コピー完了

記事TOP

Account Engagement(旧 Pardot)の使い方・事例 機能や価格・口コミ・活用ポイント

最終更新日:(記事の情報は現在から490日前のものです)
セールスフォース・ジャパンが提供するMAツール「Account Engagement(旧 Pardot)」。企業のマーケティングやCRM、そしてリードナーチャリングを強力にサポートする機能と代表的な特徴、事例について解説していきます。

Account Engagement(旧 Pardot)とは

Account Engagement(旧 Pardot)とは、セールスフォース・ジャパンが提供する、Salesforceと一体型タイプのマーケティング・オートメーション(MA)です。

リード(見込み顧客)の創出のために有効な機能が揃っており、顧客のアクセス分析から配信メールのシナリオ設定、マーケティング活動とセールス活動の融合など、自社の営業活動の強力な後押しとなるツールです。

有名なSalesforceと連携利用が可能なAccount Engagement(旧 Pardot)の概要と代表的機能、そして実際の使い方や価格体系に至るまで一通り解説していきます。

マーケティングオートメーション(MA)とは?

マーケティングオートメーション(MA)とは、効率的な事業運営を行うための仕組みのことです。企業がマーケティング活動をするうえで、これまでマンパワーによって繰り返し行っていた定型作業や、膨大なコストがかかってしまうような複雑な作業を自動化します。

また、それを実現するソフトウェアのことを指すこともあり、近年はこういったツールのことをMAと呼称することが多くなってきています。Account Engagement(旧 Pardot)はMAツールのひとつにあたります。

MAツールの導入事例|抱えていた課題と導入後の効果まとめ
この記事では、MAツールの導入事例を紹介しています。導入した背景や抱えていた課題、その後の効果など、BOXIL編集...
詳細を見る

営業支援システムSales Cloudとは

Account Engagement(旧 Pardot)の最大の強みは、世界No.1の営業支援システム(SFA)である「Sales Cloud」と柔軟な連携ができる点です。

Sales CloudはSalesforceの構成製品のひとつであり、リードジェネレーションから契約までを網羅する総合的なセールス・ツールとしての地位を確立しています。

企業内の数名のグループから、数万ものユーザーを抱える大企業まで広く利用されており、顧客管理や営業活動の効率化とコスト低減に寄与し、リードの獲得と商談からの成約プロセスを強力にサポートしてくれます。

Account Engagement(旧 Pardot)はMAとしての豊富な機能に加えて、Sales Cloudとも一体化しているので、Salesforceをメインに導入している企業はもちろんのこと、これからMAの取り組もうとしている企業におすすめです。

Account Engagement(旧 Pardot)の特徴

Account Engagement(旧 Pardot)の特徴、導入してできることは次のとおりです。

  • リード(見込み顧客)の獲得から成約までを一元的に管理
  • Salesforceとの連携で、マーケティングのさまざまな問題を解決
  • パーソナライズされた情報により深い顧客エンゲージメントを獲得
  • マーケティングに関するROIの改善

ポイント別に解説していきましょう。

リード(見込み顧客)の獲得から成約までを一元的に管理

Account Engagement(旧 Pardot)はリードの獲得から成約に至るまでのプロセスを強力にバックアップしてくれるツールです。

顧客行動のトラッキング機能やスコアリング機能によって、顧客となる確率の高いリードを抽出でき、そのために必要なランディングページやフォームの作成が可能です。

さらに、いわゆる検索連動型広告に管理画面を連携させることで、一つひとつの広告施策の効果測定もできます。

リードの獲得を高めるのに便利なチャットサポートシステムを以下の記事で紹介しています。チャットサポートシステムを導入することで、リアルタイムでのサポートができるため、CVの増加が見込まれ、またサポート・問い合わせ業務の効率化にもつながります。

【比較表あり】チャットボット42社を比較!おすすめサービスの料金・機能
シェア率の高い人気チャットボットを含むサービスの料金や機能、口コミ評価を徹底比較!どのチャットボット製品を導入すれ...
詳細を見る

Salesforceとの連携で、マーケティングのさまざまな問題を解決

Sales Cloudとのスムーズな連携により、リードの自社サイトへの訪問やメルマガの開封状況などがタイムリーに通知され、これによって最適なタイミングでの商談機会を得られます。

また、提供会社であるセールスフォース・ジャパン自身がSalesforceを活用しているため、すでに多くの実践的な活用ノウハウが蓄積されています。

Account Engagement(旧 Pardot)のユーザー企業にはそのノウハウが提供され、セミナーや交流会などを通じてその活用方法を共有できることになっています。

パーソナライズされた情報により深い顧客エンゲージメントを獲得

一人ひとりの顧客との商談の状況や彼らの属性、ニーズ、興味のある分野などによってパーソナライズされたマーケティングシナリオを構築できます。

たとえば個別に最適化されたメールを配信することによって、一斉配信では考えられなかった高い開封率を実現できます。

現在、いわゆるOne to Oneマーケティングが当たり前になっていますが、それを自動化・効率化しながらより深い顧客エンゲージメントを獲得できるわけです。

マーケティングに関するROIの改善

これまでの特徴によって獲得したリードの状況を一元管理できます。どのリードナーチャリングのどの段階にあるのかを視覚的に把握できるようになります。
そのため、どの段階でどういったアプローチをすればよいか、その反応率はどうかといったプロセスごとのROIが測定できます。

これによって適切な投資対効果・時間帯効果の把握が可能になり、より効率的でムダのない営業活動ができるようになります。

Account Engagement(旧 Pardot)の機能

Account Engagement(旧 Pardot)に備わっているマーケティングに関する具体的な機能とその仕組みについて解説していきます。

WEBトラッキング機能

リード層が自社サイトのどのページをどのタイミングで、どれぐらいの時間閲覧していたのかを詳細にトラッキングできます。

これによって一人ひとりの顧客がどんなコンテンツにどれぐらいの興味があるのかを把握できるため、リードの興味の度合いに応じて適切な営業担当を割り当てたり、その情報を社内の担当者にメール通知することもできます。

トラッキングとは - 方法やリスク | 許可した場合としなかった場合の違い
トラッキングとはアクセス解析方法のひとつで、サイト内のユーザーの行動を追跡・分析する方法を指します。ここでは大事な...
詳細を見る

アクティビティのスコアリング機能

サイト閲覧状況だけではなく、配信したメールの開封状況や内容のクリック状況といったアクティビティ情報を収集し、スコアリングを行うことで各リードの成約見込みが把握できるようになります。

さらに、それを全社的に情報共有するための高いレベルでのリードデータのリスト化が可能で、これによってマーケティングとセールス間の情報共有を密にして、双方ともにスピーディーな顧客対応の実現ができます。

スコアリングとは?リードを最大限に活かす必須アクション
スコアリング(リードスコアリング)とは、リード(見込み客)の質や関心度を数値化して評価する方法です。スコアリングは...
詳細を見る

メールを用いたテスト機能

One to Oneのメールマーケティングに必要となるリスト一斉送信やメール開封率・クリック率の測定機能といった基本的な機能に加え、メールの文面を作成するためのHTMLエディタ機能やABテスト機能、リードパーソナライズ機能、シナリオメール作成機能といった役立つ機能が満載です。

特にシナリオメールでは、顧客からのこれまでの反応率を文面に反映させることにより、より確度の高い言い回しやヘッドラインの取捨選択ができるようになります。

さらにメールレンダリング機能によって、パソコンのメーラーやスマートフォンなどのモバイル端末といったそれぞれの受信環境に応じたABテストを実践できます。

フォームやランディングページの作成機能

各種アンケートフォームやランディングページなどを簡単に作成できます。新しくキャンペーンサイトなどを作成する場合は、既存サイトから必要情報をインポートできることに加え、それをテンプレート化して他のサイトに反映させることもできます。

たとえユーザー側にサイト作成の詳細な知識がなくても、フォーム項目の設定やページレイアウトなどが簡単に変更できるような仕様になっているので、経験の浅いユーザーも安心して利用できます。

見込み顧客のグレーディング機能

Account Engagement(旧 Pardot)では、見込み顧客と自社商品・サービスがどれくらいマッチしているのかを測る「グレーディング機能」があります。

顧客の性格や役職、業種などの情報から自社ターゲットに合ったグループを抽出。自社の商品やサービスとマッチしているグループがわかります。

各種レポート機能

さらに充実したレポート機能により、上述のキャンペーンページの閲覧や各種フォームからのリードコンバージョン率もグラフ化して確認できます。

リードのメールの開封率やメーラーの環境、何らかの原因によってエラーメールとなった場合の回数やその理由についてもグラフにより可視化するできます。

サービス連携機能

Account Engagement(旧 Pardot)はSalesforce CRMだけでなく、他社の提供しているサービスと連携させ、機能を大幅に強化することもできます。

たとえば、MAの導入支援や最適化サービスを提供するサンブリッジでは、SalesforceとAccount Engagement(旧 Pardot)、そしてクラウド型名刺管理サービスであるSmartViscaを連携したソリューションである「Viscarte(ビズカルテ)」の提供を行っています。

これによって、名刺情報をAccount Engagement(旧 Pardot)に取り込み、そこからリードに対して名刺交換後のフォローアップやステップメールといった段階にスムーズに移行すできます。

Account Engagement(旧 Pardot)の使い方の例

Account Engagement(旧 Pardot)の機能の代表的な使い方について、事例を交えながら簡単な流れを紹介してみます。

初期設定

最初に利用開始と施策効果を測るための準備を行います。

利用開始にあたって行う手順は次の通りです。

  • 基本設定
  • Salesforceとの同期設定
  • メールやドメインなどのテクニカル設定

施策効果の設定ではキャンペーン接続設定とキャンペーンメンバーの同期を行います。

施策の決定

次に自社で行う施策を決定します。どのような施策を行うかプロセスをよく考えておくことで、Account Engagement(旧 Pardot)をどのように活用するかがはっきりしてきます。

アプローチ可能な新規見込み客を増やしたいなら獲得プロセスにおけるフォーム設置、見込み客の興味関心を高めたいなら育成プロセスにおけるメール配信など、行いたい施策とAccount Engagement(旧 Pardot)の機能を結び付けましょう。

フォームの作成

フォームとは、問い合わせや申し込みなどのシーンで見込み客の情報を取得するための入力欄のことです。問い合わせ・資料ダウンロード・イベント申し込みなどのフォームを設置しすると、見込み客が名前やメールアドレスを入力してくれるので、見込み客の総数を増やせます。

自社サイトがある場合は、フォームのみ作成してiflameでフォームをサイトに埋め込むこともでき、比較的容易に行えるのがメリットです。

ランディングページの作成

ランディングページも新規に作成する方法もあります。フォームを作成し、そのフォームを埋め込むランディングページを作成し、公開します。

コーディングなしでページとフォームが設計できるので、専門知識がなくてもランディングページが設置できます。

フォームハンドラーの設定

自社サイトと自社フォームをそのまま用いたい場合は、フォームハンドラーを設定しましょう。Account Engagement(旧 Pardot)に情報を送信すれば、フォームハンドラーの設定を行うだけで分析ができます。既存サイトの変更を行いたくない場合は、一番よい方法といえます。

メール配信プロセスの決定

見込み客のリストができたら、メール配信のプロセスを決定します。誰に・何を・いつ送るのか設定しておけば、自動でメール配信が行えます。

Account Engagement(旧 Pardot)では、メールのテンプレートが複数用意されており、マウスで必要なコンテンツを増やしていけば、専門知識なしにメールのひな型がつくれます。

Account Engagement(旧 Pardot)の料金体系

Account Engagement(旧 Pardot)の提供形態とそれぞれの料金体系について説明しておきましょう。

Account Engagement(旧 Pardot)には「Growth」「Plusl」「Advanced」のプランが提供されており、現在はAdvanced版がもっとも多くのユーザーに利用されています。

それぞれの価格と代表的な機能は以下のようになっています。

エディション 価格 代表的な機能
Growth 150,000 円(税抜)/月 Eメールマーケティング・見込み客追跡・リード育成・リードのスコア付けとグレード付け・ROIレポート機能・フォームとランディングページ作成など
Plus 300,000 円(税抜)/月 高度なメール分析、レンダリングプレビュー・SPAM分析・A/Bテスト・Google AdWords連携・API アクセス・マーケティングカレンダーの連携・ソーシャルプロファイル・チャットサポート(英語のみ)など
Advanced 480,000 円(税抜)/月 カスタムユーザーロール・カスタムオブジェクトの連携・API アクセス (最大 100,000 コール/日)・専用IPアドレス・電話サポート(英語のみ)など

また、上記のプランのほかに、予測分析ツールとサポートを含む「Premium」プランもあります。価格は1,800,000円(税抜)/月で、エンタープライズ向けのエディションです。

B2B Marketing Analytics PlusとSalesforce Engage

次に、代表的なオプショナルエディションである「B2B Marketing Analytics」と「Salesforce Engage」の概要と料金は以下のようになっています。

「B2B Marketing Analytics Plus」

B2B Marketing Analyticsは、既存のSalesforceコネクターを使ってユーザーが入力したSalesforce とAccount Engagement(旧 Pardot)のデータを搭載できるアプリです。
これによって連携したデータから得た洞察をもとに実践的なアクションを起こせます。

エディション 価格 代表的機能
B2B Marketing Analytics Plus 360,000 円(税抜)/月 ダッシュボードのカスタマイズ・サードパーティのデータソースとの連携・あらゆるデバイスからインサイトを共有

「Sales Emails and Alerts」

Sales Emails and Alertsによって、自社の営業チームとマーケティングチームの連携を強化し、情報の共有と効果的な販売活動が可能になります。

たとえば、顧客一人ひとりのニーズに合ったメールをたった1クリックで送信したり、リードのエンゲージメントをSalesforce上やモバイルアプリから細かく確認ができるようになります。

エディション 価格 代表的機能
Sales Emails and Alerts 6,000 円(税抜)/月 Engage Alerts・Engage Reports・Engage Campaigns・Engage for Gmail

Account Engagement(旧 Pardot)の評判・口コミ

ボクシルでは、実際にAccount Engagement(旧 Pardot)を導入して使ってみた企業からの評判・口コミを掲載しています。その中から、いくつかピックアップして紹介していきます。

ボクシルでの評判
5/5
セールスフォースを長く使っていますが、顧客情報の連携をし、UI上で組んだシナリオを回していくことが容易にできます。MA初心者ではありますが、機能面が扱いやすく、効果的なメール配信をしていくことができています。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/22
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : メーカー/製造系
5/5
Salesforce製品、Salescloud等を利用しております。 MAツールが初めての導入でしたが、連携を考えてPardotを導入。 スピード感や使いやすいといったメリットがありましたがまさにその通りでした。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/09/10
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : コンサルティング・専門サービス
4/5
操作性についてはシンプルなので使いやすい。salescloudとの連携を重視して導入したものの、salescloudは企業単位で案件を見ているのに対してPardotは人単位で成果を追うので連携がいまいちな点もある(社内の設計の問題もあると思うが)
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/09/10
利用アカウント数 : 51件〜100件
業界 : サービス/外食/レジャー系
4/5
デジタルマーケティングを一通り行うことができます。 セールフフォースを導入しているので、リード獲得から受注まで追えます。 ただ、設定にはある程度のCSSやHTMLの知識が必要になります。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/09/10
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : IT/通信/インターネット系
4/5
メールマーケティングでメインで利用しています。Salesforceと連携して使用しており、リストやフォーム、各メールのレポート、ABテストなど使いやすいです。インサイドの架電リスト作成に役立っています。、
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/12
利用アカウント数 : 101件〜200件
業界 : IT/通信/インターネット系
3/5
メールマガジン送付からの案件化がしやすい。メールを送ってからの電話フォローがしやすい。 と、メールを送ってからの営業活動には役だっているが、セールスフォースで作成したメール送付先リストの紐付けの仕方が何回やっても分かりづらい。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2020/11/23
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : メーカー/製造系
Marketing Cloud Account Engagement (旧 Pardot)の口コミをもっと見る

Account Engagement(旧 Pardot)の導入により効率的なリード育成を実現する

実践的なMAツール「Account Engagement(旧 Pardot)」について、基本的な情報からその特徴、代表的な機能の使い方などを紹介してきました。

Salesforce自体は世界的に有名なサービスですが、Account Engagement(旧 Pardot)はその機能を大幅に強化してくれる最強のマーケティングオートメーション(MA)といっても過言ではありません。

本記事で説明した機能や使い方のほかにも、自社の営業とマーケティングのパフォーマンスを強化してくれる機能がたくさんあるので、ぜひご自身で確認してみてください。

MAツールのサービスをご紹介!

サービスに関する資料をお求めの方は、下記のチャートをご利用ください。

注目のMAツール(BtoB)サービス資料まとめ

【厳選】おすすめMAツール(BtoB)をまとめてチェック!
MAツール(BtoB)の比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめMAツール(BtoB)の資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なMAツール(BtoB)を含むサービスを徹底比較しています。ぜひMAツール(BtoB)を比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

注目のMAツール(BtoC)サービス資料まとめ

【厳選】おすすめMAツール(BtoC)をまとめてチェック!
MAツール(BtoC)の比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめMAツール(BtoC)の資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なMAツール(BtoC)を含むサービスを徹底比較しています。ぜひMAツール(BtoC)を比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

MAツール(toB向け)選び方ガイド_20240402.pptx.pdf
MAツール(BtoB)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
編集部のおすすめ記事
MAツール(BtoB)の最近更新された記事