コピー完了

記事TOP

勤怠とは - 出勤と退勤、出社と退社の違いは?知っておきたい基礎知識

最終更新日時:
記事の情報は2021-05-14時点のものです。
勤怠管理を行ううえで、人事労務担当者がきちんと理解しておきたい「勤怠」の意味。混同されがちな「出勤と退勤」「出社と退社」の違いを解説するとともに、正しい勤怠管理に役立つ法知識も紹介。基礎知識を知って、トラブルの防止や生産性向上に努めましょう。

働き方改革が推進されるなかで、“適切な勤怠管理”の重要性が増しています。2019年4月には「働き方改革関連法」も施行され、多様な働き方ができるようになりました。一方で、勤怠管理業務は複雑化しています。

こういった事情も踏まえて適切な勤怠管理を実現するには、まず、勤怠とは何かを正確に知っておかなければなりません。

「出社と出勤」「退社と退勤」「勤怠と勤務」といった用語の意味や、勤怠管理の管理項目、勤怠管理の必要性を解説します。

出社・出勤や退社・退勤、勤怠・勤務の意味の違い

勤怠に関連して日常的によく使う「出社・出勤」や「退社・退勤」。混同されがちですが、厳密には違う意味の言葉です。

勤怠と勤務の違い

勤怠とは、出勤と欠勤を意味する言葉で、従業員の出退勤や休憩などを管理するために必要です。一方で、勤務とは「会社などにつとめて仕事をすること」を意味します。簡単にいえば、勤怠は従業員の稼働時間の管理や、各月の締め日までの給与を計算するためのもの。勤務は仕事をすることを意味する言葉です。

会社に足を踏み入れれば「出社」

出社とは、オフィスや事務所など在籍する仕事場に赴くことで、出社時刻とは仕事場に到着した時刻を指します。つまり、会社へ足を踏み入れれば「出社」したことになるため、仕事の開始とは関係ありません。

2つの「退社」に要注意

「退社」は在籍する仕事場から出ること。会社から出た時刻を退社時刻と表現するため、仕事を終えた時刻とは異なります。

退社とは、在籍する仕事場から出ることを意味します。そして、退社時刻とは会社から出た時刻を意味するため、勤務を終えた時刻とは異なります。

ただし、「退社」には2種類の意味合いがあります。

  • 1 仕事を終えて会社から出ること
  • 2 会社を退職すること

文脈から判断できることがほとんどですが、取引先など直近の状況を知らない人と話す場合は注意が必要です。たとえば1だと、「◯◯は△△時に退社しました」のように時間を添えるとよいでしょう。2の場合は時期を述べるとよいでしょう。

「出勤」とは、勤務を始めた時刻のこと

実際の労働時間に結びつく言葉は「出勤」と「退勤」です。

たとえば会社に8時に到着し、9時に打刻して業務を始めた場合は、出社時刻が8時で出勤時刻が9時。18時に業務を終え19時に会社を出たときは、退勤時刻が18時で退社時刻が19時となります。

会社には8時〜19時までの11時間居たことになりますが、勤務時間は出勤から退勤までの9時間。休憩が1時間だとすると、この日の労働時間は8時間と計算します。

直行のときはどう表現する?

自社で働いているときと、取引先へ直接向かう場合やグループ会社へ出向しているときで、勤怠関係の言葉の使い方が少し異なってきます。

取引先へ朝一で向かうとき、取引先から直接帰るときは、出社・退社ではなく、直行・直帰を用いるのが一般的です。そして勤務自体は開始しているので、直行は「出勤」扱いとなり、直帰するときも「退勤」扱いとなります。

また、グループ会社などへ出向するときも、出社・退社とは言わない場合が多いです。しかし自社で働くのと同様、業務開始時に「出勤」、業務終了時に「退勤」扱いとなります。在宅勤務でも仕事を始めれば「出勤」、仕事を終えたら「退勤」として扱われます。

あくまで自身が在籍する会社に行ったり帰ったりすることを出社・退社と呼び、業務を開始したり終了したりすることを出勤・退勤と表現します。

また、派遣社員の場合も直行・直帰ではなく、出勤・退勤が使われます。

違法残業などで問題になる企業の多くが、出退社時刻と出退勤時刻を区別していないようです。この場合、言葉の意味を把握していないことが違反の原因であることも多いです。意図せず違反しないよう、実態と勤怠記録の関係を正しく認識しましょう。

残業時間の上限 - 法律で100時間未満へ規制 | 残業代の計算方法
残業時間の上限について原則45時間までとする36協定や、100時間未満へ規制する働き方改革関連法案などを解説します...
詳細を見る

すべての会社が出社ではない?

ちなみに、仕事場であればすべての職場で「出社・退社」を使うわけではありません。たとえば、官公庁であれば「登庁」、事務所や研究所などであれば「出所」と呼ぶこともあります。ただし、呼び方が異なるだけで、出社や退社と意味は変わりません。また労働時間に紐づく「出勤・退勤」の考え方も、一般的な会社と変わらないため注意しましょう。

勤怠管理で気を付けたい、「労働時間に含まれる業務」とは?

労働時間として認められる行動に対しては、追加手当を支払わなければいけません。慣習で行ってきたことでも法に反している可能性があります。

着替えや掃除は労働時間に含まれる?

しかし、「これって労働時間として認められるの?」と疑問に感じるものもあるでしょう。たとえば制服や作業服に着替える時間、掃除の時間などです。接客業であれば、就業時刻前の開店準備などは、労働時間に含まれるのでしょうか。

結論から言うと、これらの行為は労働基準法上すべて労働時間に当たります。労働時間とは「勤務時間から休憩時間を差し引いた時間」のことだからです。

ただし、労働時間とはあくまでも「上司の命令で勤務した時間」を意味するものです。自主的に仕事をしている場合には勤務に当たらず、労働時間としてカウントされません。

ややこしいのが、勤務時間外の作業を「やらなければならない」空気になってしまっている場合です。「空気」を「実質的には上司の命令」と判断するなら、この時間も労働時間に含める必要があります。監督者は勤怠や勤務の実態把握に努めたうえで、対応を判断しなければなりません。

自身が当事者である場合、就業時間外の業務を命じられることに疑問を感じていても、自分一人ではなかなか申告できないものです。労働組合に相談したり、あまりにひどい場合には労働基準監督署に相談したりすることをおすすめします。

10分前出勤の司令はアリなのか

管理職の中には、始業時間ぎりぎりに滑り込むように出社してくる従業員に対して、疑問を感じたことのある人も多いでしょう。このような事態を防ぐために「10分前出勤」など、定時前の出勤を命じたくなるかもしれません。

しかし、勤怠を伴わないにもかかわらず、就業時間前の出社を要求することは違法とされています。始業10分前の出社を求めたければ、勤怠も10分早め、賃金を支払わなければなりません。

労働時間・休憩時間の定義

勤怠管理では、従業員の出勤・退勤時刻といった労働時間を記録する以外にも、休憩時間や残業時間、欠勤、休暇取得の情報も記録します。この記録をもとに給与計算人事評価が行われるので、出退勤記録が正確に行われることがとても重要になります。

関連記事>>「勤怠管理」の必要性と目的・管理項目・課題

労働時間の定義

労働時間は主に2種類に分類されます。

1つ目は、労働基準法によって定められた「法定労働時間」です。法定労働時間とは、働きすぎを防ぐために設けられた、「休憩時間を除いて1日8時間、1週間で40時間以内」という勤務の上限のことです。

2つ目は、就業規則などによって定められた「所定労働時間」です。所定労働時間とは、労働者と会社の間で取り決めた勤務時間のこと。所定労働時間を超えた残業があっても、法定労働時間に収まっていれば「法定内残業」の扱いになります。

休憩時間の定義

休憩時間とは、法律で定められた労働者の権利です。休憩時間は労働時間と密接な関係があり、労働基準法では「労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間を労働時間の途中に与えること」と義務付けられています。

しかし、別途労使協定を結んだ場合や一部の職業には適用されません。また、労働時間か休憩時間か判断しづらい「グレーゾーン」も多いため、社内規定を加味した適切な勤怠管理が重要です。

関連記事>>労働基準法の休憩ルール | 6時間勤務・アルバイトの休憩時間は?

正しい理解を促して気持ちの良い仕事を

正しい勤怠管理を行うためには、言葉の意味を正しく理解したり、従業員と適切にコミュニケーションを取ったりすることも必要です。言葉の意味がわからなければ、働きやすい環境をつくろうという意識はあっても、労働者と会社の間ですれ違いが起こってしまうかもしれません。出社と退社、出勤と退勤、勤怠と勤務など、勤怠に関係する言葉を正しく使い分けることは大切です。従業員に向けて、言葉の意味や正しい勤怠管理の方法を説明する機会を設けるのもよいでしょう。

また、Excelやタイムカードによる勤怠管理では、改ざんや不正が起きる可能性があります。そもそも実態に即して本人の出退勤が記録されていないなら、勤怠管理システムを導入するのも手です。出退勤記録をつける際、スマートフォンや交通系ICカードを使ったり、PCの起動と連動させたりすれば、より正確な勤怠管理を行えます。

次の記事では導入コストを抑えられるクラウド型の勤怠管理システムを比較・紹介しています。

勤怠管理システムを徹底比較!機能やメリット・選び方を解説【2021年最新】
従業員の出退勤や休暇などの記録を管理する「勤怠管理システム」。勤怠管理システムを活用すれば、自社の労務管理体制を強...
詳細を見る

また、タイムカードより便利な勤怠管理システムや、スマートフォンで打刻できるおすすめ勤怠管理アプリもあります。検討の際は参考にしてください。

【厳選】おすすめ勤怠管理システムをまとめてチェック!

勤怠管理システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。従業員の労働時間管理、内部統制、上場準備などさまざまな目的で導入される勤怠管理システムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

関連記事

勤怠管理システムを徹底比較!機能やメリット・選び方を解説【2021年最新】
従業員の出退勤や休暇などの記録を管理する「勤怠管理システム」。勤怠管理システムを活用すれば、自社の労務管理体制を強...
詳細を見る
勤怠管理表Excel(エクセル)テンプレート5選!無料ダウンロード可能な使える出勤表
Excel(エクセル)の勤怠管理表テンプレートを無料でダウンロードできるサイトを厳選して紹介します。使えてはかどる...
詳細を見る
出勤簿のエクセルテンプレート無料ダウンロード|簡単にできる勤怠管理表の作り方
勤怠管理表や出勤簿をエクセルで作成することによって煩雑なシフト管理を簡単に行えます。記入すべき項目や記入例も解説。...
詳細を見る
勤怠とは - 出勤と退勤、出社と退社の違いは?知っておきたい基礎知識
勤怠管理を行ううえで、人事労務担当者がきちんと理解しておきたい「勤怠」の意味。混同されがちな「出勤と退勤」「出社と...
詳細を見る
無料で使える勤怠管理システム・ソフト6選!おすすめサービスやテンプレートを紹介
永年無料で使えるおすすめの勤怠管理システム・フリーソフトを選定しました。いきなりの有料版導入には抵抗がある方や、小...
詳細を見る
直行直帰のメリット・デメリットとは?労働時間・ルール、システム化で業務を効率化しよう
直行直帰のメリットとデメリットを解説し、直行直帰にありがちな労働時間の問題を解説します。また、直行直帰を管理可能な...
詳細を見る

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

選び方ガイド
勤怠管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
勤怠管理システムの最近更新された記事
勤怠管理システムを安く導入する!バックオフィスのコストを抑えるおすすめサービス
給与計算システムと連携できる勤怠管理システム8選!簡単連携で業務を効率化
英語対応の勤怠管理システムおすすめ6選!サービスの比較ポイントや導入メリット
KING OF TIME・ジョブカン・Touch On Time・マネーフォワードを比較 | 料金や評判
法人携帯のかけ放題プランを比較!各キャリアの特徴と料金・契約する際の注意点
iPhoneの法人契約におすすめのキャリア!選ぶ機種や加入すべきプラン
法人携帯大手3キャリアを比較 - ドコモ・au・ソフトバンク | 契約までの流れ・必要書類・メリット
法人携帯ガラケーのおすすめキャリア4選!かけ放題プランや機種を比較
法人携帯9サービスを比較!大手キャリアや格安SIMの料金・特徴・選び方
法人携帯(スマホ)を安く契約する方法は?コスト削減を実現する販売会社6選