Article square balloon green

データ分析・解析手法・ツールまとめ | 全47サービス掲載【保存版】

データ分析とは「数あるデータから有益な情報を探し出し、改善に役立てる取り組みのこと」を指します。データ分析・解析手法・ツールをまとめて解説します。
経営企画・マーケティング

【2】マーケティング関連の分析手法

マーケティング関連の分析手法は3C分析で分類して紹介します。市場から自社、競合までマーケティングに活用できる分析手法をご紹介していきたいと思います。

●目次
0.3C分析
0.内部分析/外部分析
<市場・顧客>
1.PEST分析
2.STP分析
3.顧客分析
 ー3-1.カスタマージャーニー分析
 ー3-2.LTV分析
 ー3-3.RFM分析
 ー3-4.デシル分析
 ー3-5.CSポートフォリオ分析
 ー3-6.コンジョイント分析
 ー3-7.コホート分析
 ー3-8.ABC分析
<自社>
4.SWOT分析
5.バリューチェーン分析
6.4P分析
<競合>
7.競合分析(アクセス数分析/他サイト検索)

0.3C分析

3C分析とは、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の頭文字を取った、自社の成功要因を探るための分析手法・フレームワークです。市場・顧客のニーズを把握し、競合の施策と自社の施策を分析することでより効果的な戦略を作る事ができます。



0.内部分析/外部分析

内部分析/外部分析とは内部(=自社)と外部(=市場/顧客・競合)を把握した上で企業が経営戦略や経営計画を策定するための指針となる分析手法を指します。今回は各項目に分類してご紹介します。

1.PEST分析

PEST分析とは、自社に関わるマクロ環境を把握するときに使われる分析手法です。P=Politics(政治)、E=Economic(経済)、S=Society(社会)、T=Technology(技術)を表し、これらの環境が自社に及ぼす影響を把握・予測し、戦略的判断に活用します。

2.STP分析

STP分析とは、自社が優位に立てるSegmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)を分析する手法です。市場を小分けにし、顧客を絞って選定し、他社と比較して優位性を調べます。

要因 説明
Segmentation:
セグメンテーション
市場全体を4つの変数をもとに分類
1. 地理学変数 2.人口動態変数
3.行動変数 4.心理的変数
Targeting:
ターゲティング
自社製品のビジョンやイメージ・価格帯がフィットしている消費者グループを選択
Positioning:
ポジショニング
強みや競合他社に負けない独自性を追求

3.顧客分析

顧客分析とは、優良顧客と一般顧客を分類しそれぞれの属性や消費行動を把握してアプローチする分析手法のことを指します。優良顧客と一般顧客・休眠顧客・新規顧客などそれぞれのセグメントに適切なアプローチがあるため、把握することが重要です。顧客分析もさまざまな種類があるため、下記の表を参考にしてください。

何を分析するか 分析手法
顧客の心理変化を分析 カスタマージャーニー分析
顧客の利益貢献を分析 LTV分析
顧客の購買行動を分類し選別と格付けする分析 RFM分析
顧客の購入金額比率売上高構成比を算出する分析 デシル分析
項目別満足度と総合満足度から重点改善領域を抽出する分析 CSポートフォリオ分析
顧客をグループに分類しグループ別行動変化を長期分析 コホート分析

SALES BASE(セールスベース)

sales-base

SALES BASEは、受注戦略を構築して高度なインサイドセールスプラットフォームを実現するマーケティングオートメーションツールです。リード獲得と見込み顧客の育成に特化したツールになっていて、より質の高い顧客を見つけることがと合うことができます。

3-1.カスタマージャーニー分析

カスタマージャーニー分析とは、ブランド・商品と顧客のあらゆるタッチポイントにおいて、どのようにしてブランドや商品と接触しその時にどういう体験をしてどのような心理変化を起こすのかを分析する手法です。これを用いることで、顧客行動を把握し、売り上げにつなげることが可能です。

AD EBiS|アドエビス

57150eb14f76d5f4b8536b3e1d33d146

AD EBiSは、関連ツールを組み合わせてさまざまな計測ができる解析ツールです。広告を一元管理できるので、さまざまな広告のパフォーマンスを同じ1つの画面で確認できるという強みがあります。また、3ステップで簡単にカスタマージャーニーが分析できるのも特徴です。

b→dash(ビーダッシュ)


b→dashは、All in oneのコンセプトで開発された、マーケティングのあらゆる機能の活用、多種多様なデータの取得・統合ができるプロダクトです。その機能の一部に、集客から顧客管理までを一気通貫して分析し、CVまでのプロセスを可視化するカスタマージャーニー分析があります。データが蓄積されれば、AIによって自動で最適な施策のレコメンドもされます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
b→dashの資料を無料DL

●カスタマージャーニー分析についての関連記事

カスタマジャーニーマップとは?顧客行動を可視化してマーケティングに活かす! | ボクシルマガジン
カスタマージャーニーマップとは、顧客の動きを予測し、購入に至るまでの流れを見える化した資料をいいます。「カスタマジ...
カスタマージャーニー分析でCVRアップ!おすすめツール7選 | ボクシルマガジン
カスタマージャーニー分析とはカスタマージャーニー分析とは、顧客とブランド・商品がどのようにして接触し、その時にどう...

3-2.LTV分析

LTV分析とは、顧客が企業にとってどれぐらい利益貢献するかを分析する手法です。これを通して、収益の最大化、さらに優良顧客獲得可能な成果の出る施策を特定することができます。さらに、ユーザーの属性や行動履歴に応じて、販促アプローチをすることにもつながります。

LTV-lab

l2

LTV-labは、通常行事を可視化して、販促に活用する「既存顧客育成」を目標に開発された通販CRMシステムです。運営中の通販事業のリピート率 / リピート利益を常に監視し、メール販促やDM販促などのタイミングを知ることで販促精度を高めることができます。

activecore |アクティブコア

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-18-32-25

activecoreは、顧客価値を最大化にするためのマーケティングプラットホームです。activecoreは、LTV分析のために活用できる実践的な分析データを取得しLTV分析に活用することが可能です。

●LTV分析についての関連記事

LTV(Life Time Value)とは | 計算方法・見方・活用法・具体的な施策 | ボクシルマガジン
LTVで略されるLife Time Valueは、企業の長期的な利益を見る上で重要な指標です。そこでこの記事ではL...

3-3.RFM分析

RFM分析とは、顧客の購買行動を「最終購買日(=Recency)」「購買頻度(=Frequency)」「累計購買金額(Monetary)」の3つから分類し、顧客の選別と格付けをする分析手法ことを指します。3つの頭文字を取ってRFM分析と晴れ、一般的にはRFMのランクが高い顧客ほど優良顧客となります。

やよいの顧客管理

rfm%e5%88%86%e6%9e%90%ef%bc%92

やよいの顧客管理アプリの16の機能の1つにRFM分析機能があります。顧客情報をさまざまな角度から分析し、優良顧客に集中してアプローチできます

RFM分析いいお客様Pro

rfm%e5%88%86%e6%9e%90%ef%bc%93

RFM分析いいお客様Pro は、新規顧客の獲得費用よりコストがかからないリピート顧客をRFM分析で見分けることを可能にします。使用期限が限れている安価なプランがあるのが特徴です。

●RFM分析についての関連記事

RFM分析ツール・ソフトおすすめ5選!効果的に顧客を選別 | ボクシルマガジン
顧客を格付けする?効果的に顧客を選別できるRFM分析。おすすめの5サービスを紹介します!ExcelでのRFM分析は...

3-4.デシル分析

デシル分析とは、購買履歴データを元に全顧客の購入金額を高い順に10等分して各ランク(デシル1~10)の購入比率や売上高構成比を算出する分析手法のことです。この比率や構成比によって、対売上高貢献度の高い優良顧客層を知ることができ、そこに集中して効率的なマーケティングをすることが可能になります。

3-5.CSポートフォリオ分析

CSポートフォリオ分析とは、CS(Consumer Satisfaction)=顧客満足度をポートフォリオ形式に調査する分析手法です。

●CSポートフォリオ分析についての関連記事

CSポートフォリオ分析とは | サービスで顧客満足度の見える化を | ボクシルマガジン
CSポートフォリオ分析とはCSポートフォリオ分析とは、CS(Consumer Satisfaction)=顧客満足...

3-6.コンジョイント分析

コンジョイント分析とは、商品がどういうスペックでどの程度の値段だと購入されているのかを分析する手法です。消費者は商品を選ぶとき、「これは値段が高いけど、機能性が高いから買おう」といったように値段とスペックを秤にかけて選択しています。その程度を分析することで、最適な値段で商品を出すことができます。

3-7.コホート分析

コホート分析とは、特定の特徴を持った集団(コホート)の時間経過に伴う行動変化や定着率を分析する手法です。これによってどのアクションを起こすと消費者の行動がどのように変化するのか明らかにすることができます。

3-8.ABC分析

ABC分析とは、さまざまな観点(在庫管理、品質管理、顧客管理)から重要度順に並べて、管理対象の優先度を選定する分析のことを指します。

Google アナリティクス

google-analytics-logo

Googleが提供するGoogle アナリティクスのABC分析によって、どのようにユーザーをサイトに誘導し、どのように行動し、どのくらいコンバージョンにつながったかを一つの画面で管理できます。

●ABC分析についての関連記事

【厳選】経営戦略に役立つ!?ABC分析サービスをまとめました | ボクシルマガジン
経営戦略に使えるABC分析皆さんは、効率的に経営戦略を立てていますか?間違った戦略を立てていませんか?効率よく正し...

4.SWOT分析

SWOT分析とは、自社の”強み”と”弱み”という自社内部の要素、また市場における”機会”や”脅威”といった外的要因の4つの側面から分析する手法のことをいい、これを行うことで最適な経営戦略を策定することを目的とします。

5.バリューチェーン分析

バリューチェーン分析とは、商品を仕入れてから販売するまでの流れを”価値”の連鎖として捉え、この企業活動全体を各工程ごとに分析することで、どの段階で高い付加価値が産出されているかを見出し、自社の優位性と問題点を明確にすることを言います。

6.4P分析

4P分析とは、Product(製品)、Price(価格)、Promotion(宣伝)、Place(立地)の4つの視点から分析を行うことをいい、さらにこれらの要素を組み合わせて施策を考えることで、より効果的なマーケティングが可能になります。

7.競合分析(アクセス数分析/他サイト検索)]

競合分析は、類似しているサイトのアクセス数やユーザーの集客を解析し、差別化するための分析手法です。類似サイトが検索エンジン最適化のために取り入れているキーワードや対策を解析し、競争優位の戦略をたてることができます。

SimilarWeb|シミラーウェブ

%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%ef%bc%97

SimilarWebは、競合サイトのさまざまな分析ができるWeb解析ツールです。競合サイトに訪問したユーザーの滞在時間や移動経路を解析することで、自社サイトの優位性・劣位性を把握し、改善できます。

マイサイト被リンクチェックツール

マイサイト被リンクチェックツールは、他サイトや他のページからリンクを張ってもらっている数、被リンク数などが分析できるツールです。競合サイトのドメインを入力するとサイトの被リンク数などが表示され、競合と自社サイトの差を確認ですることがきます。

●競合分析(アクセス数分析/他サイト検索)についての関連記事

SEO・競合サイト分析ツール比較21選|キーワード調査手法・4つのポイント【無料&有料】 | ボクシルマガジン
SEO分析に必要となるポイントと合わせて、競合サイト分析・キーワード調査・順位チェックツールなど無料と有料のおすす...

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事