コピー完了

記事TOP

建設業向け勤怠管理システム5選!選び方・おすすめサービス

記事の情報は2022-08-05時点のものです。
建設業の場合は施工現場での直行直帰の勤務も多いので正確な勤怠管理は困難です。一方で働き方改革により建設会社にも勤怠に関して正しく把握することが義務付けられています。本記事では建設業が抱える勤怠の課題、それを解決するための勤怠管理システムの選び方、おすすめのシステムについて紹介します。

【厳選】おすすめ勤怠管理システムをまとめてチェック!
勤怠管理システムの比較表
\おすすめサービスの機能・料金を比較/

勤怠管理システムの各サービス資料を厳選。無料で資料請求可能です。従業員の労働時間管理、内部統制、上場準備などさまざまな目的で導入される勤怠管理システムの比較にお役立てください。

建設業界の勤怠管理に関する課題

建設業界は、事務所勤務だけではなく現場に直行直帰する従業員も多いので、勤怠管理が困難になりがちな業界の1つです。建設業界が抱える勤怠管理の課題は大きく分けて次の3つとなります。

  • 直行直帰の打刻
  • 働き方改革に関する法改正への対応
  • 正確な勤怠管理

それぞれについて説明します。

直行直帰の打刻

直行直帰の従業員の労働時間管理は、従来のタイムカードや日報のような手法では管理が困難です。

建設業の場合は現場仕事中心で、直行直帰で働いている従業員が多い傾向にあります。直行直帰の従業員が多い企業はタイムカードのような仕組みでの勤怠管理が困難です。

始業・終業の際に事務所に行くのは現場従業員にとっても負担になります。また、勤怠を記録するためだけにメモや日報による勤怠管理をするのには、従業員にとっては手間です。さらに、終業のタイミングで事務所に電話で報告を入れ場合も、電話を受ける側の内勤事務員に待機してもらわなければならないので効率よくありません。

働き方改革に関する法改正への対応

働き方改革に関する法改正への対応も建設業界の勤怠管理にとって考慮しなければならない事項の1つです。

働き方改革によりさまざまな労働関連法規が改正されていますが、建設業界が特に配慮しなければならないのが、「時間外労働の上限規制」です。

建設業には2024年3月から適用される予定で、2019年の労働基準法改正で、従業員の正確な勤怠情報の把握が義務付けられたのと合わせて、従業員の自己申告に依存した労働時間管理が認められません。

正確な勤怠管理

「直行直帰の打刻」「働き方改革に関する法改正への対応」といった2つの課題を解決するためには、従来のタイムカードや紙の日報による勤怠管理ではない、効率的、即時に実行できる勤怠管理手法が必要です。

このような事情から注目を集めているのが、勤怠管理システムを活用した勤怠管理です。勤怠管理システムを活用すれば、場所に関わらず、リアルタイムでの出退勤の報告が可能となります。

また、システムを連携させることによって、人事情報や給与計算との勤怠管理情報の連携も可能となるので、企業全体の管理業務を効率化できます。

建設業界が勤怠管理システムを導入するメリット

建設業界が勤怠管理システムを導入によって、具体的には次の3つのメリットが発生します。

  • 直行直帰に勤怠管理に対応できる
  • 勤怠情報を自動で集計できる
  • 勤務時間を正確に把握できる

それぞれについて詳しく説明します。

直行直帰に勤怠管理に対応できる

業務メモや日報などで勤怠管理をしている場合は、事務所に出勤した日にまとめて従業員が複数日の日報をあげる、そもそも正確な出退勤の時間を忘れてしまって把握していない、申告されても本当にその時間から勤務を開始した証拠はないといった問題が発生します。

一方で勤怠管理システムであれば、簡単に勤怠を報告でき、インターネットを通じて報告するので場所を問いません。特に直行直帰が多い建設業界においては遠隔で勤怠管理ができるので、労使ともにメリットが多いシステムです。

勤怠情報を自動で集計できる

勤怠情報を自動で集計できるのもシステム導入のメリットです。タイムカードや紙の日報で勤怠情報を管理している場合、人間が紙に記載されている状態を目視して、転記、集計する必要があります。もちろん、人間の手が介在すると、それだけ勤怠情報をまとめるのに時間は必要になり、ミスをする可能性もあります。

一方で勤怠管理システムの場合、自動的に勤怠情報を整理する機能も持ったシステムも存在しますし、CSVなどで出力すれば各企業の目的にあった形で自由にデータ分析も可能です。

結果的に、人が手間をかける必要がなくなり、コスト削減効果が期待できます。

勤務時間を正確に把握できる

直行直帰でもリアルタイムで勤怠を管理、まとめて勤怠情報事務所に出社した際に提出することはなくなるので報告自体が正確になります。さらにシステムによっては打刻のなりすまし防止といった機能が搭載されていることもあります。

また、勤務時間を集計、分析する際もヒューマンエラーが発生する余地が減るので正確な分析が可能です。

勤務時間を正確に把握することは結果として、給与計算や労務管理などのミス削減、従業員が働きやすい環境の構築に貢献します。

勤怠管理システムを導入するメリット・デメリット | 導入する目的とは?
勤怠管理システムの導入で得られるメリットには「業務効率化」「コスト削減」「不正打刻防止」などの効果があります。本記...
詳細を見る

建設業向け勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システムには数多くのシステムが存在するので目的に合致した製品選びが必要です。建設業向けの勤怠管理システムを選ぶ際は次の3つの点を基準に、適したシステムを選択するとよいでしょう。

  • スマートフォンアプリ・モバイルに対応しているか
  • 工事原価管理に対応できるか
  • 日報・工数管理などの機能は搭載されているか

それぞれの項目について詳しく説明します。

スマホアプリ・モバイルに対応しているか

建設業の場合は、スマートフォンアプリ・モバイルに対応している勤怠管理システムを選ぶべきです。施工現場で働いている社員の場合は、パソコンや紙の書類によって勤怠を報告することは難しく、コミュニケーションはどうしてもスマートフォン、タブレットが中心となります。

よって、現場社員の利便性を考慮するのであればスマートフォンアプリ・モバイルに対応した勤怠管理システムであることは重要な選定基準です。

ちなみに、ITやスマートフォンの扱いに不慣れなスタッフのために音声ガイダンスによって通話打刻できるタイプのシステムもあるので使用のハードルは高くありません。

また共有のタブレットで複数のスタッフの勤怠管理ができるシステムもあるので、導入費用も抑えられます。

おすすめ勤怠管理アプリ比較12選!スマホ打刻でタイムカード不要
【2022年】スマホアプリ対応のクラウド勤怠管理システムを一挙に紹介します。各サービスの機能や料金、無料トライアル...
詳細を見る

工事原価管理に対応できるか

建設業向けに特化した勤怠管理システムの中には工事原価管理にも活用できるシステムが存在します。

建設業において工事原価管理は重要で、特に人件費の見積もり、計測が甘いと期待した収益があげられず、経営上の思わぬ落とし穴になるケースも考えられます。

勤怠管理システムの導入だけではなく、合わせて工事原価管理についても見直し、既存の工事原価管理システムが存在する場合はどのシステムを連携させるかについて考えてください。

日報・工数管理などの機能は搭載されているか

勤怠管理システムの中には日報・工数管理機能を搭載したシステムも存在します。

こうしたシステムを活用することによって、離れた施工現場にいる従業員からの日報を素早く受け取れます。また、工数管理機能も持ったシステムであれば、従業員が入力したデータを集計して自動的に工事の進捗状況を可視化でき、各メンバーのタスクやパフォーマンスについても簡単に分析可能です。

工数管理機能を持った勤怠管理システムを活用すればExcel(エクセル)で管理できないような高度なプロジェクト管理も可能となるので、より厳密に工事の進捗を管理できます。

建設業界におすすめの勤怠管理システム

建設業においておすすめの勤怠管理システムを紹介します。システムの中には、無料プランがあるものや、トライアルとして一定期間無料で使用できるシステムも存在します。正式に導入する前にシステムの使用感を確認してから導入してください。

サービス名満足度初期費用月額固定費用月額従量課金無料プラン無料トライアル対応言語連携サービス勤怠データのエクスポート方法給与計算ソフト連携対応できる勤務形態スマホアプリ打刻WEB打刻GPS打刻ICカード打刻生体認証その他打刻方法シフト管理ワークフロー機能(有給申請・残業申請)アラート機能休暇管理・休暇付与方法36協定対応機能予実管理工数管理
0円(税抜)〜
--
200円(税抜)〜
30日間
英語
韓国語
スペイン語
タイ語
中国語
ベトナム語
日本語
SmartHR
弥生会計 オンライン
Slack
オフィスステーション 労務
ALLIGATE
Azure Active Directory(Azure AD)
マネーフォワード IT管理クラウド
LINE
Payme
アワマネ
OneLogin
HENNGE One
Okta
トラスト・ログイン byGMO
OPTiM ID+
CSV形式
PDF形式
Excel形式
Cells給与
freee人事労務
マネーフォワード クラウド給与
やよいの給与明細 オンライン
給与奉行クラウド
ジョブカン給与計算
PCAクラウド 給与
給料王
給与大臣
給料らくだ
変形労働
フレックス
裁量労働
みなし労働制
固定労働制
シフト制
テレワーク
在宅勤務
管理監督者
LINE打刻
Slack打刻
顔認証打刻
入退館システム連携
PCログイン/ログオフ打刻
0円(税込)〜
3,800円(税抜)〜
--
日本語
LINE WORKS
SmartHR
Slack
ジンジャー給与前払い
CYURICA
CSV形式
freee人事労務
マネーフォワード クラウド給与
給与奉行クラウド
Slack打刻
LINE打刻
LINE WORKS打刻
QRコード打刻
0円(税抜)〜
300円(税抜)〜
--
30日間
英語
タイ語
日本語
LINE WORKS
SmartHR
あしたのチーム
オフィスステーション 労務
WowTalk
サイレコ
メンタル天気予報コンケア
Carely
Payme
Rakuten早トク給与
その他従業員サーベイや給与前払いシステムと連携
CSV形式
PDF形式
Excel形式
JDL IBEX 給与 net2
freee人事労務
マネーフォワード クラウド給与
給与奉行クラウド
PCAクラウド 給与
給与奉行
給料王
弥生給与
週・月・年の変形労働、フレックス勤務等様々な就業ルールにも対応
LINE WORKS
温度検知連携
WowTalk
顔認証
チャット打刻など
--
--
400円(税抜)〜
英語
タイ語
ベトナム語
日本語
ほか多数の言語
ジンジャー労務
ジンジャー経費
ジンジャー人事
ジンジャーワーク・バイタル
CSV形式
ジンジャー給与
フレックスタイム制
変形労働制
裁量労働時間制
管理監督者/特定高度専門業務・成果型労働制
0円(税抜)〜
2,980円(税抜)〜
300円(税抜)〜
パーソナルプラン、1か月間
日本語
CSV形式
PDF形式
マネーフォワード クラウド給与
基本勤務制
シフト制
管理監督者
裁量労働制
フレックスタイム制
変形労働時間制
\ 気になるサービスの特徴を資料でチェック! /

ジョブカン勤怠管理 - 株式会社DONUTS

ジョブカン勤怠管理
BOXIL SaaS AWARD 2022 人事・給与部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • PCブラウザ、携帯からのGPS打刻に対応
  • 打刻情報がリアルタイムでチェック可能
  • 拠点ごとの出退勤・打刻を管理

ジョブカン勤怠管理は、建設業にも導入実績があり、30日間の無料トライアルも設定されているので使い勝手を確認してからの導入が可能です。

打刻の数に応じて出勤・休憩・退勤を自動で判定可能。打刻忘れ防止機能もあるので打刻忘れも防止できます。給与計算ソフトとも連携できるので、勤怠管理システムのデータをもとに給与計算業務も効率化できます。

HRMOS勤怠 by IEYASU - IEYASU株式会社

HRMOS勤怠 by IEYASU
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn 人事・給与部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 働き方改革関連法案に対応、労基法に準拠した労務管理が可能
  • 初期費用、月額費用無料で使用できるプランもあり
  • Web給与明細、日報管理機能を搭載

HRMOS勤怠 by IEYASUはIEYASU社が提供している勤怠管理システムで、2022年2月に「IEYASU」からシステムの名称変更をしました。機能は制限され広告が表示されてしまいますが、初期費用・月額費用ともに0円で使用できるプランも用意されています。

Web給与明細機能や日報管理機能といった機能も搭載されているので、施工現場に常駐していて事務所にはほとんど来ない社員とのコミュニケーションも簡単に行えます。

KING OF TIME - 株式会社ヒューマンテクノロジーズ

KING OF TIME
BOXIL SaaS AWARD 2022 人事・給与部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • さまざまな就業ルールに対応可能
  • スケジュール・シフト管理機能で人材配置を最適化
  • データ分析機能で働き方を可視化

KING OF TIMEは、変更労働やフレックスタイムなどさまざまな就業ルールに対応可能で、現場ごとの事情によって柔軟に対応できる勤怠管理システムです。

申請承認機能があるので紙の書類を使わなくても施工現場から有給や残業などの申請ができ、残業時間が多い、遅刻が多いといった一定の条件に達した従業員をアラート機能により発見できます。

36協定基準での残業把握ができ、改正労働基準法にも対応し可能です。データ分析機能で離職しやすい社員の傾向も掴みやすいので、労使トラブルを事前に防止するのに役立ちます。

ジンジャー勤怠 - jinjer株式会社

ジンジャー勤怠
BOXIL SaaS AWARD 2022 人事・給与部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 働き方改革関連法に対応できる
  • 労働時間の予実管理、着地予測機能あり
  • 5か国語で使用できる

jinjer勤怠は、各種労働関連法律に合わせて機能がアップデートされるので、法改正への対応漏れが発生するリスクの少ない勤怠管理システムです。日本語だけではなく、英語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語にも対応しているので外国人労働者の多い建設会社でも簡単に使用できます。

勤怠データを自動で集計して一定の条件を満たした従業員に対してはアラートを送れたり、労働時間の予実管理もできるので、オーバーワークを早期に発見して従業員の離職を防ぐ効果が期待できます。

マネーフォワードクラウド勤怠 - 株式会社マネーフォワード

マネーフォワードクラウド勤怠
BOXIL SaaS AWARD 2022 人事・給与部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • マネーフォワードシリーズのHRソリューションと連携
  • 36協定の遵守状況をチェック可能
  • 勤怠管理に加えて複雑なシフト管理にも対応

マネーフォワードクラウド勤怠は、マネーフォワード社が提供しているクラウド型の勤怠管理システムです。マネーフォワードには他にも人事管理、給与計算、社会保険管理、年末調整といったさまざまなシステムが存在し、HRソリューションと連携することにより人員管理を総合的に効率化できます。

アラートのパターンが豊富で異常な打刻や、残業時間が一定時間を超えた場合などをシステムが通知し、労務管理のトラブルにいち早く気づけます。


より多くに勤怠管理システムから比較したい方は、こちらの記事を参考にしてくだい。

【2022年】勤怠管理システムを徹底比較!機能・選び方を解説
従業員の出退勤や休暇などの記録を管理する「勤怠管理システム」。勤怠管理システムを活用すれば、自社の労務管理体制を強...
詳細を見る

勤怠管理システムで建設業の課題を解決

建設業は独自の課題を抱えている企業も多いため、その会社の働き方に合致した勤怠管理システムを導入するべきです。導入することによって、勤怠情報を効率的に集計できたり、不正を防止して正確な勤怠管理ができたりとさまざまなメリットがあります。

また、働き方改革が実施されていく中で従来よりも厳格化された勤怠管理が企業に求められており、対応するためにもシステムを導入した方が良いです。

勤怠管理システムを選ぶ際の主要なポイントは本記事で紹介したとおりですが、他にも企業ごとに独自のこだわりのポイントがあるかもしれません。ぜひ、この記事を参考にしながらそれぞれの企業にあったシステムを導入してください。

【厳選】おすすめ勤怠管理システムをまとめてチェック!
勤怠管理システムの比較表
\おすすめサービスの機能・料金を比較/

勤怠管理システムの各サービス資料を厳選。無料で資料請求可能です。従業員の労働時間管理、内部統制、上場準備などさまざまな目的で導入される勤怠管理システムの比較にお役立てください。

勤怠管理システムの導入事例|抱えていた課題と導入後の効果まとめ
この記事では、勤怠管理システムの導入事例を紹介しています。導入した背景や抱えていた課題、その後の効果など、BOXI...
詳細を見る
勤怠管理システムのシェア・市場規模を解説!一番選ばれている人気サービスは?
勤怠管理システムの市場規模とシェア率を紹介します。勤怠管理システムの今後の市場成長度や、シェア率の高いサービスはな...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

勤怠管理システム選び方ガイド
勤怠管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
勤怠管理システムの最近更新された記事