Article square balloon green
2018-10-03

【最新版】転職サイトランキングTOP7 | おすすめ比較・選び方のポイント解説【口コミ・評価】

転職サイト(求人サイト)を比較するためにユーザー目線の感想や満足度から、おすすめの転職サイトランキングを紹介します。また、初めての転職の際に混同しやすい転職エージェントと転職サイトの違いも解説します。これから転職活動を始める方は必見です。※初回公開日:2018/02/11
求人・転職情報
Large

転職サイトランキング

サービス名 総合得点 非公開求人数
1位 リクルートエージェント 4.5 約20万件
2位 doda 4 約8万件
3位 マイナビエージェント 3.5 約2.2万件
4位 ビズリーチ 3.2 約11万件(※公開求人数)
5位 リクナビNEXT 3 約1万件(※公開求人数)

転職者からの評判や各サービス内容から実施して「求人数」「求人の質」「機能・操作性」などの軸から年代別に評価したランキングを作成しました。

>>>ランキングで紹介したサービスの詳細や、各サイト・エージェントの特徴はこちら

各転職サイトの違いを比較

転職サイトは数多く存在していますが、実はそれぞれのサイトによって強みやコンテンツには違いがあります。

しかし、初めて転職をする方にとっては、なかなかその違いをすぐに理解することは難しいと思います。

そこで、ランキングを見ることによって、各転職サイトの強みや利用するメリット、各転職サイトの違いを比較できるため、自分の転職に合ったサイトを見つけやすくなります。

利用者目線の口コミや評価

転職サイトの運営側の狙いとユーザー目線での意見にはギャップがある場合があります。

転職サイト自体が出している情報ではなく、利用者目線の口コミや評価を知ることによって、実際に転職サイトを利用するイメージが作りやすいため、自分で情報を精査するという意味でもランキングを有効活用することが大切です。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントという二つの言葉をよく聞きますが、これら違いは理解しておく必要があります。

それぞれの言葉の違いは以下のとおりです。

  • 転職サイト:自分で求人を探す
  • 転職エージェント:転職コンサルタントなどのプロがキャリアカウンセリングを行い、自分の強みや特性に合わせた求人を紹介

以上のように転職エージェントは、ただ単に求人を紹介するだけではなく、あなた自身にあった求人を紹介してくれたり、転職活動の支援を行ったりしてくれるサービスです。

>>>ランキングで紹介したサービスの詳細や、各サイト・エージェントの特徴はこちら

おすすめの転職サイトランキングTOP7

ここからは、ユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトを紹介します。

1位:リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント公式サイトをチェックする<<<

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功

累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3000名以上の転職支援を行っています。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス

リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる

「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心です。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

\登録&利用も無料!業界最大手の転職エージェント/

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点) ※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:doda(デューダ)

>>>doda公式サイトをチェックする<<<

■ポイント1:転職者満足度No.1の実績

担当のキャリアアドバイザーのサポート力が高く「登録者に寄り添う親身なサポート」に定評があります。

■ポイント2:10万件以上の求人からマッチした求人を紹介

「完全週休二日制」「年収500万円以上」「残業時間20時間未満」など希望にマッチするピンポイントな求人を紹介してくれます。

■ポイント3:自分のペースで転職活動ができる

doda(デューダ)は転職サイトと、転職エージェントの両方サービスがあります。

その他、適正年収を教えてくれる「年収査定」や、どんな働き方が向いているのかの「キャリアタイプ診断」も受けれるので、アナタのペースで転職活動を進められます。

\登録&利用無料!満足度No.1の転職エージェント/

※転職者満足度No.1の実績=電通バズリサーチ調べ。インターネット上での人材紹介に関するポジティブな口コミ数

doda(デューダ)の転職サービス一覧や、それぞれの特徴はこちらの記事で詳しく解説しています。

3位:マイナビエージェント

>>>マイナビAGENT公式サイトをチェックする<<<

■ポイント1:専任のキャリアアドバイザーが幅広い求人に対応

マイナビが運営する総合型の転職エージェントで国内最大級の転職支援実績をもちます。大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人に対応しています。

■ポイント2:約8割が非公開求人

マイナビエージェントの約8割が非公開求人で、キャリアアドバイザーとの直接面談や電話面談によって自分に合った非公開求人を提案してもらえます。各業界に詳しいアドバイザーに希望する業界・業種の詳しい情報を得られます。

■ポイント3:書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて代行

客観的なカウンセリングに加え、求人への書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて代行してくれます。はじめて転職活動をする方や、活動になかなか時間を取れない方にもおすすめです。

IT業界への転職するアナタにはマイナビエージェントITがおすすめです。IT・SE領域に特化した専属キャリアアドバイザーが転職サポートを行います。

\登録&利用無料!親身なサポートで人気の転職エージェント/

マイナビエージェントの評判、求人検索方法などの詳細はこちらの記事で詳しく解説しています。

4位:ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトをチェックする<<<

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1

年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能です。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上

2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

■ポイント3:テレビCMも公開

「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が上がりました。

ビズリーチは、国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。非公開案件を多く扱っており、あなたの登録する情報に合わせてヘッドハンターからスカウトが届きます。これまでのスキルや実績を活かして転職をしたいと考える方におすすめです。

\人事担当向け:求人掲載を検討している方はコチラ/

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ビズリーチの資料を無料DL

\求職者向け:無料相談したい方はコチラ/

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の評判はこちらの記事で詳しく解説しています。

5位:リクナビNEXT

>>>リクナビNEXT公式サイトをチェックする<<<

■ポイント1:登録者限定求人85%はリクナビNEXTだけ

リクナビNEXT登録者のみが閲覧・応募できる求人が約85%あります。他Web求人媒体と比較してリクナビNEXTだけの割合です。

「地元や好きな街で働きたい!」という人向けのI・Uターンの求人情報も紹介されています。

■ポイント2:転職者の8割が登録する転職サイト

2012年の調査で正社員転職者の8割がリクナビNEXTを利用しているというデータがあります。

■ポイント3:転職活動に活かせる豊富なコンテンツ

求人検索だけではなく、 グッドポイント診断による自己分析で強みを客観的に知れるコンテンツも用意されています。

\登録&利用も無料!転職者の8割が登録の転職サイト/

※登録者限定求人85%=リクナビNEXT調べ(2015年1月)

※転職者の8割が利用=調査機関マクロミルによる正社員転職者の実態調査(2013年2月)

6位:マイナビ転職

>>>マイナビ転職の公式サイトをチェックする<<<

■ポイント1:常時8,000件以上の求人掲載件数

常時8,000件以上の転職求人情報が掲載されています。また、マイナビ転職会員限定の求人が84%あり、会員だけがチェック可能な求人が多いことも特徴です。

■ポイント2:転職サイト・転職エージェントの両方サービスが利用可能

転職サイトは「マイナビ転職」、転職エージェントは「マイナビエージェント」と目的に合わせた使い分けが可能です。両サービスとも登録・利用無料です。

■ポイント3:転職イベントや、仕事適性診断などコンテンツが豊富

転職活動のノウハウを学べる転職イベントや、仕事の適性を診断できる適性診断なども無料で利用できます。

求人検索以外のコンテンツも豊富に用意されています。

\登録&利用も無料!無料転職フェアにも参加できる/

※マイナビ転職会員限定の求人が84%=マイナビ調べ(2018年11月1日)

7位:Geekly

>>>Geeklyの公式サイトをチェックする<<<

  • ITエンジニア向けの転職エージェント
  • 6,000件以上の非公開求人
  • マッチング率が高い

Geeklyは、大手の非公開求人を多く持つ、ITエンジニア向けの転職エージェントサービスを提供しています。

10年以上におよぶ業界での実績と豊富なノウハウを元に、スキルや経験を多角的に分析したマッチングを実施、業界との太いパイプを持っているため、求人票だけでは読み取れない、社風などを含めたコンサルティングが可能となっています。

\登録&利用も無料!エンジニア専門のエージェント/

転職サイトランキングで見るポイント4つ

実際に転職サイトランキングにある口コミや評判で見るポイントについて紹介します。

ランキングを見る際には、ついつい順位ばかりに目がいってしまいがちですが、順位のみを参考にするのではなく、実際に自分が利用するイメージを持ちやすいように、以下のポイントを確認しましょう。

ポイント1:サポート対応の良さ

転職サイトは対応やサポートがしっかりしているものから、まったく音沙汰がないものまでさまざまです。

転職サイトランキングを見る際にはサポート対応の良さを確認することがポイントであり、実際に問い合わせをした際には、どのような対応だったのか?というところに注目してみましょう。

また、転職サイトと一緒に転職エージェントを活用すると、より充実したサポートを受けながら転職活動が可能です。サービスの選び方などは、こちらの記事をご覧ください。

おすすめ転職エージェントを徹底比較 - 利用者の口コミ・評判とは | ボクシルマガジン
ここ数年求人数が増加し活況となっている転職市場において、数多くの選択肢のなかから相性の良い仕事を探すことは大変です...

ポイント2:求人数の多さと質

転職の際には、これまでの経験を生かした業種、もしくは未経験の業界にチャレンジしたいなどというように、転職の可能性の幅を広げたい場合には、求人数の多さと質をチェックしましょう。

求人数(非公開求人の有無を含む)は、自分の選択肢を増やすために必要な情報であるため、公開されている情報を確認してみてください。

ポイント3:強い業界

転職サイトには、それぞれ強みがあり、どの業界に強いのかを確認することがポイントです。

自分が志望している業界をある程度絞れているのであれば、総合的に扱っている転職サイトではなく、業界を絞った転職サイトの方が、より自分に見合った求人を探せます。

ポイント4:独自のサービス

転職サイトには競合他社と差別化を図るために、独自のサービスやコンテンツを提供していることがあります。

それらは転職活動のノウハウについてや、自己分析ツールであるとさまざまですが、各転職サイトが提供している独自のサービスには、どのようなものがあるかを確認しましょう。

転職サイトのランキングを参考にして転職のイメージをつけよう

転職サイトは数多くあるので、自分に適したサイトを見つけることは容易ではありません。

しかし、転職サイトランキングを効果的に利用することによって、自分にあった転職サイトを見つけやすくなります。あくまでランキングは、自分の転職活動を効率良く進めるための情報として扱い、転職のイメージをつけられるようにしましょう。

>>>ランキングで紹介したサービスの詳細や、各サイト・エージェントの特徴はこちら

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事