コピー完了

記事TOP

アマゾンジャパン(Amazon)への転職を成功させる方法 | 採用情報や評判・口コミからわかる特徴と転職のポイント

最終更新日:
大手企業として有名なアマゾンジャパンに転職したいと考える方も多いでしょう。本記事では、転職を成功させる方法や採用情報、評判・口コミを紹介します。また、Amazonの採用情報や、面接での注意点もまとめているので、ぜひ参考にしてください。

アマゾンジャパンの評価と特徴まとめ

アマゾンジャパンの口コミ評判の調査結果から評価と特徴をまとめました。

項目 評価(5点満点)
総合評価 3.5
待遇面の満足度 3
働きがい・成長 3.5
社員の士気・風通しの良さ 3.5

アマゾンジャパンの特徴と転職を成功させるポイントは次のとおりです。

【アマゾンジャパンの特徴】

  • 主な業務は、総合オンラインストアの運営サポート
  • 業界内では平均給与は高めの約650万円
  • アメリカ発祥の企業で、世界50か所以上の地域に物流センターを展開
  • 日本での売上高は、グローバル売上高のうち約10%を占めている
  • 品ぞろえがとても多く、買い物のほとんどをAmazonで済ませるライフスタイルが確立されつつあるオンラインストアの大手

【転職を成功させるポイント】

アマゾンジャパンの職種は大きく分けて次の3つです。

3つの職種それぞれの転職エージェントを利用すれば、一般公開されていない求人も見ることができます。数多くの求人と出会うために、転職エージェントを利用するのが確実です。

>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

アマゾンジャパン(Amazon)とは

いまや、日本の流通に欠かせないアマゾン。日頃から利用している方も多いでしょう。

アマゾンの売上は日本だけで1兆2,000億円を超えており、世界最大手のEC企業であることいえます。アマゾンジャパンの基本情報は次のとおりです。

詳細 内容
会社名 アマゾンジャパン合同会社
代表者 社長 ジャスパー・チャン、ジェフリー・ハヤシダ
本社住所 東京都目黒区下目黒1丁目8−1
サービス開始 2000年11月
事業内容 幅広いジャンルの商品を取り扱う国内最大級の総合オンライストア

グローバルな事業展開

アマゾンは、世界50か所以上の地域に物流センターを展開しています。また、アメリカ発祥の企業であることに加え、顧客も社員もさまざまな国籍を抱えているため、英語をはじめとしたいくつもの言語が使用されています。

日本での売上高は、グローバル売上高のうち約10%を占め、現在も順調に成長を続けています。国内外問わず、オンラインストアの大手であると言えます。

充実したラインナップのおかげで「欲しいものはアマゾンで検索する」というライフスタイルが確立されつつあります。今後も商品数を増やし続け、規模を拡大していくことでしょう。

アマゾンのカテゴリは今も増え続けています。

アマゾンジャパンの採用情報

それでは、アマゾンジャパンの採用情報について紹介します。

アマゾンは「リーダー」であることを重要視しているので、応募する際は自分なりの「リーダー」を考えて望みましょう。福利厚生は充実しているものの、多忙であるという情報が散見されます。

アマゾンジャパンの採用基準

アマゾンの求めている人物像は「リーダー」であることです。求める人物像について書かれているページには「Amazonでは、全員がリーダーです。」と記されています。

引用:求める人物像|Amazonでは、全員がリーダー

またリーダーの考え方として、アマゾンでは共通の「Our Leadership Principles」という14項目からなる信条を紹介しています。この14項目に共感できるかどうかが、重要な基準となるようです。

14項目を一言で言うならば「チームを統括するマネージャーであるかにかかわらず、社員全員がリーダーである」という人物像を求めているのでしょう。

応募する際は、この人物像を頭に入れておく必要があります。

アマゾンジャパンの平均年収

アマゾンジャパンの平均年収は転職時で500万〜900万円、社員全体の平均年収は600万〜650万円程度となっており、業界内でも高めの年収といわれています。なお、年代ごとの平均年収は次のとおりです。

年代 平均年収
20代 480万600万円程度
30代 560万760万円程度
40代 730万~960万円程度
50代 920~1020万円程度

能力によって給与が変わるので、年代と年収の関係性はさほどありません。ひとつの目安として考えてください。アマゾンにはジョブレベルという制度があり、こちらの方が年齢より重要視される指標のようです。

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別まとめ | 年収中央値の違いはこちら

アマゾンジャパンの待遇・福利厚生

引用:アマゾン ジャパンキャリア採用|募集要項|給与 福利厚生 休日・休暇など

アマゾンは給与のみならず、待遇・福利厚生も充実しています。特徴的なものは次のとおりです。

  • 交通費支給(5万円まで)
  • 社会保険完備
  • 団体生命保険
  • 確定拠出年金

定期的に表彰制度やイベントを行い、モチベーション向上に努めているようです。年俸制でボーナスはほとんどありませんが、成果を出せていれば支給される可能性はあります。ストックオプションもあるようです。

アマゾンジャパンの離職率

給与は高く、福利厚生もしっかりしています。スキルアップできる点も魅力でしょう。しかし「忙しすぎる」「なかなか昇給できない」といった理由で離職する人は少なくありません。

特にコールセンター業務は離職率の高さで有名です。「クレームがとにかく多い」「対応が一貫していない」などの要因でストレスがたまり、離職するケースが多いようです。

アマゾンジャパンの募集職種

アマゾンジャパンの職種は大きく分けて次の3つです。

  • 営業職・オペレーション(総合職・一般職)
  • 事業開発・アナリスト・マーケティング・人事部(ハイヤー職)
  • エンジニア・Webデザイナー(技術職)

営業職やオペレーションスタッフの総合職・一般職は、専門的なスキルは必要ないため、転職への難易度は高くありません。

事業開発やマーケティングなどのハイヤー職の場合は、職種ごとのスキルが必要となるため、未経験だと難しく難易度も高いポジションです。

エンジニアやWebデザイナーは技術職になるので、専門的なスキル・経験が必要となります。

アマゾンジャパンの評判・口コミ

アマゾンジャパンの評判・口コミは次のようになっています。

  • 経験値が高くスキルアップできる
  • 社員割引が使える
  • 完全年俸制、3年目以降は自社株式の支給がある
  • 男女平等で個人主義な環境
  • 激務のため体力面できつい

経験値が高くスキルアップできる

アマゾンジャパンの職場は、成長できる機会が多く、スキルアップを期待できます。具体的には、次の点を評価されていました。

  • 優秀な人材が多く、学べることが多い
  • 仕事のスピードが早い、対応力が身につく
  • 新規プロジェクトが多く、やりたいことに挑戦しやすい

外資系企業にありがちな、パフォーマンスで評価が決まる職場です。そのため、成長したい人にとってはおすすめの職場といえます。

社員割引が使える

アマゾンジャパンでは、社員割引制度を取り入れており、Amazonの商品を社員割引価格で購入できます。

最近は、食品から生活用品まで、すべてをアマゾンで取りそろえる人も多く、仕事のモチベーションにもつながっているようです。

完全年俸制、3年目以降は自社株式の支給がある

給与は年俸制で、年次に関係なく成果によって評価されます。

ボーナスはありませんが、入社3年目以降は自社株式が支給されるため、高収入が期待できるという評判がありました。

男女平等で個人主義な環境

個人主義でオープンな雰囲気の職場のため、自ら積極的に動くことのできる方には働きやすい環境です。成果を重視するため、男女で待遇が違うこともないようです。

激務のため体力面できつい

一方、どの職種も激務であるため、体力面できついと感じる社員も少なくないようです。繁忙期は特に忙しく、忙しさについていけず離職する人がいるほどです。


アマゾンジャパン以外の企業の評判・口コミは次の記事をご覧ください。

アマゾンジャパンの面接

続いて、アマゾンジャパンの面接について紹介します。

選考の流れ

アマゾンジャパンの選考フローは次のとおりです。面接は、対面による面接とは限らず、電話面接の場合もあるそうです。

  1. エントリーシート
  2. グループディスカッション
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 3次面接
  6. 4次面接
  7. 内定

アマゾンジャパンは、面接とは別にグループディスカッションがあります。グループディスカッションでは、複数人で1チームとなり、課題に対しての解決策を話し合います。意見をの主張も必要ですが、他者の意見を聞き入れたり、話をまとめたりする姿勢も評価されます。

SPIの難易度

アマゾンジャパンのSPIは、難易度が高いことで有名です。数字にして、数十倍の倍率だそうです。職種や部門によっては、英語力もテストされます。

アマゾンは世界的に有名企業であるがゆえに、応募者数も中小企業の比ではありません。多くの応募者をふるいにかけるために、高難易度のSPIが設定されています。エンジニアの場合は、アマゾンで使用しているプログラミング言語もおさえておきましょう。

最終面接での注意点

アマゾンジャパンに内定するには、SPIやグループディスカッション、4回にわたる面接をくぐり抜けなくてはなりません。いずれにおいても高いレベルが要求されるので、気を引き締めて臨みましょう。

最終面接では「Our Leadership Principles」を体現してアマゾンジャパンに適した人材であることを示しましょう。

アマゾンジャパンへの転職方法

次にアマゾンジャパンへの転職方法について紹介します。

転職エージェントを利用する

アマゾンジャパンへの転職は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用するメリットには、次の点が挙げられます。

  • 非公開求人を入手できる
  • アマゾンジャパンに特化して対策できる
  • 待遇の交渉を代行してもらえる
  • 相談に乗ってくれる

転職エージェントは、非公開の求人を紹介してくれたり、待遇の交渉をしてくれたりします。はじめて転職する方は積極的に利用するとよいでしょう。

また、効率的に転職活動を進めるために、複数の転職エージェントへの登録をおすすめします。理由は複数登録することで、より多くの求人を紹介してもらえるからです。

正社員登用制度を利用

アマゾンジャパンは正社員登用制度を取り入れており、アルバイトや契約社員でも正社員を目指せます。

キャリアアップは、年齢や勤続年数ではなく仕事のパフォーマンスで決まるため、実力で勝負したい方におすすめです。アルバイトから正社員登用されて、同年代よりも高い年収をもらっている人も少なくありません。

職種別のおすすめ転職エージェント

転職エージェントは種類によって特徴があるので、自分が転職したい職種に特化したものを選ぶことが重要です。

アマゾンジャパンの3つの職種について、それぞれおすすめの転職エージェントを紹介します。

営業職・オペレーションにおすすめの転職エージェント

営業職・オペレーションの総合職・一般職への転職を目指す場合は、数多くの求人と出会うことが重要になります。

そのため、圧倒的な求人数を誇る次の転職エージェントがおすすめです。

アマゾンジャパンのような大企業になると、一般には公開されていない求人あるので、非公開求人もたくさん持っている上記の転職エージェントに登録しておくといいでしょう。

>>>転職エージェントおすすめランキング【最新】はこちら

事業開発・マーケティングにおすすめの転職エージェント

マーケティング・アナリスト・人事部のハイクラス職への転職を目指す場合は、ハイクラス求人が多い転職エージェントがおすすめです。

ハイクラス求人が多い転職エージェントは次のとおりです。

ハイクラス職は職種ごとに専門のスキルや経験が必要となり、英語力もTOEIC700点前後を求められます。

ハイクラス職への転職を目指す場合は、上記の転職エージェントに登録して相談してみましょう。

>>>ハイクラス・エグゼクティブ向け転職エージェントおすすめはこちら

エンジニア・Webデザイナーにおすすめの転職エージェント

エンジニア・Webデザイナーの技術職への転職を目指す場合は、IT技術者に特化した転職エージェントがおすすめです。

IT技術者に特化した転職エージェントは次のとおりです。

上記の転職エージェントはIT業界に特化しており求人や情報も豊富なので、技術職への転職を目指すなら登録して相談してみましょう。

>>>IT・Web業界向け転職エージェントおすすめ13選はこちら


その他のおすすめ転職サービスは次の記事をご覧ください。

Amazonへの転職を成功させる

Amazonの事業内容と採用基準、採用プロセスについて説明しました。世界トップクラスの総合オンラインストアである同社は、今後も成長し続けることでしょう。

Amazonへの転職は転職エージェントの利用がおすすめです。自分の目指す職種に合った転職エージェントを利用することで、効率的に転職活動を進められるでしょう。

>>>転職エージェントおすすめランキングはこちら

転職に人気の転職エージェントTOP5

Amazon転職におすすめの転職エージェントは、次の条件を満たすエージェントです。

  • Amazonの求人(非公開を含む)を保持している可能性が高いか
  • Amazonへの転職サポートの充実さや実績があるか
  • 求人の情報量は豊富か

応募や掲載の時期にもよりますが、上記の条件を満たす転職エージェントは次のとおりです。

転職エージェント 特徴
リクルートエージェント 業界最大手でAmazonへの転職サポート実績も多数あり
doda 提案力が強くAmazonへの転職サポート実績も多数あり
パソナキャリア 業界トップクラスの求人数と手厚いサポート体制が魅力
JACリクルートメント ハイクラス求人が豊富でコンサルタントのサポートが充実
ビズリーチ 豊富なスカウトが届くため、Amazonの採用担当から連絡が来る可能性あり

それぞれ転職エージェントのおすすめポイントを3つ紹介します。

1位:リクルートエージェント

■Point1:業界トップクラスの求人数
求人数は約10万件、非公開求人は90%と非常に多いのが特長です。Amazonからの信頼もあり、非公開求人も充実しています。

■Point2:転職成功率No.1
約470人のキャリアアドバイザーが面接の受け方や書類の書き方を教えてくれます。Amazonへの転職実績も豊富にあります。

■Point3:面接力向上セミナーが効果的
面接力向上セミナーを受けられます。面接が苦手な方におすすめです。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:doda(デューダ)

■ポイント1:業界に詳しいアドバイザーがサポート
さまざまな業界の専門知識を持ったキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、書類や面接対策、企業とのスケジュール調整まで転職活動を徹底サポートしてくれるため、転職に慣れていない20代にはありがたいポイントです。

■ポイント2:10万件以上の求人募集
dodaは平均10万件以上の求人数があり転職者満足度ナンバーワンを誇ります。20代の若手を中心に業界や職種を問わず400万人以上が会員登録しており、限定求人や、サイトには掲載していない非公開求人も数万件あります。

■ポイント3:時間のない20代にもおすすめ
20代は仕事で忙しくなかなか転職活動の時間がとれない場合が多いです。面接対策のアプリやカレンダーアプリもあり、スキマ時間で転職活動ができるように支援してくれるためおすすめです。20代の働き方を特集した「キャリアコンパス」というメディアもあります。

doda(デューダ)の転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

3位:パソナキャリア

■Point1:20代の若年層の転職活動におすすめ
どの年代の転職活動にもおすすめですが、特に20代の若年層の転職活動に強みをもち、さまざまなバックアップを受けられます。

■Point2:手厚いサポート体制
転職活動で必須の面接対策から、履歴書の書き方、企業との条件交渉や退職に関するフォローまでを幅広くサポートしてもらえます。

■Point3:女性へのサポートが充実
パソナキャリアは特に女性へのサポートが充実していることで知られています。転職に関する悩みにもエージェントが相談に乗ってくれるのはもちろん、女性のための求人情報も多数あります。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

4位:JACリクルートメント

■Point1:30〜50代の転職者におすすめ
実績があり経験豊富な方におすすめの転職エージェントです。

■Point2:管理職や技術職・専門職に特化
管理職や技術職・専門職に従事している方は、希望に近い求人を紹介してもらいやすいです。

■Point3:外資系企業も担当
国内企業だけでなく外資系企業の求人も所持しています。グローバルな働き方をしたい方に最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントの評判・口コミ | 調査結果からわかる評価と特徴はこちら

5位:ビズリーチ

■Point1:高年収のハイクラス求人
年収1,000万円以上の求人が1/3以上を占めています。

■Point2:スカウトやヘッドハンティングあり
8割以上の転職成功者がスカウトメールやヘッドハンティングを利用しています。

■Point3:経営幹部や管理職の求人が多数
企業の中核を担う経営幹部や管理職の求人がほとんどです。

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら



【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェント(エージェント別評判・口コミ)の最近更新された記事
GEEK JOBの評判まとめ | 卒業生や在校生のリアルな口コミを調査
Geekly(ギークリー)の評判 は悪くない | 口コミ調査からわかる特徴
Forkwell(フォークウェル)で成功させるエンジニア転職 | 特徴・評判・利用方法
転職エージェントおすすめランキング - 評判・口コミを比較 【年代別・女性向け】
大手転職サイトおすすめ7社比較 | マイナビ、doda、enなどの特徴や得意業界を調査
ハタラクティブは未経験でも転職できる!取材でわかった本当のメリット
Wantedly(ウォンテッドリー)とは | 評判・使い方・転職サービスとの違い
ファナックの評判・口コミまとめ|転職を成功させるポイントと特徴を解説
リブズキャリアの評判・口コミ - 女性向け転職サービス | スカウトやエージェントも
ミイダスの評判・口コミの真相 | 年収査定・面接確約オファーは信用すべき?