗状況や受注確度、現在の売上金額などが一元管理で可視化されるため、売上予測や現在の達成度確認がリアルタイムで正確にできます。そのため、現時点で目標を達成するには、どういった対策を行えばいいかが具体的にわかるようになります。

また個人管理では分散しがちな過去のデータが蓄積できることもポイントです。過去のデータをさまざまな角度から分析することで、より正確な売上の予測ができるようになります。また顧客のニーズや市場の傾向など、得られた分析結果は次の営業活動に生かせるでしょう。

顧客ニーズや市場動向への対応が早くなる

SFAツールを導入すると、顧客情報や商談履歴などを一元管理・分析できるため、製造業界で起こりがちな顧客ニーズや市場動向への対応が遅れるといった課題も解決できます。

たとえばCRM機能やシステムに搭載されたAIを使えば、顧客満足度や購買意欲などが把握でき、顧客それぞれのニーズにあったアプローチが可能です。マーケティングオートメーション機能はマーケティング活動が自動化でき、チャットボット機能があれば、顧客の問い合わせに24時間対応できるため、顧客満足度の向上に期待できます。

営業成果物の品質保証や納品後のフォローが充実する

SFAツールを導入すると、営業成果物の品質保証や納品後のフォローが充実するため、製造業界で起こりがちな、不良品やクレームへの対応不備といった課題を解決できます。

見積書作成機能や請求書発行機能を使うと書類作成にかかる時間が削減可能です。またシステムを使えば、営業成果物の品質管理や検査記録も整理・管理しやすくなるでしょう。アフターサービス機能や保守契約機能なども課題を解決するのに役立ちます。

製造業界向けSFAツールの選び方

製造業界への導入に適したSFAツールを選ぶには、次のポイントに注意が必要です。

現場でも使いやすいか

導入したSFAツールを実際に使用するのは現場の営業担当者であるため、現場の社員に負担がかからないか確認しましょう。画面がシンプルで入力場所がわかりやすいか、自社に必要な機能がそろっているか、アプリに対応しているか、データ読み込みに時間がかからないかなどをチェックしてください。

またこの時、無料トライアルを活用するのもおすすめです。実際に現場の営業担当者に操作性を確認してもらうことで、現場に浸透しやすいSFAツールが選べます。

サポート体制は整っているか

SFAツールに限らず、新しいシステムを導入する場合は使い方がわからないことや、不具合が発生することも少なくないため、サポート体制をチェックするのも大切です。サポートの内容も企業によってさまざまで、メールや電話での問い合わせのみに対応しているものもあれば、専任の担当者がつき導入はもちろん、活用の方法まで含めてフォローしてくれるものもあります。

導入時の不具合やわからない点を放置すると、システムが現場に定着しにくくなります。自社に必要なサポートを洗い出し、求めているサポートを提供してくれるサービスを探しましょう。

おすすめSFAツールの比較表

【特典比較表つき】『SFA(営業支援システム)の資料12選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『SFA(営業支援システム)の資料12選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

製造業界向けSFAツールおすすめ比較

最後に、製造業向けのおすすめSFA(営業支援)ツールを紹介します。大手メーカーをはじめとする、製造業界で導入実績のある製品を中心に紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

Mazrica Sales - 株式会社マツリカ

Mazrica Sales
Mazrica Sales
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Mazrica Salesは、AI技術を活用して営業活動を最適化できるSFAツールです。顧客管理や案件管理はもちろん、AIが営業データから傾向や予測を導き出し、最適なアクションや提案をサジェストします。

製造業界だけではなく、IT業界やコンサルティング業界でも広く導入されており、営業力の強化や生産性の向上をしたいならおすすめのサービスです。

GENIEE SFA/CRM - 株式会社ジーニー

GENIEE SFA/CRM
GENIEE SFA/CRM
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

GENIEE SFA/CRMは、クラウド型のSFA/CRMシステムです。顧客管理や案件管理、見積書作成や請求書発行などの機能が搭載されており、営業プロセスの効率化ができます。

製造業界だけではなく、建設業界や不動産業界でも広く導入されており、営業管理の負担を軽減したいならおすすめのサービスです。

UPWARD - UPWARD株式会社

UPWARD
UPWARD
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

UPWARDは、モバイルデバイスに対応したSFAツールです。顧客管理や案件管理、日報管理やスケジュール管理などの機能が搭載されており、外出先でも営業情報を入力・共有・確認できます。

製造業界だけではなく、飲食業界や小売業界でも広く導入されており、営業現場と本部のコミュニケーションを円滑にしたいならおすすめのサービスです。


【比較表あり】SFAツールを徹底比較!機能・料金・口コミ評判
SFAツールの代表的なサービスを徹底比較!対応している機能や連携サービス、料金プラン、口コミ評価などをまとめて比較...
詳細を見る

製造業界におけるSFAツールの導入事例

製造業界でSFAツールを導入している企業の例を、業務改善例とともに紹介します。

日本農薬株式会社

農薬の研究開発から、製造・販売までを行う日本農薬株式会社では、SFAツールを導入して、人員増加に伴う営業情報の共有課題を解決しました。日本農薬株式会社は、近年海外事業を拡大したことで人員が増加。

これまではExcelを使って管理を行っていましたが、人員が増加したことでタイムリーに情報が共有できないことや、営業担当者の入れ替え時にうまく情報が引き継げないことなどが問題でした。

そこで営業現場からの要請にこたえ、SFAツールを導入。当初は従来のやり方から変わることに抵抗を感じる社員や、ITリテラシーの差でうまくシステムを活用できない社員もいました。しかし、利用者へのアンケート実施や運用の見直し、操作説明会の開催などを実施。

結果、海外の事業拠点や子会社とのコミュニケーションや情報共有が、タイムリーで密なものへと変化します。会議の内容も、情報共有にかかる時間がなくなったことで、具体的な対策の提案といった内容について深く話し合えるようになりました。また、営業活動が可視化されたことで、マネージャーが部下へのフィードバックを行いやすくなったという声もあがるようになりました。

※出典:ソフトブレーン株式会社「CRM/SFA導入事例 日本農薬株式会社 様」(2023年9月27日閲覧)

日本粉末薬品株式会社

製薬会社や健康食品メーカーに生薬やハーブを提供する日本粉末薬品株式会社は、SFAツールの導入で、スケジュール管理と日報報告がバラバラだった課題を解決しました。

SFAツールの導入前は、日報作成に1時間かかることもありました。また、顧客の状況を把握するのに時間がかかり、対応にも遅れが発生。そこで状況を改善するためにSFAツールを導入。結果、翌日の朝8時までに全員が日報を提出するようになり、案件進捗も最新のものを把握できるようになったことで、マネージャーが迅速に判断が下せるようになりました。

さらに過去の面談履歴をもとに商談を行えるようになり、より顧客のニーズに適したアプローチを実現できるように。対応のスピードも上がったことで、顧客満足度の向上も実現しました。

※出典:ソフトブレーン株式会社「CRM/SFA導入事例 日本粉末薬品株式会社 様」(2023年9月27日閲覧)

株式会社ヒューテック

製造業向けの検査装置の専門メーカーである株式会社ヒューテックは、SFAツールを導入したことで、企業全体での情報共有課題を解決しました。株式会社ヒューテックでは、以前から別のSFA・CRMツールを使っていたものの、製造部門や開発部門との情報共有がうまくできていませんでした。

そのため、システムの修理や不具合が発生しても製造部門や開発部門とスピーディーに連絡・連携できない事態が発生。また、費用面でも課題を抱えていました。そこで新たにコストパフォーマンスのいいSFAツールを導入し、必要な社員全員が利用するよう徹底しました。

結果、企業全体で情報共有・連携がタイムリーなものへと変化。営業担当者は顧客情報をチェックするだけで、自発的に炎上やクレームを防止できるようになり、トラブル解決にかかる時間の短縮にも成功しました。

※出典:株式会社ジーニー「株式会社ヒューテック 部門を横断したSFA/CRM活用で、営業個人への独りよがりな営業戦略から脱却」(2023年9月27日閲覧)

製造業界向けSFAツールで営業力を強化しよう

製造業界の営業活動にはSFAツールが有効です。SFAツールは、顧客管理や案件管理などの重要な営業活動を自動化・最適化できます。

また、AIやレポートなどの機能で営業データの分析や活用もできます。これらにより、市場環境や競合他社の動向に対応できるだけでなく、営業力強化や業務効率化も実現可能です。製造業界向けSFAツールを選ぶ際には、今回紹介したポイントをもとに、自社に適したツールを探しましょう。

【厳選】おすすめSFAをまとめてチェック!
SFAの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめSFAの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なSFAを含むサービスを徹底比較しています。ぜひSFAを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

製造業界では、SFAツールに関連して次のようなシステムも導入されています。あわせて検討してみてください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

SFA選び方ガイド_20240716.pptx.pdf
SFA(営業支援システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
SFA(営業支援システム)の最近更新された記事