コピー完了

記事TOP

ニートの就活を完全攻略 | 履歴書の空白期間や注意点を知ろう

最終更新日時:
記事の情報は2019-06-07時点のものです。
ニートから脱却し就職したいという方に向けて、就職活動の進め方を紹介します。経歴に空白期間があったとしても、努力次第で内定を勝ち取ることは可能です。就職活動の始め方から注意点、履歴書の書き方まで詳しく紹介するので参考にしてください。

就職shop ウズキャリ既卒
登録企業8,500社はすべて未経験者歓迎のべ10万人以上が利用した就職支援サービス。 内定率は86%入社後も寄り添ってくれる就職支援サービス。

>>>おすすめ転職サイトランキングはこちら

就活を始めようと思っても、どのように進めればよいのかわからないニートの方がほとんどではないでしょうか。

そこで、ニートが感じる就活への不安を列挙し、それらを解消するための就活の進め方を解説していきます。

ニートが就活に感じている不安

ニート生活を続けているとアピールできる経歴もないまま年を重ねてしまい、徐々に社会に出ることに不安を感じることもあります。就職活動に踏み切るまでは、他にもさまざまな不安がつきまとうものです。

具体的にどのような不安を抱えているのか、詳しくみていきましょう。

年齢が高い

最近では高齢ニートが増えてきており、年齢の高さを不安視する方も多くいます。若い世代のほうが就職に有利なのは事実です。若ければポテンシャルを期待され、経歴がなくてもやる気を買われて採用されやすくなっているためです。

通常の転職でも30代、40代になるとスキルが求められるため困難になってきます。

特にニートは、スキルが身についている場合が少ないです。そのため、内定へ近づくためには、思い立ったらすぐに就職活動を始めることが大切です。

転職年齢の限界や平均は何歳?「35歳がリミット」は本当なのか【40代必見】
転職時、能力が年齢に見合っているかは歳を重ねるにつれてどんどん重要視されるようになります。性別や業種、業界によって...
詳細を見る

社会に出るのが怖い

新しい環境に挑戦するときに不安はつきまとうものです。「ニートの生活を送っている自分が社会に飛び込んで働いていけるだろうか」と思う方もいるでしょうが、不安になるのは当然のことです。

この記事を読んでいるということは、「働きたい」という意志があるということです。ニート生活を脱却し働こうと思っている時点で、就職への大きな一歩を踏み出しています。社会へ出ようと思った勇気を自信に変えて、堂々と就職活動に挑みましょう。

自信がない

就職活動において面接は避けて通れません。社会人経験がない場合はアピールできる経歴もなく不安に思う方もいるでしょう。

また、ニート生活を続けていると人と関わる機会も減り、コミュニケーションを取ることにも不安を抱いてしまいます。

たしかに堕落したニートの状態から就職を目指すのは簡単なことではなく、すべてがスムーズにいくわけではありません。

しかし、就職活動や面接に必要な知識を身につけることにより、社会人として適切な対応もできるようになり、不安が取り除かれ自信に変わることもあります。

内定がもらえるか不安

勇気を振り絞り就職活動を行っても、「結果が出なかったらどうしよう」と悩む方もいるでしょう。

しかし、内定がもらえるか不安になるのは、ニートに限った話ではありません。最初から内定が確約されている人などおらず、すべての就活生が不安と戦いながら就職活動に励んでいます

どれだけ不安であっても、選考を受けないことには何も始まりません。「悩んでいるのは自分だけではない」と割り切り、就職活動を始めましょう。

不安を解決するには

就職活動に踏み出すまでには、さまざまな不安が湧き出てくるものです。上記以外にも不安を抱えている方もいるはずです。

不安に思うことがある場合は、まずは何を不安に感じているのか書き出してみましょう。不安点を書き出すことで、具体的に自分自身は何に対して不安を感じているのかしっかりと把握できます

また、頭の中もすっきりと整理され不安を取り除くためにはどうしたら良いのか、不安と向き合いながら対処法を考えていけます。

ニート・職歴なし・無職の就職支援サイト | 就活の進め方やおすすめ業界 - 30代はどうすべき?
ニートとは通学、仕事をおらず職業訓練も受けていない人々15歳〜34歳の若年層と定義されています。本当は就職したいと...
詳細を見る

ニートの就活は何から始める?

就職活動を始めようと決心しても、何から始めれば良いのかわからず困ってしまう方もいるでしょう。就職活動はステップを踏んで進めていくことが大切です。就職活動の手順を説明します。

自分や企業について知る

就職活動を始める際は「知る」ことから始めましょう。まずは、自分自信のことを詳しく知ることが大切です。「なぜニートをやめて就職活動を始めようと思ったのか」「どのような企業や職種を目指すのか」など自問自答を重ねましょう。

自分自身をしっかり把握したら、次は企業のことを知りましょう。世の中には数多くの企業があります。企業研究も兼ねながら、企業について調べ、理解を深めてください。

就職支援サイトに登録する

就職活動を行う際は、就活支援サイトに登録しておくと良いでしょう。就活支援サイトには数多くの求人が掲載されており、検索機能も備わっているので職種や勤務地、勤務条件など自分の希望条件にあった企業を簡単に探し出せます

企業間の比較も簡単なうえ、気に入った企業が見つかればサイトを通じて応募も行えます。就活支援サイトを利用しないで企業比較や応募を行おうとすると、膨大な時間と労力が必要となります。

効率よく就職活動を進めるために、就活支援サイトを利用しましょう。

ニート・職歴なし・無職の就職支援サイト | 就活の進め方やおすすめ業界 - 30代はどうすべき?
ニートとは通学、仕事をおらず職業訓練も受けていない人々15歳〜34歳の若年層と定義されています。本当は就職したいと...
詳細を見る

気になる企業に応募する

企業研究などを通して気になる企業が見つかれば、積極的に応募しましょう。応募数が多いほど内定をもらえる可能性は高まります。不採用になったらどうしようと怖がらずに少しでも気になれば応募してください。

応募方法は2種類あり、就活支援サイトを通じて応募する方法と企業のHPから直接応募する方法があります。

就活支援サイトの中にはニート向けのサイトもあり、ニートでも不利にならない求人も掲載されています。企業のHPから応募する際は、社会人経験が豊富な方もライバルとなるため選考を突破するのは簡単ではありません。

就活に必要なものを揃える

就職活動を行う際に欠かせないのが、履歴書と証明写真です。履歴書は市販のものでもインターネットでダウンロードしたものでも構いません。履歴書は多めに用意しましょう。証明写真については、最低限応募する企業の数は用意しておきましょう。

また、面接に行く際に必要となるスーツ、鞄、靴も用意しておかなければいけません。派手すぎず面接を受けるのに相応しいものを選ぶようにしてください。

就活用「リクルートスーツ」とは | 選び方・着こなし・マナー・ルールを解説
ここでは、リクルートスーツの基本について紹介します。リクルートスーツに関する、色の選び方・お手入れの方法について解...
詳細を見る

ニートが就活で注意する3つのこと

ニートの方の中には就職活動の経験がまったくなく、就職活動のやり方がわからないという方もいるでしょう。就職活動が失敗することないように、注意点をまとめたので就職活動に挑む前にしっかりと確認しておきましょう。

企業選択を慎重にする

内定を得るためには多くの企業に応募した方が良いと記載しましたが、片っ端から企業に応募するという意味ではありません。

しっかりと企業選定を行ったうえで、気になる企業には積極的に応募しようということです。

「内定=ゴール」と考えてしまう人もいるかもしれませんが、大事なのは内定した会社で長く働くことです。ブラック企業かどうかなど、さまざまな視点から企業を見極め、自分が働く姿が想像できる企業を選んでいきましょう。

ブラック企業とは - 見分け方|特徴や注意点・情報収集の方法
本記事ではブラック企業の見極め方について説明します。ブラック企業は、求人情報、面接、企業情報などで危ない雰囲気を醸...
詳細を見る

空白期間の生活を正直に話す

面接ではニート中の生活について聞かれる可能性が非常に高いです。質問を受けた際は包み隠さず空白期間の生活を正直に話してください。

悪印象を抱かれるのを恐れ、嘘の内容を答えるのは絶対にやめましょう。相手は数多くの応募者と接してきた面接のプロであり、嘘はすぐにバレてしまいます。

また、熱意を伝えることも大切です。「ニートの期間はあったけど今は働く意欲がある」という思いが面接官に伝わるようにアピールしましょう。

はっきりと話す

自信のなさや面接経験の浅さから、面接時にはっきりと話せないことがあります。

しかし、ボソボソ話していても面接官に好印象を持ってもらえず、内定への道は遠のいてしまうばかりです。

態度や口調から働く意欲を持っていることが面接官に伝わるように、堂々とした態度とはっきりとした口調で面接に臨みましょう。

ニートの履歴書の空白期間の埋め方

空白期間がある場合でも、すべて正直に履歴書に記すようにしましょう。嘘を書いても面接時の受け答えや年金の記録から嘘がばれる恐れがあり、最悪の場合内定取り消し処分になることもあります。

履歴書の中で重要になるのは、経歴よりも志望動機です。採用担当者に好印象を抱いてもらえるよう、仕事に対する姿勢や働く意欲をしっかりとアピールしましょう。

単発でもバイト経験を書く

学生時代はアルバイトをしていたものの卒業と同時に辞めてしまいニートとなった人は、職歴の欄には学生時代のアルバイト経験を記すようにしてください。職歴が何もないより、学生時代の経験であっても職歴がある方が好印象につながります。

また、ニート期間中に短期間であっても働いた経験がある方は、職歴に記すようにしてください。期間や雇用形態に関わらず働いた経験は職歴として記入しましょう。職歴の欄が埋まるように書くのがベストです。

職歴が空欄でも理由は書かない

職歴がまったくなかったとしても、職歴がない理由を職歴欄に記す必要はありません。理由を記したことで、かえって職歴がないことが強調される可能性もあります。

空白期間については大概の場合面接時に尋ねられるので口頭でしっかりと伝えるようにしましょう。

資格を取得するために勉強していたなど、ニート生活を送っていた期間に何か明確な目的を持って活動していた場合は職歴欄ではなく自己PR欄に記すようにしましょう。

ニートの就活に強い転職サービスおすすめ4選

最後に、ニートの方の就活に特化した転職サービスについて紹介します。一般的な総合型の転職サービスにくらべてニートの方やフリーターの事情に合わせて相談に乗ってくれたり、求人を紹介してくれるためおすすめです。

就職Shop

■ポイント1:書類選考なしで面接に進める求人多数
就職Shopでは書類選考のステップなしで面接に進める求人を中心に取り扱っています。履歴書の段階で落とされるのではないかと不安を感じているニートの方にも安心です。

■ポイント2:未経験歓迎の求人を中心に取り扱い
未経験者でも積極採用してくれる求人を中心に取り扱っているので、業務経験が十分にないニートの方でも採用される可能性があります。

■ポイント3:取材した企業から紹介
紹介する企業は就職Shopがすべて取材しているため、ニートの場合不安になりがちな職場の雰囲気や労働環境に関して第三者の視点から説明を受けられます。

就職Shopの評判・口コミはこちら

おすすめ転職エージェント評判・口コミ比較ランキングはこちら

ハタラクティブ

■ポイント1:ニートを含めて若年層に特化した就職支援サポート
ニート、フリーター、既卒、第二新卒などを含めて、転職市場では需要が少ない求職者層に特化して就職支援を行っています。

■ポイント2:未経験者用の求人を常時2,300件キープ
未経験者用の求人を常時2,300件以上キープしており、実績の薄い求職者でも転職できるようにサポートしてくれます。

■ポイント3:厚生労働省の事業受託実績有り
2014年度から2016年度まで厚生労働省の若者キャリア応援制度の受託事業者として、若者の紹介予定派遣を活用した正社員への就職を支援していました。

ハタラクティブの転職サービス一覧|口コミ・評判はこちら

JAIC(ジェイック)

就職支援のJAIC(ジェイック)

■ポイント1:20代の就職・転職に特化
JAICは、就職率80.3%以上の実績を誇る就職支援サービスを提供しています。無料で「就職してから困らない社会人の基礎セミナー」を全国各地で開催しており、20代の就職と転職を全面的にバックアップしています。そのため、未経験の方にもおすすめです。

■ポイント2:レベルの高い研修を受けられる
無料で就活講座を受講でき、履歴書の書き方や面接対策などから、ビジネスパーソンとして必要な身だしなみ、電話対応、名刺交換などといった、ニートのままだと知らないことが多いビジネスマナーや営業の方法といったレベルの高い研修を幅広く受けられます。

■ポイント3:企業幹部と直接面談可能
研修を最後まで受けることで、集団説明会に参加でき、書類選考を飛ばして、企業幹部と直接面談ができるため、内定をもらえる確率が高くなります。

ウズキャリ既卒

ウズキャリ第二新卒/ウズキャリ既卒

■ポイント1:ニート・第二新卒・フリーターの就職率86%以上
ウズキャリ既卒は、ニート・第二新卒・既卒・フリーター向けの転職サイトです。就職率は86%以上あります。

■ポイント2:ブラック企業を徹底排除
過去に就職成功した方から企業の情報を受け取っているので、ブラック企業は未然に排除されています。そのため、入社後の定着率は93%を誇っています。

■ポイント3:大手からベンチャーまで優良企業多数
大手企業からあまり知られていないベンチャーまで、若い人材を積極的に採用している企業を紹介しています。

就活を成功させニートから脱却しよう

ニートであっても、就職を行うことは可能です。就職したいという意欲があるのなら、積極的にチャレンジしていきましょう。

とはいえ、ニートから自力で就職を目指すのは容易ではないのも事実です。転職支援サイトを使えば求人紹介から選考対策まで就職支援のプロであるコンサルタントの手厚いサポートを受けられ、内定に近づきやすくなります。

一人での就職活動に不安を抱いている方は、転職サイトも活用し就活成功を目指しましょう。

ニート・職歴なし・無職の就職支援サイト | 就活の進め方やおすすめ業界 - 30代はどうすべき?
ニートとは通学、仕事をおらず職業訓練も受けていない人々15歳〜34歳の若年層と定義されています。本当は就職したいと...
詳細を見る
順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら

>>>転職サイトおすすめランキングはこちら

ニート向けのおすすめ記事一覧

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円〜600万円700万円1000万円
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
仕事したくないときの心理 | 理由と解決策・対処法 - 転職のコツやポイント
ビジネススキルとは | 仕事に必要な5つの重要ポイントを解説
転職理由の例文と面接での回答ポイント | 理由ランキング - 本音はNGか
ベンチャー企業とは?意味・定義・特徴・例・中小企業・スタートアップとの違い
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは?就職を成功させよう
ニートが就職を成功させるには?おすすめの就職支援・業界・職種
ニートを脱却し再就職する方法 | 働きたい、仕事をしたいなら取るべき行動とは
ブラック企業とは - 見分け方|特徴や注意点・情報収集の方法
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
転職年齢の限界や平均は何歳?「35歳がリミット」は本当なのか【40代必見】