コピー完了

記事TOP

アクセンチュアへの転職を成功させる | 口コミ評判や中途採用・求人情報まとめ

最終更新日時:
記事の情報は2019-05-21時点のものです。
有名外資系コンサルティングファーム「アクセンチュア」への転職を目指す人向けに、企業概要と採用情報、実際にコンサルタントとして働いている人の評判などを紹介します。有名企業だけに競争率は高いですが、本気でコンサルタントになりたい方は、ぜひ参考にしてください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

アクセンチュアの会社概要

アクセンチュア株式会社 会社概要
名称 アクセンチュア株式会社
(Accenture Japan Ltd)
創業 1962年(事務所開設)
設立 1995年12月
資本金 3億5千万円
従業員数 11,000人以上(2018年12月1日時点)
事業内容 ・ストラテジー
・コンサルティング
・デジタル
・テクノロジー
・オペレーションズ
5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供

参照元:アクセンチュア公式サイト

アクセンチュアの事業内容

アクセンチュアは世界最大の外資系コンサルティングファームです。

もともとはアメリカのトップ監査法人だったアーサー・アンダーセンが由来で、2001年まではアンダーセン・コンサルティングと呼称されていました。

コンサルティング業界の最大手として有名で、社員数は世界で47万人以上、120か国以上でコンサルティング活動を行っており、具体的なサービス領域は以下の4つです。

  • 戦略(経営)コンサルティングサービス
  • ITコンサルティングサービス
  • デジタルマーケティングサービス
  • アウトソーシングサービス

グローバル展開

外資系企業ということもあり、アクセンチュアは拠点も56カ国200都市以上で、世界でもトップレベルのグローバルネットワークを有しています。そのため、日本で働くとしても英語が求められるプロジェクトにアサインされることも少なくないです。そのため、ビジネスレベルの英語力は必須です。

トップメッセージ

アクセンチュア株式会社代表取締役社長の江川昌史氏はトップメッセージにおいて「日本の新たなる成長へ、『人不足』の足かせを解き放つ」とし、そのためには次の2つの提供するといいます。

日本の人材をより付加価値の高い仕事へとシフト

優秀な人材を不適切な采配から解放するために、業務の最適化をアクセンチュアが担い、世界最先端の運用に磨き上げるサービス。

「デジタルの力」を「組織の力に」取り込む

デジタルの力によって、人間の労働力を置き換えるとともに、いままで経験したことの無い体験や価値を創出するサービス。

アクセンチュアの採用情報

アクセンチュアの採用情報についてです。基本的なアクセンチュアに関する情報を記載しているので参考にしてください。

アクセンチュアの募集職種

アクセンチュアでは、以下の5つのビジネス部門と管理業務部門で幅広く中途採用を行っています。

部門 職種
経営(戦略)コンサルティング部門 戦略コンサルタント
コンサルティング全般 経営全般、セールス、テクノロジー、あるいはそれぞれの業界に特化したシステムのコンサルタントなど
デジタル部門 デジタル転換コンサルタント、サービスデザイナー、分析コンサルタント、データサイエンティスト、UXデザイナーなど
テクノロジー部門 会計領域のコンサルタント・人事領域のコンサルタント・エンジニアなど
オペレーション部門 ビジネスプロセス、ITインフラ、クラウド戦略などのコンサルタント
セキュリティ部門 セキュリティ戦略、セキュリティイノベーション、セキュリティアイデンティティなどのコンサルタント
管理部門 自社の人事、経理、財務、広報、マーケティングなど

参照元:アクセンチュア公式サイト

また、アクセンチュアは次のように「求める人物像」を定義しています。

私たちが求めるのはアクセンチュアによって自らを進化させ、アクセンチュアに進化をもたらす人材

アクセンチュアの平均年収

アクセンチュアの平均年収は初年度で約530万円であり、新卒社会人がもらえる年収としてはかなり高額なのが特徴です。

また、転職時で500万円1500万円程度であり、どの職種でも一般企業の平均年収よりも高収入となっています。

年齢は関係なく実力次第で新人でも高収入が得られるとあって、新卒・転職市場のいずれにおいても人気企業です。

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別まとめ | 年収中央値の違いはこちら

アクセンチュアの待遇・福利厚生・労働環境

アクセンチュアの平均残業時間は60時間〜70時間程度であり、業界の平均残業時間と比べて若干多めの残業時間といえます。

しかし、アクセンチュアは数ある外資系企業のなかでも福利厚生が充実しており、社員の満足度がかなり高いのが特徴です。

たとえば同社の健康保険組合の「カフェテリアサービス」でポイントが付与され、スポーツクラブの利用や旅行優待などが受けられたり、ベビーシッターを雇う費用を会社が負担してくれたりする制度が利用できます。

また、リフレッシュ休暇や自社株を割引価格で購入できる制度もあり、有給習得率も高いなど待遇面も優れています。

アクセンチュアの中途採用

アクセンチュアの中途採用では、事務系・技術系ともに、専門職ポジションでの採用が多いのが特徴です。また、戦略コンサルタントやITコンサルタント、デジタルコンサルタントなど、職種によっても求められるスキルが違います。

転職を希望する場合は、どの業種を狙うかによって評価される経験や知識、技術がまるで変わってくるので注意しましょう。

外資系企業の転職に強いエージェント比較13選 | 選び方、働くメリット・デメリット
外資系企業への転職に強いエージェントを13個、あわせて利用したい業界特化の転職エージェント6個を紹介します。転職エ...
詳細を見る

アクセンチュアへの転職難易度は高い

他のコンサルティングファーム同様、アクセンチュアへの転職も他の企業と比べて難易度が高く、完全実力主義なのが特徴です。

論理的思考力や仮説思考力などコンサルタントとして必要な能力に加えて、チームで問題解決をする際に必要なコミュニケーション能力も高いレベルで必要とされます。

転職を希望する際には、これらの能力を磨くことに加えて、採用プロセスの各段階での対策をしっかりと行うことが重要となります。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

アクセンチュアの面接対策

それでは、アクセンチュアの具体的な面接対策について紹介します。

一次面接から最終面接までの流れ

アクセンチュアの選考フローは以下のようになっており、面接は一次面接と最終面接の2回となっています。

  • 応募
  • 書類選考
  • 面談(一次面接、最終面接)
  • 合否通知

面接の質問傾向

面接では、「なぜコンサルティング業界なのか?」「(数あるコンサルティングファームのなかで)なぜアクセンチュアなのか?」といった質問が多くされるようです。

有名どころの戦略コンサルティングファームは日本にも多くありますが、そのなかでもアクセンチュアを選択した理由を重視する傾向が強いため、熱意とともに理由を合理的・説得的に説明できるようにしておきましょう。

特殊面接のケーススタディ

他のコンサルティングファーム同様、アクセンチュアでもケーススタディ(ケース面接)があるのが特徴で、主にビジネス上の課題に対して解決策を自分なりに考えて解答を作成します。それを面接官にプレゼンして質問を受ける流れとなります。

ケース面接では、自分の考えを論理的に説明することも重要ですが、その課題に対してどういう仮説を立て、それをもとに合理的な解決策を導き出しているかが問われます。

ビジネス上の課題に決まった答えはありませんが、それでも自分なりに仮説を立て、他者を納得させる施策を提示できるかが面接官に判断されます。

フェルミ推定の技術が重要?

ケース面接では、いわゆるフェルミの推定といった技術も重要だといわれます。しかし、こういった知識がなかったとしても、与えられた課題に対して妥当な前提を置いて、必要なデータを推定し、それをもとに論理的な答えを導き出せれば一定の評価はしてもらえます。

フェルミ推定については『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』が参考になるので、コンサルタント志望の方はもちろん、問題解決力を高めたい方は参考にしてください。当然、アクセンチュアへの転職を希望する人にもおすすめです。

アクセンチュアの求人情報と特徴

大手転職エージェントの「マイナビエージェント」「JACリクルートメント」「ビズリーチ」で求人を調べると次の特徴がありました。

  • 第二新卒採用の求人
  • 多様なコンサルティング職の求人
  • 幅広いエンジニア職の求人

第二新卒を対象にしたコンサルタント経験不要の求人や、各業界担当のITコンサルタント・経営の求人、非公開求人も含めたITエンジニアなどの技術職などの求人が確認できます。

参照元:マイナビエージェント(アクセンチュア株式会社の中途採用・求人情報)


アクセンチュアの口コミ評判

実際に就職・転職した人のアクセンチュアの口コミ評判には、次のような意見が多く見受けられました。

  • チャレンジできる環境で働きがいがある
  • 繁忙期の残業時間と激務が厳しい
  • 働きやすい労働環境づくり

参照元:就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork

それぞれの口コミ評判について詳しく説明していきます。

チャレンジできる環境で働きがいがある

ハードなプロジェクトが経験できてスキルアップできる、グローバルな研修を行っているなど、仕事のやりがいや成長について高く評価する人が多いです。

幅広い業界のコンサルティング活動を行っているため、未経験の業界のプロジェクトに参加する機会も多く、常にチャレンジする環境に魅力を感じる人にはおすすめです。

繁忙期の残業時間と激務

残業時間は多い傾向があり、繁忙期やプロジェクトによって仕事が激務になる可能性があります。

事実、プロジェクトや時期によっては何日か徹夜して仕事をしなければならないといったケースも少なくないのが実態で、あまりの激務に身体を壊してしまったというコンサルタントも実は少なくありませんでした。

働きやすい労働環境づくり

ただし、近年は働き方改革が導入され、残業時間が少しずつ減っており、独自の社内制度の導入も積極的に行われています。

そのため労働環境は確実に改善されており、企業全体の業績もアップしているため、今後も労働時間を減らして生産性を上げる施策に力が入れられるでしょう。

時期によっては激務であることは確かですが、ワークライフバランスは改善されています。


アクセンチュア以外の企業の評判・口コミは次の記事をご覧ください。

おすすめの転職エージェント

最後に、アクセンチュアや他のコンサルティングファームへの転職におすすめな転職エージェントについて紹介します。

転職エージェントのおすすめランキングはこちら

マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

■Point1:求人数が多い
とにかく求人数が多いのが特徴で、さまざまな業種の企業を紹介してもらえます。もちろん、コンサルティング業界の案件もあります。

■Point2:第二新卒の求人も多い
新卒だけでなく第二新卒の求人も多いのが特徴です。

■Point3:転職サポートが充実
マイナビエージェントは、転職活動に必要な面接対策などのサポートが受けられます。特に、はじめての転職活動で勝手がわからないという方におすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

■Point1:業界屈指の求人数
他のエージェントと比べても求人数が非常に多く、年間2万3,000人以上の転職支援実績を誇ります。

■Point2:交渉力が高い
就職・転職といえばリクルートといわれるほど知名度があるため、企業とのつながりも強く、交渉に強いのが特徴です。

■Point3:多数の非公開求人
リクルートエージェントは、登録者だけが紹介してもらえる非公開求人数も業界トップクラスです。他では紹介してもらえない優良案件に出会える可能性が高いです。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

JACリクルートメント

JAC Recruitment

■Point1:ハイクラス転職を目指す人におすすめ
年収600万円以上のミドルクラスから、年収1千万円を超えるハイクラスの転職支援の実績を多くもっています。

■Point2:有名企業への転職案件が豊富
だれもが知っている大手企業や業績が好調の優良企業の求人案件が豊富で、理想の転職が実現できる可能性が高いです。

■Point3:業界に精通したコンサルタントがサポート
JACリクルートメントコンサル業界をはじめ、さまざまな業界を熟知した選任のコンサルタントが親身に相談に乗ってくれるため、転職活動がはじめての人も安心できます。

JACリクルートメントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

ビズリーチ

ハイクラス求人 ビズリーチ

■Point1:ハイキャリア向け転職サイト
年収1000万円以上を中心としたハイクラス向けの求人案件が豊富で、コンサル業界など転職によって収入アップを目指す人には特におすすめです。

■Point2:充実したスカウト機能
求人紹介を受けられるのはもちろん、企業の方から転職希望者をスカウトする機能が充実しています。特にプレミアムプランに登録すれば、ヘッドハンターや企業から直接スカウトを受けられます。

■Point3:優秀なエージェントが多い
ビズリーチは、一般的な転職エージェントに比べて専任のエージェントが多いのが特徴で、転職相談から面接対策まで、さまざまなサポートが受けられます。

ビズリーチの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら


その他外資系の企業へ転職をお考えの方は、以下の記事もご参照ください。

外資系企業の転職に強いエージェント比較13選 | 選び方、働くメリット・デメリット
外資系企業への転職に強いエージェントを13個、あわせて利用したい業界特化の転職エージェント6個を紹介します。転職エ...
詳細を見る

アクセンチュアの転職で失敗しないために

大手外資系コンサルティングファームであるアクセンチュアの企業概要や募集職種、そして実際にコンサルタントとして働いている人からの評判や実際の採用プロセスについて紹介しました。

どの戦略系のファームもそうですが、非常に競争率が高く採用の難易度が高いのが特徴で、たとえ優秀な方であっても、事前に対策をしておかないと内定をとるのは難しいでしょう。

逆に、ケース面接などの対策をしっかりとしておけば業界未経験者でも採用される可能性は十分あるので、転職エージェントを活用しながら事前準備を徹底しましょう。

>>>外資系転職に強いエージェント比較7選はこちら

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェント(エージェント別評判・口コミ)の最近更新された記事
Geekly(ギークリー)の評判 は?| 口コミ調査からわかる特徴
大手転職サイトおすすめ8社比較 | マイナビ、doda、enなどの特徴や得意業界を調査
ファナックの評判・口コミまとめ|転職を成功させるポイントと特徴を解説
ミイダスの評判・口コミの真相 | 年収査定・面接確約オファーは信用すべき?
ファーストリテイリングに転職すべきか | 成功の秘訣・エージェント・選考難易度
アマゾンジャパン(Amazon)への転職を成功させる方法 | 採用情報や評判・口コミからわかる特徴と転職のポイント
おすすめ転職エージェント年代別比較20選 - 評判・口コミ・20代・30代・ハイクラス
Forkwell(フォークウェル)で成功させるエンジニア転職 | 特徴・評判・利用方法
ナースパワーの良い評判・悪い評判 | ログイン・面談 - 応援ナースとは?
カイゴジョブの評判・口コミ | 介護福祉求人の専門サイトに登録するメリットとは