コピー完了

記事TOP

スタートアップ向け名刺管理4選!課題と解決策・導入事例

最終更新日:(記事の情報は現在から1243日前のものです)
スタートアップ向けの名刺管理システムを厳選紹介するこの記事では、起業フェーズでスタートアップが陥りがちな課題を解説し、その解決になぜ名刺管理アプリが必要なのか、導入事例を元に紹介し、注目のビジネスネットワークにも言及します。

【厳選】おすすめ名刺管理アプリをまとめてチェック!
名刺管理アプリの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

名刺管理アプリの各サービス資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ名刺管理アプリを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

名刺管理はスタートアップの基本

スタートアップに限ったことではありませんが、どんなにインターネットが高度化しても、事業を拡大していくうえでは営業活動による人脈作りが欠かせません。

スタートアップでは、そうした人脈に乏しいことがほとんどであり、積極的な営業活動や展示会などへの出席で、徐々に人脈形成を行っていく必要があるでしょう。

それでは、数人規模で創業フェーズを迎えることになるスタートアップならば、手作業による名刺管理でも充分なのでしょうか。

急速な成長をもくろむスタートアップが、人脈形成で陥りがちな課題と、名刺管理の有用性について解説していきます。

課題はスタートアップ創業フェーズでの人脈形成

イノベーティブなアイディアを具現化することが求められるスタートアップでは、事業を成長させていく人脈作りが欠かせません。

そのため、創業フェーズでは空いている時間を惜しんで、積極的な営業活動や資金調達に奔走することになりますが、交換した名刺を手動で管理する時間までは取れないでしょう。

結果的に、計画性を持てないまま営業先が重複してしまうと業務効率化が進まず、成長フェーズで営業スタッフが増えるにしたがい、人脈が属人化する一方で、企業の資産となりにくくなってしまいます。

スタートアップの課題を名刺管理で解決

こうした課題を解決するのが、紙の名刺をデジタルデータ化することで、コンピューターに整理・保管し、企業内で管理・共有・活用していく名刺管理システムです。

近年では、名刺データをCSVで書き出すだけでなく、CRM(顧客管理システム)SFA(営業支援システム)と連携可能なシステムも登場し、営業活動へ絶大な効果をもたらすものとして注目を集めています。

以下の記事では、名刺管理と名刺管理システムについてより詳しく解説しています。

名刺整理の方法は?デジタルとアナログ | アイテムやメリットを紹介
名刺整理の方法をデジタルとアナログにわけて紹介。従来のファイルや箱に加え、スキャナーやスマートフォンを使用した手法...
詳細を見る

名刺管理システムの仕組み

従来の名刺管理では、スタッフそれぞれが物理的に管理・保管する、もしくはエクセルなどに手入力して管理するなどの方法が行われていました。名刺管理システムでは大前提として「紙の名刺をデジタルデータ化」する必要があります。

デジタルデータ化にあたっては大きく以下の2つの方法があり、両方に対応しているものもあります。

スキャナーで名刺をデジタルデータ化

スキャナーや複合機を利用し、名刺をデジタルデータ化する方法です。

読み込んだ名刺はOCR(光学文字認識)によって文字データ化され、データベースに取り込まれますが、複数枚を一度に読み込める反面、目視によっての確認と修正が必須です。

スマートフォンで名刺をデジタルデータ化

スマートフォンで撮影した名刺画像を、クラウドサービスのOCR機能でデジタルデータ化する方法です。

近年ではこちらが主流の方法となっており、OCRを経た名刺データを人間がチェックして修正を行う、代行サービスも用意されているケースがあります。

こうして構築されたデータベースはクラウド環境で一元管理され、さまざまな用途で活用されます。

名刺整理の方法は?デジタルとアナログ | アイテムやメリットを紹介
名刺整理の方法をデジタルとアナログにわけて紹介。従来のファイルや箱に加え、スキャナーやスマートフォンを使用した手法...
詳細を見る

名刺管理システムの3つのメリット

物理的に名刺を管理・保管する場合は「目当ての名刺を探すのに時間がかかる」という問題が、エクセル管理の場合は「手間と時間がかかり、入力ミスも起こる」という問題があり、いずれのケースも「人脈を共有できない」という問題があります。

名刺管理システムを活用することにより、これらを一挙に解決できるほか、以下のようなメリットを享受できます。

時間と場所を問わない名刺情報へのアクセス

データ化された名刺情報は、スマートフォンアプリなどで時間と場所を問わないアクセスが可能になります。これによって、一日中外回り営業を行うような場合でも、どこからでも営業先情報を確認可能です。

人脈の可視化により計画的な営業が可能

名刺情報をデータベース化し、取引先ごとの社内人脈などを可視化することで、計画的な営業活動が実現します。

名刺情報に「社内のだれがいつ会ったのか」を紐付け可能なシステムも存在し、精度の高い営業活動に役立てます。

迅速なアプローチが実現

展示会などで大量に名刺を集めることに成功しても、有効活用できていた企業は少数派だったといえるでしょう。

クラウド型名刺管理システムを活用すれば、その場でデータ化することも可能であり、結果的に、見込み顧客の関心を引きつける迅速なアプローチが実現します。

スタートアップの名刺管理システム導入事例

さまざまな業務に忙殺されがちなスタートアップの創業フェーズにおいて、名刺管理システムがいかに有用かを解説してきました。以下からは、実際の事例を紹介してみましょう。

創業期から営業の仕組みを構築したQ社

企業名:Q社事業内容:労働者派遣、業務請負、コンサルティング、システム開発など

ソフトウェアテストを事業とするQ社では、創業から間もなくはエクセルによる名刺管理を行っていましたが、そのための時間を営業活動に割り振ることを検討、8か月後にはクラウド型の名刺管理システムを導入しました。

単なる名刺管理から社内共有へ

従来の管理手法から移行したことにより、大幅な業務効率化が実現しましたが、当初は各スタッフが個別にその便利さを実感するのみにとどまっていました。

しかし、同じクライアントに複数のスタッフが同時にアプローチするなどが発覚したため、次のステップとしてすべての名刺情報を共有して活用する方針へと転換しました。

営業のタイミングに名刺管理システムを活用

これと同時に、同社のサービスは季節性に左右されるケースが多く、営業のタイミングが非常に重要となることもあり、共有した名刺情報に、アプローチのタイミングを設定することも実行したのです。

営業活動の効率化実現で売上が5倍に

名刺管理システムの有効活用により、課題であった営業の仕組みが構築され、営業活動の効率化が実現したことにより、創業二期目には売上が5倍になるという結果が表れたのです。

現在は営業スタッフも増強しましたが、仕組みが構築されていることから「スタッフ全員の行動が把握でき」それによって、自分がどう行動すればいいのかを全員が理解できている、という効果も表れています。

おすすめ名刺管理ソフトの比較表

【特典比較表つき】『名刺管理ソフトの資料4選』 はこちら⇒無料ダウンロード

サービス名Sansan
Sansan
Eight Team
Eight Team
CAMCARD BUSINESS
CAMCARD BUSINESS
Knowledge Suite
Knowledge Suite
SmartVisca
SmartVisca
ホットプロファイル
ホットプロファイル
名刺管理のメイシー
名刺管理のメイシー
トーニチ ネクスタ メイシ
トーニチ ネクスタ メイシ
PHONE APPLI PEOPLE for Salesforce
PHONE APPLI PEOPLE for Salesforce
名刺de商売繁盛
名刺de商売繁盛
ApeosPlus Cards R
ApeosPlus Cards R
UltimaBlue
UltimaBlue
bizcompass
bizcompass
ユーザーレビュー
4.31
4.22
4.26
3.9
4.1
4.41
4.45
4.38
3.42
4.11
4.43
4.0
4.0
iOSアプリのURL
AndroidアプリのURL
スマートフォンのブラウザ対応
連携サービス
  • Concur Expense
  • Contract One
  • Salesforce
  • HubSpot
  • kintone
  • SugarCRM
  • Kairos3
  • Salesforce
  • Microsoft Dynamics CRM
  • Google コンタクト
  • Oracle Sales Cloud
  • GRIDY SFA
  • GRIDY メールビーコン
  • GRIDY AIリード
  • Salesforce Sales Cloud
  • Chatwork
  • LINE WORKS
  • Slack
  • Microsoft Teams
  • Talknote
  • Salesforce Sales Cloud
  • サイボウズ Office
  • SugarCRM
  • Chatwork
  • desknet's NEO
  • Tableau
  • Power BI
  • MotionBoard Cloud
  • kintone
  • Garoon
  • Qlik Sense
  • Microsoft Entra ID
  • カイクラ
  • Microsoft 365 (旧称 Office 365)
  • Gluegent Gate
  • HENNGE One
  • Microsoft Dynamics CRM
  • IceWall
  • OneLogin
  • RODEM
  • Salesforce Sales Cloud
  • Misoca
  • Zoho CRM
  • Synergy!
  • Zapier
  • 筆まめネット
  • 挨拶状ドットコム
  • ポスコミ
  • kintone
  • Salesforce
  • チムスピ勤怠(旧TeamSpirit)
  • Salesforce
  • Salesforce Sales Cloud
  • kintone
  • Zoho CRM
  • kintone
  • Microsoft Dynamics 365
  • 名刺にふるふる
OCR(文字認識)
スマホでの複数枚同時読み取り
スキャナからの取り込み
複合機からの取り込み
フォームからの取り込み
オペレーターによるデータ修正
オンライン名刺交換
名刺情報修正
名刺情報の自動更新
名刺情報の重複防止・名寄せ
名刺情報共有
メモ・付加情報の登録
商談との紐付け
反社チェック・リスクチェック
他社サービス連携で可
企業・顧客のデータベース
連携にて可
名刺分析
退職者の名刺情報管理
人脈の可視化
名刺情報のCSVエクスポート

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『名刺管理ソフトの資料4選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

スタートアップにおすすめの名刺管理システム4選

近年では数多くの名刺管理システムが登場していますが、そのなかでも、スタートアップにおすすめといえる名刺管理システムを厳選して紹介します。

本記事で紹介している名刺管理システムのさらなる詳細や、紹介しきれなかったサービスについては以下からご覧になれます。

Sansan - Sansan株式会社

Sansan
Sansan
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • スキャンするだけで99%精度の名刺データ化
  • 顧客管理DBを自動構築
  • 一括メール配信や自動ニュース配信で見込み客を発掘

Sansanは、相手と面識のある出会いの記録が名刺であると捉え、共有して企業の資産とすることを目指した、クラウド型法人向け名刺管理サービスを提供しています。スキャンされた名刺データは正確にデータベース化されたうえで管理され、スマホアプリで時間と場所を問わないアクセスを可能とするとともに、全社で共有できます。

社内の人脈を可視化する組織ツリーの作成、メール一括送信機能で顧客との関係を強化するほか、CSVでのデータ出力はもちろん、salesforceeセールスマネージャーなどとの連携も可能、強固なセキュリティで企業資産を守ります。

Eight Team - Sansan株式会社

Eight Team
Eight Team
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 共有した名刺を社員同士で検索、閲覧
  • 接点のある同僚にその場でメッセージ
  • 共有された社内の全名刺を一括でダウンロード

Eight Teamは、名刺情報を正確にデータ化して管理できる「Eight」の企業向け有料プランです。Eightの基本機能に加えて、社内のEightユーザーが保有する情報を一括管理・共有できます。社員が個々に管理していた名刺情報を共有することで、新たな「見込み顧客」の育成につながりです。Eightについては記事内で後ほど説明しています。

ホットプロファイル - 株式会社ハンモック

ホットプロファイル
ホットプロファイル
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 高精度なデータ化
  • 組織図を自動生成
  • メール開封&Webアクセスを可視化

ホットプロファイルは、名刺管理・営業支援・マーケティングという、売上向上に必要な3つの要素を連動させている名刺管理システムです。
入力作業を自動化し、その情報を使った営業メールを送ることでメールの開封、Webアクセス履歴を可視化、興味度合いの高い見込み顧客を通知するなどで自動発掘、スムーズに営業担当者に引き継げます。

マーケティング活動と名刺交換、商談などの営業活動が、ひとつのプロセスとして流れることで、企業の売上向上に大きな成果をもたらします。

CAMCARD BUSINESS - キングソフト株式会社

CAMCARD BUSINESS
CAMCARD BUSINESS
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 サービスの安定性No.1
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 圧倒的なデータ化速度
  • 簡易SFA機能搭載
  • 17か国語に対応

CAMCARD BUSINESSは、90%の精度を誇るOCR機能を搭載した法人向けクラウド型名刺管理サービスを提供します。

マルチデバイスに対応して時間と場所を問わない名刺管理を可能にするため、取った名刺画像を5秒でデータ化することを実現、最短5分で完了するオペレーター補正を依頼することも可能です。

全社で共有するための管理機能はもちろん、簡易SFA機能による顧客管理、salesforceDynamics 365との連携も可能とし、効率的な営業活動を支援します。英語、中国を含めた17か国語への対応も魅力です。


その他の名刺管理アプリ・ソフトはこちらから。

名刺管理ソフト23選【比較表あり】iPhone・Androidアプリ・無料ツール
名刺管理ソフトをBOXILが厳選して比較。法人向け・個人向けソフト、iPhoneやAndroid向けアプリ、無料ツ...
詳細を見る

Eightがスタートアップにもたらす可能性

スタートアップにおすすめの名刺管理システムを厳選して紹介しましたが、そのなかでもEightは異色の存在ともいえ、名刺管理を活用したビジネスソーシャルネットワークという側面を持っています。

それが持つ可能性に、現在、多くのスタートアップが注目しています。

Eightネットワークとは

もともと無料アプリとして提供されていたEightですが、グルーピングして共有するという性格から、SNS型名刺アプリサービスといわれていました。そのEightに「Eightネットワーク」機能が追加されたのです。

これは、Eightを利用している知り合いを検索して、自身の名刺帳に追加できるというもので、相手の名刺が手元にない場合でも企業名や氏名で検索できるのです。

ダイレクトリクルーティングツールとしてのEight

もちろん、個人的なつながりがなければ、電話番号やメールアドレスは見えないようになっていますが「氏名」「企業名」「部署」「役職」はわかります。

これによって、ダイレクトリクルーティングを行うことが可能となり、採用したいターゲットが明確になっているスタートアップで注目を集めているのです。

このほかにも、SNS型ならではの活用法が、今後のEigthの動向で表面化していくことが考えられ、注目しておくべきサービスだといえるのかもしれません。

スタートアップにこそ営業の効率化が必要

営業活動に欠かせない名刺交換を、効率的に営業に活かしていくことによって、それまで眠っていたといえる資産を最大限活用できるようにしたものが「名刺管理システム」だということができます。

それは事例でもおわかりのように、営業スタッフの意識改革まで促すものであり、単なる名刺管理に終始しない、計画的な営業活動を実現するのです。

これによる営業活動の効率化は、まさにスタートアップにこそ求められるものであり、創業フェーズからでも「営業の仕組みを構築」していくことが重要なのだといえるでしょう。

おすすめの名刺管理ソフトを紹介!サービス資料を見たい方は、下記のチャートをご利用ください。

注目の名刺管理アプリ・サービス資料まとめ

【厳選】おすすめ名刺管理アプリをまとめてチェック!
名刺管理アプリの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

名刺管理アプリの各サービス資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ名刺管理アプリを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

名刺管理ツール選び方ガイド_20220404.pptx.pdf
名刺管理ソフト
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
名刺管理ソフトの最近更新された記事