コピー完了

記事TOP

説明会のお礼及び一次選考案内のメールテンプレート【無料】

最終更新日:
公開日:
新卒採用時に送る説明会のお礼及び一次選考案内。ただ送るだけでは学生も見逃してしまうかもしれません。書く時に気を付けるポイントや、ダウンロードしてすぐに使える無料のメールテンプレートをご用意しました。

説明会のお礼及び一次選考の案内メールの無料テンプレートで事業効率化

中小企業の皆様にとって新卒の学生さんに入ってもらうのは非常に重要なことです。説明会に来てくれた方々にはしっかりお礼メールを送って、是非とも選考に足を運んでもらいましょう。

本記事ではボクシルが作成した求人の応募者へのセミナー・面接お礼メール(新卒採用)のテンプレート(ひな形)をご紹介します。テキスト形式で簡単に使える、様々なデザインののフォーマットが無料でダウンロードできるので、ぜひご活用ください。

また、初めての方でも安心して求人の応募者へのセミナー・面接お礼メールを発行できるように、最低限必要な記入項目や、一般的によく記載される記入項目もご紹介します。

新卒採用に関する記事は以下もご覧ください。

求人の応募者へのセミナー・面接お礼メール(新卒採用)以外のテンプレートもご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

【無料】テキスト形式で使える求人の応募者へのセミナー・面接お礼メール(新卒採用)テンプレート

ボクシルでは、テキスト形式で必要な箇所を記入するだけで簡単に求人の応募者へのセミナー・面接お礼メールが発行できる無料のテンプレートをダウンロードできます。以下の記事を参考に求人の応募者へのセミナー・面接お礼メールを発行してくださいね。

求人の応募者へのセミナー・面接お礼メール(新卒採用)テンプレート

セミナーに参加してくれたお礼と、1次選考に関するメールです。

その他新卒採用に利用可能なテンプレートはこちらからどうぞ

ボクシルでは、他にもたくさんのテンプレートをご用意しています。
他のテンプレートをご覧になりたい方は以下をご覧ください。

求人の応募者へのセミナー・面接お礼メールの書き方のポイント(新卒採用)

新卒者がセミナーや面接に参加するのはよくあることです。

セミナーや面接に参加した新卒者が企業へお礼のメールを送るのもよくあることですが、企業側からもセミナーや面接に参加いただいたことへのお礼メールを送ります。

ただ、企業側から送るお礼メールには、セミナー後や面接後の流れなどが書かれていますので、とても重要な案内メールになります。特に新卒者は初めて経験することが多いですし、企業によって流れも必要書類も違ってきますから、企業側も流れや必要書類に間違いがないか確認してからメールを送るようにしましょう。

では、求人の応募者へ送るセミナー・面接のお礼メールはどのような内容で書けば良いのでしょうか。セミナーと面接にわけてポイントなどをまとめてみました。

便利なメールツールはこちらの記事を参考にしてみてください。

セミナーに参加いただいた応募者へのメールの書き方

件名

中途採用者とは違い、新卒者の場合はメールの全文がわかる内容を記載します。

そのため、中途採用者の場合はセミナー後の流れについてと重要ポイントを書いていましたが、新卒者の場合は「セミナー参加のお礼と今後の流れ」ということで全文がわかるようになっています。
何事も初めて経験する新卒者のことを考えての配慮です。

宛名

宛名はフルネームで感じで文頭に書きます。漢字や名前の間違いがないか再度確認しましょう。

本文書き始めの挨拶

セミナーに参加した方とは初めて言葉を交わすことが多いので、文頭の挨拶は「はじめまして」で良いでしょう。このあとに続けて、会社名・部署名を略さずに書き、自分の名前を名乗ります。

セミナーに参加いただいたことへの感謝の気持ちを伝える

まずはセミナーに参加いただいたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。
セミナーに参加することは決して楽なことではありません。また、数ある企業のセミナーの中から自社を選んできていただいていますので、そのあたりの感謝も書いておきましょう。

セミナー後の予定の日程や必要書類などを記載

セミナーに参加いただいた感謝を伝えたらセミナー後の予定を記載します。
新卒採用の場合は日程が決まっている事が多いので、決まっている日程に関しては日付や時間なども記載しましょう。必要書類などもどの日程で必要なのかを記載しておくと分かりやすくなります。セミナー後の予定や必要書類を書く時は箇条書きにするとわかりやすいでしょう。

問い合わせ用の担当者名や連絡先を記載

最後に不明点はいつでもお問合せくださいという内容を記載し、問い合わせ先となる会社名・部署名・担当者名・連絡先などを記載しておきましょう。

面接に参加いただいた応募者へのメールの書き方

面接に参加いただいた応募者へのメールの書き方は、セミナーに参加いただいた応募者へのメールの書き方とほとんど同じですので、違う点だけご説明いたします。

件名

件名はセミナーが面接にかわっただけですので、「面接参加のお礼と面接後の流れについて」のように書きましょう。あまり大きな変更点はありません。

本文の書き始め

セミナーに参加された方とは初めて言葉を交わすことが多いため「はじめまして」という書き始めでしたが、面接後の場合は一度は面識があるはずですので「お疲れ様です」や「お世話になっております」で良いでしょう。
ただし、新卒採用に向けての案内では「お疲れ様です」という言葉を使う場合が多いようです。

面接後の予定を記載

面接儀の予定を記載しますが、記載方法はセミナーの時と同じく箇条書きにするとわかりやすいでしょう。また、予定も新卒者対応の場合決まっている日程が多いので、面接後に決まっている日程や時間を箇条書きで書いていきましょう。

必要書類に関しては、面接に合格し、内定が出た人に対して入社事前確認ということで健康診断書や身分保証書などが必要になりますが、内定が出てからのことになります。ですので、予定を記載する時は面接後に何週間ほどで合否の判定が出るのか、その後2次面接の日にちや2次面接の合否判定の日にちなどがわかれば記載しましょう。

日にちがわからない場合は大まかな流れだけでも良いので記載しておきましょう。

あとは、セミナー後の案内メールも面接後の案内メールもビジネス署名部分を記載して完了となります。

求人の応募者へのセミナー・面接お礼メール(新卒採用)テンプレート!のまとめ

これで説明会に対するお礼から一次選考案内までの流れは完璧ですね。

もっと求人の応募者へのセミナー・面接お礼メール(新卒採用)について知りたいという方は以下の記事もご覧ください。

ボクシルでは求人の応募者へのセミナー・面接お礼メール(新卒採用)の作成に役立つ採用管理のクラウドサービスを比較したり、資料を請求したりできますので気軽に覗いてみてくださいね。
また、採用管理の選び方ガイドもございますのでご覧になってみてはいかがでしょうか。

採用管理のクラウドサービスについて気になった方はこちらから資料ダウンロード!

人気のビジネステンプレート関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

採用管理システム(ATS)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
採用管理システム(ATS)の最近更新された記事