コピー完了

記事TOP

小売業界向けMAツール | メリット・機能・導入事例を紹介

最終更新日:
競争が激化する小売業界において、MAツールを活用し売上を伸ばしている企業があります。注目の小売業界向けMAツールについて、おすすめの機能、導入効果、導入事例を紹介しながら解説いたします。

小売業界におけるMAツールとは

MAツールとは「マーケティング・オートメション」の略で、マーケティング部門が行っている見込み客の選定と、営業部が行っている顧客獲得のプロセスの一部を自動化してくれるツールのことです。

主にメールやウェブサイトの訪問者分析、見込み客の優先順位付け、必要としている情報の広告、販売促進、レポート作成などを作業を自動化します。

MAツールの機能

MAツールの活動を大きく分けると「メールマーケティング」、「リード管理」、「販売促進」の主に3つです。

メールマーケティング

メールマーケティングとは、見込み顧客に対して獲得を促す販売促進を目的とした、営業活動をメールで行うことです。

MAツールではリード管理された顧客情報をもとに、見込み顧客や検討度合いに合わせたメールを自動で作成する機能があり、One To One マーケティングを実現します。

以下の記事では、One To Oneマーケティングとは何かの説明や、実現することによるメリットについて詳しく解説しています。

リード管理

リード管理とは、営業、展示会、問い合わせを行った見込み顧客の行動履歴を元に、スコアリングして管理する機能のことです。スコアリングにより営業活動のアプローチを変えることができるので、成約率の向上や営業の生産性の向上につなげることができます。

以下の記事では、スコアリングの意味や方法について詳しく解説しています。

販売促進

リード管理している情報にもとづき、販売促進を行う機能を備えています。
たとえば、登録してある顧客の誕生日を参考に、1か月前になったら自動的にメールを送るなどの機能は一般的です。その他にも、ホームページの閲覧履歴から検索履歴のある商品のセール情報を自動配信することもできます。

MAツール導入3つのメリット

MAツールを導入することで、実際にどのようなメリットが生まれるのでしょうか。

キャンペーン効果アップ

顧客情報をもとに、興味ある商品を自動で選定したうえで、ニーズに合ったキャンペーンをマッチングし、自動的にメールの配信を行います。

見込み顧客の購入意向度合によってメール内容を変えるで、必要な方に必要な情報を届けることができるので成約率を高めることができます。
 

業務の負担を軽減 

顧客管理の利用意向度を自動算出するので、細かい顧客情報管理や更新が不要です。
また、アクセスやトレッキング分析など時間のかかる作業も自動化されているので分析にかかる時間も最低限となります。

顧客行動履歴の一元管理  

顧客行動履歴を管理できるようになることで、Cookieなどを用いた追跡広告であるリターゲティングから、ポップアップやブッシュ通知に切り替えることができるます。

ポップアップやプッシュ通知は、ユーザーの許可のみでDMと同じような内容を送ることができるので、追跡広告よりも成約率を高めることができます。

以下の記事では、リターゲティングの仕組みについて詳しく解説しています。

MAツール導入事例

実際にMAツールを導入した企業を見てみましょう。

カー用品販売大手チェーンA社

A社では、MAツールと統計解析ソフトを連携させたプラットフォームを導入し、成約率55%増を実現しています。利用実績にもとづき、車やオイル交換の時期をアプリを介してプッシュ通知することで販売促進につなげています。

MAツール導入前は顧客に合わせたプロモーションを行うことができませんでした。
しかし、導入後は蓄積された情報を元に、その顧客に合った提案を設定することで、One To Oneのマーケティングを実現しています。

モール型アパレルM社

M社では、見込み客、新規顧客、リピーターなどの顧客のステータスから情報をアレンジして販売促進をしています。

具体的な方法としては、見込み客に対して、まずアプリの魅力や使い方を伝えます。
それでも購入に至らなかった場合は、おすすめのコーディネートを配信するなど、ステータスや行動履歴に応じて販売促進方法を変えています。

MAツール導入前はメルマガを一括送信していて閲覧率も低かったのですが、導入後は広告の閲覧率も上がり、販売促進につなげることができています。

小売業界におすすめのMAツール(B to B型)

それでは、上記のメリットを踏まえたうえで小売業界におすすめのMAツールを紹介していきます。
本記事で紹介したサービスのさらなる詳細や、紹介しきれなかったサービスについては以下からご覧になれます。

SATORI - SATORI株式会社

SATORI(サトリ) - SATORI株式会社 画像出典:SATORI公式サイト

  • 圧倒的に使いやすい
  • リードジェネレーションに強い
  • 豊富なサポート

SATORIの特徴は使いやすさです。必要な操作を減らすことによる利便性の向上によって、誰でもストレス無く使用でき、運用効果を高めています。また、匿名、実名問わず顧客情報を蓄積できるので、リード客の対象範囲を広げることができるのも特徴的です。

小売業界におすすめのMAツール3選(BtoC)

小売業界におすすののMAツール、BtoC向けのものを紹介していきます。

b→dash(ビーダッシュ) - 株式会社フロムスクラッチ

b→dash(ビーダッシュ) - 株式会社フロムスクラッチ 画像出典:b→dash(ビーダッシュ)公式サイト

  • シンプルで簡単な操作
  • 広告投資最適化
  • プロフェッショナルによるサポート

b→dashの特徴は、マーケティング特化型システムだということです。最適な広告投資、豊富なクロスチャネルを設定できるなど、獲得面でのオートメーション化に強いのが特徴です。

Aimstar

  • 売上UPのための分析・ターゲティング機能
  • 分析とMAが有機的に結合
  • 導入後の追加開発は最小限

Aimstarの特徴は、100種類を超える顧客や商品の分析に対するツールが充実しています。また、分析にもとづいたキャンペーン管理、チャネル連携などにも強いMAツールです。

TREASURE DATA

  • 初期費用は0円
  • 今すぐ始められる
  • 月額課金制

TREASURE DATAの特徴は、初期費用がかからないため、MAシステムを導入しやすいという特徴です。もちろん基本機能は充実しており、アフターサポートも万全です。

MAツール導入で差別化を図ろう

MAツールは企業のマーケティング活動の生産性向上に大きく貢献します。

しかし、導入しただけで売上が向上するということではありません。MAツールから抽出したデータをもとに、どのような企業活動を選択するのかの判断が大切です。

情報を制するものはビジネスを制す。とよく言われます。大量の情報管理をサポートしてくれるMAツールは、企業判断のうえでも、顧客とのリレーション作りでも役立つに違いありません。

マーケティングや営業活動に不安のある企業、部署はMAツールの導入をぜひ検討してみてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

MAツール(BtoB)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
MAツール(BtoB)の最近更新された記事
SATORIとは - 使い方解説 | できること・ツールの機能・事例比較・仕組み
採用マーケティング | これからの人材採用で勝つための戦略とは
マーケティングオートメーション(MA)とは | 機能や導入目的、使い方・役割
マーケティングオートメーション(MA)ツール比較 | 機能や価格、製品の種類
【厳選】製造業界向けMAツール6選 | 課題と解決策・導入事例
金融・銀行業界必見のMAツール5選 | 導入メリットと選択のポイント・事例紹介
MA導入はなぜ失敗するのか?注意点と成功への手順を徹底解説 | 注目ツールも紹介
マーケティングオートメーション(MA)ツールの事例12社 | 導入企業が成功した方法
シャノンマーケティングプラットフォームとは | 価格と機能 - Salesforceも認めたMAツール
再現性ある営業に重要、セールスイネーブルメントとは - 導入ステップ・ツール活用マップ【図解】