Article square balloon green
2018-10-11

【小売業界必見】おすすめ名刺管理ツールまとめ | 売上を伸ばすための正しい活用法とは

近年、小売業界でも名刺交換の需要は高まってきています。そこで小売業界におすすめの名刺管理ツールを紹介するとともにその活用方を導入事例を交えながら解説していきます。※初回公開日:2018/05/23
営業名刺管理ソフト
Large

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
名刺管理ソフトの資料を無料DL

名刺管理をする小売店が増えている?

名刺管理を活用した販売促進というと、BtoB領域を想像しがちですが、小売業界でも名刺を活用した販売戦略が増えてきています。その実態について実際の導入事例を含めて徹底的に説明します。

小売業に最適な名刺管理の方法とは

小売業では、生産者や卸売業者との取引が多いので、名刺交換の機会自体は頻繁にあるといえます。実際、顧客と名刺を交換する小売店もすでに存在します。

しかし、小売業の場合名刺管理のノウハウは蓄積されていないことが多く、無駄のある管理を行っている業者も多いのが現状です。

紙媒体の名刺管理はもう古い

現在小売業界で主流である、交換した紙の名刺をファイルなどで管理する方法は煩雑さを引き起こします。

また、そうした管理方法は全社的な名刺情報の共有ができないために、ビジネスに十分に活かせません。したがってこうした方法ではなく、アプリやソフトなどに情報を落とし込む管理方法が最適であるといえるでしょう。

名刺はデジタル化すべき

近年、名刺情報をインターネット上のソフトやクラウド・アプリなどで管理する手法が普及しています。

この管理手法は名刺を探す手間を省き、名刺情報の共有、外出先での名刺データへのアクセスなどを実現する機能性から、爆発的な広がりを見せています。

小売業界の名刺管理システム導入事例

小売業界での名刺管理システムの必要性は、実際の導入事例を知ることでより深く把握できるでしょう。

そこで以下では、名刺管理システムを導入したことで成功を遂げた企業の事例を2つ紹介します。

事例(1):顧客への宣伝メール配信を可能にしたA社

A社
業種:小売業
事業内容:生花・プリザーブドフラワー・フェイクグリーン・アートフラワーの販売・卸・レンタル

課題

A社は、もらった名刺の管理が煩雑で時間をとられてしまうために、名刺をタイムリーにかつ正確にデータ化できていないという課題を抱えていた。したがってメール配信で宣伝しようにも導入に踏み切れないという実情があった。

効果

名刺管理システムを導入することで、顧客情報が整理され、検索性がアップした。それによってメール配信による宣伝効果を期待できる下地を作ったため、顧客へのメール配信サービスが実現した。

事例(2):N社

N社
業種:小売業
事業内容:生花の販売

課題

名刺情報を活用した顧客管理ができていなかったということや、それにともなって顧客との継続的な接点を作れていないという問題があった。その結果、顧客へのアプローチのチャンスを逃し、売上向上につなげられなかった

効果

名刺管理サービスを利用することで情報の蓄積が可能になった。
結果として、営業力の強化につながった。また顧客情報が整理されたことで、想起率を高めるためのメール配信による顧客アプローチが実行可能になった。

小売業界向けおすすめ名刺管理ツール6選

それでは小売業界におすすの名刺管理ツールを6つ紹介していきます。
本記事で紹介した名刺管理ツールのさらなる詳細は以下からご覧になれます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
名刺管理ソフトの資料を無料DL

Sansan(サンサン)

  • 7,000社以上の導入実績
  • 99%の精度で読み取り可能
  • 見込み客発掘をサポート

Sansan(サンサン)は企業の外交活動というオフラインの情報を網羅的にデジタル資産化し、生産性の向上に貢献します。

名刺情報を元にしたマーケティングや営業活動、顧客管理といった幅広い活用が可能な機能を備え、これまでの名刺の価値を革新するまったく新しい名刺管理サービスとして特許を取得しています。現在7,000社以上での導入実績があります。

資料請求 価格 問い合わせ
プランに応じて変化

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Sansan(サンサン)の資料を無料DL

HotProfile

  • 業務プロセス連動のシステムを実現
  • 興味の高い顧客に最速アプローチできる
  • あらゆる顧客情報を一元化して集約

HotProfileは、忙しい営業の現場で営業支援ツールを活用いただくために、業界で唯一、「SFA」「名刺管理」「マーケティング」の3つを業務プロセスが連動するシステムを提供しています。
売上を上げるために必要な機能がまとまっているので、複雑な連携を行う必要がなくなり、面倒な入力作業を自動化、優良見込み客のマーケティングオートメーションまでが包括的に可能です。

資料請求 価格 問い合わせ
2,000~4,500円/人

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
HotProfileの資料を無料DL

Eight 企業向けプレミアム

  • 共有した名刺を社員同士で検索、閲覧
  • 接点のある同僚にその場でメッセージ
  • 共有された社内の全名刺を一括でダウンロード

Eight 企業向けプレミアムは、名刺情報を正確にデータ化して管理できる「Eight」の企業向け有料プランです。Eightの基本機能に加えて、社内のEightユーザーが保有する名刺情報を本人の承諾のもと、一括管理・共有でき、会社の資産として有効活用できます。社員が個々に管理していた名刺情報を共有することで、新たな「見込み顧客」の育成につながりです。Eightについては記事内で後ほど説明しています。

資料請求 価格 問い合わせ
10,000円〜/月

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Eight 企業向けプレミアムの資料を無料DL

名刺de商売繁盛

  • 低コストで導入可能
  • 部門や拠点を超えた組織営業を実現
  • 高度のセキュリティ対策

名刺de商売繁盛は、何人が使っても月額30,000円の定額費用で導入可能な名刺管理システムです。
営業部門やマーケティング部門などさまざまな部署で活用できる機能が備わっているので、ニーズに合わせた利用ができます。データセンターの情報漏えい対策・災害対策・システム障害対策も徹底しているので、セキュリティ対策もしっかりしています。

資料請求 価格 問い合わせ
30,000円/月

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
名刺de商売繁盛の資料を無料DL

CAMCARD(キャムカード)BUSINESS


  • 圧倒的なデータ化速度
  • 世界で最も利用者が多い
  • 16言語に対応

CAMCARD(キャムカード)BUSINESSは、全世界で1.1億以上のユーザー数を誇る名刺管理アプリ「CAMCARD」のビジネス向けソリューションです。世界で最も利用者数の多いグローバルな名刺管理アプリであり、読み取り可能な言語は16言語にもおよびます。また、相手の転職や昇進などの状況を自動で更新する機能も備えており、手厚いフォローアップが可能です。

資料請求 価格 問い合わせ
500~2200円/人

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
CAMCARD BUSINESSの資料を無料DL

Eight(エイト)


  • 名刺を撮影するだけで登録
  • グルーピング機能
  • 手軽に連絡可能

Eightは名刺を撮影するだけで簡単に情報の登録が可能な名刺管理アプリです。いつどこにいても必要な情報を手に入れられるので、出先で困ることもありません。また、グルーピング機能やメッセージ機能により、情報を整理し活用可能です。

資料請求 価格 問い合わせ
0円〜

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Eightの資料を無料DL

小売業界で名刺交換をすることのメリット

それでは、実際小売業界において名刺交換をすることで具体的な売上にはつながるのでしょうか?
以下では名刺交換をすることで得られるメリットを2つに分けて解説します。

個人の売り込みに貢献

名刺交換は店長やスタッフが自分を売り込めるチャンスとなります。
飲食店の魅力には料理や空間がよく取り上げられますが、「スタッフの人柄や態度が気に入った」ということが加われば、他の店との差別化要因になります。その時に名刺があれば、顧客としてもどの店に行けばいいのかすぐにわかります。

顧客情報が得られる

名刺を交換することで顧客情報を管理すできれば、メルマガなどによる顧客へのダイレクトな情報発信ができたり、名前の把握が容易になることで顧客満足度を向上させたりできます。

意外と知らない名刺交換をする際のマナー

名刺交換にはさまざまなメリットがありますが、きちんとした手順を踏まないとかえって悪い印象を与える可能性があります。そこで以下では渡す際のマナーを紹介いたします。

相手の目を見る

名刺を渡すときは「会社名を言う時は名刺を見ながら、フルネームを言う時は相手の目を見て言う」ことが重要です。

名刺は自分の会社を示すものですが、フルネームは自分を示すものです。なので会社名を言う時は名刺を見て、フルネームを言う時は顔を上げて相手を見ると印象が残りやすいです。

目上の人には自分から差し出す

名刺は目下の者から先に差し出すのがマナーです。ここで言う目下の者とは、「訪問者」「仕事をいただく立場の者」を指します。

しかし、もし相手の方から先に名刺を差し出されてしまった場合は必ず「申し遅れました」と一言挨拶したうえで自分の名刺を差し出すようにしてください。

コミュニケーションを取る

単に名刺を受け渡すのではなく、その際には会話をしましょう。そこでどれだけきちんとコミュニケーションが取れるかが、その来店客が固定化するかどうかを大きく左右します。

また名刺交換をするようになったら、マナーも含めてやり方を経営者や店長を含めたスタッフ全員でロールプレイングをすることが重要です。

全員と交換する

相手が1人ではなく複数の来店の場合で、かつ家族連れなどではない場合は、名刺交換はそのグループの来店客全員と行います。名刺交換には顧客情報を集める目的がありますから多いほどいいです。したがって、誰か代表者1人とだけではなく、全員と行いましょう。

名刺管理で売上を伸ばそう

名刺交換した後、名刺管理をきちんと行うことで顧客情報が整理され、さらなる販売戦略を打ち出せます。また、名刺情報を十分に活用するためには名刺のデータ管理が必須となります。

小売業界で名刺交換をしてこなかったという方もこれを機会に制度を導入してはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
名刺管理ソフト
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
Sansan株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事