コピー完了

記事TOP

クレドとは | メリット・作り方・導入企業の事例・企業理念との違い

最終更新日:
クレドとは従業員の行動指針を明確化したもので、企業理念やミッションと類似の概念です。クレドに基づいたマネジメントを実施することにより、モチベーションアップや人材育成の効果が期待でき、リッツ・カールトンをはじめとした多くの企業が導入しています。クレドのメリットや作り方、企業の導入事例について紹介します。

クレドとは

クレド(Credo)とは、ラテン語で「約束」や「信条」を意味する言葉です。ビジネスにおいてのクレドとは会社の従業員が心がけるべき行動指針や信条のことを指し、企業理念やミッションといったものと類似の概念です。

クレドを作成し従業員に浸透させることにより、従業員のモチベーションアップ、意識変化の効果を期待できます。

クレドと企業理念の違い

クレドと類似の概念に企業理念やミッションがありますが、これらの概念の定義に明確な違いはありません。ビジネス上ではクレド、ミッション、企業理念といった概念はよく混同されます。

ただし、これらの言葉をあえて使い分ける場面では、クレドは企業理念やミッションよりもさらに具体的で従業員の行動レベルに浸透するような概念のことを指すケースが多いです。

単体でクレドという言葉を使用する場合は問題ありませんが、企業理念やミッションといった概念と同時に使用する場合は使い分けに注意した方が良いでしょう。

クレドが注目される理由

クレドが注目されたのは2000年代の前半です。当時は企業の不祥事が相次いでおり、企業の社会的責任やコンプライアンス経営が求められていました。このような状況で企業経営が行動基準の策定や理念の浸透のための手段として注目されたのがクレドです。

企業の社会的責任や従業員に社会性・公益性の概念を浸透させることで、倫理観を持ったビジネスをしようとクレドを導入する企業が増加しました。

クレドを作成するメリット

クレドを作成するのには次のようなメリットがあります。

  • 従業員の意識が変化する
  • 人材育成につながる
  • 従業員のモチベーションアップになる

それぞれのメリットについて詳しく説明します。

従業員の意識が変化する

クレドは企業が実現すべき価値や従業員に求められる行動指針を明確にします。

日ごろからクレドを意識して業務を行うことで、組織のコンプライアンス強化やイレギュラーな事態の対応力向上などのメリットにつながります。

人材育成につながる

人材育成には業務に必要なスキルや知識、いわゆるスキルセットを育成する部分と、自社の企業文化を浸透させるマインドセットの育成があります。

マインドセット育成のためには、定期的に研修を受けたり講演を聞いたりするよりも、日ごろからクレドを意識して業務を行う方が効果的です。

クレドを従業員に浸透させることによって、企業文化を体現する人材の育成につながります。クレドを運用して人事育成を行うなら、人事評価制度の見直し、改善をするとより効果的です。

従業員のモチベーションアップになる

従業員同士がクレドを通じて共通の目標を持つことにより組織の一体感が生まれます。一体感を持った組織で働くことは、従業員のモチベーションやエンゲージメントの向上につながります。

また、従業員のモチベーションアップや維持を行う場合は、1on1360度評価も効果的です。

クレドの作り方

クレドを作るためには次の5つのステップが必要です。

  1. クレド導入の計画や目標を立てる
  2. 企業の方針や理念を議論する
  3. 経営者の意見を調査する
  4. 全社員にアンケートを行う
  5. クレドを文章化し共有する

それぞれのステップについて詳しく説明します。

クレド導入の計画や目標を立てる

何のためにクレドを導入するのか、どのようなスケジュール感でクレドを作成するのかなど、おおまかな目標を立てます。

クレドは担当者を1人用意すればいいというわけではなく、全社員が作成に関わらなければなりません。そのため日常の業務に支障をきたさないように計画を立てる必要があります。

企業の方針や理念を議論する

クレド作成の第一段階は企業が持つ方針や理念を明確にすることです。クレドや経営理念、ミッションに実務上大きな違いはないと説明しましたが、クレドは従業員に会社の理念やミッションを浸透させるための手段として利用されることが多いです。

各部署や役職者でまず会社の理念や行動指針について議論し、企業全体の方向性を明確にした方が良いでしょう。

経営者の意見を調査する

クレドを作成する際に貴重なヒントになるのが経営者の意見です。経営者は会社全体を統括する存在であり、意見には会社の理念や行動指針を示すヒントが多く隠されています。

クレドを作成する際は、経営者にインタビューや方針を決める会議に同席してもらう時間を取ってもらい、意見を聞くようにしましょう。

全社員にアンケートを行う

全社員にアンケートを行うことはクレド作成では重要なポイントです。従業員の意見が反映されることで、一人ひとりが作成に関わった自覚を持つことができ、効果的にクレドを運用できます。

「クレドをどうすれば良いのか?」という質問ではストレート過ぎて意見が集まらないと考えられるので、「この会社の良いと思う所は?」「仕事のやりがいは?」など抽象的な質問に分解してアンケートを実施した方がいいでしょう。

クレドを文章化し共有する

クレドは作成すれば終わりではなく、従業員にいかにクレドの行動指針や理念を浸透させるかが重要なポイントになります。

従業員にクレドを浸透させるためには、理解しやすいキャッチーな文章で一つひとつ指針を書くことを意識した方が良いでしょう。

また、社内の目立つところに掲示したり、朝礼で読み合わせしたりなど、クレドを日ごろから意識させることも重要です。

クレドを導入した企業の事例

クレドを導入している企業の事例としてよくあげられるのが、世界的なホテルチェーンである「リッツ・カールトン」です。

リッツ・カールトンでは、従業員満足度の高さが顧客の感動を生み出すと考えて、総魚当初からクレドを作成、従業員に仕事の意義を伝え、自身の仕事に誇りを持てるようなマネジメントを行っています。

リッツ・カールトンの企業理念は「ゴールドスタンダード」で、企業理念を具体化したのがクレドです。ちなみに、クレドをさらに具体化した、「モットー」「サービスの3ステップ」「サービスバリューズ」「第6のダイヤモンド」「従業員との約束」なども同社の理念を具体化したものとして従業員に共有されています。

出典:ゴールドスタンダード/ザ・リッツ・カールトン

クレドを導入する際の注意点

クレドは従業員の行動指針とするための理念のため、従業員に浸透させなければ意味がありません。

クレドを守ろうとする意欲を高めるためには、作成段階から従業員の意見を募ったり、作成に参加できたりする体制を整えることが効果的です。また、作成したクレドに矛盾があっては指針とならないので、クレドが妥当かどうかの検証も必要です。

クレドは作成しただけではなく、従業員に浸透してはじめて効力を発揮します。クレドが従業員に浸透するように集会での読み合わせといった取り組みも同時に考えておき、従業員がクレドを意識できる仕組み作りを検討してください。

クレドで効果的な人材育成を

レベルの高い人材を育成するためには、スキルや知識だけではなくマインドセットも大切です。そして、従業員が志高く働ける、意欲の高い人材を採用するためには会社が理念を明確にしなければなりません。

クレドは企業理念やミッションと似ていますが、より従業員の行動指針となるように定めるものであり、リッツ・カールトンを始めとしてさまざまな企業が導入しています。

クレドを従業員に浸透させることによって、従業員の意識変化、モチベーションアップ、ひいては自社の理念に合致した人材の育成効果が期待できます。

クレドを運用して人事育成、評価、目標管理を行う場合は、クラウドサービスの利用がおすすめです。

注目の人事評価システム、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめ人事評価システムをまとめてチェック!

人事評価システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。人材育成、人材配置、スキルの可視化などさまざまな目的で導入されるタレントマネジメントシステムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

人事評価システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
人事評価システムの最近更新された記事