コピー完了

記事TOP

中堅・中小企業向け文書管理シェア・市場規模 | 注目ソリューション5選

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
ビジネスに関するシステムがクラウドへの移行を加速させる中、文書管理システム市場もその例外ではありません。このような状況に各ベンダーはどのように対応するのか、文書管理シェアと市場規模を解説し、導入すべきソリューションを紹介します。

文書管理システムとは

文書管理システムとは、コンピューターファイルなどの電子文書や、紙の文書をデジタル化したものを保管し、管理するコンピューターシステムのことを指し、Document Management Systemの頭文字でDMSと呼ばれることもあります。

電子帳簿保存法の規制緩和や、マイナンバー導入にともなう情報量増加などを背景に、注目されているシステムだといえます。

DMSとECM

文書管理システム(DMS)と似たシステムにECM(Enterprise Contents Management)があります。

ECMは、Documentが中心となるDMSに対し、動画や画像、音声などのマルチメディアも管理に含めているという違いがあり、その特性からCRMSFAなどの顧客管理システムやERP基幹システムと連携する場合が多くなっています。

文書管理の変遷

日本では長らく紙の書類や印鑑などが重視されてきたこともあり、従来から保管されている文書をデジタル化することがあまり進んでおらず、書庫にそのままといった状況も少なくないようです。

しかし時代とともに文書管理の概念や意義、その方法などは変化してきており、ビジネスの在り方とも密接な関係を持って変遷してきているといえるでしょう。

デジタル文書の保管庫

業務のデジタル化が進むにつれ、必然的にデジタル化された文書の量は増加していきます。
さらにそのデジタル文書がコピーを重ねることによって、その量は人間が管理できる量を超えてきます。

デスクトップに作成されたフォルダで管理されたそれらは、次第に「文書管理システム」へと進化を遂げ、キャビネットや検索エンジンなどの実装がされるようになります。

ペーパーレス推進

新しく作成される文書が管理され、省スペース化と効率化が実現すると、その効果を倉庫などに保管してある紙の文書に適用する流れが始まります。すなわちペーパーレス推進です。

紙の文書はデジタル化され、新たな文書と同様の管理がされるようになりますが、スキャンしたデータの検索効率をあげるため、全文検索や属性検索、目録管理が実装されるようになりました。

ペーパーレスに関しては以下の記事でも解説しています。

リスクヘッジツール

2006年に日本版SOX法、内部統制報告制度が施行され、企業活動における「記録管理」と「説明責任」が求められるようになりました。

これに対応するために「文書管理システム」が有効であると判断され、あってはならない企業不祥事の際にかかるコストに対してのリスクヘッジツールとなったのです。

ビジネスプロセス改善ツール

その後のインフラ整備にともない、従来オンプレミスのシステムで行っていたビジネスも、クラウド環境への移行が進み、時間と場所を選ばないビジネススタイルが確立しつつあります。

つまり営業の現場では、クライアントとの文書のやり取りが即座にできることが求められ、そのための機能をあわせ持つ文書管理システムが必須となってきているのです。

文書管理システムとオンラインストレージ

このように文書管理の概念が変化している中、従来は紙の文書をデジタル化して管理することに特化していたシステムも、ニーズに応じた進化をしていかざるを得ません。

必然的に文書管理システムといわれる製品のベンダーは、クラウド環境での管理とマルチデバイスによるアクセスを実現する方向に進み、逆にオンラインストレージベンダーは、効率的に文書を管理する機能の実装という方向に進むようになってきています。

文書管理システムの市場規模

ここまで解説してきたように、文書管理システム市場は従来からの製品やソリューションと、市場規模を拡大してきているオンラインストレージが競合する、混沌とした状況になりつつあります。

このため、単純に「文書管理システムの市場規模がどのくらいだ」という評価がしづらくなっています。

あくまでも概算となりますが、オンラインストレージを「文書管理として活用している」というニーズを含めた市場規模は、「2016年度で約160億円規模だというデータがある」ということだけご紹介しておきます。

中堅・中小企業のシェアや運用形態は?

混沌とした文書管理システム市場において、シェアを獲得しているサービスとはなんでしょうか。

同市場におけるシェアに関しては複数の調査会社が情報を発表しています。複数の調査結果に共通するのがクラウド形態で提供される文書管理システムの導入が進んでいることです。

Google Drive、Office 365Dropbox Businessなどのクラウドサービスおよびオンラインストレージの躍進が目立ちます。

中堅・中小企業の運用形態

次に、文書管理システムがどのように運用されているのかを見てみましょう。

サービスのシェアと合わせ、中堅・中小企業にもビジネススタイルの変化が現れ始めているということなのかもしれません。

文書管理注目ソリューション5選

それでは、現代のビジネススタイルにも対応する文書管理ソリューションには、どのようなものが存在するのか、シェアランキングも考慮に入れつつ厳選してご紹介します。

また、今回紹介しきれなかった文書管理システムの詳細は以下から無料でDLすることができます。導入を検討中の方はあわせてご覧ください。

Office 365 with KDDI

Office 365 with KDDIは、ビジネスで使い慣れたOfficeを中心に、グループウェアやメールボックスが一体になったオールインワンアプリケーションをクラウド環境で提供しています。
記事中でもご紹介したシェアNo.1文書管理には、これに組み込まれたインテリジェント・イントラネットSharePointが活用されています。
One Driveと連携を取ることにより、モバイルデバイスを使用して時間と場所を問わないアクセスとファイル共有を社内外で行うことを実現し、Officeを活用した文書作成が可能です。

Dropbox Business

DropBox Businessは、全世界で5億人以上が愛用するDropBoxの法人向けクラウドストレージサービスです。
Microsoft Office との統合が可能な他、Dropbox Paperを使用して簡単にドキュメントを作成、共有しつつツームフォルダを活用した管理が可能です。
また、削除したファイルた以前のバージョンの復元も簡単に行え、業務効率を大幅に向上させることができます。
実績を積み重ねてきたことによる安心感も大きな要素で、ファイル共有を行うビジネスパートナーにも不安を与えません。

Google Drive for Work

GoogleDrive for Workは、企業の業務データを一か所で安全に保管するクラウドストレージサービスです。
モバイル端末を含めたマルチデバイスでのアクセスに対応し、管理可能な共有方法、G Suiteでの一元的な管理コンソール、データ損失防止、Vault for Drive機能により、企業活動で重視されるコンプライアンス要件を満たしつつ、柔軟なファイル共有と管理を実現します。
また、機械学習によるファイル予測機能で検索を容易にする他、OCR機能の搭載など、正確な文書管理とデータの有効活用も実現しています。

DocuWorks

DocuWorksは、電子文書と紙文書をひとつに統合することを可能にする文書管理ソフトウェアです。
紙文書をスキャンしたうえでOCRし、Excelファイルに出力などが可能な他、バーチャルなデスクを再現したわかりやすいインターフェイスで管理された文書をクラウドで管理、時間と場所を問わない活用を可能とします。
強力な検索機能と、専用ファイルに変換せずに管理できる柔軟性も併せ持っており、業務を快適に、効率的にします。

intra-mart

intra-martは、Office文書のフォルダ格納はもちろん、業務の流れの中での文書確認・編集・承認・通知配信・保管・廃棄などの一連のプロセスでの利用が可能な文書管理システムです。
管理された文書/フォルダのアクセス権限も可能であり、柔軟な運用を可能にする他、操作履歴の確認を管理者が行えることからセキュリティ対策も万全だといえます。
サムネイル表示のされた使いやすいインターフェイスを持ち、検索も容易に行うことができます。


【関連記事】
文書管理システムの比較はこちら
無料の文書管理システム比較はこちら

ビジネススタイルに最適な文書管理方法を

ビジネスに活用されるツールは時代とともに変遷し、進化を遂げていきます。
特に現代のように変化の激しい市場経済では、ツールの変遷と進化も激しくなっているといえますが、企業にはそうした状況に柔軟に対応していくことが求められています。

ビジネスを行っていくうえで必要になるツールのクラウド移行が加速している現在、文書管理システムも例外ではないといえるでしょう。

しかし、すべてがクラウドで解決するという思考を持ってしまうことも、また危険なのではないでしょうか。

現状と将来を冷静に見通し、自社のビジネススタイルに最適なシステムを選択することが重要だといえるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

文書管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
文書管理システムの最近更新された記事
文書管理システムのサービスに興味がありますか?
CLOSE
Fleekdrive
Bank Invoice
Confluence
帳票クラウドサービス SVF Cloud
NotePM
販促倉庫
Fleekdrive: 株式会社Fleekdrive、Bank Invoice: Bank Invoice株式会社、Confluence: 企業情報未登録、帳票クラウドサービス SVF Cloud: ウイングアーク1st株式会社、NotePM: 株式会社プロジェクト・モード、販促倉庫: 株式会社マジック・プロジェクト、ココミテ: コニカミノルタ株式会社、ConTrack: SCSK株式会社、雲紙舎: 雲紙舎合同会社、セキュアSAMBA pro: スターティアレイズ株式会社、REXファイルファインダー: 寿精版印刷株式会社、BtoBプラットフォーム 契約書: 株式会社インフォマート、クラウドサイン SCAN: 弁護士ドットコム株式会社、SmartDB: 株式会社ドリーム・アーツ、LB ファイルバックアップ4 Pro: 株式会社ライフボート、DirectCloud-BOX: 株式会社ダイレクトクラウド、楽々Document Plus: 住友電工情報システム株式会社