コピー完了

記事TOP

チャットワーク vs LINE WORKS!ビジネスチャットの料金・評判比較

最終更新日:
手軽な使い勝手とリアルタイム性で法人活用が拡大しているビジネスチャット。そのコミュニケーション能力とセキュリティは業務にどのようなメリットをもたらすのか。チャットワーク vs LINE WORKSの比較から、企業が導入すべき理由を探ります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

チャットワーク・LINE WORKSの比較

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

ビジネスチャットが改革する働き方

メールの煩わしさを排除したテキストベースのコミュニケーション手段であるチャットは、プライベートユーザーの間でまたたく間に浸透しましたが、近年では法人での導入が進み、ビジネスでの利用も加速しています。

その背景には、安心してビジネスに利用できるよう、セキュリティや管理面に気を配り、適度な距離感を保つことのできる、法人向けの「ビジネスチャット」が数多くリリースされていることが挙げられるでしょう。

シャドーIT対策が導入のきっかけ

ビジネスチャットが一般化する以前は、チャットの便利さや手軽さに慣れ親しんだ従業員が許可を取らずに、私用している「facebook」や「LINE」をビジネス利用する「シャドーIT」が広く行われており、情報漏えいリスクやコンプライアンスの観点から、企業側でも無視できない状況になっていました。

その反面、チャットの活用がビジネスにもたらす多くのメリットも認識されるようになっており、

  • スピーディーなコミュニケーション
  • 複数人での情報共有
  • 会議の時間短縮

などを期待し、ビジネスチャットの導入に踏み切る企業が増加していったのです。

以下の記事で、ビジネスチャットのシェアと市場規模、また大手企業のビジネスチャット導入事例を紹介しています。

多様な働き方に対応

情報共有をスムーズに行い、円滑なコミュニケーションを実現するチャットは、近年重要視されている多様な働き方にも効果を発揮します。

労働人口の減少傾向が著しい現代では、なんらかの事情によりテレワークを余儀なくされる、優秀な人材を活用していくことが企業にも求められ、ビジネスチャットは不足しがちなコミュニケーションをリアルタイムにセキュアに実現することもできるのです。

こうした状況の中、注目を集めているのがビジネスチャット市場で大きなシェアを誇るChatworkと、6,000万人を超えるユーザーを持つLINEをビジネス用に強化したLINE WORKSです。

以下の記事で、働き方改革にともなうビジネスチャットの活用法を解説しています。

ChatworkとLINE WORKSについて

Chatwork(チャットワーク)が国内の事情を反映させやすい日本発祥のチャットツールなのに対し、LINE WORKSは海外発でありながら日本独自の事情を加味して発展しつつある、という違いがありますが、それぞれどのような企業がサービス提供を行っているのか、まずはおさらいしてみましょう。

Chatworkとは

会社名:Chatwork設立:2004年11月11日(創業:2000年7月15日)
本拠地:日本(神戸)

Chatworkでは、「Make Happiness」を理念としていて、幸せとは「心の豊かさ」であると定義し、心の豊かさを構成する要素は「経済的豊かさ」「時間的ゆとり」「円満な人間関係」の3つであり、ITを通して心の豊かさを実現するという事をミッションとしています。

それを実現するために開発されたChatworkがあれば、時間に余裕ができ、気持ちが和み、生活すら好転するとしており、現在は日本最大級のビジネスコミュニケーションサービスにまで成長、民間企業、教育機関、官公庁など約150,000社以上、世界205か国と地域に導入されています(2017年9月末時点)。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Chatworkの資料を無料DL

LINE WORKSとは

会社名:ワークスモバイルジャパン設立:2015年6月13日
本拠地:日本(東京)

ワークスモバイルジャパンは、日本国民の2人に1人の6,800万人がダウンロードしたといわれる「LINE」の兄弟会社として設立され、LINEとつながる唯一のビジネスコミュニケーションツールとしての「LINE WORKS」サービスを提供しています。

もともとはLINEのような使い勝手で人気を得ていた「Works Mobile」というビジネスチャットツールを提供していましたが、LINE社と資本関係を結ぶことにより、さらにその性格を強化、APIによる連携機能やインテグレーターとの提携活発を通じ、その存在感を増してきています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
LINE WORKSの資料を無料DL

ChatworkとLINE WORKSの基本機能比較

それでは、具体的にそれぞれがどのような特徴や機能を持ち、どのような評価を得ているのか、ボクシルの比較機能で確認してみましょう。

評価チャート

長い歴史を持ち、多くのユーザーが活用しているためか、Chatworkには多くの口コミが寄せられていますが、まだサービス開始して間もないともいえるLINE WORKSの口コミは2件となっています。

そのため同じレベルでの評価というわけにはいきませんが、どちらもユーザーからの満足度は高くなっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

機能一覧

次に機能面に関してですが、これはどちらもほぼ同等の機能を備えている、ということができるのではないでしょうか。

LINE WORKSに「既読・未読」機能があるのは、いかにもという感じです。

3つの特徴・その他の情報

チャットの最大のアドバンテージともいえる、時間と場所を問わないコミュニケーションは、もちろんどちらのサービスでも可能であり、おすすめの会社規模からしても、特に企業業種などによる得手・不得手もなさそうです。

LINEスタンプが利用できるLINE WORKSのほうが、ややカジュアルに活用できるのかもしれません。

ChatworkとLINE WORKSの詳しい特徴

ChatworkとLINE WORKSは、どちらもビジネスユースを前提とした設計がされているため、基本的な機能は同等だということができるでしょう。

しかし、その思想の違いなどによって微妙に異なる部分も存在します。

それぞれの共通点、独自の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

ChatworkとLINE WORKSに共通する特徴

どちらのサービスも豊富な機能が用意されていますが、共通する機能としては以下を挙げることができます。

  • 柔軟に行えるチャット
  • ビデオ/音声通話
  • コンタクト管理
  • メンション

また、タスク機能に関してはChatwork単体で提供されるのに対し、LINE WORKSの方ではカレンダーに連動する形になっており、どちらの使い勝手が用途に適しているか、という点がポイントになりそうです。

ファイル共有や保存に関しては多少の注意が必要です。

ファイル共有はChatworkが標準で対応しているのに対し、LINE WORKSでは「ベーシック」「プレミアム」プランのみが対応し、「ライト」プランは対応していません(保存のみ可能です)

ファイル共有が必須の機能であるならば、料金プランも考慮に入れた検討が必要になるでしょう。

ChatworkとLINE WORKSそれぞれの特徴

ほぼ同等の機能を持つChatworkLINE WORKSですが、一方では、ユーザーやデバイスを含めた管理機能で両者による違いも存在し、アンケート機能、画面共有など、独自の機能を持つ場合もあります。

それぞれ解説していきましょう。

Chatworkの特徴

Chatworkは、テクノロジーに精通していない人でも使えるように配慮されたインターフェースを持つ、クラウドベースのビジネスチャットツールです。

150,000社を超えている現在の導入企業の中心はNPO団体・工務店・法律事務所・フリーランスなど、IT系以外の組織や団体にも広く使われていることが特徴です。

ユーザーやデバイス、アクセス制限などを実行する管理機能を持ちますが、大前提としてビジネスプラン/エンタープライズプランが対象になっており、フリー/パーソナルプランでは利用できません。

ユーザー管理

管理者が一括インポートで自由にユーザーの追加を行い、一覧で確認することができ、それぞれのユーザーのプロフィール/パスワードの変更を行うことも可能です。

また、自由に設定可能な組織名を、ユーザープロフィールに紐づけるなども可能ですが、ビジネス/エンタープライズプランのみが対象の機能となります。

機能制限

社外ユーザー/モバイル端末/IPアドレス/外部SNSなどを対象として、アクセス制限を行うことが可能であり、不正アクセスと情報漏えいを防止できます。

また、ファイルの送受信制限や専用URL設定なども可能となっており、セキュリティを強化できますが、エンタープライズプランのみが対象となります。

Chatworkの使い方はこちらの記事で詳しく解説しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Chatworkの資料を無料DL

LINE WORKSの特徴

LINE WORKSは、すべての機能を使いやすくて手軽なアプリひとつで行うことが可能な、ビジネスチャットツールです。

おなじみのLINEスタンプを送れるということ以外にも、メッセージ、無料通話、ビデオ通話、メール、会議招待など、思いのままにコミュニケーションできます。

LINEとの連携をアドバンテージとするLINE WORKSでは、Chatworkにはない既読・未読に対応することはもちろん、アンケート機能、画面共有機能を持っています。

アンケート

イベントの出欠や安否状況、各種アンケートまで多彩なテンプレートが用意されており、期間設定などとともにメンバーに送信することが可能です。

アンケート結果はグラフで表示することもでき、見回答者へのリマインダーも簡単、さまざまな活用法で社内コンセンサスを取ることができます。

画面共有

LINE WORKSのPCベータ版アプリを使用すれば、コンピューター画面やそれに表示されるアプリケーション画面をメンバーと共有することができます。

これを活用してビデオ/音声通話を併用すれば、遠隔地のメンバーと手軽に詳細な会議を行うことも可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
LINE WORKSの資料を無料DL

ChatworkとLINE WORKSの機能比較表・価格表

ChatworkLINE WORKSそれぞれの機能と価格を一覧で紹介します。

機能比較表

ビジネスチャットに必要なタスク管理機能、メールとの連携、既読・未読機能、だれ宛に通知をするのかのメンション機能に絞ってみました。

サービス名 タスク管理 メール連携 既読・未読 メンション
Chatwork -
LINE WORKS

基本的な機能は両サービス備えていますが、普段利用しているLINEのように、LINE WORKSには既読・未読がわかるのが嬉しいポイントです。

価格表

プラン名 初期費用 月額/ユーザー
Chatworkフリー - ¥0
Chatworkパーソナル - ¥400
Chatworkビジネス - ¥500
Chatworkエンタープライズ - ¥800
LINE WORKSライト - ¥300
LINE WORKSベーシック - ¥500
LINE WORKSプレミアム - ¥1,000

安心のChatwork、カジュアルなLINE WORKS

どちらもビジネスに必須の豊富な機能を備え、強固なセキュリティポリシーで、業務を強力にバックアップしてくれるツールだということがご理解いただけたと思います。

用途に合わせたプランも用意されており、自社が重視すべきことが把握できていれば、どちらをチョイスしても後悔することなどないでしょう。

あえていうならば、長い歴史と豊富な導入実績で安心できるChatwork、多くのユーザーを持つLINEと連携可能でカジュアルにも活用できるLINE WORKS、という個性があり、社風やカラーに応じて選択するのがベストなのかもしれません。

以下のボタンから、今回紹介しきれなかったチャットシステムの資料を無料でダウンロードできます。導入を検討する際にはぜひご利用ください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

その他ビジネスチャットの詳細は以下からご覧になれます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
チャットシステムの資料を無料DL

その他ビジネスチャットを徹底比較

ビジネスチャットは本記事で取り上げたものだけではございません。
以下の表では今回のチャットワークに加え、その他三つのツールとの比較を行っています。

それぞれの違いをしっかり理解し、ぜひ導入を検討してみてはいかがですか?

注目のチャットツール、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめチャットツールをまとめてチェック!
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

チャットツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。効率的な情報共有、タスク管理、リモートワークなどさまざまな目的で導入されるチャットツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

社内SNS
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
Chatwork株式会社、株式会社NTTドコモ
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
編集部のおすすめ記事
社内SNSの最近更新された記事
日報アプリおすすめ9選を比較 | クラウドツールの特徴・機能まとめ【無料あり】
Chatwork(チャットワーク)とは?使い方と機能・プラン料金一覧 - 導入事例・評判も
社内掲示板ツールおすすめ比較29選 | クラウドで社内コミュニケーションを円滑に
社内情報共有ツールおすすめ比較 - チャット・Wiki・ファイル共有【無料あり】
チャットvsメール - 使い分けから活用法まで!ビジネスチャットツールおすすめ10選
社内SNSのシェア・市場規模、2017年度予測 | 注目サービス4選を解説
コミュニケーションツールの意味とは?おすすめサービスを一覧で比較【アプリ・無料あり】
社内SNS導入に失敗しない!サービス選びのポイント - コミュニケーションを活性化
情報共有のメリットとは | 質向上・促進へ向けて準備しておきたい3つのポイント
社内SNSおすすめ比較30選 | メリット・事例・失敗しないツール導入【無料あり】