コピー完了

記事TOP

勤怠管理システムのシェア・市場規模を解説!一番選ばれている人気サービスは?

最終更新日:(記事の情報は現在から90日前のものです)
勤怠管理システムの市場規模とシェア率を紹介します。勤怠管理システムの今後の市場成長度や、シェア率の高いサービスはなぜ選ばれているのか、導入時の失敗例、サービスの選び方をボクシル編集部の視点で解説しています。

【厳選】おすすめ勤怠管理システムをまとめてチェック!
勤怠管理システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ勤怠管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的な勤怠管理システムを含むサービスを徹底比較しています。ぜひ勤怠管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

勤怠管理システムの市場規模

株式会社富士キメラ総研が2022年に発表したレポート※1によると、勤怠管理システムの市場規模は2021年度時点で約290億円という調査結果が出ています。その内訳としては、SaaS型が201億円、パッケージ型が89億円となっています。

2026年度にはSaaS型・パッケージ型の合計で約387億円規模に成長するようです。

勤怠管理システムの市場規模

パッケージ型の勤怠管理システムの規模が縮小する予測からみると、クラウド型への移行が進むと考えられます。

※1 出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2022年版」

勤怠管理システム市場の成長率は?

同レポートによると、勤怠管理システム市場は毎年5.9%程度成長を続けると予測されています※2

勤怠管理システム市場の成長の要因としては、2019年に施工された働き方改革関連法への対応需要が挙げられます。

2020年度はコロナ禍の影響により、コンプライアンスを遵守しながら在宅勤務対応を進めるための導入ニーズが寄与し、市場成長が継続しています。

※2 出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2022年版」

勤怠管理システムのシェア率

BOXILが実施した勤怠管理システムの利用ユーザー100人を対象にしたアンケート※3によると、勤怠管理システムのシェア率は、ジョブカン勤怠管理が18%でトップでした。次点でKING OF TIMEが7%、ジンジャー勤怠とTeamSpiritが5%と続いています。

勤怠管理システムのシェア率

※3 集計期間 2022年3月3日〜3月24日 「会社で利用経験のある勤怠管理システムに関する簡単なアンケート」をもとにスマートキャンプで集計

シェア率と併せて口コミ・ユーザー満足度もチェック

シェア率だけでなく、各サービスの口コミやユーザー満足度を確認しておくことで、自社にあったサービス選びができるようになります。勤怠管理システムのランキングもあわせて参考にしてください。

【2024年04月】勤怠管理システム人気ランキング|満足度や口コミ・評判を調査 | ボクシルSaaS
勤怠管理システムのおすすめ人気製品をランキング形式で比較。料金や口コミ、機能、提供形態を元に比較可能です。
詳細を見る

ここからは、シェア率の高いサービスはなぜ選ばれているのか、アンケートで得た回答をもとに解説します。

ジョブカン勤怠管理 - 株式会社DONUTS

ジョブカン勤怠管理
ジョブカン勤怠管理
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 機能の単独利用が可能
  • フレックスや変形労働などの勤務形態ごとに細かく設定可能
  • 中小規模企業向けの無料プランあり

ジョブカン勤怠管理が選ばれている理由としては、特に費用の安さが挙げられます。必要な機能だけ組み合わせて利用できることで、全体の費用を抑えられることが評価につながっています。

その他にも、実際にトライアルで使ってみた際の使用感、使いやすさを評価する口コミが数多く見られました。

KING OF TIME - 株式会社ヒューマンテクノロジーズ

KING OF TIME
KING OF TIME
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • クラウド勤怠管理シェア上位
  • 給与計算ソフトとの連携で簡単データ連携
  • ニーズによって選べる多彩なタイムレコード

KING OF TIMEが選ばれている理由としては、打刻方法の豊富さが挙げられます。ICカードやパソコン・スマートフォン・タブレットでの打刻はもちろん、指静脈や顔認証などの生体認証打刻も可能なため、セキュリティが重視される企業でも安心して導入可能な点がユーザーに評価されています。

ジンジャー勤怠 - jinjer株式会社

ジンジャー勤怠
ジンジャー勤怠
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 豊富な機能であらゆる勤務形態や就業規則に対応
  • アプリ完全対応でスマホから簡単に操作可能
  • 生体認証打刻機能や第三者認証、暗号化監視体制など万全のセキュリティ体制

ジンジャー勤怠が選ばれている理由としては、システム権限の設定や承認権限の設定の簡単さと、打刻のしやすさが挙げられています。

アプリでの打刻はボタンが大きく、初めて使う人でもわかりやすいことが評価につながっているようです。

チムスピ勤怠(旧TeamSpirit) - 株式会社チームスピリット

チムスピ勤怠(旧TeamSpirit)
チムスピ勤怠(旧TeamSpirit)
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • ERP型の勤怠管理システム
  • 残業や有給休暇の取得状況をモニタリング可能
  • データは世界水準のセキュリティ環境で管理

TeamSpiritが選ばれている理由としては、連携機能が豊富な点が挙げられています。SalesforceやAkerunなど各種サービス、製品、端末などとの連携を実現する「TS Connect」機能により、社内の情報を一元管理できる点が評価されているようです。

また、残業計算をリアルタイムで行ってくれる点や工数管理ができる点もユーザーに評価されています。

おすすめ勤怠管理システムの比較表

【特典比較表つき】『勤怠管理システムの資料15選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『勤怠管理システムの資料15選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

シェア率だけでなく機能で比較しよう

勤怠管理システムを選ぶ際に重要なのは「自社の状況に合った機能が備わっているかどうか」です。あわせて各サービスの口コミなども見ておくと良いでしょう。

【比較表あり】勤怠管理システム比較!おすすめクラウドサービスの口コミ評価
勤怠管理システムの代表的なサービスを徹底比較!対応している業務形態や出勤・退勤の方法、料金プラン、口コミ評価などを...
詳細を見る

無料やアプリ対応、小規模企業向けなど、特徴から勤怠管理システムを選びたい方は、こちらからサービスを比較できます。

特徴から勤怠管理システムを比較する
英語対応の勤怠管理システム 無料の勤怠管理システム アプリ対応の勤怠管理システム
小規模向け勤怠管理システム 中小企業向け勤怠管理システム シフト管理できる勤怠管理システム
給与計算ソフト連携可能な勤怠管理システム 建設業向け勤怠管理システム 派遣会社向け勤怠管理システム
病院向け勤怠管理システム 介護業向け勤怠管理システム 利用料金が安い勤怠管理システム
新選び方ガイド:勤怠管理システム選び方ガイド20240402.pptx.pdf
勤怠管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
勤怠管理システムの最近更新された記事